タグアーカイブ: 台頭

焦点:安全資産の地位揺らぐ米国債、ユーロ圏国債が台頭か

[ロンドン 15日 ロイター] – 米国の財政が大幅に悪化する見通しとなったことで、米国債の世界的な安全資産としての地位が揺らいでいる。このため成長が堅調で市場が比較的安定しているユーロ圏の国債が、米国債に代わる資金の逃避先として台頭しそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ウーバーは不祥事響き成長鈍化、リフトが台頭=調査会社

[サンフランシスコ 14日 ロイター] – 米調査会社イーマーケターは14日付リポートで、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは昨年発覚したセクハラ問題などの一連の不祥事により、競合相手の米リフトにシェアを奪われて成長が鈍化しているとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

2018年は欧米政治不安の台頭に要注意か

 2018年は欧米政治不安が再び高まり、リスク回避的な取引が再び拡大する可能性がある、昨年12月20日付けの独紙ビルトは、メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の幹部の見解を引用し、「メルケル首相が社会民主党(SPD)との連立交渉に失敗し、解散・総選挙となっても出馬を見送る」と伝えた。イタリアでは3月4日に総選挙が行なわれることになったが、国内政治の流動化に対する市場の警戒感が早くも広がっている。
 米国では2018年秋に中間選挙が行われる。まだ半年以上先の話だが、米CNNが昨年12月に行った世論調査では、米民主党は得票率予測で18ポイントも共和党をリードする結果となったそうだ。また、同調査によると、現時点で選挙が実施された場合、民主党候補に投票すると答えた人は56%に達したが、共和党候補に投票すると答えた人は38%にとどまったそうだ。
 CNNが行った世論調査は税制改革法案が成立する前に実施されていることから、減税を実感する人が多くなれば、共和党の支持率は回復するとの見方は少なくない。ただし、一部の専門家は「今年の中間選挙では民主党を支持する有権者の投票率が共和党支持者のそれを大きく上回る可能性がある」と指摘している。また、「減税の効果を株式市場は過大に評価している」との声が聞かれており、共和党(トランプ政権)の支持率が年初から伸び悩んだ場合、金融市場における不確実性は大幅に高まるおそれがある。(小瀬正毅)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

独財務相、IMFCで保護主義の台頭を警告 各国に連携呼び掛け

[ワシントン 14日 ロイター] – ドイツのショイブレ財務相は14日、保護主義の台頭を警告し、各国により緊密な連携を呼び掛けた。米ワシントンで開かれた国際通貨基金(IMF)の国際通貨金融委員会(IMFC)での演説原稿で明らかになった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物はやや反発、地政学リスク増大に対する警戒感が台頭

COMEX金12月限終値:1329.30 ↑1.30
 14日のNY金先物12月限はやや反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+1.30ドルの1オンス=1329.30ドルで終了。ドル高・ユーロ安が一服したことや北朝鮮による弾道ミサイル再発射の可能性があるとの見方が浮上したことが要因。今月25日に米税制改革の概要が公表される予定となっていることから、金先物の上値は重くなる場面があったが、地政学リスク増大に対する警戒感が再浮上し、安全逃避的な買いがやや優勢となった。

NY原油:続伸、需要増加の思惑で一時50ドル台を回復
NYMEX原油10月限終値:49.89 ↑0.59
 14日のNY原油先物10月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比+0.59ドルの49.89ドルで取引を終えた。原油需要の増大観測が引き続き材料視されており、NY原油先物は一時50.50ドルまで上昇した。外為市場でユーロが反発したことや米長期金利の伸び悩みも意識されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物はやや反発、地政学リスク増大に対する警戒感が台頭

COMEX金12月限終値:1329.30 ↑1.30
 14日のNY金先物12月限はやや反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+1.30ドルの1オンス=1329.30ドルで終了。ドル高・ユーロ安が一服したことや北朝鮮による弾道ミサイル再発射の可能性があるとの見方が浮上したことが要因。今月25日に米税制改革の概要が公表される予定となっていることから、金先物の上値は重くなる場面があったが、地政学リスク増大に対する警戒感が再浮上し、安全逃避的な買いがやや優勢となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

アングル:新日鉄住金の原料炭値決め変更、日本の存在感低下映す 中印が台頭

[東京 16日 ロイター] – 新日鉄住金が原料炭価格をスポット価格(インデックス)基準に変更することは、売り手である資源メジャーの寡占化に加え、買い手となる鉄鋼業界における中国やインドの台頭という大きな環境変化を反映している。中国の政策や需給に翻弄されることが増えている日本の鉄鋼業界の影響力が一段と低下する事態となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

焦点:香港の住宅バブル抑制策が裏目に、「影の銀行」台頭へ

[香港 29日 ロイター] – 世界的に高額で知られる香港の不動産市場で新たに導入された価格抑制策は、住宅購入者を規制の及ばない「影の銀行(シャドーバンキング)」からのローンへと走らせ、金融部門にリスクを拡散してしまう逆効果を招くと危惧されている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

原油:4日ぶりに反発、ドル安で割安感が台頭

NYMEX原油4月限終値:53.33↑0.72
 3日のNY原油先物4月限は4日ぶりに反発。52.55ドルから53.39ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場では、ドルが主要通貨に対して下落したことで割安感が先行した。ただ、米石油会社ベーカー・ヒューズが発表した米国の掘削設備(リグ)の稼動数は、前週比7基増加の609基と7週連続で増加。米国株も伸び悩んだことで、上げ幅を一気に拡大する展開とはならなかった。
 チャートでは、25日移動平均線(53.3ドル水準)レベルからでもみ合っている。欧州政治リスクやトランプ政策への警戒感から上値は重くなっているが、石油輸出国機構(OPEC)加盟国、非加盟国よる減産進展などが下支えに。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,