タグアーカイブ: 反落

NY金先物は反落、北朝鮮情勢をめぐる地政学的リスク後退やドル高で

COMEX金12月限終値:1335.70 ↓15.5
 11日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-15.5ドルの1オンス=1335.70ドルで終了。
 北朝鮮が前週末9、10日にミサイル再発射などの挑発行動を見送ったことや米フロリダ州に上陸した超大型ハリケーン「イルマ」も熱帯低気圧に変わり、市場のリスク回避姿勢が和らいだ。このため、「質への逃避」の金買い需要が後退した。最近の上伸を受けた利益確売りも目立った。また、外為市場では対ユーロでドル高が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割高感からも売り圧力が強まった。

NY原油:反発、OPECの減産延長の思惑も
NYMEX原油10月限終値:48.07 ↑0.59
 11日のNY原油先物10月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比0.59ドル高の48.07ドルで取引を終えた。
 米フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」による被害を受けて、石油需要が一段と後退するとの思惑から原油は売りが先行。米ゴールドマン・サックスが大型ハリケーン「ハービー」と「イルマ」の影響で9月の石油需要が日量約90万バレルと減少するとの見通しを示したことも、原油相場の売り圧力を強めた。
 ただ、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相がカザフスタン、ベネズエラ両国の石油相と石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の協調減産の再延長を議論していると報じられたことから、原油先物は反転した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反落、北朝鮮情勢をめぐる地政学的リスクの後退やドル高で

COMEX金12月限終値:1335.70 ↓15.5
 11日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-15.5ドルの1オンス=1335.70ドルで終了。
 北朝鮮が前週末9、10日にミサイル再発射などの挑発行動を見送ったことや米フロリダ州に上陸した超大型ハリケーン「イルマ」も熱帯低気圧に変わり、市場のリスク回避姿勢が和らいだ。このため、「質への逃避」の金買い需要が後退した。最近の上伸を受けた利益確売りも目立った。また、外為市場では対ユーロでドル高が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割高感からも売り圧力が強まった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

南アランド円テク「8月の陽転から反落。円高のせい」

日足、ボリバン上限から下落。8月11日-29日の上昇ラインを下抜く。8月18日-23日の上昇ラインがサポート。それを下抜けるとボリバン下限。9月7日-8日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向く。 

zcc0910.JPG

週足。7月17日週-24日週の下降ラインを上抜き3週連続陽線も先週は。8月14日週-28日週の上昇ラインを下抜く。3月27日週-7月17日週の下降ラインが上値抵抗。ボリバン下限がサポート。
月足。4月-5月の上昇ラインを下抜く。8月は陰線スタートも陽転で下ヒゲ長く9月の陽線スタ-トに繋がったが北朝鮮問題でのリスクオフが続き陰転。17年4月-8月の上昇ラインがサポート。17年3月-7月の下降ラインが上値抵抗。
年足は2008年-2011年の下降ラインを上抜いた。16年は最強通貨で陽線。06年‐15年の下降ラインが上値抵抗だが近い。ただ今年は陽転、陰転とめまぐるしい。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ユーロドル=反落を5日線付近にとどめるか

上影小陽線引け。直近の上値の節目だった8月29日の高値1.2070ドルを上回り、1.2092ドルまで年初来高値を更新した。2015年1月以来の高値水準での推移となった。高値圏で、天井感を示す上ひげをともなう足型を形成した。伸び悩む可能性はあるが、反落が目先のすう勢を示す5日移動平均線付近にとどまるようであれば、上値追いの展開は継続していると判断できる。同線は1.19ドル後半で上昇中。その下に控える一目均衡表・転換線が上昇傾向を維持していることも支援材料となる。

レジスタンス1  1.2092(9/8高値=年初来高値)
前日終値     1.2036
サポート1     1.1958(日足一目均衡表・転換線)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、米ドル安・円高進行の影響受ける

8日の豪ドル・円は反落。一時87円73銭まで買われたが、米ドル・円相場が円高方向に振れたことから、対円レートは反落。豪ドル・ドルの取引でも利益確定を狙った豪ドル売りが0.81ドル台前半で観測された。豪ドル・ドルの取引レンジは0.8043ドルから0.8125ドル。なお、ユーロ・円は129円47銭から1230円66銭で推移。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円99銭-87円73銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

日経平均は反落、円高と週末の北朝鮮情勢を警戒

[東京 8日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は反落。終値では4月28日以来、約4カ月ぶりの安値水準となった。欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁会見を受け、対ドルでユーロ高が進行し、ドル安/円高となった。朝方は主力輸出株に売りが先行したが、一巡後は下げ渋る場面が見られた。後場には、9日に北朝鮮が建国記念日を控えていることで地政学リスクの高まりが警戒された。外為市場でドルが108円台を割り込むと、指数は157円安まで下げ幅を拡大した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場の日経平均は反落、円高と北朝鮮リスクが重し

[東京 8日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比73円78銭安の1万9322円74銭となり反落した。欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁会見を受け、ユーロ高が進行。これに伴いドル安/円高に振れた為替が日本株の重しになった。北朝鮮の建国記念日を9日に控える中、地政学リスクへの警戒感も続いた。売り一巡後は自動車、ハイテクなどの一角に押し目買いが入り下げ渋る展開だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は反落、SQ市場推計値を上回って推移

[東京 8日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比98円56銭安の1万9297円96銭となり、反落で始まった。ECB(欧州中央銀行)理事会後のドラギ総裁会見を受けユーロ高が進行。これに伴いドル安/円高に振れた為替が日本株の重しとなっている。ただ売り先行後は下げ幅を縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,