タグアーカイブ: 反落

米国株式市場は反落、法人税減税の先送り案を嫌気

[ニューヨーク 9日 ロイター] – 米国株式市場は反落して取引を終えた。マイクロソフトなどハイテク株の下げが重しとなったほか、20%への法人税率引き下げの1年先送りが盛り込まれた米上院共和党の税制改革案が嫌気された。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、日本株の動向を意識した相場展開

9日の豪ドル・円は反落。日経平均株価の乱高下を嫌った豪ドル売りが観測された。日経平均株価の急騰を好感して豪ドル・円は一時87円67銭まで買われたが、午後の取引で日経平均株価が急反落したことから、リスク回避の豪ドル売りが急速に広がった。ユーロ・円は132円26銭から131円64銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円09銭-87円67銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は反落、利益確定売り先行 銀行株さえない

[東京 8日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比87円69銭安の2万2849円91銭となり、反落して始まった。前日の米国株が高安まちまちとなる中、日本株に対しては高値警戒感が意識され、利益確定売りが先行している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反落、ドル高や米長期金利の下げ渋りを嫌気

COMEX金12月限終値:1281.60 ↓5.80
 7日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-5.80ドルの1オンス=1275.80ドルで取引終了。一時1270.40ドルまで売られた。外為市場でユーロ安・米ドル高が進んだことや米長期金利が下げ渋ったことが意識されたようだ。ただ、サウジアラビア情勢を巡る思惑や北朝鮮の動向などのリスク要因は除去されていないことから、安全逃避的な金買いが一段と縮小する可能性は低いとの見方も出ている。
・NY原油先物:反落、シェール増産に対する警戒感広がる
NYMEX原油12月限終値:57.20 ↓0.15
 7日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.15ドルの57.20ドルで取引を終えた。原油価格の上昇を受けて米国内でのシェール増産への警戒が広がったことが要因。この日もサウジアラビアの汚職撲滅キャンペーンの一環で閣僚の一斉拘束が材料視されたが、ユーロ安・米ドル高が進んだことも嫌気されていたようだ。ただし、主要産油国による減産体制の期限延長への期待は持続しており、押し目買いの興味は失われていないようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反落、シェール増産に対する警戒感広がる

NYMEX原油12月限終値:57.20 ↓0.15
 7日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.15ドルの57.20ドルで取引を終えた。原油価格の上昇を受けて米国内でのシェール増産への警戒が広がったことが要因。この日もサウジアラビアの汚職撲滅キャンペーンの一環で閣僚の一斉拘束が材料視されたが、ユーロ安・米ドル高が進んだことも嫌気されていたようだ。ただし、主要産油国による減産体制の期限延長への期待は持続しており、押し目買いの興味は失われていないようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反落、ドル高や米長期金利の下げ渋りを嫌気

COMEX金12月限終値:1281.60 ↓5.80
 7日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-5.80ドルの1オンス=1275.80ドルで取引終了。一時1270.40ドルまで売られた。外為市場でユーロ安・米ドル高が進んだことや米長期金利が下げ渋ったことが意識されたようだ。ただ、サウジアラビア情勢を巡る思惑や北朝鮮の動向などのリスク要因は除去されていないことから、安全逃避的な金買いが一段と縮小する可能性は低いとの見方も出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は反落、強含みの円相場を嫌気

[東京 7日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比29円60銭安の2万2518円75銭となり、反落して始まった。1ドル113円台後半まで強含んだ円相場が嫌気された。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反落、米経済指標改善やドル高が嫌気される

COMEX金12月限終値:1269.20 ↓8.90
 3日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-8.90ドルの1オンス=1269.20ドルで取引終了。一時1265.90ドルまで売られた。この日発表された10月米雇用統計で、非農業部門雇用者数や平均時給の伸びが市場予想を下回ったことから、安全逃避の金買いが強まる場面があった。
 しかしながら、その後発表された10月ISM非製造業景況指数は市場予想を上回る高水準を記録したことや、為替相場がドル高に振れたことから金先物は反落。12月追加利上げ観測が広がったことから、安全逃避の金買いは一段と縮小した。

原油:大幅続伸、OPEC主導の協調減産の期限延長への期待広がる
NYMEX原油12月限終値:55.64 ↑1.10
 3日のNY原油先物12月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+1.10ドルの55.64ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産期限の延長が期待されていることが引き続き材料視された。
 11月末に開催されるOPEC総会で協調減産期限の延長について議論される見込みだが、サウジアラビアは協調減産期限の延長を支持しており、OPEC非加盟国のロシアも期限延長の可能性について言及している。なお、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが3日午後に公表した国内石油掘削リグ稼働数は前週比-8基の729基となった。リグ稼働数の減少も原油先物を押し上げる一因となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,