タグアーカイブ: 反落

豪ドル円テク「久々に反落か」

日足、4連騰後、1月3日-4日の上昇ラインを下抜く。12月7日-1月3日の上昇ラインがサポート。上値抵抗はボリバン上限。5日線上向き。

acc0109.JPG

週足。9月18日週‐10月23日週の下降ラインを上抜き4週連続陽線。12月18日週-1月1日週の上昇ラインがサポートだが危うい。12月4日週-11日週の上昇ラインがサポート。
月足。17年9月-10月の下降ラインを上抜く。17年6月-11月の上昇ラインがサポート。
14年11月-17年9月の下降ラインを上に抜ければボリバン上限が次の抵抗。
年足は15年-16年の下降ラインを上抜く。16年は陰線だが下ヒゲが大きく伸び17年の陽線へ繋がる。13年-14年の下降ラインが上値抵抗。09年-16年の上昇ラインがサポート。

FX為替ニュース

, , , ,

NY金先物は反落、ユーロ・ドル下落による割高感で売り優勢に

COMEX金2月限終値:1320.40↓1.90
 8日のNY金先物は反落。1321.80ドルから1316.80ドルまで下落した。利益確定と
みられるユーロ売りに、ユーロ・ドルが1.1950ドル台まで下落したことで、ド
ル反発による割高感から売りが優勢になった。ただ、NYダウが今年初めて前日比
下落に転じたことを受けて、リスク回避的な買いも一部みられ、金先物の下落は
限定的になった。

・NY原油先物:反発、米国内生産後退の思惑が下支え
NYMEX原油2月限終値:61.73↑0.29
 8日のNY原油先物は反発。61.34ドルから61.77ドルで推移した。米ベーカー・
ヒューズ社が前週末発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前週比5基減
少したことで、シェールオイル生産後退の思惑が原油先物の下支えになった。一
方、利益確定とみられるユーロ売りに、ユーロ・ドルが1.1950ドル台まで下落し
ており、ドル高による割高感が相場の重しとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反落、ユーロ・ドル下落による割高感で売り優勢に

COMEX金2月限終値:1320.40↓1.90
 8日のNY金先物は反落。1321.80ドルから1316.80ドルまで下落した。利益確定
とみられるユーロ売りに、ユーロ・ドルが1.1950ドル台まで下落したことで、ド
ル反発による割高感から売りが優勢になった。ただ、NYダウが今年初めて前日比
下落に転じたことを受けて、リスク回避的な買いも一部みられ、金先物の下落は
限定的になった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金・8日=反落、ユーロドルが1.19ドル台へ反落

COMEX ゴールド2月限:1320.40ドル -1.90 
 金価格は、先週金曜日まで11営業日続伸を記録し1324.70ドルまで上昇していたが、本日は、ユーロドルが1.19ドル台へ反落したことで、利食い売り優勢となり、反落した。2018年の米連邦準備理事会(FRB)の利上げが3回程度になるとの思惑も利食い売りに拍車をかけた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、ユーロ安・円高の影響受ける

8日のアジア市場で豪ドル・円は反落。朝方に89円08銭まで買われる場面があったが、ユーロ安・米ドル高の相場展開となったことから、豪ドルの対円レートは反落した。豪ドル売り・米ドル買いのフローが増えたことも影響した。ユーロ・円は136円32銭から135円74銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:88円65銭-89円08銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

「先ずは数字、全面円安、ドルも安い、カナダ最強 ユーロはボリバン上限から反落」

「先ずは数字、全面円安、ドルも安い、カナダ最強 ユーロはボリバン上限から反落」

  2018 2018    
  1月4日 1月5日
ドル円 112.73 113.09 0.36 0.32
ユーロ円 136.04 136.07 0.03 0.02
ポンド円 152.75 153.4 0.65 0.43
カナダ円 90.26 91.1 0.84 0.93
豪ドル円 88.65 88.91 0.26 0.29
NZドル円 80.64 81.06 0.42 0.52
スイス円 115.64 116 0.36 0.31
ランド円 9.16 9.18 0.02 0.22
         
         
ユーロドル 1.2067 1.2031 -0.0036 -0.30
ポンドドル 1.355 1.3564 0.0014 0.10
ドルスイス 0.9745 0.9747 0.0002 0.02
ドルカナダ 1.2487 1.2412 -0.0075 -0.60
豪ドルドル 0.7864 0.7862 -0.0002 -0.03
NZドルドル 0.7154 0.7168 0.0014 0.20
ドルランド 12.3068 12.3192 0.0124 0.10
         
ユーロポンド 0.8905 0.8869 -0.0036 -0.40
ユーロスイス 1.176 1.1727 -0.0033 -0.28
豪ドルNZドル 1.0989 1.0965 -0.0024 -0.22
         
トルコリラ円 30.04 30.26 0.22 0.73
ドルトルコリラ 3.7527 3.7373 -0.0154 -0.41
         
人民元円 17.36 17.45 0.09 0.52
ドル人民元 6.4937 6.4808 -0.0129 -0.20
         
メキシコペソ円 5.84 5.89 0.05 0.86
ドルペソ 19.3031 19.2003 -0.1028 -0.53

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は続伸、NY原油先物は反落

金:続伸、景況指数の下振れきっかけに買い戻される
COMEX金2月限終値:1322.30↑0.70
 5日のNY金先物は続伸。1323.90ドルまで上昇後、いったん1314.60ドルまで下落した。米国の12月非農業部門雇用数の減速や11月貿易赤字の拡大などからドル売りになったことで割安感による買いが強まった。その後、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ軌道は変わらないとの見方からドル売りが後退したことで、いったん売りに転じた。しかし、12月ISM非製造業景況指数(総合)の下振れをきっかけに徐々に買い戻され、小幅ながらプラス圏を回復して引けた。
原油:反落、ガソリンや留出油の在庫大幅増が改めて注目される
NYMEX原油2月限終値:61.44↓0.57
 5日のNY原油先物は反落。61.69ドルまで上昇後、61.09ドルまで下落した。米国株続伸スタートによるリスク選好ムードから買いが先行したとみられる。その後、前日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、ガソリンや留出油の在庫が大きく増加していたことが改めて注目され、売りが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前週比5基減少したことで、引けにかけて下げ渋る状態になった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反落、ガソリンや留出油の在庫大幅増が改めて注目される

NYMEX原油2月限終値:61.44↓0.57
 5日のNY原油先物は反落。61.69ドルまで上昇後、61.09ドルまで下落した。米国株続伸スタートによるリスク選好ムードから買いが先行したとみられる。その後、前日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、ガソリンや留出油の在庫が大きく増加していたことが改めて注目され、売りが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前週比5基減少したことで、引けにかけて下げ渋る状態になった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は反落、イラン情勢の影響限定的との見方で売り優勢気味

NYMEX原油2月限終値:60.37↓0.05
 2日のNY原油先物は反落。60.53ドルまで上昇後、一時60.10ドルまで下落した。
イランでの反政府デモの広がりによる中東不安定化への懸念や、ユーロ・ドルの
上昇による割安感から買いが先行。しかし、その後、イラン情勢がただちに原油
供給不安にはつながらないとの見方が浮上し、利益確定などの売りが優勢になっ
た。ただ、米国株高を好感し、引けにかけて徐々に戻す展開になった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY外為:ユーロ円高値から反落、米株下げ幅拡大、米朝関係悪化を警戒

 韓国は、国際的な制裁に違反し北朝鮮の船舶に石油精製品を移した疑いがあるとして、香港籍の船舶を拿捕(だほ)したと外務省当局者が29日明らかにした。これに続き、ロシアのタンカーが北朝鮮に原油を供給していると報じた。
トランプ大統領は、中国の北朝鮮への原油供給が今後も続いた場合、「核兵器問題で外交的な解決の可能性はなくなる」と断固とした姿勢を示した。このため、米国の軍事行動への脅威も浮上。ダウ平均株価は118ドルまで下げた。
米10年債利回りも節目とされる2.4%まで低下。ユーロ・円は135円52銭の高値から135円10銭へ反落。ドル・円は112円60−70銭でもみ合った。ユーロ・ドルは1.20ドルを再び一時割り込んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は反落、日本株下落で円買い優勢に

今日の東京市場で、ドル・円は反落。112円97銭まで上昇後、112円64銭まで下落した。前日の米国株高を受けて日経平均株価が上昇スタートしたことで、ドル買い・円売りが先行。その後、日経平均株価が下落に転じ、ドル売り・円買いが優勢になった。「国連安保理で、新たに北朝鮮の船舶など4隻が国連加盟国の港に入ることを禁止する措置を取る見通し」、との報道も意識されたとみられる。
ユーロ・円は134円93銭まで上昇後、134円55銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1937ドルから1.1959ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円112円60-70銭、ユーロ・円134円60-70銭
・日経平均:始値22831.49円、高値22881.21円、安値22753.20円、終値22764.94円(前日比19.04円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,