タグアーカイブ: 反落

【見通し】株式明日の戦略-反落も下げ渋り陽線を形成、業績期待を支えにあすは底堅い展開か

17日の日経平均は3日ぶり反落。米国株安を嫌気して軟調な展開。ただし、大きく水準を切り下げて始まった分、寄り付き以降の売り圧力は限定的で下げ渋った。後場は、今晩の米国株の動向を見極めたいとの見方からこう着感が強まったものの、為替が円安方向に振れたこともあり、じりじりと下げ幅を縮めた。東証1部の売買代金は概算で2兆9300億円。業種別では機械、食料品、陸運などが上昇しており、石油・石炭、鉄鋼、鉱業などが下落している。値がさ株の筆頭格であるキーエンスやSMCなどが強い動きとなり、ともに昨年来高値を更新した。反面、きのう強い動きを見せたファナックやファーストリテイリングは売りが優勢となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり620/値下がり1381と売りが優勢。業績好調観測が報じられたディスコが大幅上昇。証券会社が目標株価を引き上げたTDKが大幅高となり、ベクトルやミロク情報などもリポートを手がかりに急伸した。ヨシムラフードやフィルカンパニーには決算を好感した買いが続いた。一方、ビットコインの急落を受けて、セレスやGMOインターネット、SBIなど仮想通貨関連が軒並み値を崩す展開。証券会社が投資判断を引き下げた東京製鉄が大きく売られた。ほか、原油価格の下落が嫌気されて、出光興産やコスモエネルギーなどが大幅安となった。

 きょうは終日さえない展開ではあったが、日経平均は安く寄って下げ幅を縮めており、陽線を形成して終えた。昨晩の米国株に関しては、ダウ平均は大幅高で26000ドル台に到達したところから失速し、小幅に下げて終えたという動きで、大幅安となったわけではない。そのため、仮に今晩の米国株が下げたとしても、落ち着いた動きであれば、過度にネガティブに捉える必要はない。ドル円も円高は一服傾向にある。今晩米国では、12月鉱工業生産指数やベージュブックの公表が予定されている。現状では、良好な米国のファンダメンタルズが確認できたとしても、ドル高・円安が大きく進む展開は期待しづらい。しかし、円高に歯止めをかける材料になれば、日本株の下支え要因にはなると考える。円高かつ米国株が大幅安となった場合には、それなりの調整は免れないだろうが、それ以外であれば、あすは底堅い展開になると考える。物色では、きのうの村田製作所に続き、きょうはディスコが日経新聞の業績観測を手がかりに大きく上昇した。業績期待の高い安川電機などは足元で騰勢を強めている。上期に好業績が確認できた銘柄などを中心に、先回り買いの動きが強まる
と予想する。

 一方で、新興市場はしばらく敬遠されると考える。業績相場に突入する中では、大型株の買い安心感が強まる傾向がある。また、ビットコインが急落していることも警戒材料となる。アグレッシブにハイリターンを期待するという点で、新興市場を好む投資家の一部が仮想通貨に流れているとの見方が強く、仮想通貨の下げが続いた場合、新興市場銘柄が手じまい売りに押されるとの警戒が強まる。特にマザーズ銘柄は、昨年大型株に強い上昇が見られた際に見劣りする動きが続いたこともあったことから、相対的な選好が弱まると予想する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

前場の日経平均は反落、米株安・円高で売り優勢

[東京 17日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比103円10銭安の2万3848円71銭となり、反落した。原油価格の下落を受けて米国の主要3株価指数が下げたことに加え、為替が再び円高に傾いたことが重しとなり、朝方から売りが先行。仮想通貨のビットコインが急落したことも投資家心理を冷まし、下げ幅は一時200円を超えたが、円高が一服すると下げ渋る展開となった。年初からの上昇相場で出遅れた国内勢の押し目買いも入ったとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は反落、米株安・円高が重し

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比168円39銭安の2万3783円42銭となり、反落して始まった。原油価格の下落を受けて米国の主要株式3指標が下げたことに加え、ドル/円が再び110円前半に軟化したことが重しとなって、売りが先行した。これまでのところ、東証33業種のうち上昇は5業種にとどまっている。鉱業、石油・石炭製品、海運、銀行などが下げている一方、上昇しているのは食料品、精密機器、建設、パルプ・紙、電機・ガス。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反落、過度の原油高に対する警戒感浮上

NYMEX原油2月限終値:63.73 ↓0.57
 16日のNY原油先物2月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比-0.57ドルの63.73ドルで取引を終えた。一時63.39ドルまで売られた。主要産油国による生産抑制が続いており、原油価格の先高観は大きく後退していないものの、過度の原油高に対する警戒感が浮上しており、1バレル=64ドル台ではポジション調整的な売りが入った。米国株が不安定な動きを見せていることも一部で嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米国株は反落、中国の米国債購入減速検討などを懸念

[ニューヨーク 10日 ロイター] – 米国株式市場の主要3指数は反落して取引を終えた。中国が米国債の購入ペースを落とすとの報道や、トランプ米大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)離脱を表明するとの見方への懸念が広がる中、値動きの荒い相場となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,