タグアーカイブ: 反落

NY金・23日=反落、ユーロに対してドル強含み小幅安に

COMEX ゴールド6月限:1289.60ドル -2.40
 米中貿易戦争への懸念、米朝首脳会談が中止になる可能性も出たため、金価格は一時上昇した。しかしユーロドルが昨年11月中旬以来の水準までユーロ売り・ドル買いになったことで、ドル建ての金価格に割高感が生じ小幅安で引けた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、新興国市場からの資金流出懸念やアジア諸国の株安を嫌気

23日のアジア市場で豪ドル・円は反落。朝方に84円05銭まで買われたが、新興国市場からの資金流出に対する懸念が強まり、アジア諸国の株式市場がさえない動きを見せたことを嫌気して豪ドル売りが急速に広がった。米ドル安・円高の相場展開の影響もあったようだ。豪ドル・ドルは0.7583ドルから0.7535ドルまで下落。ユーロ・円は130円76銭から129円70銭まで売られている。
・豪ドル・円の取引レンジ:83円21銭−84円05銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

豪ドル・円:反落、豪ドル売り・米ドル買いのフロー増える

18日の豪ドル・円は反落。アジア市場の終盤にかけて83円43銭まで買われたが、豪ドル売り・米ドル買いのフローが増えた関係で豪ドルの対円レートは弱含みとなった。豪ドル・ドルは0.7528ドルから0.7490ドルまで反落。ユーロ・円は131円13銭から130円53銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:83円13銭-83円43銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【ディーラー発】ドル円、上値拡大後に反落(NY午前)

ドル円は序盤、米債利回りの高止まりや一連の米・経済指標を好感し、一時110円85銭付近まで上値を拡大。ただ、同水準で調整売りが持ち込まれると110円69銭付近まで小幅に反落。また、クロス円では欧州時間終盤に弱含んでいたユーロ円が130円76銭付近まで下値を切り上げ、ポンド円が149円80銭付近まで反発する一方、ランド円が8円78銭付近まで下落し、トルコ円が24円75銭付近まで値を崩すなど、新興国通貨はやや軟調となっている。1時23分現在、ドル円110.734-737、ユーロ円130.732-737、ユーロドル1.18060-064で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米国株式市場は反落、米国債利回り上昇や貿易巡る懸念で

[ニューヨーク 15日 ロイター] – 米国株式市場は反落。小売統計が強い内容となったことを受けてインフレ懸念が高まり、米10年債利回りが約7年ぶりの水準に上昇したほか、米中通商協議を巡る警戒感も重しとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行

[東京 14日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比53円18銭安の2万2705円30銭となり、反落し始まった。外部環境に変化が乏しい中、前週末に大幅高となった反動で利益確定売りが先行した。トランプ米大統領が米国への輸入車に20%の関税を課すことを提案したとの米系メディア報道が伝わり、自動車株が軟調。金属製品、精密もさえない。半面、不動産、非鉄、海運などはしっかり。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反落、米長期金利下げ渋りなどが嫌気される

COMEX金6月限終値:1320.70 ↓1.60
 11日のNY金先物6月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−1.60ドルの1オンス=1320.70ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1318.70ドルまで売られた。この日発表された4月輸入物価指数は市場予想を下回ったため、利上げペース加速の思惑は後退したが、その後発表された米5月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値と同指数の1年期待インフレ率は市場予想を上回ったことから、利食い売りが広がった。米長期金利の下げ渋りや他の貴金属類の価格も弱含みとなったことも嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY原油先物は反落、ポジション調整に絡んだ売りが入る

NYMEX原油6月限終値:70.70 ↓0.66
 11日のNY原油先物6月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比−0.66ドルの70.70ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時70.45ドルまで売られた。週末前のポジション調整に絡んだ売りが入ったことで原油先物は伸び悩んだ。
 市場関係者の間では、米国による対イラン経済制裁の再開によって供給不安が強まるとの見方が出ているが、一部の市場関係者は「他の石油輸出国機構(OPEC)加盟国が増産することで原油価格の大幅な上昇を防ぐことができる」と指摘している。
 また、イラク、クウェートは早い時期に増産する可能性があり、需給関係が過度にひっ迫することはないとの声も聞かれている。と指摘した。なお、イランのザンギャネ石油相は10日、国営テレビとのインタビューで、「米国の核合意離脱により原油輸出が影響を受けることはない」と述べている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反落、米長期金利下げ渋りなどが嫌気される

COMEX金6月限終値:1320.70 ↓1.60
 11日のNY金先物6月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−1.60ドルの1オンス=1320.70ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1318.70ドルまで売られた。この日発表された4月輸入物価指数は市場予想を下回ったため、利上げペース加速の思惑は後退したが、その後発表された米5月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値と同指数の1年期待インフレ率は市場予想を上回ったことから、利食い売りが広がった。米長期金利の下げ渋りや他の貴金属類の価格も弱含みとなったことも嫌気されたようだ。

・NY原油先物:反落、ポジション調整に絡んだ売りが入る
NYMEX原油6月限終値:70.70 ↓0.66
 11日のNY原油先物6月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比−0.66ドルの70.70ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時70.45ドルまで売られた。週末前のポジション調整に絡んだ売りが入ったことで原油先物は伸び悩んだ。
 市場関係者の間では、米国による対イラン経済制裁の再開によって供給不安が強まるとの見方が出ているが、一部の市場関係者は「他の石油輸出国機構(OPEC)加盟国が増産することで原油価格の大幅な上昇を防ぐことができる」と指摘している。
 また、イラク、クウェートは早い時期に増産する可能性があり、需給関係が過度にひっ迫することはないとの声も聞かれている。と指摘した。なお、イランのザンギャネ石油相は10日、国営テレビとのインタビューで、「米国の核合意離脱により原油輸出が影響を受けることはない」と述べている。

FX為替ニュース

, , , , , ,