Tag Archive: 反落

前場の日経平均は反落、米株安が重し 配当落ちの影響も

[東京 28日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比58円88銭安の2万0166円21銭となり、反落した。1ドル112円台前半まで円安が進み、主力輸出株の一角に買いは入ったが、米株の下落が重しとなった。半面、欧米金利の上昇を背景にメガバンクが堅調で相場を支えた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は反落、米株安を嫌気

[東京 28日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比75円89銭安の2万0149円20銭となり、反落して始まった。為替は1ドル112円台を付けているが、前日の米株安を嫌気した売りが先行した。ただ、売り一巡後は下げ幅を縮め、主力輸出株や金融株の一角はしっかりとした値動きとなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は反落、実需のドル売りや欧州株安で円買い

 今日の東京外為市場では、ドル・円は反落。112円08銭まで上昇した後、111円61銭まで下落した。前日のNY市場でドル買い・円売りが優勢になった流れのなかで、日経平均株価が2万円台で堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りが先行。しかし、国内実需筋からのドル売りをきっかけに反転、その後、欧州株が売りスタートとなったことで円買いも強まった。
 ユーロ・円は125円36銭まで上昇後、124円86銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1179ドルから1.1204ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円111円60-70銭、ユーロ・円124円80-90銭
・日経平均:始値20229.12円、高値20250.10円、安値20185.19円、終値20225.09円
(前日比71.74円高)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は反落、実需のドル売りや欧州株安で円買い

 今日の東京外為市場では、ドル・円は反落。112円08銭まで上昇した後、111円61銭まで下落した。前日のNY市場でドル買い・円売りが優勢になった流れのなかで、日経平均株価が2万円台で堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りが先行。しかし、国内実需筋からのドル売りをきっかけに反転、その後、欧州株が売りスタートとなったことで円買いも強まった。
 ユーロ・円は125円36銭まで上昇後、124円86銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1179ドルから1.1204ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円111円60-70銭、ユーロ・円124円80-90銭
・日経平均:始値20229.12円、高値20250.10円、安値20185.19円、終値20225.09円(前日比71.74円高)
【経済指標】
・NZ・5月貿易収支:+1.03億NZドル(予想:+4.19億NZドル、4月:+5.36億NZドル←+5.78億NZドル)
・中・5月工業利益:前年比+16.7%(4月:+14.0%)
【要人発言】
・李中国首相
「大規模な刺激策はとらない」
「中国は安定的なマクロ政策を維持」
「積極的な財政政策と穏健な金融政策を実施する」
「中国は通年の成長目標の達成可能」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:4日ぶりに反落、一時1230ドル台まで下げる場面も

COMEX金8月限終値:1246.40 ↓10.00
 26日のNY金先物8月限は4日ぶりに反落。1236.50ドルから1259.00ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。一時1230ドル台まで下げ幅を拡大する場面もみられたが、米国株が目立った動きを示さなかったことから下げ幅をやや縮小する格好となった。日足チャートでは、100日移動平均線や200日移動平均線が位置する1250ドル水準でのもみ合いとなっている。

原油:3日続伸、ポジション調整的な買い継続
NYMEX原油8月限終値:43.38 ↑0.37
 26日のNY原油先物8月限は3日続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+0.37ドルの43.38ドルで取引を終えた。短期筋などがショートポジションの買い戻しを進めているようだ。26日発表された5月の米耐久財受注は前月比-1.1%で市場予想を下回った。米国株式はまちまちの動きを見せたが、原油先物は底堅い動きとなった。原油の供給超過状態は段階的に解消されるとの見方が浮上しているが、需給見通しの不透明感は払拭されていない。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

S&Pとダウ小幅高、ハイテク株売られナスダックは反落

[ニューヨーク 26日 ロイター] – 米国株式市場は、ダウ工業株30種とS&P総合500種が小幅に上昇して取引を終えた。高値警戒感からハイテク株が売られ、ナスダック総合は反落した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:4日ぶりに反落、一時1230ドル台まで下げる場面も

COMEX金8月限終値:1246.40 ↓10.00
 26日のNY金先物8月限は4日ぶりに反落。1236.50ドルから1259.00ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。一時1230ドル台まで下げ幅を拡大する場面もみられたが、米国株が目立った動きを示さなかったことから下げ幅をやや縮小する格好となった。日足チャートでは、100日移動平均線や200日移動平均線が位置する1250ドル水準でのもみ合いとなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,