タグアーカイブ: 反発

ドル買い優勢で、ドル円は109.43円まで反発

 ドル買いが優勢で、ドル円は109.43円まで高値を更新した。また、欧州通貨は対ドルで安値更新の動きで、ユーロドルは1.2330ドル、ポンドドルは1.3864ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9384CHFまでドル高。また、自律反発で買い戻しが優勢となっていたクロス円も次第に上値が重くなり、ユーロ円は134.90円近辺、ポンド円は151.70円近辺、CHF円は116円半ばに押し戻された。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は上げ渋り、ユーロ安・ドル高が金先物の反発を阻む

COMEX金4月限終値:1336.50 ↓0.80
 5日のNY金先物4月限は上げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比-0.80ドルの1オンス=1336.50ドルで取引終了。米国株の大幅続落を意識して安全逃避的な買いが観測されたが、ユーロ安・米ドル高の相場展開となったことから、金先物相場の反発は抑制された。ただ、時間外取引では米国株の大幅続落を意識して1344.80ドルまで買われており、安全逃避の金買いは6日の通常取引でも継続する可能性があるとみられている。

・NY原油先物:続落、米国株の大幅続落などを嫌気
NYMEX原油3月限終値:64.15 ↓1.30
 5日のNY原油先物3月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−1.30ドルの64.15ドルで取引を終えた。一時63.55ドルまで下落した。米国株の大幅続落が嫌気されたようだ。株安を受けて米長期金利は低下したが、ポジション調整的な売りが勝る展開となり、原油先物の上値は重くなった。原油在庫の増加観測や株安によるエネルギー需要の伸び悩みが当面の売り材料になるとの見方が増えている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は上げ渋り、ユーロ安・ドル高が金先物の反発を阻む

COMEX金4月限終値:1336.50 ↓0.80
 5日のNY金先物4月限は上げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比-0.80ドルの1オンス=1336.50ドルで取引終了。米国株の大幅続落を意識して安全逃避的な買いが観測されたが、ユーロ安・米ドル高の相場展開となったことから、金先物相場の反発は抑制された。ただ、時間外取引では米国株の大幅続落を意識して1344.80ドルまで買われており、安全逃避の金買いは6日の通常取引でも継続する可能性があるとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

機密メモ公開 トランプ大統領 民主は反発

(週末のニュースではトランプ大統領は、FBIの捜査に偏りがあると指摘した文書が公開されたことで、自身の潔白が証明されたと主張し、ロシア疑惑をめぐってトランプ大統領の事情聴取が検討されていると伝えられる中、捜査当局をけん制している。トランプ陣営の幹部の通信をFBIなどが傍受するにあたり、野党・民主党とつながりがある調査会社がもたらした情報を基に裁判所の許可を取ったなどとして、ロシア疑惑をめぐる捜査に偏りがあると指摘している。

もちろん これに民主党は反発している。今週期限が来るつなぎ予算の延長にも悪影響がありそうだ)

FX為替ニュース

, , , , , ,

寄り付きの日経平均は反発、円安で買い戻し 日立・任天堂が堅調

[東京 1日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比177円81銭高の2万3276円10銭となり、反発して始まった。前日の米国株が小幅ながらも上昇したことや、為替が1ドル109円台前半とやや円安に振れたことが支援材料となり、主力株に買い戻しが入った。銀行株がしっかり。前日に決算発表を行った日立製作所、任天堂などが上昇している。半面、海運やガラス・土石、不動産がさえない。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反発、米長期金利や株式の伸び悩みが意識される

COMEX金4月限終値:1343.10 ↑3.10
 1月31日のNY金先物4月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+3.10ドルの1オンス=1343.10ドルで取引終了。一時1348.50ドルまで買われた。この日発表された1月ADP雇用統計と1月のシカゴ購買部協会景気指数はいずれも市場予想を上回ったものの、米長期金利は伸び悩んだことが要因。NYダウが一時反落したことも材料視されたようだ。ただ、米ドル相場の反発を意識して金先物の上値は重くなっていたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反発、米長期金利や株式の伸び悩みが意識される

COMEX金4月限終値:1343.10 ↑3.10
 1月31日のNY金先物4月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+3.10ドルの1オンス=1343.10ドルで取引終了。一時1348.50ドルまで買われた。この日発表された1月ADP雇用統計と1月のシカゴ購買部協会景気指数はいずれも市場予想を上回ったものの、米長期金利は伸び悩んだことが要因。NYダウが一時反落したことも材料視されたようだ。ただ、米ドル相場の反発を意識して金先物の上値は重くなっていたようだ。
・NY原油先物は反発、米経済指標の改善を意識した買いが入る
NYMEX原油3月限終値:64.73 ↑0.23
 1月31日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+0.23ドルの64.73ドルで取引を終えた。一時64.94ドルまで買われた。1月の米ADP雇用統計と1月のシカゴ購買部協会景気指数はいずれも市場予想を上回ったことから、買いが強まる展開となった。米EIAが公表した1月26日時点のガソリン在庫は減少したが、原油在庫は市場予想を大きく上回る増加を記録したことから、NY原油先物はやや上げ渋った。原油の需給関係がただちに悪化するとの見方は少ないものの、米国における生産拡大は原油価格の上昇を抑える一因となるとの見方が増えている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

反発、米経済指標の改善を意識した買いが入る

NYMEX原油3月限終値:64.73 ↑0.23
 1月31日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+0.23ドルの64.73ドルで取引を終えた。一時64.94ドルまで買われた。1月の米ADP雇用統計と1月のシカゴ購買部協会景気指数はいずれも市場予想を上回ったことから、買いが強まる展開となった。米EIAが公表した1月26日時点のガソリン在庫は減少したが、原油在庫は市場予想を大きく上回る増加を記録したことから、NY原油先物はやや上げ渋った。原油の需給関係がただちに悪化するとの見方は少ないものの、米国における生産拡大は原油価格の上昇を抑える一因となるとの見方が増えている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,