タグアーカイブ: 反発

NZドル円テク「TPP方針転換で反発も伸び悩む」

日足。10月31日-11月13日の上昇ラインがサポート。11月9日-11月13の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。雲の下。ボリバン下位。

ncc1114.JPG

 週足。10月16日週-23日週を上抜くも弱い。10月16日週-11月6日週の下降ラインが上値抵抗。ボリバン下限で反騰もまた下げている。
月足は17年4月-5月の上昇ラインを下抜け。17年9月-10月の下降ラインが上値抵抗。16年6月-17年10月の上昇ラインがサポート。
15年年足は大陰線。16年も下げていたがトランプ氏の米大統領選挙勝利後は急速に下ヒゲを伸ばしたが陰線に終わった。13年-14年、12年-13年の上昇ラインを下抜いた。

FX為替ニュース

, , , , ,

米商務省、中国製合板への相殺関税を最終決定 中国は反発

[ワシントン/北京 14日 ロイター] – 米商務省は13日、中国が硬質合板に輸出補助金を支給し、米国に不当に安い価格で輸出しているとし、相殺関税などを適用する方針を最終決定した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反発、年内における米税制改革に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1278.90 ↑4.70
 13日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前営業日比+4.70ドルの1オンス=1278.90ドルで取引終了。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことから、安全逃避的な買いが入った。ただし、米長期金利は下げ渋っていることや、金先物相場の上昇に直結する材料は多くないことから、金先物は1280ドル手前で上げ渋る展開となった。

・NY原油先物:小幅高、OPEC主導による減産期限延長への期待も
NYMEX原油12月限終値:56.76 ↑0.02
 13日のNY原油先物12月限は小幅高。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+0.02ドルの56.76ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)の減産延長への期待が買い材料となった。OPEC月報で10月のOPEC加盟国の原油生産高は前月から減少したことが指摘されており、原油先物相場に対する支援材料となった。ただし、足元の需給関係の大幅な改善は期待できないとの見方は残されており、原油先物はやや上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金先物は反発、年内における米税制改革に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1278.90 ↑4.70
 13日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前営業日比+4.70ドルの1オンス=1278.90ドルで取引終了。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことから、安全逃避的な買いが入った。ただし、米長期金利は下げ渋っていることや、金先物相場の上昇に直結する材料は多くないことから、金先物は1280ドル手前で上げ渋る展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル・円安値から反発、ダウ下げ幅縮小

 NY外為市場でリスク回避の動きが後退し、ドル・円は113円25銭の安値から113円48銭まで反発した。ユーロ・円は132円04銭から132円37銭まで反発。
米国株式相場が下げ幅を縮小。朝方80ドル近く下げたダウ平均株価は米国東部時間10時現在3ドル安で推移。米10年債利回りは2.37%から2.38%まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は反発、米長期金利上昇にともないドル買い

 今日の東京市場で、ドル・円は反発。113円26銭まで下落した後、113円58銭まで上昇した。日経平均株価が3日続落となり、前日比一時356円安まで下げた場面でドル売り・円買いが強まった。その後、日経平均株価が下落幅を縮小(前日比187円安で終了)、米国10年債利回りが2.33%台から2.37%台まで上昇したことで、ドル買い・円売りが優勢になった。
 ユーロ・円は131円95銭から132円22銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1655ドルまで上昇後、1.1633ドルまで下落した。
・17時時点:ドル・円113円50-60銭、ユーロ・円132円10-20銭
・日経平均:始値22580.70円、高値22724.39円、安値22511.93円、終値22681.42円(前日比187.29円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は反発、米長期金利上昇にともないドル買い

 今日の東京市場で、ドル・円は反発。113円26銭まで下落した後、113円58銭まで上昇した。日経平均株価が3日続落となり、前日比一時356円安まで下げた場面でドル売り・円買いが強まった。その後、日経平均株価が下落幅を縮小(前日比187円安で終了)、米国10年債利回りが2.33%台から2.37%台まで上昇したことで、ドル買い・円売りが優勢になった。
 ユーロ・円は131円95銭から132円22銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1655ドルまで上昇後、1.1633ドルまで下落した。
・17時時点:ドル・円113円50-60銭、ユーロ・円132円10-20銭
・日経平均:始値22580.70円、高値22724.39円、安値22511.93円、終値22681.42円(前日比187.29円安)
【経済指標】
・日・10月マネーストックM3:前年比+3.5%(予想:+3.4%、9月:+3.4%)
・日・9月第3次産業活動指数:前月比-0.2%(予想:-0.1%、8月:-0.1%)
【要人発言】
・豪準備銀行の四半期金融政策報告
「基調インフレ率は2018年12月まで1.75%、2019年12月は2%へ」
「GDP伸び率、2017年12月は2.5%、18年12月は3.25%、19年12月は3.25%」
「失業率は2019年6月まで5.5%、19年12月まで5.25%へ」
「豪ドルがさらに上昇すれば経済成長とインフレの回復は鈍化へ」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は反発、米長期金利上昇にともないドル買い

 今日の東京市場で、ドル・円は反発。113円26銭まで下落した後、113円58銭まで上昇した。日経平均株価が3日続落となり、前日比一時356円安まで下げた場面でドル売り・円買いが強まった。その後、日経平均株価が下落幅を縮小(前日比187円安で終了)、米国10年債利回りが2.33%台から2.37%台まで上昇したことで、ドル買い・円売りが優勢になった。
 ユーロ・円は131円95銭から132円22銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1655ドルまで上昇後、1.1633ドルまで下落した。
・17時時点:ドル・円113円50-60銭、ユーロ・円132円10-20銭
・日経平均:始値22580.70円、高値22724.39円、安値22511.93円、終値22681.42円(前日比187.29円安)
【経済指標】
・日・10月マネーストックM3:前年比+3.5%(予想:+3.4%、9月:+3.4%)
・日・9月第3次産業活動指数:前月比-0.2%(予想:-0.1%、8月:-0.1%)
【要人発言】
・豪準備銀行の四半期金融政策報告
「基調インフレ率は2018年12月まで1.75%、2019年12月は2%へ」
「GDP伸び率、2017年12月は2.5%、18年12月は3.25%、19年12月は3.25%」
「失業率は2019年6月まで5.5%、19年12月まで5.25%へ」
「豪ドルがさらに上昇すれば経済成長とインフレの回復は鈍化へ」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反発、クッシングの原油在庫減少の思惑も

NYMEX原油12月限終値:57.17 ↑0.36
 9日のNY原油先物12月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+0.36ドルの57.17ドルで取引を終えた。オクラホマ州クッシングの原油在庫の減少観測が原油先物相場を下支えした。中東地域における地政学的リスク増大が懸念されていることも影響したようだ。米国株安は特に意識されなかったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,