タグアーカイブ: 反発

原油:反発、イラク情勢悪化を警戒した買いが入る

NYMEX原油11月限終値:51.47 ↑0.18
20日のNY原油先物11月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+0.18ドルの51.47ドルで取引を終えた。イラク情勢をめぐる地政学的リスク増大に対する警戒感が高まっており、原油供給不安は払しょくされていないことが要因。
ただ、米長期金利の上昇や外為市場でドル高が進行したことから、戻り売りの興味も散見されており、NY原油先物はやや上げ渋った。なお、この日は11月限の売買最終日。NY原油先物12月限は+0.33ドルの51.84ドルだった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、米長期金利低下や株安を意識した買いが入る

COMEX金12月限終値:1290.00 ↑7.00
 19日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+7.00ドルの1オンス=1290.00ドルで取引終了。米国株の下落やスペイン内政不安を意識した買いが入った。米長期債の低下も材料視されたようだ。なお、米政治メディア「ポリティコ」は匿名の政府高官の談話を引用し、「トランプ大統領は次期FRB議長人事についてパウエル氏指名に傾いている」と報じている。米連邦準備制度理事会(FRB)議長人事については今週中に発表される可能性が高いとみられている。
・NY原油先物:反落、ガソリン在庫増加などを嫌気した売り
NYMEX原油11月限終値:51.29 ↓0.75
 19日のNY原油先物11月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比0.75ドルの51.29ドルで取引を終えた。一時51.07ドルまで売られた。先日に続いてガソリン在庫の増加を意識した売りが観測された。ただ、ユーロ相場の反転や株安が一服したことから、売りは一服。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、米長期金利低下や株安を意識した買い

COMEX金12月限終値:1290.00 ↑7.00
 19日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+7.00ドルの1オンス=1290.00ドルで取引終了。米国株の下落やスペイン内政不安を意識した買いが入った。米長期債の低下も材料視されたようだ。なお、米政治メディア「ポリティコ」は匿名の政府高官の談話を引用し、「トランプ大統領は次期FRB議長人事についてパウエル氏指名に傾いている」と報じている。米連邦準備制度理事会(FRB)議長人事については今週中に発表される可能性が高いとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロドルは反発、1.18ドル台に戻す

 スペイン中央政府がカタルーニャ州の自治停止プロセス発動するとの報道で、1.18ドル近辺から1.1768ドルまで下落したユーロドルは、対ポンドでの買いなどで反発し、再び1.18ドル台に戻した。ユーロ円も132.48円まで下値を広げるも、ユーロドルの買い戻しやドル円が112円半ばで下げ止まったこともあり、133円付近まで回復している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

原油:反発、中国の原油需要増加の思惑で買い強まる

NYMEX原油11月限終値:51.45 ↑0.85
 
13日のNY原油先物11月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+0.85ドルの51.45ドルで取引を終えた。一時51.72ドルまで上昇。中国の需要増加観測が相場反発の要因。今月19日に中国の7-9月期国内総生産が発表されるが、前年比+6.8%程度の成長が予測されている。
 国際通貨基金(IMF)が先日公表した世界経済予測では中国経済は2017年に6.8%、2018年は6.5%の成長が予測されている。成長率はやや鈍化するものの、主要先進国との比較で高い成長率を維持する可能性があることから、中国の原油需要は堅調に推移するとの見方が増えている。石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国が来年3月以降も減産体制を維持するとの見方も需給改善につながる要因とされている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,