タグアーカイブ: 反応

豪ドル・円:やや強含み、中国関連の経済指標に対する反応乏しい

14日のアジア市場で豪ドル・円はやや強含み。米ドル・円相場は若干円安方向に振れたことや豪ドル買い・米ドル売りのフローがやや多かったことが要因。中国関連の経済指標は市場予想を下回ったが、リスク回避的な豪ドル売りは特に増えなかった。豪ドル・ドルは0.7610ドルから0.7639ドルで推移。なお、ユーロ・円は132円49銭から132円72銭でもみあう状態となっている。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円47銭-86円73円

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

株と金利の動きに対して為替の反応は・・・

こんばんは。越後屋です。欧州時間に入りましたが、日経平均先物は相変わらずのボラの高さというかスカスカというか100円安で始まったかと思えば20円高まで反発と荒い値動きとなっています。そして、米債券相場にしても欧州前から謎の債券売りで米10年債利回りはすでに4bp…

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:やや上げ渋り、中国の10月貿易統計に対する反応は限定的

8日のアジア市場で豪ドル・円はやや上げ渋り・朝方に87円19銭まで買われたが、米ドル・円相場がやや円高方向に振れた関係で86円98銭まで売られた。中国の貿易統計に対する市場反応は限定的だったことから、新たな豪ドル売り材料が提供されない場合、豪ドル・円は87円近辺でもみあいを続ける可能性が高いとみられる。なお、ユーロ・円の取引レンジは131円80銭から132円14銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円98銭-87円19銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,