タグアーカイブ: 午後

初回SQを前に午後は狭いレンジ内でのボックス推移に【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

1月17日18時00分時点のビットコイン(BTC)は、1,237,000円台で推移している。朝方にボリンジャーバンド( (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

午後は一転ドル堅調に、ドル円は110.89円まで上昇

 午前中は弱含んだドルが、午後に入ると一転して強含んでいる。ドル円は110.89円まで上昇し、ユーロドルも1.2246ドルまで、ポンドドルは1.3776ドルまでドル高に傾いた。NZドル/ドルも0.7237ドル、ドル/加ドルは1.2453加ドルまでドル高になっている。
 米10年債利回りは一時2.559%まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替・18日=ドル売りが先行も、午後にかけて買い戻される

 NYタイムの為替市場は、午前にドル売りの動きとなったものの、午後には米長期債利回りの上昇とともにドルは買い戻された。米下院が19日午後に税制改革法案を採決予定との報道もあり、米10年債利回りは2.39%半ばまで上昇した。ドル円は112.31円まで下押ししたが、112円半ばまで戻した。ユーロドルは1.1834ドルまで上値を伸ばすも、1.17ドル後半まで水準を下げて推移した。米金利上昇だけではなく、今週に控えているスペイン・カタルーニャ州議会選への警戒感もユーロドルの重しとなった。ポンドドルは、1.3418ドルを頭に1.33ドル後半で取引された。英・EU離脱交渉は第2段階入りするも、通商協議の難航が予想されるため、ポンドに対する方向感は出難いか。ドル/スイスフラン(CHF)は0.9840CHFのCHF高水準から、0.98CHF半ばでの値動き。
 ダウ平均が一時200ドル高、NASDAQが史上初の7000pなど堅調な米株式市場にも、クロス円の上値試しは一時的だった。ユーロ円は133.01円、ポンド円が151.03円を高値に、それぞれ132円半ばと150円半ばまで売り戻された。
 南ア・ランド(ZAR)は上昇した。南ア与党・アフリカ民族会議(ANC)の新代表に、ラマポーザ副大統領が選出されたことが好感された。NY勢の参入時に12.92ZAR付近だったドルZARは12.5336ZARまでZAR買い・ドル売りとなった。ZAR円も8.70円で下支えされ、3月24日の高値に並ぶ8.97円まで買われた。その後は、流動性が薄くなるなかでの利食い売りに、ドルZARは12.77ZAR前後、ZAR円が8.82円付近まで押し戻されている。
 豪ドル/ドルは0.76ドル後半、NZドル/ドルが0.70ドル近辺で伸び悩み。一方で、豪ドル円が86円前半、NZドル円は78円後半で下げ渋った。また、ドル/加ドルは1.28加ドル半ばから後半で上下し、加ドル円が87.33円まで下値を広げ、戻りも鈍かった。
 午後6時5分時点で、ドル円は112.57円、ユーロドルが1.1780ドル、ユーロ円は132.61円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

午後の反発を暗示か

こんにちは、Dice-Kです。午前中のドル円は安値圏でのさえない動きでしたね。日経平均株価が珍しく弱含んだことも相場の重しとなったようですが、これを受けて市場では「今日こそ日銀のETF買いが午後に入るのでは」との声も聞かれています。今月は前場でTOPIXが下げ…

FX為替ニュース

, , , , , ,

様子見が強い中、ドル円は112円台後半 午後にイエレン議長あいさつ=NY為替チェック

 一連の米経済指標に伴う動きも一服し、ドル円は112.85近辺で推移している。NY時間の開始までは緩やか (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

午後は動きが一段と細る、ドル円112円後半

 午前の小幅のドル買いも落ち着き、午後の為替相場は動きが一段と細る。中国や香港、韓国などが休場となり、手がかりも乏しい中、日経平均は小高い水準でほぼ横ばい。
 ドル円は112.80円近辺でこう着し、ユーロドルは1.17ドル後半、ポンドドルは1.33ドル後半、豪ドル/ドルは0.78ドル前半で動意薄。

FX為替ニュース

, , , , , ,

豪ドル円は87円前半でもみ合い、午後のRBA声明待ち

 豪ドルは対ドルで0.79ドル半ば、対円では87円前半でもみ合い。本日は午前に豪4-6月期経常収支や中国8月財新サービス業PMIの発表が予定されているが、やはり市場参加者の注目は午後の豪準備銀行(RBA)政策金利発表とその声明だ。政策金利は1.50%据え置きが大方の予想のため、その後の声明がより重要視される。現状、市場ではRBAの利上げは来年後半からと見る向きが多い。今回の声明で、更なるヒントとなるものがでるかを見極めたい。また、豪ドルの水準への言及にも要注意となる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

午後の為替相場はこう着、ドル円は109.80円近辺

 午後の為替相場はこう着状態が続いている。ドル円は109.80付近、ユーロ円が130.50円近辺、ポンド円は142.25円前後での推移。日経平均は前引け値よりも弱含んでいるが、為替市場は動意が鈍い。オセアニア市場で既に売り込んでしまっており、あとは欧州勢待ちというところか。ドル円、クロス円ともに先週NY終値からのギャップを埋められるかに注目したい。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,