タグアーカイブ: 北朝鮮

【発言】米国務長官「挑発行為は北朝鮮をより孤立させるだけだ」

ティラーソン米国務長官
「一連の挑発行為は北朝鮮をより外交的にも経済的にも孤立させるだけだ」
「ロシアと中国はむこうみずなミサイル打ち上げに直接許せないことを示唆するべきだ」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【NY為替オープニング】米利上げ確率上昇も北朝鮮の脅威くすぶる

◎ポイント
・英国中央銀行:金融政策据え置き「今後数か月内に緩和策を一部解除する可能性が強い」
・スイス国立銀行:政策金利据え置き
・米・先週分新規失業保険申請件数:28.4万件(予想:30.0万件、前回:29.8万)
・米・8月消費者物価指数:前年比+1.9%(予想:+1.8%、7月:+1.7%)
・トランプ米大統領:DACA、合意に近い
・日経、北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射する兆候
 
 14日のニューヨーク外為市場では米国や英国の利上げ観測が強まり、ドル買い、ポンド買いが目立つ。一方、北朝鮮問題がくすぶりリスクとなる。
北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射台の移動を開始しており、再び弾道ミサイルを発射する兆候を見せていると、日経が報じた。先日、国連安保理が北朝鮮に対する制裁強化決議を全会一致で採択したことを受けて、北朝鮮は米国に「最大の痛み」を警告していた。発射された場合、日本列島を越える可能性が高く、日米韓を中心に厳戒の態勢を敷いているという。北朝鮮が日本列島を越えるミサイルを発射すれば、8月29日以来、6度目になるという。
米国では年内あと一回の利上げ観測が再燃しつつある。米8月消費者物価指数(CPI)は6カ月ぶりに予想を上回った。過去5か月間、CPIは予想を下回っており連邦公開市場委員会(FOMC)Cの懸念材料となっていた。雇用関連指標で、労働市場がFOMCの目標である完全雇用にほぼ達したことが示される一方、インフレが低迷していたため、12月の利上げ確率は20%台に低下していた。現行は46%。また、トランプ米大統領が税制改革、移民法などの主要アジェンダの実行、達成のために超党派支持を得る方針に移行。年内の税制改革法案成立への期待が強まっており、景気先行き見通しの改善やドル高につながる。
英国中央銀行は金融政策決定会合で7対2で金融政策の据え置きを決定。声明では、全MPC委員が、もし、経済が予想通りに展開した場合、利上げは現在市場が予想しているより早くなると指摘。今後数か月内に緩和策を一部解除する可能性が強いとした。タカ派姿勢に転じた。来年2月の利上げを市場は織り込み、ポンド買いに拍車がかかった。
・ドル・円は、200日移動平均水準の112円31銭を下回っている限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1047ドルを下回っている限り中期的な下落基調に入った可能 性。

ドル・円110円71銭、ユーロ・ドル1.1892ドル、ユーロ・円131円37銭、ポンド1.3336ドル、ドル・スイスは0.9672フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ドル反落、北朝鮮によるミサイル発射の可能性報道を警戒

[欧米市場の為替相場動向]
NY外為市場でドルは高値から反落した。北朝鮮によるミサイル発射の可能性の報道を警戒。ドル・円は111円04銭の高値から110円32銭まで反落。ユーロ・ドルは1.1838ドルの安値から1.1909ドルまで急反発した。ユーロ・円は131円68銭から131円25銭まで下落。
北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射する兆候を見せていると、日経が報じた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円、北朝鮮で↓の直後米CPI強く↑↑

こんばんは、フジモトです。ドル円は荒い値動きとなっていますね。21時前に伝わった日経新聞の「北朝鮮でミサイル発射の兆候。ICBMの可能性」との報道が英語で流れると、アルゴ中心に売りで反応したのか110.394円まで下押し。もっとも、直後に発表された米CPIや米新規…

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=北朝鮮のミサイル発射準備報道で伸び悩みか

ドル円は、北朝鮮リスク回避取引(円買い・株売り)の巻き戻しが継続しているなか、米8月消費者物価指数を見極める展開となる。米8月の消費者物価指数は昨日の生産者物価指数と同様に上昇が予想されているものの、予想通りだったとしても、北朝鮮が国連安保理決議に対して強硬な態度を示しており、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の準備が行われているとの報道などから上値は限定的か。
 ドル円は、地政学リスク回避で8月31日の高値110.67円から9月8日の107.32円まで3.35円下落した後、巻き戻しで110.73円までの反発しており、全値戻しを達成した。
 しかしながら、依然として10月10日の朝鮮労働党創建72周年記念日に向けた北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の可能性は払しょくされていないこと、19-20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感も残されていることで、ドル円の上値は限定的か。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは日足一目均衡表・雲の上限の111.66円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表・基準線の109.14円。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

NY為替見通し=北朝鮮のミサイル発射準備報道で伸び悩みか

 ドル円は、北朝鮮リスク回避取引(円買い・株売り)の巻き戻しが継続しているなか、米8月消費者物価指数を見極める展開となる。米8月の消費者物価指数は昨日の生産者物価指数と同様に上昇が予想されているものの、予想通りだったとしても、北朝鮮が国連安保理決議に対して強硬な態度を示しており、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の準備が行われているとの報道などから上値は限定的か。
 ドル円は、地政学リスク回避で8月31日の高値110.67円から9月8日の107.32円まで3.35円下落した後、巻き戻しで110.73円までの反発しており、全値戻しを達成した。
 しかしながら、依然として10月10日の朝鮮労働党創建72周年記念日に向けた北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の可能性は払しょくされていないこと、19-20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感も残されていることで、ドル円の上値は限定的か。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは日足一目均衡表・雲の上限の111.66円。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表・基準線の109.14円。

FX為替ニュース

, , , , , ,

北朝鮮、サイバー攻撃で仮想通貨獲得を画策か【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

さまざまな世界的な金融機関へのサイバー攻撃の背後に北朝鮮の存在がささやかれている昨今だが、仮想通貨 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は伸び悩みか、米インフレ上昇も北朝鮮への警戒根強い

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。米インフレ指標の上昇予想から連邦準備制度理事会(FRB)による金融正常化の方針堅持を見込んだドル買いが強まろう。反面、北朝鮮の制裁に対する報復への警戒は続き、リスク回避的な円買いがドルの重石になりそうだ。
 前日発表された米国の7月JOLT(求人労働移動調査)求人件数は617万件と予想を上振れ、過去最高となった。今晩21時半発表となる8月生産者物価指数(PPI)は7月の前月比マイナスからプラス転換が見込まれ、堅調な内容となれば明日発表の8月消費者物価指数(CPI)への思惑も広がり、FRBの金融正常化の方針堅持を見込んだドル買いが継続する見通し。本日のアジア市場で、ドル・円は下落局面となっても110円付近を維持する底堅い値動きをみせており、海外市場では米インフレ指標を受けて110円台が定着する展開もありうる。
 ただし、ドル・円の上値は重くなりそうだ。国連安保理は日本時間12日、北朝鮮が3日に強行した核実験に対して、同国への石油輸出に上限を設定した制裁決議を全会一致で採択した。北朝鮮はすぐには反応を示さなかったが、本日発表した「外務省報道」で今回の制裁決議を非難したうえで、「激しく糾弾し、全面排撃する」と米国への対抗を継続する構えをみせている。国連安保理の決議が穏やかな内容になったことを受け、朝鮮半島有事への過度な懸念は収束したが、警戒の円買いは引き続きドル・円の上昇を抑えそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・5-7月ILO失業率(予想:4.4%、4-6月:4.4%)
・18:00 ユーロ圏・7月鉱工業生産(前月比予想:+0.1%、6月:-0.6%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+3.3%)
・21:30 米・8月生産者物価指数(前月比予想:+0.3%、7月:-0.1%)
・02:00 米財務省30年債入札(120億ドル、リオープン)
・03:00 米・8月財政収支(予想:-1190億ドル、16年8月:-1071.12億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

コラム【アナリスト夜話】:北朝鮮の軍事技術力のレベルとその狙い(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)[FISCO]

この週末、9月9日の北朝鮮建国記念日は結局何事もなく通過し、世界中が胸をなでおろしたことでしょう。そ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,