タグアーカイブ: 北朝鮮

金:反発、北朝鮮の水爆実験強行を警戒した買いが入る

COMEX金12月限終値:1297.50 ↑2.70
 22日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+2.70ドルの1オンス=1297.50ドルで終了。北朝鮮外相が水爆実験を実施する可能性について言及し、米朝間の緊張状態が大幅に高まったことが要因。地政学リスクの増大を警戒して安全逃避的な買いが入った。米長期金利がやや低下したことや米国株が伸び悩んだことも材料視された。
 ただ、一部の市場関係者からは「米国による武力行使につながる水爆実験を北朝鮮がただちに実施することは考えにくい」、「米連邦準備制度理事会(FRB)による保有資産縮小(バランスシート正常化)の影響を見極めたい」との声が聞かれており、一部で安全逃避的な金買いを手控える動きもあったようだ。

原油:やや反発、リグ稼働数減少などが材料視される」
NYMEX原油11月限終値:50.66 ↑0.11
 22日のNY原油先物11月限はやや反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+0.11ドルの50.66ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国は22日、合同閣僚監視委員会を開催し、来年3月末に期限を迎える協調減産の延長を加盟国などに勧告することを見送った。ロシアのノバク・エネルギー相は減産合意の延長について「来年1月までは決定しない」との見通しを示した。
 原油先物は減産延長の思惑が後退したことから売られる場面もあったが、需給改善を期待した押し目買いが入ったことで下げ止まった。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した最新週の国内石油掘削リグ稼働数が前週比-5基の744基だったことも原油先物相場を下支えする要因となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

反発、北朝鮮の水爆実験強行を警戒した買いが入る

COMEX金12月限終値:1297.50 ↑2.70
 22日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+2.70ドルの1オンス=1297.50ドルで終了。北朝鮮外相が水爆実験を実施する可能性について言及し、米朝間の緊張状態が大幅に高まったことが要因。地政学リスクの増大を警戒して安全逃避的な買いが入った。米長期金利がやや低下したことや米国株が伸び悩んだことも材料視された。
 ただ、一部の市場関係者からは「米国による武力行使につながる水爆実験を北朝鮮がただちに実施することは考えにくい」、「米連邦準備制度理事会(FRB)による保有資産縮小(バランスシート正常化)の影響を見極めたい」との声が聞かれており、一部で安全逃避的な金買いを手控える動きもあったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【IMM】円売り持ち減、来週の注目:北朝鮮、ヘルスケア、米Q2GDP確定値、イエレンFRB議長講演

 短期投機家・投資家の円の売り持ち高は前週から減少した。ユーロの買い持ちは2007年来の高水準から減少した。
来週は北朝鮮が依然、リスク要因となる。また、今週末予定されているドイツの総選挙では、メルケル首相が4期目続投がほぼ確実視されている。ただ、右派が議席を増やす可能性がある。金融政策の行方を探るうえで、イエレンFRB議長、フィッシャー米FRB副議長、ドラギECB総裁、カーニー英中央銀行総裁が講演に注目が集まる。
米国では9月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)をうけて、年内の追加利上げ観測が強まったが、来週は、消費支出、4−6月期国内総生産(GDP)確定値、コアインフレで年内の利上げの可能性を探る。8月の個人支出はおそらく小幅にとどまると見られている。FOMCが注視している8月のコアPCEは1.4%と2015年12月来の低水準となった7月の水準を維持すると見られている。4−6月期国内総生産(GDP)確定値は+3.1%と、改定値3.0%から上方修正される見込み。
また、トランプ政権による経済政策の進展にも注目される。共和党上院はグラム‐キャシディ法案を採決する可能性がある。30日までに50票支持が得られれば、オバマケアの撤廃が可能になる。また、ムニューシン米財務長官は9月末を目標に、税制改革の骨子を発表するとしており、行方に期待が集まる。
一方、トランプ米大統領は国連総会での演説で、北朝鮮を痛烈に批判。加えて制裁を強化した。このため、関係がいっそう緊迫化。北朝鮮は、太平洋上で過去最大級の水爆実験を警告した。政府高官は、万が一、北朝鮮が水爆実験をした場合、「形勢を一変させる事象」としているものの、現状で、北朝鮮の脅しを真剣に受け取っていないとしている。ティラーソン国務長官は、外交的手段を重視することに変わりはないが、軍事的手段も依然選択肢とすると強調。緊張はくすぶる。
■来週の主な注目イベント
●米国
23日:カナダでNAFTA再交渉協議再開
25日:ダドリーNY連銀総裁、エバンス・シカゴ連銀総裁、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が講演
26日:イエレンFRB議長がインフレ、不透明性、金融政策に関しNABE会議で演説、メスター・クリーブランド連銀総裁がNABEのイベントで司会、ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事が労働市場の格差に関する演説、ボスティック米アトランタ連銀総裁が講演
27日:ブラード・セントルイス連銀総裁が経済、金融政策に関して講演、ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事が講演、
28日:4−6月期国内総生産(GDP)確定値:予想:3.1%(改定値3.0%)、個人消費確定値予想:3.3%(改定値3.3%)
ジョージ米カンザスシティー地区連銀総裁が経済てん金融政策に関して講演、フィッシャー米FRB副議長が英中銀の会合で講演、ボスティック米アトランタ連銀総裁が経済に関する講演
29日:8月PCEコア:予想+1.4%(7月+1.4%)、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が講演
●日本
25日:黒田日本銀行総裁講演・記者会見
26日:日銀、金融政策決定会合の議事要旨(7月19、20日分)
28日:黒田日本銀行総裁、全国証券大会であいさつ
29日:日銀、金融政策決定会合の主な意見(9月20、21日分)
●欧州
24日:ドイツ総選挙
25日:ドラギECB総裁が欧州議会の経済・通貨委員会で証言(ブリュッ
セル)
29日:ドラギECB総裁、カーニー英中央銀行総裁と会談
●中国
29日:9月財新製造業PMI
30日:9月中国製造業・非製造業PMI
●地政学的リスク
北朝鮮
ガザ紛争
イラク、イスラム過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」
シリア
イエメン
トルコ
【IMM】

*円
ネット・円売り持ち:- 51,322(9/19)←円売り持ち:- 57,297(9/12)(直近ネット円買い持ち最高水準:08年3/25+65,920、04年2/6+64499)(過去最高ネット円売り持ち高:07年6/26-188,077)
*ユーロ
ネット・ユーロ買い持ち:+62,753(9/19)←ユーロ買い持ち:+86,058(9/12)
(07年5/15:+119,538過去最高買い持ち高、10年2/9-57,152過去最高の売り持ち高)

*ポンド
ネット・ポンド売り持ち:- 10,161(9/19)←ポンド売り持ち:- 46,085(9/12)(07年7/22:直近ネット買い持ち高最高水準+98,366)

*スイスフラン
ネット・スイスフラン売り持ち:-1,569(9/19)←スイスフラン売り持ち:-1,314(9/12)(過去最高スイスフランネット売り持ち高:07年6/19:-79,331)

*加ドル
ネット・加ドル買い持ち:+58,846(9/19)←加ドル買い持ち:+50,499(9/12)(直近ネット買い持ち高最高水準:07年10/12+83001)

*豪ドル
ネット・豪ドル買い持ち:+72,512(9/19)←豪ドル買い持ち:+63,033(9/12)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は下落、北朝鮮の威嚇でリスク回避の円買い強まる

 今日の東京市場で、ドル・円は下落。112円56銭から111円65銭まで下げた。北朝鮮の金正恩委員長が「史上最高の超強硬な対抗措置を検討」との声明を発表し、北朝鮮外相が水爆実験を太平洋上で行う可能性を示唆したことで、リスク回避の円買いが強まった。その後、IMF日本担当幹部による日銀の金融正常化の遅れを適切とす
る見解をきっかけに、やや円売りになった。
 ユーロ・円は133円50銭まで下落後、134円41銭まで上昇。ドイツの9月PMI速報値の改善を好感した。ユーロ・ドルは1.1938ドルから1.1998ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円112円00-10銭、ユーロ・円134円30-40銭
・日経平均:始値20413.61円、高値20417.07円、安値20249.24円、終値20296.45円(前日比51.03円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は下落、北朝鮮の威嚇でリスク回避の円買い強まる

 今日の東京市場で、ドル・円は下落。112円56銭から111円65銭まで下げた。北朝鮮の金正恩委員長が「史上最高の超強硬な対抗措置を検討」との声明を発表し、北朝鮮外相が水爆実験を太平洋上で行う可能性を示唆したことで、リスク回避の円買いが強まった。その後、IMF日本担当幹部による日銀の金融正常化の遅れを適切とする見解をきっかけに、やや円売りになった。
 ユーロ・円は133円50銭まで下落後、134円41銭まで上昇。ドイツの9月PMI速報値の改善を好感した。ユーロ・ドルは1.1938ドルから1.1998ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円112円00-10銭、ユーロ・円134円30-40銭
・日経平均:始値20413.61円、高値20417.07円、安値20249.24円、終値20296.45円(前日比51.03円安)
【経済指標】
・独・9月製造業PMI速報値:60.6(予想:59.0、8月:59.3)
・独・9月サービス業PMI速報値:55.6(予想:53.7、8月:53.5)
・独・9月総合PMI速報値:57.8(予想:55.7、8月:55.8)
・ユーロ圏・9月製造業PMI速報値:58.2(予想:57.2、8月:57.4)
・ユーロ圏・9月サービス業PMI速報値:55.6(予想:54.8、8月:54.7)
・ユーロ圏・9月総合PMI速報値:56.7(予想:55.6、8月:55.7)
【要人発言】
・金正恩・朝鮮労働党委員長
「(トランプ米大統領の国連演説に対して)史上最高の超強硬な対抗措置を検討」
・北朝鮮外相
「水爆実験を太平洋上でかつてない規模で行うことになるのではないかと思う」
・IMF日本担当幹部
「日銀は、金融政策の正常化でFRB・ECBに遅れる見込みだが、国内状況に焦点を当てているため適切」

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は弱含み、北朝鮮への警戒で111円台に

 22日午前の東京外為市場で、ドル・円は弱含み。北朝鮮による新たな挑発行為への警戒から円買いが強まった。
 北朝鮮が制裁圧力などを強める米国に反発する姿勢を示しており、挑発行為をエスカレートさせるとの警戒からドル売り・円買い基調に振れている。ドル・円は正午にかけて一段安となり、一時111円69銭まで値を下げた。
 菅官房長官は午前の定例記者会見で「北朝鮮の太平洋での水爆実験発言は承知している」とし、万全の警戒監視体制を敷く考えを示した。市場では米朝対立に懸念を強めており、ドル・円、クロス円は弱含む展開。
 ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなり、目先の株安継続への思惑からも円買いが観測される。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円69銭から112円56銭、ユーロ・円は133円57銭から134円34銭、ユーロ・ドルは1.1938ドルから1.1959ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は弱含み、北朝鮮への警戒で111円台に

22日午前の東京外為市場で、ドル・円は弱含み。北朝鮮による新たな挑発行為への警戒から円買いが強まった。
北朝鮮が制裁圧力などを強める米国に反発する姿勢を示しており、挑発行為をエスカレートさせるとの警戒からドル売り・円買い基調に振れている。ドル・円は正午にかけて一段安となり、一時111円69銭まで値を下げた。
菅官房長官は午前の定例記者会見で「北朝鮮の太平洋での水爆実験発言は承知している」とし、万全の警戒監視体制を敷く考えを示した。市場では米朝対立に懸念を強めており、ドル・円、クロス円は弱含む展開。
ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなり、目先の株安継続への思惑からも円買いが観測される。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円69銭から112円56銭、ユーロ・円は133円57銭から134円34銭、ユーロ・ドルは1.1938ドルから1.1959ドルで推移した。
【要人発言】
・菅官房長官
「北朝鮮の超強硬な対応措置検討の声明は断じて容認できない」
「北朝鮮の太平洋での水爆実験発言は承知しており、万全の警戒監視体制を」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京午前=北朝鮮の挑発発言で円買い優勢に

 東京午前の為替市場は、北朝鮮の外相が「予想できない規模で、太平洋での核(水爆)実験も考えている」と新たな挑発発言をしたことでリスクオフに傾いた。ドル円は112円半ばからじりじりと円買いになり、その後はストップロスを巻き込み111.65円まで円高が進行した。クロス円も円が強含み、ユーロ円は134円前半から133.50円、ポンド円は152円後半から151.63円、豪ドル円は89円前半から88円半ばまで円買いになった。週末を前にして米国と北朝鮮のチキンゲームが繰り返されていることもあり、リスクヘッジと利食い売りが入りやすい展開だった。日経平均も円高を嫌気し反落した。
 茂木経済再生相と麻生財務相はそろって消費増税の使途変更については決まっていないと発言したが、市場は反応薄だった。
 NZドルも上値が重かった。明日に予定されている総選挙を前に、利食い売りが優勢となった。NZドル/ドルは0.7283ドル、NZドル円は81.39円まで一時下落した。欧州通貨はドルの弱さとクロス円の売りの綱引き状態になり、小幅なレンジでユーロドルは1.19ドル半ば、ポンドドルは1.35ドル後半を中心とした値動きになった。
 東京午後もドル円・クロス円ともに上値が重くなりそうだ。北朝鮮情勢が不安定の中、あえて週末を挟んでリスクオンでのぞむのはリスクが高く、上昇局面では利食い売りが出てくると思われる。週末にドイツとNZで選挙を控えているため、ユーロとNZドルも上値は限定的か。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円じり安112.22円、北朝鮮の水爆実験の可能性報道で

 ドル円は、北朝鮮外相の発言「太平洋でかつてない規模で水爆実験を実施する可能性」(聯合ニュース)を受けて112.22円までじり安。日経平均株価は20298円まで弱含み。
 クロス円も軟調に推移し、ユーロ円は134.02円、ポンド円が152.31円、豪ドル円は88.76円まで下値を広げた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】米財務長官「大統領、北朝鮮の資金源を断ち切る権限強化」

ムニューシン米財務長官
「大統領は、北朝鮮の資金源を断ち切る権限強化」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,