タグアーカイブ: 北朝鮮懸念

LDNFIX=ドル円、米CPIと北朝鮮懸念で神経質

 ロンドンフィックスにかけてはドル円がやや神経質な動き。8月の米消費者物価指数が市場予想を上回る+0.4%と、1月以来の高い伸びを記録し、米新規失業保険申請件数は28.4万件と前週から改善したことを受けて、ドル円は一時8月4日以来の高値となる111.04円まで上昇した。ただ、北朝鮮がミサイル発射を準備しているとの報道を受けて110.32円まで押し戻された。ダウ平均は前日終値を挟んでの小動きにとどまっている。
 ポンドは一段高。ポンドドルは1.3373ドルまで上値を伸ばし、ポンド円は一時148.13円まで急伸した。イングランド銀行(BOE)の政策イベントを受けて早期利上げ期待が再燃した。一方、ユーロドルは1.18ドル後半で上値が重く、ユーロ円は131円半ばで小動き。
 オセアニア通貨は小動き。豪ドル/ドルは0.79ドル後半、豪ドル円は88円前半で動きが鈍く、NZの総選挙で野党労働党のリード報道を受けて下落したNZドルは下げが一服し、NZドル/ドルは0.72ドル近辺、NZドル円は79円後半で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル108円後半に急落、北朝鮮懸念や米当局者発言で=NY市場

[ニューヨーク 5日 ロイター] – ニューヨーク外為市場ではドルが安全通貨とされる円に対し大きく下落した。週末に核実験を実施した北朝鮮を巡る懸念のほか、米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事が低インフレに言及し、FRBは物価が上向いていると確信を持てるまで利上げに慎重になる必要があるとの考えを示したことが背景。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米国株式市場は3指数揃って上昇、北朝鮮懸念で上げ幅限定

[11日 ロイター] – 米株式市場では主要3指数が揃って上昇して終了した。米国の利上げペースが予想よりも緩慢になるとの見方から買いが入ったものの、米朝間の緊張が一段と高まったことで上げ幅は限定された。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル・円113円台へ反落、北朝鮮懸念

 NY外為市場でリスク回避の動きが再燃した。英スカイニュースで高官が北朝鮮によるさらなるミサイル実験の可能性を指摘したため、警戒感が広がった模様。ドル・円は114円33銭から113円77銭へ反落。ユーロ・円は124円54銭の高値から123円75銭まで反落した。ユーロ・ドルは1.0870ドル前後の安値圏でのもみ合いが続いた。
ダウ平均株価は引け間際下落幅を広げ43ドル安で推移。米10年債利回りは2.41%から2.38%へ低下した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,