Tag Archive: 割安感

金:反落、ドル安一服で割安感が後退

COMEX金8月限終値:1246.70 ↓9.80
 19日のNY金先物8月限は反落。1244.30ドルから1257.30ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場ではドル安が一服しており、ドル指数は97.5台まで戻している。ドル安一服で割安感が後退したことから、金はさえない展開となった。日足チャートでは、200日移動平均線や100日移動平均線での攻防が続いている。この水準を割り込むと5月安値1220ドル辺りが意識されよう。

原油:反落、原油供給超過への懸念残る
NYMEX原油7月限終値:44.20 ↓0.54
 19日のNY原油先物7月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比-0.54ドルの44.20ドルで取引を終えた。為替相場がドル高・ユーロ安に振れたことやリビア産原油の生産増加などが嫌気されたようだ。また、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが先週16日午後に公表した国内の石油掘削リグ稼働数は、前週比6基増加し747基となっていた。稼働数は22週連続で増加しており、供給超過の状態がすみやかに解消されるとの見方は後退している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反落、ドル安一服で割安感が後退

COMEX金8月限終値:1246.70 ↓9.80
 19日のNY金先物8月限は反落。1244.30ドルから1257.30ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場ではドル安が一服しており、ドル指数は97.5台まで戻している。ドル安一服で割安感が後退したことから、金はさえない展開となった。日足チャートでは、200日移動平均線や100日移動平均線での攻防が続いている。この水準を割り込むと5月安値1220ドル辺りが意識されよう。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:続伸、安全資産、安心感や割安感から買い続く

COMEX金8月限終値:1297.50↑14.80
 6日のNY金先物は続伸。1292.90ドルから1298.80ドルまで上昇した。8日に実施される英国の総選挙の行方に不透明感が強まっている状況を受けて、安全資産としての金の買いが一段と強まった。また、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペース鈍化観測や、コミー前米FBI長官の議会証言を控えての米国政治リスクへの懸念から、ドル安傾向による割安感も買いにつながった。

原油:反発、カタール減産継続の見方や米在庫統計への思惑で買い
NYMEX原油7月限終値:48.19↑0.79
 6日のNY原油先物は反発。47.09ドルから48.23ドルまで上昇した。クウェートのマールゾウク石油相が、「カタールは、原油減産合意に引き続きコミットしている」と述べたことが買い戻しにつながったとみられる。また、あす7日に発表される米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)について、国内全体の原油在庫が今回も減少すると予想されており、思惑的な買いも加わった可能性。本日のNY通常取引終了後に発表される全米石油協会(API)の週間統計も注目される。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:続伸、安全資産、安心感や割安感から買い続く

COMEX金8月限終値:1297.50↑14.80
 6日のNY金先物は続伸。1292.90ドルから1298.80ドルまで上昇した。8日に実施される英国の総選挙の行方に不透明感が強まっている状況を受けて、安全資産としての金の買いが一段と強まった。また、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペース鈍化観測や、コミー前米FBI長官の議会証言を控えての米国政治リスクへの懸念から、ドル安傾向による割安感も買いにつながった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反発、株安・ドル安で割安感や安全志向による買いが強まる

COMEX金8月限終値:1275.40↑9.70
 31日のNY金先物は反発。1266.60ドルから1275.90ドルまで上昇した。この日発表された米国の5月シカゴ購買部協会景気指数が当初発表で予想以上に低下し、4月中古住宅販売成約指数が予想外に2カ月連続減少。米株安・長期金利低下、ドル売りが優勢になったことで、金は割安感や安全志向による買いが強まった。一方、取引序盤に、カプラン米ダラス連銀総裁の「基本シナリオとして今年3回の利上げを予想」との発言がやや重しになった可能性も。

原油:続落、根強い供給過剰感が売り圧力に
NYMEX原油7月限終値:48.32↓1.34
 31日のNY原油先物は続落。47.73ドルまで下落した後、48.61ドルまで上昇した。減産合意の順守を免除されているリビアやナイジェリアの増産観測から、根強い供給過剰感が売り圧力になったもよう。ただ、米国の5月シカゴ購買部協会景気指数が当初発表の低下から上昇に訂正された辺りから買い戻しが優勢になり、下落幅を縮小した。翌日に米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)発表を控えていることも、ある程度の反発につながったとみられる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反発、株安・ドル安で割安感や安全志向による買いが強まる

COMEX金8月限終値:1275.40↑9.70
 31日のNY金先物は反発。1266.60ドルから1275.90ドルまで上昇した。この日発表された米国の5月シカゴ購買部協会景気指数が当初発表で予想以上に低下し、4月中古住宅販売成約指数が予想外に2カ月連続減少。米株安・長期金利低下、ドル売りが優勢になったことで、金は割安感や安全志向による買いが強まった。一方、取引序盤に、カプラン米ダラス連銀総裁の「基本シナリオとして今年3回の利上げを予想」との発言がやや重しになった可能性も。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

原油:4日ぶりに反発、ドル安で割安感が台頭

NYMEX原油4月限終値:53.33↑0.72
 3日のNY原油先物4月限は4日ぶりに反発。52.55ドルから53.39ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場では、ドルが主要通貨に対して下落したことで割安感が先行した。ただ、米石油会社ベーカー・ヒューズが発表した米国の掘削設備(リグ)の稼動数は、前週比7基増加の609基と7週連続で増加。米国株も伸び悩んだことで、上げ幅を一気に拡大する展開とはならなかった。
 チャートでは、25日移動平均線(53.3ドル水準)レベルからでもみ合っている。欧州政治リスクやトランプ政策への警戒感から上値は重くなっているが、石油輸出国機構(OPEC)加盟国、非加盟国よる減産進展などが下支えに。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:小幅反発、割安感から堅調推移も上値重い

COMEX金4月限終値:1219.40↑1.10
 2日のNY金先物は小幅反発。1210.20ドルから1227.50ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。ドル指数が100を割り込む水準で推移するなど、為替市場では、ドルが主要通貨に対して弱含む展開が続いた。金は割安感が意識されて堅調推移となったが、高値圏では利益確定の売りも入り上値は重くなった。
 日足チャートでは、25日移動平均線(1192ドル水準)をサポートラインに100日移動平均線(1234ドル水準)上抜けを試す格好に。トランプ政権に対する不透明感が下支えとなり、堅調推移を予想する声が多くなっている。

原油:反落、米原油在庫の増加などが重しに
NYMEX原油3月限終値:53.54↓0.34
 2日のNY原油先物は反落。53.35ドルから54.34ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。石油輸出国機構(OPEC)加盟国が順調に減産を進めていると報じられたことから、東京時間2日の19時29分に54.34ドルまで上昇する場面が見られた。ただ、米国の原油在庫の増加などが改めて意識されて上げ一服。じりじりと値を消す動きとなった。
 チャートでは、25日移動平均線(52.8ドル水準)レベルでもみ合っている。11月24日安値42.20ドルを起点に下値を切り上げていたが、昨年来高値55.24ドル更新手前で上げ一服。トランプ大統領による政権運営への警戒感などから上値は重くなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:小幅反発、割安感から堅調推移も上値重い

COMEX金4月限終値:1219.40↑1.10
 2日のNY金先物は小幅反発。1210.20ドルから1227.50ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。ドル指数が100を割り込む水準で推移するなど、為替市場では、ドルが主要通貨に対して弱含む展開が続いた。金は割安感が意識されて堅調推移となったが、高値圏では利益確定の売りも入り上値は重くなった。
 日足チャートでは、25日移動平均線(1192ドル水準)をサポートラインに100日移動平均線(1234ドル水準)上抜けを試す格好に。トランプ政権に対する不透明感が下支えとなり、堅調推移を予想する声が多くなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

焦点:薄らぐ日本株の割安感、米大統領選後の株高シナリオに暗雲

[東京 8日 ロイター] – 日本株の割安感が薄らいでいる。9月期決算発表前と株価の水準はほぼ変わらないものの、業績予想の下方修正が相次ぎ、予想EPS(1株当たり利益)が下がったためだ。日経平均の予想PER(株価収益率)は一時、半年ぶりの高水準に上昇した。下期以降の業績改善期待も高まらず、米大統領選後の株高シナリオに暗雲が立ち込めている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

JR九州の初値は3100円、「割安感や配当性向の高さを評価」

[東京 25日 ロイター] – きょう東証1部に新規上場したJR九州の初値は3100円となった。公開価格2600円を19.2%上回る水準。初値での時価総額は約4960億円。初値形成後はやや利益確定売りに押されている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

大手銀決算発表スタート、割安感は買いの好機か=今週の米株式市場

[ニューヨーク 8日 ロイター] – 今週の米株式市場では、JPモルガン・チェースなど米銀の決算発表が焦点となりそうだ。低調な内容となるとの見通しが多いが、一部のアナリストは、銀行幹部らの発言が株価上向きのきっかけになると期待している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,