タグアーカイブ: 前向き

スズキ社長「前向きに参画検討」、トヨタ中心のEV技術開発会社

[東京 2日 ロイター] – スズキの鈴木俊宏社長は2日の中間決算会見で、トヨタ自動車、マツダ、デンソーが設立した電気自動車(EV)の基盤技術を開発する新会社への参画を前向きに検討する意向を明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】民主党院内総務「トランプ大統領と非常に前向きな会話ができた」

ペロシ民主党下院院内総務、シューマー民主党上院院内総務
「トランプ大統領と非常に前向きな会話ができた」
「国境に壁を作ること以外では、国境の安全政策については協力していくことに同意できた」
「ドリマーズたちを守るための法律を早急に作ることに同意した」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】英国政府「欧州司法裁判所の役割ではEUと前向きに向き合う」

英国政府
「欧州司法裁判所の役割に関して、欧州連合(EU)と前向きに向き合う」
「英国の市民の権利は、英国の裁判所によって守られる」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

日欧EPAの国内対策、麻生財務相「前向きな予算作る」

[東京 14日 ロイター] – 麻生太郎財務・金融相は14日の閣議後会見で、日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)を巡る国内対策に関し「競争に負ける前提でコストを補てんするような後ろ向きな政策ではなく、勝てるものを作るための前向きな予算を作る」と述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

中国、メキシコとのFTA交渉に前向き─駐メキシコ大使=新華社

[上海 29日 ロイター] – 国営新華社通信によると、中国の邱小チー(王へんに其)駐メキシコ大使は、中国がメキシコとの自由貿易協定(FTA)交渉に前向きだと表明した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドイツ、前向きな経済環境を維持する必要=独財務相

[ベルリン 27日 ロイター] – ショイブレ独財務相は27日、ドイツは債務を増すことなく、安定的かつ信頼に足る経済を確実に維持する必要があるとの考えを示した。自身が所属するキリスト教民主同盟(CDU)の経済サミットで述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】カナダ中銀が経済に前向きな見方、カナダドル買い優勢

[欧米市場の為替相場動向]

 日本時間24日午後11時、カナダ中銀は、政策金利(翌日物貸出金利)を0.50%に据え置きとすることを発表した。市場の予想通りだった。
 発表後、声明に「最近の経済データには勇気づけられる」との指摘がみられ、カナダドル買いが優勢になっており、ドル・カナダドルは1.3534レベルから1.3445レベルまで下落している。カナダドル・円は82円68銭から83円21銭まで上昇している。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】カナダ中銀が経済に前向きな見方、カナダドル買い優勢

 日本時間24日午後11時、カナダ中銀は、政策金利(翌日物貸出金利)を0.50%に据え置きとすることを発表した。市場の予想通りだった。
 発表後、声明に「最近の経済データには勇気づけられる」との指摘がみられ、カナダドル買いが優勢になっており、ドル・カナダドルは1.3534レベルから1.3445レベルまで下落している。カナダドル・円は82円68銭から83円21銭まで上昇している。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円は本日高値圏、米大統領は北朝鮮との会談に前向き

 ドル円は111.93円を上値とした本日高値圏を維持して推移している。一部通信社がトランプ米大統領の北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長との会談に前向きな発言を伝えているが、同発言自体への大きな反応は感じられない。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

欧米回答者の3分の1超、キャッシュレス社会に前向き=調査

[ロンドン 26日 ロイター] – イプソスによる新たな調査で、現金を使用しないキャッシュレス社会に前向きだとの回答が、欧米で3分の1以上となったことが明らかになった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ギリシャ首相「改革審査は前向きに完了へ」、合意不透明との声も

[アテネ/ベルリン 11日 ロイター] – ギリシャのチプラス首相は11日、同国の財政改革に関する国際債権団の審査が好ましい形で完了するとの見方を示した。ただ、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は、国際通貨基金(IMF)が支援への参加を決めていないことから、合意は「不透明だ」と指摘した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(豪ドル/ZAR)-RBA声明はやや前向き

◆RBAの声明文は景気・物価についてややポジティブ
◆豪政策金利見通しが変化する兆しはまだない
◆ZARは消費者物価指数が目先の焦点
(国際金融情報部・谷口 英司)

予想レンジ
豪ドル円 83.00-90.00円
南ア・ランド円 8.10-8.80円

2月13日週の展望

 豪準備銀行(RBA)理事会の声明は、普段よりも追加・変更された箇所が多かった。冒頭の世界の景気・物価動向に関する部分では、中国の景気認識が上方修正された。主要国の物価が回復に向かっており、利下げ観測が消失したとの認識が示された。
豪州の7-9月期の国内総生産(GDP)については予想より弱いとしながらも、一時的な影響によって落ち込んだとされた。10-12月期以降は妥当な成長に回帰すると見通されている。メインシナリオとして3%成長が予想されており、景気拡大路線に障害は想定されていない。資源輸出や消費の拡大、鉱業セクターの設備投資の縮小が一巡すること、鉱業セクター以外での設備投資が上向くことがGDPを押し上げていく前提となっている。ただ、低金利政策の継続も前提にあり、自律的に物価や景気が安定的に推移するとはみなされていない。為替レートの上昇は豪経済の調整を複雑にするという豪ドル高けん制の文言が依然として残っている。

 インフレ率はまだ低水準だが、RBAの想定と一致しており、総合インフレ率は回復していくとの見方が示された。10日に発表される豪金融政策報告での物価見通しが注目される。今回のRBA声明は豪ドルにとってポジティブである。今後も政策金利を過去最低水準で据え置くと示唆されているにしても、物価や景気見通しは楽観的だ。ただ、豪ドルを押し上げるような内容ではない。豪ドル高には消費者物価指数(CPI)のさらなる回復や金融政策見通しの転換が必要だ。ドル相場の動意が限られるなら、豪ドル/ドルは昨年からの見慣れた水準を引き継ぎそうだ。0.7500-0.7700ドル付近のレンジを想定する。豪ドル円も84円ちょうど付近から87円半ばのボックスを維持しそうだ。

 南ア・ランド(ZAR)は重そうだ。今週は1月の南アCPIが発表される。昨年末にかけてインフレが再び悪化しており、今回も物価の伸びが加速するようだとZAR売りが強まりそうだ。インフレ高進・成長停滞に悩まされる南アにとって、CPIは最も警戒すべき経済指標であるといえる。ZARは対円、対ドルで方向感が鈍っているが、CPIはトレンド発生のきっかけになりうる。

2月6日週の回顧

 豪ドル/ドルは0.76ドル後半、豪ドル円は86円後半が重かった。RBA理事会の声明文は景気や物価について前向きな内容で豪ドル買いの手がかりとなったが、1月の中国の外貨準備高は2兆9982億ドルと、2011年2月以降初めて3兆ドルの大台を下回り、豪ドルを圧迫した。中国から資本流出が続いていることは、同国の景気減速の長期化を予想させる。仏大統領選でユーロ圏離脱を支持するルペン氏の勝利が警戒されていることはリスク回避の円買いやドル買いを後押しした。

 ZARは対円・対ドルで小動きだった。ズマ南ア大統領が反ズマ勢力の排除のため内閣改造に着手するとの思惑があるなど、政治的な不透明感は相変わらず強いが、ZAR相場が反応するほどの手がかりは見当たらなかった。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(豪ドル/ZAR)-RBA声明はやや前向き

◆RBAの声明文は景気・物価についてややポジティブ
◆豪政策金利見通しが変化する兆しはまだない
◆ZARは消費者物価指数が目先の焦点
(国際金融情報部・谷口 英司)

予想レンジ
豪ドル円 83.00-90.00円
南ア・ランド円 8.10-8.80円

2月13日週の展望
 豪準備銀行(RBA)理事会の声明は、普段よりも追加・変更された箇所が多かった。冒頭の世界の景気・物価動向に関する部分では、中国の景気認識が上方修正された。主要国の物価が回復に向かっており、利下げ観測が消失したとの認識が示された。
豪州の7-9月期の国内総生産(GDP)については予想より弱いとしながらも、一時的な影響によって落ち込んだとされた。10-12月期以降は妥当な成長に回帰すると見通されている。メインシナリオとして3%成長が予想されており、景気拡大路線に障害は想定されていない。資源輸出や消費の拡大、鉱業セクターの設備投資の縮小が一巡すること、鉱業セクター以外での設備投資が上向くことがGDPを押し上げていく前提となっている。ただ、低金利政策の継続も前提にあり、自律的に物価や景気が安定的に推移するとはみなされていない。為替レートの上昇は豪経済の調整を複雑にするという豪ドル高けん制の文言が依然として残っている。

 インフレ率はまだ低水準だが、RBAの想定と一致しており、総合インフレ率は回復していくとの見方が示された。10日に発表される豪金融政策報告での物価見通しが注目される。今回のRBA声明は豪ドルにとってポジティブである。今後も政策金利を過去最低水準で据え置くと示唆されているにしても、物価や景気見通しは楽観的だ。ただ、豪ドルを押し上げるような内容ではない。豪ドル高には消費者物価指数(CPI)のさらなる回復や金融政策見通しの転換が必要だ。ドル相場の動意が限られるなら、豪ドル/ドルは昨年からの見慣れた水準を引き継ぎそうだ。0.7500-0.7700ドル付近のレンジを想定する。豪ドル円も84円ちょうど付近から87円半ばのボックスを維持しそうだ。

 南ア・ランド(ZAR)は重そうだ。今週は1月の南アCPIが発表される。昨年末にかけてインフレが再び悪化しており、今回も物価の伸びが加速するようだとZAR売りが強まりそうだ。インフレ高進・成長停滞に悩まされる南アにとって、CPIは最も警戒すべき経済指標であるといえる。ZARは対円、対ドルで方向感が鈍っているが、CPIはトレンド発生のきっかけになりうる。

2月6日週の回顧
 豪ドル/ドルは0.76ドル後半、豪ドル円は86円後半が重かった。RBA理事会の声明文は景気や物価について前向きな内容で豪ドル買いの手がかりとなったが、1月の中国の外貨準備高は2兆9982億ドルと、2011年2月以降初めて3兆ドルの大台を下回り、豪ドルを圧迫した。中国から資本流出が続いていることは、同国の景気減速の長期化を予想させる。仏大統領選でユーロ圏離脱を支持するルペン氏の勝利が警戒されていることはリスク回避の円買いやドル買いを後押しした。

 ZARは対円・対ドルで小動きだった。ズマ南ア大統領が反ズマ勢力の排除のため内閣改造に着手するとの思惑があるなど、政治的な不透明感は相変わらず強いが、ZAR相場が反応するほどの手がかりは見当たらなかった。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,