タグアーカイブ: 利益確定売り

日経平均は大幅に6日続落、イベント一巡し利益確定売りが先行

[東京 15日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は、大幅に6日続落した。企業決算などのイベントが一巡して材料に乏しい中、前日の米株安や円高基調といった外部環境の悪化を嫌気した利益確定売りが強まった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

訂正:日経平均は小幅に5日続落、利益確定売りに押される

[東京 14日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は、小幅に5日続落となった。利益確定売りが先行してマイナスで寄り付いた後、いったん押し目買いが入って切り返した。指数は一時151円高まで上げ幅を拡大し、2万2500円台を回復する場面があった。ただ、午後にかけてじりじりと上げ幅を削り、大引け間際にマイナス圏に沈んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

日経平均株価は4日続落、利益確定売りが下押し 持ち直し鈍く

[東京 13日 ロイター] – 東京株式市場で、日経平均株価は4日続落した。前週末の米国株が税制改革を巡る懸念で上値が重く、日本株も軟調となった。好業績銘柄を中心に押し目買いが入って下げ渋る場面もあったが、大引けにかけて急速に下げを拡げ、安値引けとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は続落、利益確定売りが優勢

[東京 13日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比73円86銭安の2万2607円56銭となり、続落して始まった。10日の米国株市場が米税制改革を巡る不透明感から上値の重い展開となり、日本株にも前週後半から始まった利益確定売りが継続した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】10日香港株=利益確定売りが先行か、売り一巡後は底堅い展開も

10日の香港市場は米株安の流れを引き継ぎ売り先行か。前日のNY市場でダウ平均が8日ぶりに反落した。法人税減税などの税制改革の実施の先送り見通しが嫌気されたほか、主要3株価指数が過去最高値を更新した後とあって目先の利益を確定する売りが目立った。香港市場でもハンセン指数は2007年12月11日以来、9年11カ月ぶりの高値圏にあるだけに、利益確定売りが重しになりそうだ。

 ただ、売り一巡後は底堅い展開を予想する。トランプ米大統領の訪中は両首脳が友好ムードを演出し、米中企業が28兆円規模の商談を成立させたと伝わっている。貿易摩擦への懸念が後退したことが歡迎されているほか、資源やインフラなど米中の経済協力強化で恩恵を受けそうな銘柄は買われやすい状況にある。また、中国本土から香港株に投資する「港股通」(サウスバウンド・トレーディング)が前日に約定額ベースで40億HKドル超の買い越しを記録するなど、南向き資金の流入の加速も引き続き好感されよう。

 9日の香港株の米国預託証券(ADR)は、IT大手のテンセント(00700)、4大国有商業銀行の中国建設銀行(00939)、中国工商銀行(01398)、本土保険大手の中国人寿保険(02628)、通信キャリアのチャイナ・モバイル(00941)がそろって香港終値を下回って引けた。香港株のADRにサヤ寄せすれば、ハンセン指数は前日終値を約90ポイント下回る水準で寄り付くことになる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日経平均は小反落、利益確定売りが重し TOPIXは終値で26年ぶり高値

[東京 8日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株は高安まちまちだったが、日本株は高値警戒感が意識されて利益確定売りが先行した。売り一巡後は押し目買いを支えに下げ幅を縮小させる展開となった。一方、TOPIXは終値で2007年高値を上抜け、1991年11月以来26年ぶりの水準となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場の日経平均は5日ぶり反落、利益確定売りが優勢

[東京 8日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比64円59銭安の2万2873円01銭となり、5日ぶりに反落した。前日の米国株が高安まちまちとなる中、日本株については高値警戒感が意識され、利益確定売りが先行した。下げ幅は一時170円超まで拡大したが、売り一巡後は押し目待ちの投資家による買いや、海外勢とみられる好業績株への買いが入り下げ幅を縮小させる展開だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】8日香港株=上値重い展開か、利益確定売りや中国のイベント重し

上値重い展開か、利益確定売りや中国のイベントが重しに

 8日の香港市場は上値の重い展開か。7日のハンセン指数は米中株高や資金ひっ迫解消が好感されて一時29000ポイント台を付けるなど大幅に反発した。IT大手のテンセント(00700)など指数の主力構成銘柄の上昇が続くなか、市場では指数が「30000ポイントの大台を試す」(香港経済日報)との見方も浮上。ただ、直近では9年11カ月ぶりの高値圏にあり、目先の利益を確定する売りが出やすい。きょう発表される貿易統計や9日発表の物価統計、また、きょうからトランプ米大統領が北京を訪問するなどのイベントが続き、内容を見極めたい様子見気分も上値を重くしそうだ。ただ、米長期金利の上昇が一服して新興国からの資金流出懸念が和らいでいることや、相互取引を通じた本土から香港市場への資金流入が続くなか、下値は限られるとみる。

 7日のNY株式相場はまちまち。米長期金利の低下を受けて公益、生活必需品、不動産などが上昇した半面、金融株が下落。ダウ平均は小幅に6営業日続伸して史上最高値を更新したが、ハイテク株比率の高いナスダック総合は3日ぶりの反落となった。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は時価総額の大きいHSBC(00005)、テンセント、本土商業銀行大手の中国建設銀行(00939)、中国工商銀行(01398)などが香港終値を下回った。香港株のADRにサヤ寄せすれば、ハンセン指数は前日終値を約70ポイント下回る水準で寄り付くことになる。なお、きょうはテンセント傘下の閲文集団(00772)が香港メインボードに上場する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,