タグアーカイブ: 判断

【指標結果】RBA議事録「政策据え置きは成長・インフレに整合的と判断」

豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(11月7日開催分)

「政策据え置きは成長・インフレ目標に整合的と判断」
「賃金圧力に相当な不透明感」
「第3四半期の消費の伸びは第2四半期を下回る公算」
「小売業の競争など多くの要因で、インフレの波及が遅れる可能性」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

経営責任は外部調査委員会の報告書後、しかるべき段階で判断=神戸鋼社長

[東京 10日 ロイター] – 神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長は10日、製品データ改ざんに関して会見し、事業部門制の下で品質管理の権限を各部門に移譲しており、部門ごとの管理のばらつきを本社でチェックする機能がなかったと述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

デフレ脱却、後戻りしないか総合的に判断=茂木経済財政相

[東京 27日 ロイター] – 茂木敏充経済財政担当相は27日の閣議後会見で、デフレ脱却の判断は「足元の消費者物価指数や(CPI)やGDPデフレータなどから、デフレに後戻りすることがないか持続性を確認し、総合的に判断する」と解説した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ECB、急いでタカ派に転じる理由なしと判断

欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で市場の予想通り、異例な金融緩和策を維持することを決定した。「金利はQE終了後も長期にわたり現状維持する」資産購入プログラムで「必要とあれば、規模拡大や期間延長する」とのフォワードガイダンスも維持した。
注目となっていた本年末に期限がくる予定の資産購入プログラムに関しては、現行の月600億ユーロから半分の300億ユーロまで減額し、2018年1月から少なくとも2018年9月まで延長する計画を明らかにした。大半のエコノミスト予想とも一致。
委員会は、域内の経済成長の勢いがあいかわらず劣えていないことを強調。しかし、ドラギ総裁は会見で、経済の見通しでは依然ECBの支援に依存していると言及。また、国内の物価圧力も抑制されており、総合インフレ率は年末年始にかけて低下する見込みだとした。コアインフレはまだ、上昇基調が確信できないとし、依然、“Ample accommodation 大規模な緩和”が必要だと述べた。
中央銀行の目標は「異例な金融刺激策を緩やかに解消していくこと」で、資産購入プログラムを突如終了することはないとした。ドラギ総裁は、資産購入額の減額はテーパリングではなく、緩和策の縮小だと念を押した。一方で、2019年の利上げの可能性は除外しなかった。ユーロ高が景気の下方リスクを生む可能性もあり、ECBは現状下で、急いでタカ派に転じる必要なないと判断したようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ハリケーンで判断困難な米雇用統計で荒れるか

NYタイムに米雇用統計を控えて様子見ムードが支配的ななか、ドル円は東京タイムからロンドン入りにかけて3日ぶりに113円台まで戻したが伸び悩み、足元では112円後半で推移している。

 市場では、米雇用統計で注目度が高い非農業部門雇用者数の数値が弱くてもハリケーンの一時的な要因との見方ができ、強ければ悪影響が軽微だったとして、いずれもドルにとってポジティブに作用するとの楽観的な見方がある。ただ、いずれの結果も調整の難しさによる不確かな推計値に近い数字となる可能性があり、来月以降の修正が大きくなることが考えられる。為替が上下どちらへ振れても、確信を持って追随しにくいだろう。
 雇用者数の数値に不透明さがあるので、賃金動向により注目するべきとの見解も聞かれる。だが、同指標についても、雇用の増減と同様に不確かな要素を含んでいると考えていい。これらの指標結果への判断がつきかねない相場となれば、昨日と似通った動きだが、FRB当局者の発言を手掛かりに、ドル相場は振れることになるか。今夜はダドリー米NY連銀総裁やカプラン米ダラス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁。現地時間の明日にもローゼングレン米ボストン連銀総裁といった、地区連銀総裁の講演が予定されている。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、目先の上値めど。その次は7月11日安値113.72円が節目となる。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値は昨日、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線手前の112.41円にとどまった。その下に9月29日安値112.22円のサポートも控えるなか、本日112.38円へ小幅に水準を上げた転換線付近の動きが、引き続き下値でのポイントになりそう。底割れとなった場合、9月25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、111.38円で横ばいが続いている現状では、サポートとして機能する可能性があるとみる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ハリケーンで判断困難な米雇用統計で荒れるか

 NYタイムに米雇用統計を控えて様子見ムードが支配的ななか、ドル円は東京タイムからロンドン入りにかけて3日ぶりに113円台まで戻したが伸び悩み、足元では112円後半で推移している。
 市場では、米雇用統計で注目度が高い非農業部門雇用者数の数値が弱くてもハリケーンの一時的な要因との見方ができ、強ければ悪影響が軽微だったとして、いずれもドルにとってポジティブに作用するとの楽観的な見方がある。ただ、いずれの結果も調整の難しさによる不確かな推計値に近い数字となる可能性があり、来月以降の修正が大きくなることが考えられる。為替が上下どちらへ振れても、確信を持って追随しにくいだろう。
 雇用者数の数値に不透明さがあるので、賃金動向により注目するべきとの見解も聞かれる。だが、同指標についても、雇用の増減と同様に不確かな要素を含んでいると考えていい。これらの指標結果への判断がつきかねない相場となれば、昨日と似通った動きだが、FRB当局者の発言を手掛かりに、ドル相場は振れることになるか。今夜はダドリー米NY連銀総裁やカプラン米ダラス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁。現地時間の明日にもローゼングレン米ボストン連銀総裁といった、地区連銀総裁の講演が予定されている。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、目先の上値めど。その次は7月11日安値113.72円が節目となる。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値は昨日、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線手前の112.41円にとどまった。その下に9月29日安値112.22円のサポートも控えるなか、本日112.38円へ小幅に水準を上げた転換線付近の動きが、引き続き下値でのポイントになりそう。底割れとなった場合、9月25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、111.38円で横ばいが続いている現状では、サポートとして機能する可能性があるとみる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ポンド/ドル、調整継続の判断には転換線に注目

ポンド/ドル相場は、9月20日に1.36490ドルまでほぼ一直線で上昇したが、その後は失速。週足の一目均衡表の雲上限(今週は1.34974ドル)を再び下抜けると共に、今週に入り転換線付近まで続落しています。

こうした中、目先は前述の転換線(執筆時1.32118ドル)付近での攻防の行方に注目です。明確に下抜けるようならば、調整局面が本格化する可能性があります。その場合、短期的には基準線(同、1.30073ドル)に向けた一段安もあるでしょう。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル円111円前半、首相「解散・総選挙は帰国後に判断」

 ドル円は111.30円を高値に111.25円近辺でしっかり。また、ユーロ円は133.02円、ポンド円は151.52円まで高値を更新するなど、クロス円も堅調な動き。
 本日、NYへ出発した安倍首相は衆院解散・総選挙について訪米から帰国後に判断したいの意向を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】南ア財務相「高裁の判断を受け入れ尊重する」

ギガバ南ア財務相
「(中央銀行の使命がインフレターゲットという)高裁の判断を受け入れ尊重し、控訴はしない。」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【発言】16日の要人発言=FOMC議事録「一部インフレ下向きと判断」

格付け会社ムーディーズ
「ズマ大統領の不信任投票は与党間の中で緊張状態が持ち上がっているから」
「南アの成長は政治的な緊張状態と、政局不安が阻害している」
「国有企業の資金繰りに問題が起きれば、南アのレーティングを下げる圧力になる」
「南アの経済成長は2017年が0.5%、2018年は1.2%を予測」
「南アのインフレ率は2017年が6.1%、2018年は5.8%を予測」

ECB(欧州中央銀行)スポークスマン
「ドラギECB総裁はジャクソンホールでは新たな金融政策に関する発言はしない、秋までは討議は延期したい」
「ダイナミックな世界経済を育てるというテーマに会議は集中したい」

英政府関係者
「アイルランドと北アイルランドの国境に新しい税関を作るのは疑いの余地は無い」
「北アイルランドの平和にコミットすることはEU撤退の条約に記載する」
「北アイルランドの市民はこれまでどおり英国とアイルランドの市民権を主張することができる」

ペンス米副大統領
「北朝鮮問題、あらゆる選択肢が検討対象」」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表(7月25-26日開催分)
「大半が次回会合でバランスシートの縮小開始を支持」
「大半が今後数年にインフレが加速すると予想」
「一部メンバーはバランスシートの縮小開始時期を発表する用意があった」
「一部メンバー、インフレ率が2%目標に上昇する兆候が見られるまで追加利上げを見送るべき」
「2%弱のインフレ率、予想より長期化していると多くが判断」
「一部メンバー、インフレリスクは下向きと判断」
「インフレ期待は十分に抑制されているかをめぐり、見解は分かれる」
「一部メンバー、株高が金融状況の緩和につながったと認識」

トランプ米大統領
「(グアム攻撃を保留した)金正恩氏の決定は賢い」
「製造業諮問委員会と戦略・政策フォーラムを解散」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「まだ利上げを遅らせる状況ではない」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標結果】FOMC議事録「2%弱のインフレ率、予想より長期化と判断」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(7月25-26日開催分)
「2%弱のインフレ率、予想より長期化していると多くが判断」
「一部メンバー、インフレリスクは下向きと判断」
「インフレ期待は十分に抑制されているかをめぐり、見解は分かれる」
「一部メンバー、株高が金融状況の緩和につながったと認識」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドイツ憲法裁、ECB資産購入は違法の公算と指摘 判断を欧州司法裁に付託

[フランクフルト 15日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)の2兆3000億ユーロ規模の資産購入プログラムは違法として一部の学術関係者や政治家が提訴していた訴訟で、ドイツ憲法裁判所は15日、違法な財政ファイナンスに当たる可能性があるとし、欧州司法裁判所(ECJ)に判断を付託した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,