タグアーカイブ: 判断

【速報】韓国政府はWTOパネルの判断を不服として上級委員会に上訴する方針

時事通信の報道によると、韓国による日本産水産物の輸入禁止措置について世界貿易機関(WTO)紛争処理小委員会(パネル)の判断(日本の勝訴)を不服として、韓国政府は上級委員会に直ちに上訴する方針を明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

こういう判断をしているうちは介入は出来ないし

*意味のない口先介入となる(日銀・財務省・金融庁) 介入するためには円高で日本経済はボロボロと言わないといけない

************** ロイター********

内閣府は2月の月例経済報告を提示した。景気は「緩やかに回復している」とし、現状判断を据え置いた。先行きに関しても緩やかな回復を見込む一方、世界的な株安を念頭に「金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある」とした。

内閣府は1月に総括判断を上方修正した。現在の表現を使うのは2カ月連続で、月例経済報告のうち個人消費や設備投資、輸出も先月からの判断を据え置いた。
先行きについては「雇用、所得環境の改善が続く中で、緩やかな回復が続くことが期待される」との見方を維持した。米国経済など実体面では引き続き堅調に推移しているものの、今後の市場動向を注視する必要があるとの認識も、併せて示した。

FX為替ニュース

, , , , ,

機械受注12月は前月比‐11.9%、大幅減で判断を修正=内閣府

[東京 15日 ロイター] – 内閣府が15日に発表した12月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比11.9%減の7926億円となった。3カ月ぶりの減少。ロイターの事前予測調査では前月比2.3%減で、予想以上に減少した。前年比では5.0%減だった。  製造業は前月比13.3%減、非製造業は同7.3%減となった。外需は同13.2%減だった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【指標結果】日銀「個人消費の判断を上方修正」

日銀金融政策決定会合
「片岡委員が10年以上の金利引き下げが適当」現状維持に反対、
「片岡委員、目標達成後ずれなら追加緩和策が適当との記述が必要」声明文の一部表現に反対
「設備投資の判断を上方修正」
「個人消費の判断を上方修正」
「景気の先行き緩やかに拡大」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標結果】RBA議事録「政策据え置きは成長・インフレに整合的と判断」=追補

豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(12月5日開催分)

「政策据え置きは成長・インフレ目標に整合的と判断」
「インフラ支出は今後3年間は予想より上回る」
「失業率は引き続き低下し、インフレ上昇との見方が強まる」

追補
「豪ドルはこの2年半のレンジの中にある」
「労働市場は昨年よりも強く、依然としてポジティブ」
「正規雇用の成長は急激で、この10年で一番早い」
「豪ドルの一段高、インフレと経済の回復予想を遅らせる可能性も」
「先行指標をみると、雇用の伸びが継続されることを示唆している」
「家計のバランスシートは依然として注意が必要になる」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【指標結果】RBA議事録「政策据え置きは成長・インフレに整合的と判断」

豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(12月5日開催分)

「政策据え置きは成長・インフレ目標に整合的と判断」
「インフラ消費は次の3年間は予想より高まる」
「失業率は引き続き低下し、インフレ上昇との見方が強まる」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】米国務長官「米大統領の判断は国民の意志を遂行したもの」

ティラーソン米国務長官
「トランプ米大統領が米大使館をエルサレムに移転すると決断したのは、国民の意志を遂行したもの」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】RBA議事録「政策据え置きは成長・インフレに整合的と判断」

豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録、公表(11月7日開催分)

「政策据え置きは成長・インフレ目標に整合的と判断」
「賃金圧力に相当な不透明感」
「第3四半期の消費の伸びは第2四半期を下回る公算」
「小売業の競争など多くの要因で、インフレの波及が遅れる可能性」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

経営責任は外部調査委員会の報告書後、しかるべき段階で判断=神戸鋼社長

[東京 10日 ロイター] – 神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長は10日、製品データ改ざんに関して会見し、事業部門制の下で品質管理の権限を各部門に移譲しており、部門ごとの管理のばらつきを本社でチェックする機能がなかったと述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

デフレ脱却、後戻りしないか総合的に判断=茂木経済財政相

[東京 27日 ロイター] – 茂木敏充経済財政担当相は27日の閣議後会見で、デフレ脱却の判断は「足元の消費者物価指数や(CPI)やGDPデフレータなどから、デフレに後戻りすることがないか持続性を確認し、総合的に判断する」と解説した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ECB、急いでタカ派に転じる理由なしと判断

欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で市場の予想通り、異例な金融緩和策を維持することを決定した。「金利はQE終了後も長期にわたり現状維持する」資産購入プログラムで「必要とあれば、規模拡大や期間延長する」とのフォワードガイダンスも維持した。
注目となっていた本年末に期限がくる予定の資産購入プログラムに関しては、現行の月600億ユーロから半分の300億ユーロまで減額し、2018年1月から少なくとも2018年9月まで延長する計画を明らかにした。大半のエコノミスト予想とも一致。
委員会は、域内の経済成長の勢いがあいかわらず劣えていないことを強調。しかし、ドラギ総裁は会見で、経済の見通しでは依然ECBの支援に依存していると言及。また、国内の物価圧力も抑制されており、総合インフレ率は年末年始にかけて低下する見込みだとした。コアインフレはまだ、上昇基調が確信できないとし、依然、“Ample accommodation 大規模な緩和”が必要だと述べた。
中央銀行の目標は「異例な金融刺激策を緩やかに解消していくこと」で、資産購入プログラムを突如終了することはないとした。ドラギ総裁は、資産購入額の減額はテーパリングではなく、緩和策の縮小だと念を押した。一方で、2019年の利上げの可能性は除外しなかった。ユーロ高が景気の下方リスクを生む可能性もあり、ECBは現状下で、急いでタカ派に転じる必要なないと判断したようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ハリケーンで判断困難な米雇用統計で荒れるか

NYタイムに米雇用統計を控えて様子見ムードが支配的ななか、ドル円は東京タイムからロンドン入りにかけて3日ぶりに113円台まで戻したが伸び悩み、足元では112円後半で推移している。

 市場では、米雇用統計で注目度が高い非農業部門雇用者数の数値が弱くてもハリケーンの一時的な要因との見方ができ、強ければ悪影響が軽微だったとして、いずれもドルにとってポジティブに作用するとの楽観的な見方がある。ただ、いずれの結果も調整の難しさによる不確かな推計値に近い数字となる可能性があり、来月以降の修正が大きくなることが考えられる。為替が上下どちらへ振れても、確信を持って追随しにくいだろう。
 雇用者数の数値に不透明さがあるので、賃金動向により注目するべきとの見解も聞かれる。だが、同指標についても、雇用の増減と同様に不確かな要素を含んでいると考えていい。これらの指標結果への判断がつきかねない相場となれば、昨日と似通った動きだが、FRB当局者の発言を手掛かりに、ドル相場は振れることになるか。今夜はダドリー米NY連銀総裁やカプラン米ダラス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁。現地時間の明日にもローゼングレン米ボストン連銀総裁といった、地区連銀総裁の講演が予定されている。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、目先の上値めど。その次は7月11日安値113.72円が節目となる。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値は昨日、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線手前の112.41円にとどまった。その下に9月29日安値112.22円のサポートも控えるなか、本日112.38円へ小幅に水準を上げた転換線付近の動きが、引き続き下値でのポイントになりそう。底割れとなった場合、9月25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、111.38円で横ばいが続いている現状では、サポートとして機能する可能性があるとみる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ハリケーンで判断困難な米雇用統計で荒れるか

 NYタイムに米雇用統計を控えて様子見ムードが支配的ななか、ドル円は東京タイムからロンドン入りにかけて3日ぶりに113円台まで戻したが伸び悩み、足元では112円後半で推移している。
 市場では、米雇用統計で注目度が高い非農業部門雇用者数の数値が弱くてもハリケーンの一時的な要因との見方ができ、強ければ悪影響が軽微だったとして、いずれもドルにとってポジティブに作用するとの楽観的な見方がある。ただ、いずれの結果も調整の難しさによる不確かな推計値に近い数字となる可能性があり、来月以降の修正が大きくなることが考えられる。為替が上下どちらへ振れても、確信を持って追随しにくいだろう。
 雇用者数の数値に不透明さがあるので、賃金動向により注目するべきとの見解も聞かれる。だが、同指標についても、雇用の増減と同様に不確かな要素を含んでいると考えていい。これらの指標結果への判断がつきかねない相場となれば、昨日と似通った動きだが、FRB当局者の発言を手掛かりに、ドル相場は振れることになるか。今夜はダドリー米NY連銀総裁やカプラン米ダラス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁。現地時間の明日にもローゼングレン米ボストン連銀総裁といった、地区連銀総裁の講演が予定されている。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、目先の上値めど。その次は7月11日安値113.72円が節目となる。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値は昨日、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線手前の112.41円にとどまった。その下に9月29日安値112.22円のサポートも控えるなか、本日112.38円へ小幅に水準を上げた転換線付近の動きが、引き続き下値でのポイントになりそう。底割れとなった場合、9月25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、111.38円で横ばいが続いている現状では、サポートとして機能する可能性があるとみる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,