タグアーカイブ: 再燃

[通貨オプション] 変動率上昇、リスク警戒感を受けたOP買いが再燃

ドル・円オプション市場で変動率は上昇した。リスク警戒感を受けたオプション買いが再燃。
一方、リスクリバーサルで円コールスプレッドは縮小。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが一段落した。
■変動率
・1カ月物9.38%⇒9.73%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物9.34%⇒9.42%(08年10/24=31.044%)
・6カ月物9.33%⇒9.34%(08年10/24=25.50%)
・1年物9.38%⇒9.39%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)
■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+2.17%⇒+2.07%(08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+2.01%⇒+1.91%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+1.94%⇒+1.85%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.90%⇒+1.88%(8年10/27=+10.71%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

[通貨オプション] リスク警戒感を受けたOP買いが再燃

ドル・円オプション市場で変動率は上昇した。リスク警戒感を受けたオプション買いが再燃した。
リスクリバーサルで円コールスプレッドは拡大。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが強まった。
■変動率
・1カ月物9.04%⇒9.71%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物8.94%⇒9.30%(08年10/24=31.044%)
・6カ月物8.99%⇒9.24%(08年10/24=25.50%)
・1年物9.07%⇒9.28%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)
■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+2.00%⇒+2.13%(08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+1.77%⇒+1.83%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+1.66%⇒+1.71%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.65%⇒+1.69%(8年10/27=+10.71%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値下がり、金融面での監督管理強化に対する懸念が再燃[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 82766.73 -1.34%7日のブラジル株式市場は反落。主要指標のボベスパ指数は前 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

リスクオン加速、米税制改革成立期待が再燃、ルビオ共和党上院議員支持報道で

NY外為市場ではリスク選好の動きが加速した。米税制改革の年内成立期待が再燃。子供の税額控除の変更を要求し現状の税制改革案に反対姿勢を示していたフロリダ州のルビオ共和党上院議員が支持に転じたと、FOXニュースが伝えた。
ダウ平均株価は135ドル高で推移。米10年債利回りは2.35%から2.37%まで上昇した。ドル・円は112円15銭から112円67銭まで上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1809ドルから1.1768ドルまで下落した。ユーロ・円は132円25銭から132円64銭まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

[通貨オプション]短中期物でOP買いが再燃

 ドル・円オプション市場はまちまち。短中期物でリスク警戒感を受けたオプション買いが再燃した一方で、1年物ではオプション売りが優勢だった。
リスクリバーサルは円コールスプレッドが連日拡大。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いがさらに強まった。
■変動率
・1カ月物7.9%⇒7.96%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物8.30%⇒8.37% (08年10/24=31.044%)
・6カ月物8.76%⇒8.80%(08年10/24=25.50%)
・1年物9.14%⇒9.13%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)
■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+0.67%⇒+0.70% (08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+0.91%⇒+0.94%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+1.11%⇒+1.14%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.31%⇒+1.32%(8年10/27=+10.71%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

[通貨オプション] OP買いが再燃、リスク警戒感が上昇

ドル・円オプション市場で変動率は上昇した。リスク警戒感を受けたオプション買いが再燃した。一方、リスクリバーサルでは円コールスプレッドが縮小。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが一段と後退した。
■変動率
・1カ月物7.73%⇒7.89%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物7.99%⇒8.08% (08年10/24=31.044%)
・6カ月物8.68%⇒8.73%(08年10/24=25.50%)
・1年物9.11%⇒9.14%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)
■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+0.85%⇒+0.79% (08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+1.00 %⇒+0.98%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+1.22%⇒+1.20%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.40%⇒+1.38%(8年10/27=+10.71%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【NY為替オープニング】リスクオフ、世界経済の成長減速懸念が再燃

◎ポイント
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
・米・10月消費者物価指数(前年比予想:+2.0%、9月:+2.2%)
・米・10月小売売上高(前月比予想:0.0%、9月:+1.6%)
・米・11月NY連銀製造業景気指数(予想:25.5、10月:30.2)
・米・9月企業在庫(前月比予想:0.0%、8月:+0.7%)
・米・9月対米証券投資(8月:ネット長期有価証券+672億ドル)
・ブラジル休場(共和制宣言記念日)
・ジンバブエでクーデターか
 
 15日のニューヨーク外為市場では世界経済への懸念が再燃したほか、原油安でリスク回避の動きに拍車がかかった。米国の税制改革を巡る不透明感も投資家心理を悪化させている。また、ジンバブエ軍が国営放送局を占拠。地政学的リスクも懸念を一段と強める要因となった。モヨ少将は、クーデターではないと述べ、ムガベ氏は無事だと語ったものの、居場所は明らかにしなかった。
連邦公開市場委員会(FOMC)がインフレ指標として注視している変動の激しいエネルギー、食品を除いた10月消費者物価指数(CPI)のコア指数は前年比で+1.8%と、予想外に6か月ぶりに上昇。また、米商務省が発表した10月小売売上高もほぼ予想に一致し12月の追加利上げを後押しする。本日はまた、ボストン連銀のローゼングレン総裁が講演を予定している。
一方、世界経済をけん引している中国経済の成長減速懸念がリスク選好相場を抑制。需要鈍化懸念から原油価格も下落に転じた。原油安は、国際エネルギー機関(IEA)が世界の石油需要見通しを引き下げ、米国のシェール石油生産ブームを警告したことも要因となっている。
引き続き米国の税制改革案の行方にも焦点が集まる。下院は早くて今週16日の採決を計画している。上院も来週、感謝祭前の採決を予定。上院案にはオバマケア保険加入義務廃止が盛り込まれる模様。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円77銭を上回っている限り上昇基調。
・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1305ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。
ドル・円112円68銭、ユーロ・ドル1.1837ドル、ユーロ・円133円38銭、ポンド1.3175ドル、ドル・スイスは0.9863フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:リスクオン加速、米税制改革への期待が再燃、トランプ大統領の発言受け

 NY外為市場でリスク選好の動きが加速した。米国の税制改革が年内に実施されるとの期待が再燃。ドル・円は113円28銭から113円57銭まで上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1661ドルから1.1645ドルへ反落した。ユーロ・円は131円85銭から132円40銭へ上昇し、27日来の高値を更新した。
トランプ米大統領は、減税が今まで見たことがないような歴史的なものになると訴え、「徐々に減らす方式(phase down) 法人税減税を検討していない」と表明した。また、下院は感謝祭までに税制改革法案を通過させる必要があるとし、クリスマスまでの実施を目標としているとした。昨日は、法人税減税で5年かけて徐々に減らす方法を下院が検討していると報じられ、経済への効果が限られると失望感がひろがり、ドル売りやリスクオフの動きにつながっていた。トランプ大統領の発言で期待が再燃した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

NY外為:リスクオフ、トランプ米政権への疑惑が再燃

[欧米市場の為替相場動向]
 NY外為市場で米国トランプ政権への疑惑が再燃し、リスク回避の動きが強まった。ドル・円は113円68銭から113円37銭まで下落し、26日来の安値を更新。ユーロ・円は132円23銭から131円61銭まで下落し、9月15日来の安値を更新した。
トランプ米大統領の選挙対策本部長を一時務めていたポール・マナフォート氏がFBIに出頭。ロバート・ムラー特別検察官は昨年の米大統領選におけるロシア介入疑惑をめぐる捜査を進めているが、トランプ政権にとりリスクとなると警戒感が広がった。
ダウ平均株価は米国東部時間午前10時20分現在24ドル安で推移。米10年債利回りは2.41%から2.39%まで低下した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル高値から反落、税制改革成立への懸念が再燃

 NY外為市場でドルは一時高値から反落した。税制改革法案の成立が難航するとの見方が浮上。少なくとも3人の上院議員が減税案を支持しないと報じられた。民主党の支持なくして、50票を獲得するのは困難となる。
その後、トランプ米大統領が共和党上院議員との昼食会で実施したFRB議長候補に関しての共和党上院議員の挙手投票でテイラー氏が勝ったようだと、スコット上院議員が明らかにするとドルは再び上昇した。
ドル・円は114円02銭から113円54銭まで反落後、113円80銭へ戻す展開。ユーロ・ドルは1.1754ドルから1.1793ドルまで急伸後、1.1770ドルへ戻した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

[通貨オプション] 変動率上昇、リスク警戒感を受けたOP買いが再燃

 ドル・円オプション市場で変動率は上昇した。リスク警戒感を受けたオプション買いが再燃。リスクリバーサルでは動意が乏しかった。
■変動率
・1ヶ月物8.86%⇒9.10%(08年10/24=31.044%)
・3ヶ月物 8.80%⇒8.88% (08年10/24=31.044%)
・6ヶ月物9.16%⇒9.21%(08年10/24=25.50%)
・1年物 9.52%⇒9.56% (08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)
■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1ヶ月物+1.50%⇒+1.53% (08年10/27=+10.90%)
・3ヶ月物+1.32%⇒+1.32% (08年10/27=+10.90%)
・6ヶ月物+1.39%⇒+1.39%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.58%⇒+1.58%(8年10/27=+10.71%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル・円再び112円台、北朝鮮の脅威が再燃

NY外為市場でドル・円は再び112円台後半に反落した。北朝鮮の脅威が再燃したため、リスク回避のドル売り・円買いが加速。ドル・円は113円44銭の高値から112円66銭へ反落。ユーロ・円は132円77銭から132円20銭へ反落した。ユーロ・ドルは1.1670ドルから1.1739ドルまで反発した。
ロシア筋で、北朝鮮が今週末に米国西海岸に達する規模のミサイルの発射実験を行う計画だと報じられた。
ダウ平均株価は米国東部時間午前11時40分現在32ドル安、米10年債利回りは2.4%から2.35%まで低下した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は小動き、ユーロ売りは徐々に再燃

 ドル・円は111円50銭台で推移し、下げ渋り。前日のNY市場で朝鮮半島有事への懸念からドル売り・円が進んだ流れを引き継いでの取引だが、状況の進展待ちでやや動きづらくなっているもよう。ただ、ユーロ売りが徐々に再燃し始めており、ユーロ・円が下げてドル・円を下押しする展開になる可能性が考えられる。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円50銭から111円80銭。ユーロ・円は132円02銭から132円53銭、ユーロ・ドルは1.1838ドルから1.1862ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米12月追加利上げ観測が再燃、インフレ下げ止まりで

 米国労働市場が発表した8月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.4%、前年比+1.9%で、それぞれ7月+0.1%、+1.7%から上昇。また、予想の+0.3%、+1.8%を上回った。
米連邦公開市場委員会(FOMC)が特に注視しているコア指数は前月比+0.2%と7月+0.1%から上昇。2月来で最高となった。前年比では+1.7%と低下予想に反して7月と同水準にとどまった。
CPIが予想を上回ったのは6か月ぶり。過去5か月間、予想を下回る傾向が続いていた。米国のインフレは年初から、連邦公開市場委員会(FOMC)の目標である2%に近づくところか逆に低下する傾向にあった。このため、年内の追加利上げ観測は大幅に後退。利下げ観測まで浮上した。金利先物市場での12月の利上げ確率は一時20%台に低下していた。米国の労働市場は順調な回復を見せ、FOMCの目標である完全雇用をほぼ達成した。一方で低インフレがFOMCの懸念材料となっている。
イエレンFRB議長、フィッシャー米FRB副議長、ダドリーNY連銀総裁など、FOMC
内で影響力のあるメンバーは現在の低インフレが一時的項目が原因となっており、強い雇用がいずれインフレを押し上げるとし、12月の追加利上げを支持する見解を維持。一方で、2017年のFOMC投票券を有する米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁はFOMCによる年内の利上げが経済に害を与える可能性を警告。FOMCメンバーが政策を批判するのはまれ。また、ムニューシン米財務長官もインタビューで、経済の成長を懸念しているとしたうえで、税制改革、貿易赤字是正、規制緩和など、政府が可能な限りをつくし成長押し上げに努力しているとし、インフレは現状では懸念材料ではないと加えた。一部では「FOMCの利上げに反対する意見」との見方も出ている。
インフレが下げ止まった兆候を見せたことで、金利先物市場での12月の利上げ確率は46%まで上昇した。政府の圧力がある中、今後はインフレが持続的な上昇となるかどうか判断していくことになる。

FX為替ニュース

, , , , , ,