Tag Archive:

ドル・円は伸び悩みか、引き続き原油価格動向を注視

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は小じっかりの値動きを予想したい。堅調な米経済指標や連邦準備制度理事会(FRB)当局者のタカ派寄りの見解が示されれば、今後の利上げに関する過度な悲観論は後退する見通し。ただ、原油価格の軟調地合いが続けば、ドルの重石となりそうだ。
 FRBは13-14日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で今後の金融正常化方針について強気な見通しを示したが、市場には懐疑的な見方も多い。前日発表された米国の先週分新規失業保険申請件数はほぼ予想通りの低水準となったほか、4月FHFA住宅価格指数は予想を上振れ、3月も上方修正されたものの、市場の反応は限定的だった。ただ、ある短期筋は「経済指標の上振れが続けば、悲観論は後退する」と指摘。今晩の6月製造業PMI速報値、同サービス業PMI速報値(22時45分)、5月新築住宅販売件数(23時)などが堅調となれば、ドル買いに振れる可能性はあろう。
 また、パウエルFRB理事講演(24日3時15分)も注目される(テーマは、決済と流動性関連だが)。同理事は今月1日の講演で、「経済がほぼ予想通りに進展した場合は、緩やかな利上げを続けるのが適切」との考えを述べた。今晩の講演でも同様のスタンスが示されれば、FRBの金融正常化の方針を後押しすることになり、年内の追加利上げ観測によるドル買いが強まるだろう。
 ただし、原油価格がドルの重石になる可能性は残る。NY原油先物は根強い供給過剰感から、今週は45ドル台から42ドル台まで下落(時間外取引含む)。22日の海外市場では反動による買い戻しが強まったものの、産油国の一部には増産に動く可能性が指摘され、原油価格はなお不安定な値動きが見込まれる。目先も下げが続けば、株安やインフレ圧力後退の思惑から、米長期金利の低下につながりドルを押し下げる要因となる。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・6月製造業PMI速報値(予想:56.8、5月:57.0)
・17:00 ユーロ圏・6月サービス業PMI速報値(予想:56.1、5月:56.3)
・17:00 ユーロ圏・5月総合PMI速報値(予想:56.6、5月:56.8)
・21:30 カナダ・5月消費者物価指数(前年比予想:+1.5%、4月:+1.6%)
・22:45 米・6月製造業PMI速報値(予想:53.0、5月:52.7)
・22:45 米・6月サービス業PMI速報値(予想:53.5、5月:53.6)
・22:45 米・6月総合PMI速報値(5月:53.6)
・23:00 米・5月新築住宅販売件数(予想:59.0万戸、4月:56.9万戸)
・00:15 ブラード米セントルイス連銀総裁講演(米国経済と金融政策)
・01:40 メスター米クリーブランド連銀総裁講演
・03:15 パウエル米FRB理事講演(決済と流動性関連)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は横ばい、週末前の模様眺めか

 ドル・円は111円30銭付近でほぼ横ばい。週末の午後で様子見ムードが広がっているようだ。日経平均株価が前日終値を上回っており、リスク回避の円買いは強まっていない。一方、米10年債利回りは2.15%台でもみあっており、ドル買いは仕掛けづらいもよう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは111円23銭から111円43銭、ユーロ・円は124円02銭から124円25銭、ユーロ・ドルは1.1145ドルから1.1154ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は伸び悩み、日本株にらみの展開

 23日午前の東京外為市場で、ドル・円は伸び悩み。前日終値付近で推移する日経平均株価をにらみながらの展開となった。
 ドル・円は、日経平均の高寄りを受け111円23銭から111円43銭まで上昇した。ただ、日経平均株価がその後、前日終値付近で不安定な値動きとなったことで、ドルは111円30銭付近にやや値を下げた。
 ランチタイムの日経平均先物は小幅高で推移しており、目先の日本株安を警戒したドル売り・円買いは避けられているようだ。ただ、株価にらみのため、日経平均が20000円台を割り込む展開となれば、ドルに下方圧力が強まる可能性もあろう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは111円23銭から111円43銭、ユーロ・円は124円02銭から124円25銭、ユーロ・ドルは1.1145ドルから1.1154ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は伸び悩み、日本株にらみの展開

23日午前の東京外為市場で、ドル・円は伸び悩み。前日終値付近で推移する日経平均株価をにらみながらの展開となった。
ドル・円は、日経平均の高寄りを受け111円23銭から111円43銭まで上昇した。ただ、日経平均株価がその後、前日終値付近で不安定な値動きとなったことで、ドルは111円30銭付近にやや値を下げた。

ランチタイムの日経平均先物は小幅高で推移しており、目先の日本株安を警戒したドル売り・円買いは避けられているようだ。ただ、株価にらみのため、日経平均が20000円台を割り込む展開となれば、ドルに下方圧力が強まる可能性もあろう。
ここまでのドル・円の取引レンジは111円23銭から111円43銭、ユーロ・円は124円02銭から124円25銭、ユーロ・ドルは1.1145ドルから1.1154ドルで推移した。

【要人発言】
・トランプ米大統領
「一帯一路の取り組みで中国との協力の意思がある」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:カナダドル/円

カナダドル/円は、4月に80.50円台まで下落した後は同水準を割ることなく下げ渋り。今月20日に約3ヶ月ぶり高値となる84.547円まで上昇しました。一連の動きにより、年初からの下押し局面が終了したと考えられます。

目先は、20日線の上伸を阻んだ、週足の一目均衡表の基準線がポイントです。同線を突破できれば、昨年12月高値(88.916円)がおぼろげながら視野に入りそうです。

CADJPY_W170623.JPG
(上記カナダ/円・週足の外貨ネクストネオのチャートは6/23の11:32現在)

CADJPY_170623.JPG
(上記カナダ/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは6/23の11:32現在)

○上値目処について
84円台後半が焦点です。この水準には冒頭で触れた週足の一目均衡表の基準線(84.609円)を始め、16年12月高値88.916円-17年4月安値80.568円の下げ幅1/2戻し(84.742円)やボリンジャーバンド+2シグマ(84.812円)などが位置しており、分水嶺のようになっています。

もし超えられれば上値余地が拡大する公算です。その場合は16年12/15高値(88.916円)を視野に入れつつ、まずは16年12月高値88.916円-17年4月安値80.568円の下げ幅61.8%戻し(85.727円)を試すことになるでしょう。

○下値目処について
まずは、昨日の下押し局面でサポートとなった、200日線(83.086円)に注目です。やや上に日足の一目均衡表の転換線(83.465円)などもあり、割ると下値余地が拡大しそうです。その場合、20日線(82.766円)や75日線(82.717円)などが位置する82円台前半で下げ止まらないようならば、80.50円台に向けて再び下押す事もあり得ます。

○上値目処
84.609円(週足の一目均衡表の基準線)
84.742円(16年12月高値88.916円-17年4月安値80.568円の下げ幅1/2戻し)
84.798円(1/23安値)
84.812円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
84.862円(2/8安値)
85.727円(16年12月高値88.916円-17年4月安値80.568円の下げ幅61.8%戻し)
87.724円(2/15高値)
87.983円(月足の一目均衡表の基準線)
88.728円(月足の一目均衡表の雲の上限)
88.916円(16年12/15高値)
89.154円(月足の一目均衡表の基準線)
89.318円(月足の一目均衡表の雲下限)
<!–

ご質問、ご感想などはこちらから

–>
○下値目処
84.297円(26週線)
84.025円(6日線)
83.465円(日足の一目均衡表の転換線)
83.232円(日足の一目均衡表の雲の上限)
83.086円(200日線)
82.766円(20日線)
82.717円(75日線)
82.704円(日足の一目均衡表の基準線)
82.602円(週足の一目均衡表の転換線)
82.510円(13週線)
82.174円(日足の一目均衡表の雲下限)
82.154円(52週線)
81.874円(週足の一目均衡表の雲の上限、下限、月足の一目均衡表の転換線)
80.720円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
80.568円(4/21安値)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

世界各国通貨に対する円:対ドル0.06%高、対ユーロ0.21%高

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           111.31円   -0.07円    -0.06%   111.38円
*ユーロ・円         124.13円   -0.26円    -0.21%   124.39円
*ポンド・円         141.17円   +0.04円    +0.03%   141.14円
*スイス・円         114.55円   +0.01円    +0.01%   114.54円
*豪ドル・円          83.92円   -0.21円    -0.25%   84.13円
*NZドル・円         80.86円   +0.37円    +0.46%   80.49円
*カナダ・円          84.12円   +0.58円    +0.70%   83.53円
*南アランド・円        8.59円   +0.07円    +0.82%    8.52円
*メキシコペソ・円       6.15円   +0.04円    +0.65%    6.11円
*トルコリラ・円       31.69円   +0.15円    +0.47%   31.54円
*韓国ウォン・円        9.77円   +0.03円    +0.26%    9.75円
*台湾ドル・円         3.66円   +0.00円    +0.03%    3.66円
*シンガポールドル・円   80.06円   -0.12円    -0.15%   80.18円
*香港ドル・円         14.27円   -0.01円    -0.04%   14.28円
*ロシアルーブル・円     1.86円   +0.01円    +0.47%    1.85円
*ブラジルレアル・円     33.33円   -0.06円    -0.17%   33.39円
*タイバーツ・円        3.28円   +0.00円    +0.01%    3.28円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -4.83%   118.66円   99.02円   116.96円
*ユーロ・円           +0.94%   125.82円   109.57円   122.97円
*ポンド・円           -2.30%   160.19円   121.61円   144.50円
*スイス・円           -0.20%   115.57円   102.00円   114.77円
*豪ドル・円           -0.35%   88.18円   72.53円   84.22円
*NZドル・円         -0.15%   83.81円   69.33円   80.98円
*カナダ・円           -3.33%   88.92円   74.83円   87.01円
*南アランド・円        +0.66%    8.98円    6.40円    8.53円
*メキシコペソ・円       +8.94%    6.22円    4.97円    5.64円
*トルコリラ・円        -5.29%   37.59円   28.62円   33.46円
*韓国ウォン・円        +0.87%   10.20円    8.49円    9.69円
*台湾ドル・円         +1.05%    3.78円    3.08円    3.62円
*シンガポールドル・円    -0.98%   82.30円   72.61円   80.85円
*香港ドル・円         -5.36%   15.29円   12.84円   15.08円
*ロシアルーブル・円     -2.14%    2.02円    1.51円    1.90円
*ブラジルレアル・円     -7.25%   37.45円   29.71円   35.94円
*タイバーツ・円        +0.32%    3.31円    2.81円    3.27円

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は111円34銭まで上昇

[欧米市場の為替相場動向]

 22日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円00銭から111円34銭まで上昇している。欧州株は全般的に下落しているが、時間外取引のNY原油先物が前日比一時0.37ドル高に反発しており、円売りが優勢になっている。
 ユーロ・ドルは1.1158ドルから1.1174ドルで推移し、ユーロ・円は123円87銭から124円33銭まで上昇している。
 ポンド・ドルは1.2655ドルから1.2674ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9725フランから0.9740フランで推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は底堅い、時間外原油が小幅反発

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は111円10銭台までやや値を上げる展開。欧州株安、GLOBEXのNYダウ先物は下落、米国10年債利回りも2.14%台に低下している。しかし、時間外取引のNY原油先物が前日比0.25ドルほど上昇しており、ドル・円は売り込みづらいムードがあるもよう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは111円00銭から111円19銭。ユーロ・円は123円87銭から124円17銭、ユーロ・ドルは1.1158ドルから1.1174ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は底堅い、時間外原油はほぼ横ばい

[欧米市場の為替相場動向]
 ドル・円は、111円台で底堅い値動き。原油価格の続落により、欧州株安、米株先物の弱含み、米10年債利回りの低下を受けて、リスク回避的なドル売り・円買いに振れやすい地合い。ただ、時間外取引のNY原油先物が現在、前日比ほぼ横ばい推移となっており、ドル売り・円買いを積極的に進めにくいムードがあるもよう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは111円00銭から111円14銭。ユーロ・円は123円87銭から124円17銭、ユーロ・ドルは1.1158ドルから1.1173ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円はじり安、原油安、株安で売り優勢に

 今日の東京外為市場では、ドル・円はじり安。111円43銭から110円95銭まで下落した。時間外取引のNY原油先物が42ドル台で推移し(前日終値42.53ドル)、原油安が継続。日経平均株価が続落し、GLOBEXのNYダウ先物も小幅安となり、米国10年債利回りが2.14%台に低下したことで、ドル売り・円買いが優勢になった。
 ユーロ・円は124円44銭から123円85銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1155ドルから1.1178ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円111円00-10銭、ユーロ・円123円90-00銭
・日経平均:始値20154.38円、高値20191.42円、安値20107.89円、終値20110.51円
(前日比28.28円安)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円はじり安、原油安、株安で売り優勢に

 今日の東京外為市場では、ドル・円はじり安。111円43銭から110円95銭まで下落した。時間外取引のNY原油先物が42ドル台で推移し(前日終値42.53ドル)、原油安が継続。日経平均株価が続落し、GLOBEXのNYダウ先物も小幅安となり、米国10年債利回りが2.14%台に低下したことで、ドル売り・円買いが優勢になった。
 ユーロ・円は124円44銭から123円85銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1155ドルから1.1178ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円111円00-10銭、ユーロ・円123円90-00銭
・日経平均:始値20154.38円、高値20191.42円、安値20107.89円、終値20110.51円(前日比28.28円安)
【経済指標】
・スイス・5月貿易収支:+34.0億フラン(4月:+19.6億フラン)
【要人発言】
・岩田日銀副総裁
「金利引き上げて、金融緩和度合いを減じていく局面では全くない」
「完全雇用に近い割には物価上昇率の高まりは緩慢」
「原油価格の一時的な上下で物価見通しを変える必要はない」
「ETF買い入れ、物価2%目標の早期実現に必要な政策」
「国債買入80兆円めど、残しておいた方が市場に余計な混乱起きない」
・6月月例経済報告
「景気は緩やかな回復基調」(景気判断6カ月ぶり上方修正)

FX為替ニュース

, , , , , ,