Tag Archive:

ドル・円は底堅い展開か、米6月利上げ観測は継続

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨のやや慎重な意見が改めて材料視される見通し。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)の6月利上げへの期待は続き、ドル買戻しの展開となりそうだ。

 今月2-3日に開催されたFOMCで、声明からはメンバーが経済成長の減速は「一時的」との見方でほぼ一致したとみられていた。しかし、24日公表された議事要旨では、減速が一時的との根拠が確認できるまでは「利上げは控えるべき」と慎重なスタンスだったことが明らかになった。これを受けNY市場ではドルが売られ、ユーロや円が買われた。アジア市場ではドル売りは一巡したが、25日の欧州市場ではFRBのハト派寄りの見解が改めて材料視され、ドル売りに振れやすい展開となりそうだ。
 もっとも、公表された議事要旨には、大半のメンバーから回復基調の継続により「追加利上げが適切になる」との見方も示されている。ある市場筋は「それほどハト派寄りではなかった」と指摘。CMEグループが算出するFedウォッチでも、6月13-14日開催のFOMCでの利上げ確率は7割を超えているもようだ。今晩23時の討論会でブレイナードFRB理事からは引き締めに慎重な姿勢が示される見通しだが、6月利上げ期待の継続でドルは売り一巡後に買い戻されるだろう。
 一方、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は24日の講演で、政策金利の引き上げに先立ち資産購入を終了させる方針を改めて示した。ドイツのメルケル首相によるユーロ安けん制発言を伏線としたユーロ買いの地合いはなお続き、本日も買いは入りやすいだろう。ユーロ・円が昨年4月以来の126円を目指す展開となれば、ドル・円を押し上げる手がかりとなりそうだ。
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・1-3月期GDP改定値(前年比予想:+2.1%、速報値:+2.1%)
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.8万件、前回:23.2万件)
・21:30 米・4月卸売在庫(前月比予想:+0.2%、3月:+0.2%)
・22:00台 南ア中銀が政策金利発表(7.00%に据え置き予想)
・23:00 ブレイナード米FRB理事が討論会参加
・24:00 米・5月カンザスシティー連銀製造業活動指数(予想:10、4月:7)
・02:00 米財務省7年債入札(280億ドル)
・NATO首脳会議にトランプ米大統領が出席、仏大統領と昼食会
・OPEC総会

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

カナダドル/円、期待先行で迎えるOPEC総会に注目

本日、石油輸出国機構(OPEC)が半期に一度の総会を行います。今月15日にサウジアラビアとロシアが2018年3月までの協調減産の延長の必要性について合意した事などから、今回の理事会では減産期間の延長(9ヶ月)が見込まれています。

こうした中、総会の決定を受けた原油相場の動向がカナダ/円相場の焦点となるでしょう。NY原油先物は減産延長を織り込む形で先月安値から約8ドル(19%弱)上昇しており、予想通りの内容であった場合は材料出尽くしとの見方から利益確定売りが出る可能性もあります。この場合はカナダ/円に下落圧力が掛かる公算です。

ただし、減産期間が市場予想を上回る場合や、追加減産で合意した場合は、原油価格が上昇する事もあり得ます。期待が先行する中、発表前後は荒れた相場展開となる可能性が高いでしょう

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は動意薄、材料出尽くしで

 ドル・円は111円60銭台で動意の薄い展開となっている。日経平均株価のプラス圏推移で、ややリスク選好的な円売りに振れやすい地合い。ただ、材料出尽くしでドル買い材料が乏しく、目先の上昇は小幅にとどまる見通し。
 ここまでのドル・円の取引レンジは111円49銭から111円70銭、ユーロ・円は125円08銭から125円46銭、ユーロ・ドルは1.1211ドルから1.1240ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドルは小動きも株高持続で下げ渋り

 25日午前の東京市場でドル・円は小動き。111円49銭から111円70銭で推移。仲値時点にかけてドル買いがやや優勢となった。ドルは111円70銭まで買われた後は、やや伸び悩んでいるが、日経平均株価は106円高で午前中の取引を終えており、株高持続を意識して円売りが縮小する可能性は低いとみられる。
 112円近辺には顧客筋のドル売り注文、111円近辺には短期筋のドル買い興味が残されており、目先的にドルは111円50銭前後でもみあう展開が予想されている。午前中のドル・円の取引レンジは111円49銭から111円70銭。
・ユーロ・円は、125円08銭から125円46銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1211ドルから1.1240ドルで推移
■今後のポイント
・111円近辺で顧客筋、短期筋などのドル買い興味
・1ドル=115円水準で輸出企業などのドル売り予約増加
・NY原油先物(時間外取引):高値51.93ドル 安値51.25ドル 直近値51.79ドル

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:メキシコペソ/円

メキシコペソ/円は、18日に「勢力線」と呼ばれる下ヒゲの長い陽線を出したことで下げが一服すると、その後はじり高で推移。この日を含め5日連続で陽線引けとなるなど、目先は16日に付けた直近高値(6.096円)が視野に入っています。

日足では高値リトライですが、週足の一目均衡表では、2015年4月に下抜けてから一度も回復していない、雲上限を突破できるか注目です。もし突破すると三役好転が点灯するため、相場は2014年11月高値を基点とした下落トレンドに対する戻りを確かめる局面に入る事も考えられます。

MXNJPY_170525.JPG
(上記メキシコペソ/円日足の外貨ネクストネオのチャートは5/25の11:30現在)

MXNJPYW_170525.JPG
(上記メキシコペソ/円週足の外貨ネクストネオのチャートは5/25の11:30現在)

○上値目処について
まずは、5/16高値(6.096円)に注目です。すぐ近くに線の傾きがほぼ横ばいになっているボリンジャーバンド+2シグマ(6.089円)や週足の一目均衡表の雲上限(6.124円)があり、抵抗が予想されます。ただし、バンド+2シグマを押し上げるローソク足が出現した場合は上昇トレンドに入る事も考えられます。その場合の目処として、14年11月高値8.710円-16年11月安値4.878円の下げ幅38.2%戻し(6.342円)や、月足の一目均衡表の基準線(6.487円)が挙げられます。

○下値目処について
5.90円台に6日線(5.981円)や20日線(5.972円)等複数の目標値があります。また、すぐ下にボリンジャーバンド-2シグマ(5.854円)もあり、こちらもサポートとなりそうです。ただし、バンド-2シグマを押し下げるローソク足が出現した場合は下落トレンド入りの可能性もあります。4月以降下押し目処として機能している5.70円レベルを割ると、200日線(5.592円)に向けた一段安もあるでしょう。

○上値目処
6.096円(5/16高値)
6.089円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
6.124円(週足の一目均衡表の雲上限)
6.342円(14年11月高値8.710円-16年11月安値4.878円の下げ幅38.2%戻し)
6.487円(月足の一目均衡表の基準線)
6.546円(16年3月高値)

○下値目処
5.981円(6日線)
5.972円(20日線)
5.917円(日足の一目均衡表の転換線、基準線、週足の一目均衡表の転換線)
5.916円(13週線)
5.869円(日足の一目均衡表の雲の上限)
5.854円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
5.845円(75日線)
5.751円(4/20安値)
5.742円(1月安値5.170円-5月高値6.096円の上げ幅38.2%押し)
5.738円(5/18安値)
5.730円(26週線)
5.705円(日足の一目均衡表の雲の下限)
5.633円(週足の一目均衡表の基準線)
5.592円(200日線)
5.588円(52週線)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

世界各国通貨に対する円:対ドル0.20%高、対ユーロ0.10%安

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           111.56円   -0.22円    -0.20%   111.78円
*ユーロ・円         125.13円   +0.12円    +0.10%   125.01円
*ポンド・円         144.67円   -0.21円    -0.15%   144.88円
*スイス・円         114.61円   +0.07円    +0.06%   114.54円
*豪ドル・円          83.70円   +0.11円    +0.13%   83.59円
*NZドル・円         78.72円   +0.35円    +0.44%   78.37円
*カナダ・円          83.18円   +0.46円    +0.56%   82.72円
*南アランド・円        8.63円   +0.08円    +0.98%    8.55円
*メキシコペソ・円       6.05円   +0.05円    +0.77%    6.00円
*トルコリラ・円       31.28円   +0.02円    +0.06%   31.26円
*韓国ウォン・円        9.97円   +0.03円    +0.34%    9.93円
*台湾ドル・円         3.70円   -0.01円    -0.24%    3.71円
*シンガポールドル・円   80.56円   +0.17円    +0.21%   80.39円
*香港ドル・円         14.32円   -0.03円    -0.20%   14.35円
*ロシアルーブル・円     1.98円   -0.00円    -0.15%    1.98円
*ブラジルレアル・円     34.07円   -0.11円    -0.32%   34.18円
*タイバーツ・円        3.25円   +0.00円    +0.06%    3.25円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -4.62%   118.66円   99.02円   116.96円
*ユーロ・円           +1.76%   125.82円   109.57円   122.97円
*ポンド・円           +0.11%   163.90円   121.61円   144.50円
*スイス・円           -0.14%   115.57円   102.00円   114.77円
*豪ドル・円           -0.62%   88.18円   72.53円   84.22円
*NZドル・円         -2.79%   83.81円   69.33円   80.98円
*カナダ・円           -4.41%   88.92円   74.83円   87.01円
*南アランド・円        +1.16%    8.98円    6.40円    8.53円
*メキシコペソ・円       +7.15%    6.10円    4.97円    5.64円
*トルコリラ・円        -6.51%   37.78円   28.62円   33.46円
*韓国ウォン・円        +2.88%   10.20円    8.49円    9.69円
*台湾ドル・円         +2.18%    3.78円    3.08円    3.62円
*シンガポールドル・円    -0.36%   82.30円   72.61円   80.85円
*香港ドル・円         -5.02%   15.29円   12.84円   15.08円
*ロシアルーブル・円     +4.18%    2.02円    1.51円    1.90円
*ブラジルレアル・円     -5.20%   37.45円   29.59円   35.94円
*タイバーツ・円        -0.54%    3.31円    2.81円    3.27円

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【NY午前外為概況】ドル・円は、111円74銭から112円13銭まで上昇

 24日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、111円74銭から112円13銭までじり高に推移した。この後公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(5月2-3日分)が6月利上げ観測を裏付ける可能性への警戒から、ドル買いが優勢になったもよう。
 ユーロ・ドルは1.1205ドルから1.1169ドルまで軟調に推移。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁のフォワードガイダンス変更に否定的な発言もあり、ユーロ売りが優勢になった。ユーロ・円は125円04銭から125円41銭までじり高になった。
 ポンド・ドルは1.2972ドルから1.2931ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9750フランから0.9777フランで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は111円74銭から112円09銭まで上昇

 日本時間24日午後9時以降のドル・円は、111円74銭から112円09銭までじり高に推移している。この後公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(5月2-3日開催分)が6月利上げ観測を裏付ける可能性への警戒から、ドル買いが優勢になっているもよう。
 ユーロ・ドルは1.1205ドルから1.1181ドルまで軟調に推移。ユーロ・円は125円04銭から125円41銭までじり高になっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は小動き、米FOMC議事要旨の公表控え様子見

[欧米市場の為替相場動向]
ドル・円は111円80銭付近で小動き。米10年債利回りが2.28%台に持ち直し、ややドル買いに振れやすい地合いのようだ。ただ、日本時間25日3時の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨公表を控え仕掛けづらいなか、引き続き112円以上は調整の売りで上値が重くなる展開が予想される。
ここまでのドル・円の取引レンジは111円70銭から111円95銭、ユーロ・円は124円91銭から125円26銭、ユーロ・ドルは1.1173ドルから1.1197ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,