タグアーカイブ: 円売り基調

ドル・円は底堅い値動きか、日本の早期総選挙絡みの思惑で円売り基調に

[今日の海外市場]

 今日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米国の年内追加利上げ観測の後退でドル買いは慎重となる見通し。ただ、安倍晋三首相が10月にかけて解散・総選挙に踏み切る意向とみられ、アベノミクス長期化への思惑などから円売りに振れやすい地合いとなりそうだ。
 15日に発表された米経済指標のうち、8月小売売上高は前月比-0.2%と予想を下振れ、マイナス圏に落ち込んだ。8月鉱工業生産も前月比-0.9%と、7カ月ぶりのマイナス圏に転落。9月のNY連銀製造業景気指数やミシガン大学消費者信頼感指数は予想を上回ったものの、同日のNY市場では小売売上高の低調な内容が嫌気され、連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測は後退した。ただ、週明けのアジア市場では、東京市場が「敬老の日」の休場で薄商いとなるなか、米経済指標を手がかりとしたドル売りは一巡し、111円台で推移した。
 今晩のドル・円は引き続き底堅い展開となる見通し。安倍首相は本日午前、公明党の山口那津男代表と会談し、来月にも総選挙を実施する意向を伝えたもよう。直接的な手がかりにはなりにくいものの、アベノミクス長期化への思惑から、日銀の異次元緩和の継続が期待され、円売りが見込まれる。また、英中銀の早期利上げ観測によるポンド・円の上昇などで、クロス円がドル・円をけん引する展開もありうる。
 一方、ロシアと中国の両海軍が本日から開始した合同軍事演習が意識されよう。国連安保理でも両国は北朝鮮を擁護する立場を鮮明にしており、日本海などでの演習から朝鮮半島有事への警戒につながりやすい。このため、リスク回避の円買いも根強いとみられ、ドル・円の上昇は小幅にとどまる可能性もある。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・8月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.5%、速報値:+1.5%)
・23:00 米・9月NAHB住宅市場指数(予想:67、8月:68)
・05:00 米・7月対米証券投資(6月:ネット長期有価証券+344億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京午前=円売り基調も動きは鈍い

 東京午前の為替相場は、昨日からの地政学リスク緩和による円安の流れは継続されてはいたが、円売りに傾く動きは限定された。北朝鮮情勢を材料とした相場は一服し、欧米の経済指標や米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録公表を控えて、様子見ムードが広まった。仲値後にドル円は110円半ばから110.77円、ユーロ円が130.01円まで円は弱含んだが押しも弱く、その後は小幅なレンジで推移した。
 昨日、英7月消費者物価指数が予想を下回り下落したポンドだが、東京タイムは買い戻しがやや優勢となり、対円では142円前半から142.49円まで上昇した。ポンドドルは1.28ドル半ばで下げ渋った。ユーロドルが1.1740ドルを挟んで小動き。
 豪ドルは昨日の海外市場での売り基調から、利食いの買いや豪輸出企業による豪ドル買いが下支えとなった。豪ドル/ドルは0.78ドル前半で底堅く、豪ドル円が86円半ばから86.74円までじり高となった。一方、NZドル/ドルは0.7230ドル付近、NZドル円が80円前後で方向感無く、狭いレンジで取引された。
 午後の為替相場も積極的にポジションを取る動きは限定されるか。本日は、英雇用指標、ユーロ圏GDP、米住宅指標とFOMC前にもいくつか経済指標が控えている。それらの発表待ちとなり、調整的な動きが中心となりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は小じっかり、日銀緩和継続で円売り基調

 今日の東京外為市場で、ドル・円は小じっかり。111円77銭まで下落した後、112円32銭まで上昇した。日本の6月貿易収支が黒字に転換したことを受けてドル売り・円買いが先行。しかし、その後、豪・6月雇用統計で正規雇用者数が大幅に増えたことが好感され、豪ドル・円が上昇したこと。また、日銀が大規模な金融緩和政策の維持を決定したことで、円売りが優勢になった。
 ユーロ・円は128円79銭まで下落した後、129円26銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1533ドルから1.1500ドルまでじり安に推移した。
・17時時点:ドル・円112円20-30銭、ユーロ・円129円10-20銭
・日経平均:始値20046.90円、高値20157.11円、安値20032.23円、終値20144.59円
(前日比123.73円高)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は小じっかり、日銀緩和継続で円売り基調

 今日の東京外為市場で、ドル・円は小じっかり。111円77銭まで下落した後、112円32銭まで上昇した。日本の6月貿易収支が黒字に転換したことを受けてドル売り・円買いが先行。しかし、その後、豪・6月雇用統計で正規雇用者数が大幅に増えたことが好感され、豪ドル・円が上昇したこと。また、日銀が大規模な金融緩和政策の維持を決定したことで、円売りが優勢になった。
 ユーロ・円は128円79銭まで下落した後、129円26銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1533ドルから1.1500ドルまでじり安に推移した。
・17時時点:ドル・円112円20-30銭、ユーロ・円129円10-20銭
・日経平均:始値20046.90円、高値20157.11円、安値20032.23円、終値20144.59円(前日比123.73円高)
【経済指標】
・日・6月貿易収支:+4399億円(予想:+4880億円、5月:-2042億円)
・日・5月全産業活動指数:前月比%(予想:-0.8%、4月:+2.1%)
・豪・6月失業率:5.6%(予想:5.6%、5月:5.5%)
・豪・6月雇用者数増減:+1.4万人(予想:+1.5万人、5月:+3.8万人←+4.2万人)※正規雇用者数+6.2万人
・スイス・6月貿易収支:+28.1億フラン(5月:+33.9億フラン)
・独・6月生産者物価指数:前年比+2.4%(予想:+2.3%、5月:+2.8%)
・ユーロ圏・5月経常収支(季調前):+183億ユーロ(4月:+228億ユーロ←+215億ユーロ)
【金融政策】
・日銀金融政策決定会合
「2%の物価上昇率の実現に向けて、長短金利操作付き量的・質的金融緩和を継続」
「短期金利は、日銀当座預金の一部に適用する金利をマイナス0.1%に据え置き」
「長期金利は、償還までの期間が10年の国債の利回りが0%程度で推移するよう、年間約80兆円のペースで国債を買い入れ継続」
【要人発言】
・経済・物価情勢の展望
「2%の物価目標達成時期は2019年度になる可能性が高い」(2018年度から先送り)
「17年度コアCPI見通し+1.1%(従来+1.4%)、18年度コアCPI+1.5%(同+1.7%)、19年度コアCPIは+1.8%(同+1.9%)」
「17年度GDP見通し前年比+1.8%(従来+1.6%)、18年度GDP+1.4%(同+1.3%)、19年度GDP+0.7%(同+0.7%)」
・黒田日銀総裁
「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
「何があってもさらなる緩和を考えないということではない」
「ETF購入が副作用を生んでいるとは思わない」
「ETF買入、東証時価総額に比べれば小さなもの」

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドル・円はしっかり、日銀オペ通知で円売り基調に

 7日午前の東京外為市場で、ドル・円は113円10銭台で寄り付いた後、日銀が指値オペで新発10年国債347回を0.11%で買い入れると公表したことで円売りが強まり、ドルは一時113円80銭台まで水準を切り上げた。日経平均株価も前日比100円超安から下げ幅を縮小した。
 その後もドル・円は113円70銭付近を維持しており、短期的に次の節目である114円を目指す展開となっている。ただ、ランチタイムの日経平均先物は20000円を割り込み、日本株安継続への警戒から円売りを弱めているようだ。
 ここまでのドル・円の取引レンジは113円11銭から113円83銭、ユーロ・円は129円18銭から129円91銭、ユーロ・ドルは1.1407ドルから1.1426ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円はしっかり、日銀オペ通知で円売り基調に

7日午前の東京外為市場で、ドル・円は113円10銭台で寄り付いた後、日銀が指値オペで新発10年国債347回を0.11%で買い入れると公表したことで円売りが強まり、ドルは一時113円80銭台まで水準を切り上げた。日経平均株価も前日比100円超安から下げ幅を縮小した。
その後もドル・円は113円70銭付近を維持しており、短期的に次の節目である114円を目指す展開となっている。ただ、ランチタイムの日経平均先物は20000円を割り込み、日本株安継続への警戒から円売りを弱めているようだ。
ここまでのドル・円の取引レンジは113円11銭から113円83銭、ユーロ・円は129円18銭から129円91銭、ユーロ・ドルは1.1407ドルから1.1426ドルで推移した。

【経済指標】
・5月毎月勤労統計・現金給与総額:前年比+0.7%(予想:+0.4%、4月:+0.5%)

【要人発言】
・フィッシャー米FRB副議長
「1人当たりの労働生産性は、経済成長や生活水準をけん引する重要な要素」
・中国人民銀顧問
「ビットコインは通貨でなく資産」

FX為替ニュース

, , , , , ,