タグアーカイブ: 内容

【見通し】市場の目=見た目以上に内容の改善が進むブラジル経済

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

見た目以上に内容の改善が進むブラジル経済
個人消費に加え、企業の設備投資にも底入れの動きが進む

 2年連続のマイナス成長となるなど100年ぶりの景気低迷に喘いだブラジルだが、年明け以降は景気回復の歩みを進めている。7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+0.59%と一見減速したが、個人消費や企業の設備投資など内需の堅調さがうかがえるなど内容の改善が進んでいる。企業景況感の改善が続くなか、雇用の底入れなどを反映して個人の景況感にも改善の動きが出ており、先行きも景気の回復基調は続くと見込まれる。今年は久々に通年の成長率もプラスに転じることは間違いないと判断出来よう。

 景気に明るさが出る一方、政治を巡る動きは依然不透明である。テメル政権が推進する財政健全化に向けた年金改革法案の行方は一進一退を繰り返したものの、採決に向けて協議が進んでいる。ただし、国民からの人気が低い案に多くの議員が及び腰で当初案からの後退は不可避である。他方、財政健全化に向けて大胆な民営化が進めば、民需主導での景気回復に繋がる可能性はある。世界的なマネーを巡る変化が起こるなかで、当面の通貨及び株価は構造改革を巡る思惑を反映して一進一退の展開が続くであろう。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル売り加速 若干これまでよりインフレ鈍化への不安も滲ませる内容=NY為替チェック

 日本時間の4時に公表されたFOMC議事録を受けて為替市場はドル売りの反応が見られている。ドル円は (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪雇用統計は内容良好で豪ドル一転上昇も

おはようございます。越後屋です。昨日賃金コスト指数で急落した豪ドルですが、今日は注目の雇用統計。結果は新規雇用者数が予想よりも増えなかったことで豪ドルは売りで反応しましたが、内訳では正規雇用者数が大幅に増加したほか、失業率が低下したことで内容的には強かっ…

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル下落、上院共和党の税制改革法案の内容受け=NY市場

[ニューヨーク 9日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、米議会上院共和党の税制改革法案の内容が明らかになったことを受け、ドルが主要通貨バスケットに対し6日ぶりの安値を付けた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替見通し=日銀会合は材料になりにくい、議論の内容は注目

 NYタイムは、トランプ陣営・選対本部長マナフォート氏のFBI出頭との報道、米法人税率引き下げが5年間をかけた段階的な導入方法にとどまるとのニュースを嫌気してドルが軟化した。ドル円は113円後半から一時113円付近へ下落。一方、ユーロドルが1.1658ドルまで上昇するなど、対ドルで底堅く推移する通貨が目立った。クロス円はドル円の円買いが影響し、総じて重かった。
 東京タイムは、日銀金融政策決定会合の結果公表が控えている。政策変更は予定されておらず、本日の為替の動意にはつながらないだろう。しかし前回から会合に参加した片岡審議委員が独自の追加緩和議案を提案する可能性がある。今後の政策議論への影響を踏まえ、内容に注目が集まる。展望レポートは見通しの微調整にとどまり、こちらも相場への影響は限られそう。月末の駆け込み的なフローや、午後の黒田日銀総裁の会見の内容への反応による局所的な振れはあるかもしれない。しかし米連邦公開市場委員会(FOMC)も控えた様子見姿勢が支配的。トレンドを作り出すような展開にはならないだろう。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米ADPおおむね予想に沿った内容、ドル円は112円半ば

 米9月ADP全国雇用者は+13.5万人となり、+12.5-13.5万人程度の結果を見込んでいた市場予想に沿った結果となった。ドル円は112.40円付近から、112.50円付近へ小幅に上昇したが、強い反応を示していない。ハリケーンの影響をどのように推し量るか見極めが難しい局面で、確信を持って売り買いを大きく進めにくい状況にある。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

RBA声明、内容変わらずも豪ドルにはやや失望売り

こんにちは。越後屋です。先ほどRBAが政策金利を発表。声明を確認しましたが、雇用・政策見通し・インフレ・豪ドルについての文言は多少変更はあるものの、言っていることに大きな変更はなし。ただ、9月21日にロウRBA総裁が「金利は低下よりも上昇の可能性の方が高い」…

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=米連銀報告を注視、ハト派な内容に反応しやすい

ドル円は、108円後半を中心としたレンジで不安定に振れている。金融緩和縮小(テーパリング)への言及が期待されるECBを明日に控え、ユーロがじり高方向で調整を進めるなか、対ユーロでドル安が進んだが、ユーロ円の上昇による円安を支えに、108.95円まで水準を上げた。しかし方向感は定まっておらず、本日安値となる108.45円へ下振れる場面もあった。明日のECBまで、市場はユーロの動向の影響を受けやすく、ドル円の方向性を見定めにくくしている。

 NYタイムは米貿易収支や米8月ISM非製造業景況指数の発表が控えている。貿易収支の強弱を受け、ある程度ドル相場が振れても、強いトレンドは発生しにくように感じられる。米8月ISM非製造業景況指数は強めの結果が予想されており、多少ドルの動意を誘うことになるか。ただ、その後に米連邦公開市場委員会(FOMC)の参考資料となる米地区連銀経済報告(ベージュブック)の公表が控えている。仮にISM非製造業景況指数が強くてドル相場がポジティブに反応していても、ベージュブック次第で巻き戻しが強まりそう。昨日、ブレイナードFRB理事が講演で、現時点より潜在的なインフレ水準は低位な可能性があり、インフレが軌道に乗るまで利上げに慎重と発言をしたことに、市場は米金利低下・ドル安に反応した。ドル相場の地合いに強さを感じにくい。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、低下傾向の日足一目均衡表・基準線109.66円や109.57円付近で推移する21日移動平均線が位置する109.60円付近。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値は、8月29日安値108.27円、4月につけた年初来安値108.13円を視野に入れた展開。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替見通し=米連銀報告を注視、ハト派な内容に反応しやすい

 ドル円は、108円後半を中心としたレンジで不安定に振れている。金融緩和縮小(テーパリング)への言及が期待されるECBを明日に控え、ユーロがじり高方向で調整を進めるなか、対ユーロでドル安が進んだが、ユーロ円の上昇による円安を支えに、108.95円まで水準を上げた。しかし方向感は定まっておらず、本日安値となる108.45円へ下振れる場面もあった。明日のECBまで、市場はユーロの動向の影響を受けやすく、ドル円の方向性を見定めにくくしている。
 NYタイムは米貿易収支や米8月ISM非製造業景況指数の発表が控えている。貿易収支の強弱を受け、ある程度ドル相場が振れても、強いトレンドは発生しにくように感じられる。米8月ISM非製造業景況指数は強めの結果が予想されており、多少ドルの動意を誘うことになるか。ただ、その後に米連邦公開市場委員会(FOMC)の参考資料となる米地区連銀経済報告(ベージュブック)の公表が控えている。仮にISM非製造業景況指数が強くてドル相場がポジティブに反応していても、ベージュブック次第で巻き戻しが強まりそう。昨日、ブレイナードFRB理事が講演で、現時点より潜在的なインフレ水準は低位な可能性があり、インフレが軌道に乗るまで利上げに慎重と発言をしたことに、市場は米金利低下・ドル安に反応した。ドル相場の地合いに強さを感じにくい。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、低下傾向の日足一目均衡表・基準線109.66円や109.57円付近で推移する21日移動平均線が位置する109.60円付近。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値は、8月29日安値108.27円、4月につけた年初来安値108.13円を視野に入れた展開。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米雇用統計は予想比下振れも概して米景気好調と整合的な内容、SMBC日興証券(花田浩菜)[FISCO]

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。先週末に米 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,