タグアーカイブ: 公算

【発言】クオールズFRB副議長「現在の低インフレは一時的の公算が大きい」

クオールズFRB副議長
「現在の低インフレは一時的の公算が大きい」
「米経済は良好、ファンダメンタルズは健全」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【発言】クオールズFRB理事「現在の低インフレは一時的の公算が大きい」

クオールズFRB理事
「現在の低インフレは一時的の公算が大きい」
「米経済は良好、ファンダメンタルズは健全」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロ圏の物価上昇、ECBの政策調整に十分でない公算=プラート専務理事

[フランクフルト 8日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は8日、ユーロ圏のインフレ圧力が緩やかに増加していることは、物価が持続的に上向いており、刺激策の一段の引き揚げが正当化されることを必ずしも示しているわけではないとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は111円を挟んだ水準で推移か、日銀金融政策は今回も現状維持の公算

 22日のドル・円相場は、東京市場では110円53銭から110円92銭まで反発。欧米市場でドルは一時111円22銭まで上昇し、110円92銭で取引を終えた。
 本日23日のドル・円は、111円を挟んだ水準で推移か。米下院での暫定予算案可決によって米政府機関の閉鎖は解除された。ドルは底堅い動きを見せているが、本日発表される日本銀行の金融政策決定会合の内容次第では、円買いに転じる可能性もある。
 22日のニューヨーク市場では、政府機関の閉鎖解除を見込んだ投資家のリスク選好姿勢が強まり、米株式市場が上昇。ドルの買い戻しが活発となった。ただ、日銀金融政策決定会合の結果判明を控えて23日の東京市場ではドル買いは一服する可能性がある。
 本日の東京市場は日経平均株価の動きをにらみ、111円を挟んだ水準で推移する展開が予想される。今回の日銀金融政策決定会合でも現行の大規模な金融緩和策を維持するとの見通し。ただ、市場では日銀による超長期国債買い入れ減額を受けて緩和的な金融政策が微調整されるとの思惑が広がっており、黒田日銀総裁の記者会見や展望リポートの内容次第では、円買いが強まる可能性もある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

NY外為:ドル急伸、米上下院、暫定予算で再度合意の公算

NY外為市場でドルは急伸した。米上下両院は22日中に、2月8日までの暫定予算で合意、成立する公算が高まった。これで、政府機関閉鎖が終了する。予算失効にともない20日から始まった政府閉鎖は3日目にはいり、行方に注目が集まっていた。政府機関閉鎖の長期化は経済に支障をきたすと警戒感も浮上。ドルにも拍車がかかっていた。
ドル・円は110円69銭から111円22銭まで急伸し18日来の高値を更新した。ユーロ・ドルは1.2260ドルから1.2224ドルまで下落。ユーロ・円は135円59銭から136円09銭まで上昇し、18日来の高値を更新した。
ダウ平均株価は米国東部時間午後1時10分現在68ドル高で推移。米10年債利回りは2.63%から2.66%まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

中国の米債購入縮小、FRBの資産圧縮計画阻害する公算小=ダラス連銀総裁

[ダラス 10日 ロイター] – 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は10日、中国からの米債需要の縮小によって、連邦準備理事会(FRB)が保有債券を緩やかなペースで売却する計画が阻害される公算は小さいとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は主に113円台前半で推移か、日銀金融政策は現状維持の公算

 20日のドル・円相場は、東京市場では112円84銭から113円17銭まで上昇。欧米市場では113円47銭まで一段高となり、113円38銭で取引を終えた。
 本日21日のドル・円は、主に113円台前半で推移か。米税制改革法案の議会通過や米長期金利の上昇を背景にドル買い・円売り基調が継続している。日銀の金融政策決定会合の結果を控え模様眺めムードが広がる中、日経平均株価の動向をにらみ113円台前半で伸び悩む展開となりそうだ。
 米下院は20日、連邦法人税率を35%から21%に引き下げる税制改革法案を再採決し、可決した。上院はすでに可決済みで、約30年ぶりとなる税制の抜本改革が実現した。法案成立に必要なトランプ米大統領の署名は21日以降にずれ込むとの見通しとなっている。海外市場ではこれを好感し、ドル買い・円売りが加速。また、米長期金利もじりじりと上昇したこともドル相場の支援材料となった。
 本日発表される日銀の金融政策決定会合の結果とその後の黒田総裁の会見を控えて、市場の様子見ムードが広がっている。短期金利をマイナス0.1%、長期金利を0%近辺に誘導する大規模金融緩和策の現状を維持するとの公算が大きい一方、市場が懸念している低金利長期化の副作用についてなど黒田総裁の会見内容にも注目が集まっている。東京市場では、日経平均株価と米長期金利の動向をにらみ、ドル・円は113円台前半でもみ合う展開が予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

焦点:日銀は政策維持の公算、緩和長期化の副作用も議論へ

[東京 18日 ロイター] – 日銀は20、21日に開く金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する現行の金融緩和策の維持を決める見通しだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【発言】FRB議長「イールドカーブは過去に比べフラット化する公算」

イエレンFRB議長
「イールドカーブは過去に比べフラット化する公算」
「イールドカーブの傾き、歴史的レンジ内」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

英消費支出、11月は前年比‐0.9% クリスマス期も減少の公算=ビザ

[ロンドン 11日 ロイター] – クレジット会社ビザが11日発表した11月の英消費支出(インフレ調整後)は前年同月比0.9%減少した。海外旅行など高額商品の購入が控えられたためで、クリスマス期の支出も5年ぶりの減少となる公算が強まった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,