タグアーカイブ: 先高観

ドル・円は小じっかりか、米長期金利の先高観続く

[今日の海外市場]
 17日の欧米外為市場では、ドル・円は小じっかりの展開を予想する。米10年債利回りの先高観が根強いほか、イタリア政局への警戒感からユーロは売られやすく、ドル選好地合いは継続しそうだ。
 前日の取引で、米10年債利回りは2011年以来7年ぶりに3.10%台まで上昇し、本日のアジア市場時間では3.12%台まで上昇が進んでいる。そうしたなか、今晩21時半発表の米国の5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は前回から低下すると予想されており、いったんドル売りになる可能性もある。しかし、連邦準備制度理事会(FRB)は国内景気の拡大基調を背景に利上げを継続する方針に変わりはなく、今後も長期金利の上昇が見込まれることから、ドル売りは一時的にとどまりそうだ。
 対照的に、欧州中央銀行(ECB)の出口戦略への思惑後退によりユーロは売られやすい状況が続く。報道によると、イタリアの連立交渉を進めるポピュリズム政党は、ECBに対しイタリア金融機関の債務免除要請を検討。ユーロ・ドルは前日の取引で、昨年12月以来5カ月ぶりの安値となる1.1764ドルまで弱含んだ。今晩は調整からある程度買い戻しとなる可能性もあるが、戻りは限定的と予想される。
 ただ、米中両国は17-18日、ワシントンで貿易摩擦解消に向けた協議を行う。対中強硬派のナバロ大統領補佐官(通商製造業政策担当)は参加しない方向だが、状況を見極めようとドル買いはやや手控えられる面もありそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(21.5万件、前回:21.1万件)
・21:30 米・5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:21.0、4月:23.2)
・23:00 米・4月景気先行指数(前月比予想:+0.4%、3月:+0.3%)
・23:45 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答
・02:30 カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週の豪ドル「底堅い展開か、資源価格の先高観が下支えに」

[豪ドル]
 来週の豪ドル・円は底堅い展開か。米国がイラン核合意から離脱し、イランに対して過去最大級の経済制裁を行うと発表したことを受けて原油高になっていることで、資源価格の先高観が豪ドルの下支えになる。4月雇用統計の発表があり、豪準備銀行(中央銀行)の「雇用は堅調」との見方が裏付けられるか注目される。
○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・17日:4月雇用統計(3月:失業率5.5%、雇用者数増減+0.49万件)
・予想レンジ:81円00銭-83円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:堅調推移、米中貿易戦争回避で資源価格の先高観が再浮上

13日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。米ドル・円相場が円安方向に振れたことや豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えたことが要因。米中貿易戦争は回避されるとの見方が強まり、資源価格の先高観が再浮上していることが豪ドル相場の上昇につながったようだ。ユーロ・円は132円18銭から132円90銭まで上昇した。
・豪ドル・円の取引レンジ:83円14銭-84円08銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】19日香港株=高値警戒感が上値抑えるか、中期的にはなお先高観

19日の香港市場は高値警戒感が上値を抑えるか。前日にハンセン指数は史上最高値を更新し、終値が初めて節目の32000ポイント台に乗せた後とあって、目先の利益をいったん確定する売りが相場の重しとなりそうだ。香港市場のテクニカル指標RSIは買われすぎの基準を大幅に上回る水準にあり、相場過熱感は否めない。前日にNY市場でダウ平均が反落したことも嫌気される可能性がある。

 一方、相場の先高観が根強い。現時点で香港市場の平均予想PERは依然として14.4倍にとどまり、2007年の24倍を大きく下回っていると指摘されている。前日の香港市場の売買代金は2000億HKドル台を記録した15年7月9日以来の1963億HKドルに膨らみ、中国本土から相互取引を通じて香港株に投資する「南向き」資金の買越額も61億HKドルに増加。香港市場への潤沢な資金流入を背景に、中期的には相場が一段高を試すとみる向きが多い。前日に発表された中国の2017年の実質国内総生産(GDP、速報値)成長率が7年ぶりに前年水準を上回り、堅調な中国経済も買い安心感につながりそうだ。

 17日の香港株の米国預託証券(ADR)は、欧州金融のHSBC(00005)、IT大手のテンセント(00700)、本土保険大手の中国平安保険(02318)、石油メジャーのCNOOC(00883)が香港終値を上回った半面、4大国有銀行の中国建設銀行(00939)、中国銀行(03988)、アジア生保のAIAグループ(01299)が下回って引けた。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】16日香港株=買い先行か、先高観根強い 上海株安リスクは限定的

16日の香港市場は買いが先行か。前日のハンセン指数は短期的な過熱感と中国本土の株安が嫌気されて15営業日ぶりに反落したものの、上海総合指数は心理的節目の3400ポイントを守って終えた上、香港に重複上場する銀行株や保険株は総じて上昇した。上海市場が一段と下落して香港市場に売りが波及するリスクは限定的だろう。相場の先高観は根強く、ハンセン指数が過去最高値を更新して32000ポイントを目指すとみる向きが多い。

 米ドル安も投資家心理の支えとなろう。主要通貨に対する米ドルの強さを示すドルインデックスは足元で90に接近し、2015年1月以来約3年ぶりの低水準にある。資金が米国から新興国市場へ流出する圧力は高い。また、相互取引制度を通じた本土投資家による香港株取引は買い越しが続いている。

 もっとも、買い一巡後は様子見気分が強まる可能性がある。15日の米国はキング牧師誕生日の祝日のため、金融市場が休場だった。18日には中国が2017年10-12月期実質国内総生産(GDP)と、鉱工業生産など12月の主要経済統計を発表する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】9日香港株=方向感を欠く展開か、先高観と利益確定売りが交錯

9日の香港市場は強弱材料が入り交じり、方向感を欠いた展開が予想される。世界的に投資家のリスクオン姿勢が根強いなかで、香港市場への資金流入が続いて相場を支える半面、ハンセン指数は前日までの10連騰で10年2カ月ぶりの高値水準とあって、利益を確定する売りが出やすい。あすから週明けにかけて、中国の物価統計や貿易統計、金融統計が相次いで発表されることから、投資家が積極的な売買を見送る可能性もある。

 一方、中国本土の短期金利が下がったことで資金ひっ迫懸念が後退しており、買い安心感につながりそうだ。年明けから、短期金利の指標となる上海銀行間取引金利(SHIBOR)は前日比で下落が続いている。NY市場ではダウ平均が5営業日ぶりに小幅反落したものの、S&P500とナスダック総合は5日続伸して史上最高値を更新した。同日の香港株の米国預託証券(ADR)はHSBC(00005)やテンセント(00700)、中国建設銀行(00939)、チャイナ・モバイル(00941)など時価総額が大きい銘柄が総じて香港終値を上回って引けた。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,