タグアーカイブ: 先行

LDNFIX=米株が売り先行となり、ドル円・クロス円とも弱含み

 NYタイム午前のドル円は、米株の動きを眺めながらの推移となった。小幅高に寄り付いたダウ平均がマイナス圏に沈み、一時100ドル安まで下落すると、ドル円も111円前半から110.82円まで売り込まれた。19日に期限となる米2018年会計年度暫定予算への懸念も、ドルの重しとなった。また、昨日はアップルが今後5年間に300億ドルの海外保有キャッシュを米国内に還流させるとの報道で、ドル買いになったとの見方もある。実際にフローがでていないニュースに飛び乗った向きが、ドルの上値の重さにロングを手仕舞ったか。
 米株が利食い売り先行となり、クロス円も売り戻しの動きが優勢となった。ユーロ円が136.31円を頭に135円後半まで押され、ポンド円は2016年6月以来の高値154.58円から153円後半まで一時水準を落とした。スイスフラン(CHF)円も116.01円まで上昇後に、115円半ばまで上げ幅を縮小した。
 欧州通貨は対ドルでも上値を伸ばしたが、ロンドンフィックスにかけては伸び悩み。ユーロドルは1.2265ドル、ポンドドルが1.3891ドルの高値から緩み、ドル/スイスフラン(CHF)は0.95CHF後半から0.96CHF付近での推移となった。
 LDN序盤に発表された好調な中国GDPの結果を受けて、中国と経済的に結びつきの強いオセアニアの通貨も堅調に推移した。豪ドル/ドルは0.8006ドル、NZドル/ドルが0.7321ドルまで強含み。一方で、対円ではドル円の重さに引きずられ、豪ドル円が88円後半でじり安となり、NZドル円も81円前半で伸び悩んだ。
 NY原油が64ドル台から63ドル半ばまで売りが優勢になると、産油国通貨でもある加ドルも弱含み。ドル/加ドルは1.2487加ドルまでの加ドル売り・ドル買い、加ドル円が88.88円までの加ドル安となった。
 ロンドン序盤から底堅い動きだった南ア・ランド(ZAR)は、南アフリカ準備銀行(SARB)が政策金利を6.75%に据え置き後に、上げ幅を拡大した。ZAR円が9.14円、ドルZARは12.13ZAR台までのZAR買いとなった。3会合連続での据え置きは大方の予想通りではあったが、引き下げを見込んでいた向きもいたもよう。クガニャゴSARB総裁は、インフレ予想は改善されていると述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は堅調、国内実需系のドル買いが先行

 今日の東京市場で、ドル・円は堅調。110円48銭から110円98銭まで上昇した。国内の輸入企業など実需系のドル買いが先行したといわれる。円高の後退を好感して日経平均株価が236円高で引けており、株高を受けた円売りもある程度出ていたとみられる。
 ユーロ・円は136円10銭まで上昇後、135円33銭まで下落。ユーロ・ドルは1.2283ドルまで上昇後、1.2216ドルまで下落した。ドイツの大連立政権樹立に向けた協議の先行きに不透明感との見方が浮上し、ユーロ売りに転じた。
・17時時点:ドル・円110円70-80銭、ユーロ・円135円50-60銭
・日経平均:始値23721.17円、高値23962.07円、安値23701.83円、終値23951.81円(前日比236.93円高)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は堅調、国内実需系のドル買いが先行

 今日の東京市場で、ドル・円は堅調。110円48銭から110円98銭まで上昇した。国内の輸入企業など実需系のドル買いが先行したといわれる。円高の後退を好感して日経平均株価が236円高で引けており、株高を受けた円売りもある程度出ていたとみられる。
 ユーロ・円は136円10銭まで上昇後、135円33銭まで下落。ユーロ・ドルは1.2283ドルまで上昇後、1.2216ドルまで下落した。ドイツの大連立政権樹立に向けた協議の先行きに不透明感との見方が浮上し、ユーロ売りに転じた。
・17時時点:ドル・円110円70-80銭、ユーロ・円135円50-60銭
・日経平均:始値23721.17円、高値23962.07円、安値23701.83円、終値23951.81円(前日比236.93円高)
【経済指標】
・日・12月企業物価指数:前年比+3.1%(予想:+3.2%、11月:+3.6%←+3.5%)
・日・11月第3次産業活動指数:前月比+1.1%(予想:+0.3%、10月:+0.2%←+0.3%)
・独・12月消費者物価指数改定値:前年比+1.7%(予想:+1.7%、速報値:+1.7%)
【要人発言】
・中国国営メディア
「習中国国家主席とトランプ米大統領が電話会談、朝鮮半島の緊張緩和継続を」
「習主席、北朝鮮問題で国際社会の協調維持が重要と指摘」
「習主席、米中貿易での協力促進へ一段と市場開放すると表明」
「習主席、米国との貿易問題に適切に対処すると表明」
・独誌シュピーゲル
「独社民党(SPD)のベルリン支部が、メルケル首相の保守陣営との連立について正式協議に入る提案を否決」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は続伸、イラン核合意に絡む思惑などから買い先行

NYMEX原油2月限終値:63.80↑0.23
 11日のNY原油先物は続伸。64.77ドルまで上昇した後、いったん63.73ドルまで
下落した。米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を続けるかどうか、12日に決
定する」としていることで、思惑的な買いが先行した。また、欧州中央銀行
(ECB)の12月理事会議事要旨でガイダンス変更に言及があったことからユーロ
高・ドル安となり、割安感による買いも広がった。ただ、引けにかけては利益確
定とみられる売りが徐々に優勢となり、上昇幅を縮小することとなった。ブレン
ト原油先物3月限が一時70.05ドルをつけた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

午前まとめ=ドル円・クロス円は買い戻しが先行

・円買いの流れは一服、ドル円・クロス円は買い戻し(円売り)先行
・日銀の中・長期国債買い入れ通告 金額は据え置き
・強い豪11月小売売上高を受けて、豪ドルは強含み
・3桁安で寄り付いた日経平均は、80円安の23707円で前引け

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】22日香港株=米株高で買い先行も方向感欠ける展開か、連休を控えて

22日の香港市場は方向感に欠ける展開か。前日のNY市場で主要3指数がそろって3日ぶりに反発した流れを引き継ぎ、高く寄り付く可能性があるものの、週明けにクリスマス休暇を控え、投資家が積極的な売買を見送ると予想する。今週に入ってからメインボードの売買代金が連日1000億HKドルに届かず、商いが細っている。連休を前に、目先の利益をいったん確定する売りが出やすい状況にあるほか、足元で香港ドルが弱含んでいることを受けた資金流出懸念や、短期金利の高止まりも重しとなろう。

 本土市場の動きが引き続きカギを握る。前日の本土市場で20日に閉幕した中央経済工作会議で示した2018年の経済運営方針から恩恵を受けそうなセクターが物色され、上海総合指数は心理的節目の3300ポイントに乗せて引けた。ただ、同節目を上回る水準では総じて上値の重さが目立ち、きょうの上海総合指数が同水準を守れるかが投資家心理に大きく影響しそうだ。

 なお、21日の香港株の米国預託証券(ADR)は、時価総額上位で欧州金融のHSBC(00005)、IT大手のテンセント(00700)、中国国有銀行の中国建設銀行(00939)、アジア生保大手のAIAグループ(01299)などが香港終値を上回って引けた。香港株のADRにサヤ寄せすれば、ハンセン指数は前日終値を150ポイント近く上回る水準で寄り付くことになる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は続伸、米株高を背景に買い先行

[東京 19日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前営業日比59円70銭高の2万2961円47銭となり、続伸して始まった。前日の米国株市場で主要3指数が終値での最高値を更新した流れを引き継ぎ、輸出株などに買いが先行した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY為替・18日=ドル売りが先行も、午後にかけて買い戻される

 NYタイムの為替市場は、午前にドル売りの動きとなったものの、午後には米長期債利回りの上昇とともにドルは買い戻された。米下院が19日午後に税制改革法案を採決予定との報道もあり、米10年債利回りは2.39%半ばまで上昇した。ドル円は112.31円まで下押ししたが、112円半ばまで戻した。ユーロドルは1.1834ドルまで上値を伸ばすも、1.17ドル後半まで水準を下げて推移した。米金利上昇だけではなく、今週に控えているスペイン・カタルーニャ州議会選への警戒感もユーロドルの重しとなった。ポンドドルは、1.3418ドルを頭に1.33ドル後半で取引された。英・EU離脱交渉は第2段階入りするも、通商協議の難航が予想されるため、ポンドに対する方向感は出難いか。ドル/スイスフラン(CHF)は0.9840CHFのCHF高水準から、0.98CHF半ばでの値動き。
 ダウ平均が一時200ドル高、NASDAQが史上初の7000pなど堅調な米株式市場にも、クロス円の上値試しは一時的だった。ユーロ円は133.01円、ポンド円が151.03円を高値に、それぞれ132円半ばと150円半ばまで売り戻された。
 南ア・ランド(ZAR)は上昇した。南ア与党・アフリカ民族会議(ANC)の新代表に、ラマポーザ副大統領が選出されたことが好感された。NY勢の参入時に12.92ZAR付近だったドルZARは12.5336ZARまでZAR買い・ドル売りとなった。ZAR円も8.70円で下支えされ、3月24日の高値に並ぶ8.97円まで買われた。その後は、流動性が薄くなるなかでの利食い売りに、ドルZARは12.77ZAR前後、ZAR円が8.82円付近まで押し戻されている。
 豪ドル/ドルは0.76ドル後半、NZドル/ドルが0.70ドル近辺で伸び悩み。一方で、豪ドル円が86円前半、NZドル円は78円後半で下げ渋った。また、ドル/加ドルは1.28加ドル半ばから後半で上下し、加ドル円が87.33円まで下値を広げ、戻りも鈍かった。
 午後6時5分時点で、ドル円は112.57円、ユーロドルが1.1780ドル、ユーロ円は132.61円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は小反落、利益確定売りが先行

[東京 12日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比2円32銭安の2万2936円41銭となり、小反落で始まった。前日の米国株は上昇したものの、日経平均は直近3営業日で約760円上昇した後であり、利益確定売りが優勢となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は続伸、米株高を背景に買い先行

[東京 11日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比83円22銭高の2万2894円30銭となり、続伸して始まった。前週末の米国株が上昇した流れを引き継ぎ買いが先行した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

前場の日経平均は4日ぶり大幅反発、買い戻しが先行

[東京 7日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比280円70銭高の2万2457円74銭となり、4日ぶりに大幅反発した。前日の日本株は大幅安となったが、米株価の下げ渋りをながめて、きょうは買い戻しが先行した。為替が1ドル112円台半ばと底堅い推移となったことも支えになった。不安定な動きが続いている中国株は小安い範囲にとどまっており、ひとまず材料視されていない。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,