タグアーカイブ: 休場

ドル・円は113円30銭付近でこう着、欧州主要市場が休場

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円はアジア市場同様、113円30銭でこう着する状態。欧州は主要株式市場が休場のため、動意は乏しい。米10年債利回りは引き続き2.50%手前で伸び悩んでいるほか、米株式先物はまちまちで、ドルは売り買いともに仕掛けづらい状況になっている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円29銭から113円30銭。ユーロ・円は134円46銭から134円55銭、ユーロ・ドルは1.1869ドルから1.1876ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京午前=本日も多くの市場が休場、ドル円113円前半でこう着

 東京午前の為替相場はもみ合い相場が継続。本日も多くの市場が休場で市場参加者が少なく、閑散取引が続いている。日経平均は反落して寄り付くも、下値は広げていない。また、休場明けの米10年債利回りは時間外取引で2.49%近辺に上昇した。
 11月全国消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比)は+0.9%と市場予想や前月の+0.8%をやや上回った。物価の上昇は鈍いが、緩やかに上昇率が加速している。また、11月失業率は2.7%と約24年ぶりの低い水準となり、同有効求人倍率は1.56倍と1974年以来の高い水準となった。
 ドル円は113.24-35円の狭いレンジ内でこう着し、ユーロドルは1.1865ドル近辺でもみ合い。また、ポンドドルは1.33ドル後半、豪ドル/ドルは0.77ドル前半、NZドル/ドルは0.70ドル前半で小動き。クロス円は底堅い動きも値幅は限られ、ユーロ円は134円半ば、ポンド円は151円半ば、豪ドル円は87円半ば、NZドル円は79円半ばで小幅の上下にとどまった。
 南ア・ランド(ZAR)は堅調維持。ラマポーザ南ア新政権に対する期待感から、ZAR円は9.07円、ドルZARは12.50ZARまでZAR高となった。
 新規手がかりが乏しい中、年末に向けて手控えムードの継続が予想され、午後もドル円は113円前半での小動きが見込まれる。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,