タグアーカイブ: 企業決算

ジャクソンホール会合や企業決算に注目=今週の米株式市場

[20日 ロイター] – 今週の米株式市場では、24─26日に米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる米カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムに注目が集まりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【NY為替オープニング】リスクオン、米FOMCの緩やかな利上げ観測や良好な企業決算で

◎ポイント
・安倍首相とトランプ米大統領:北朝鮮に関して一段の措置で合意
・国土安全保障長官ジョン・ケリー海兵隊退役大将が米大統領首席補佐官に就任
・米・7月シカゴ購買部協会景気指数(予想:59.0、6月:65.7)
・米・6月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+1.0%、5月:-0.8%)
・米・7月ダラス連銀製造業活動指数(予想:14.0、6月:15.0)
 31日のニューヨーク外為市場では、北朝鮮に絡んだ地政学的リスクの深刻化、トランプ政権の混乱が表面化する中、月末に絡んだ実需の買いがドルの下値を支える可能性がある。また、企業決算が好調であることや、米国の金融当局が遅いペースの利上げ軌道を維持する方針を確認したため、リスク選好の動きも優勢となった。
米商務省が先週末発表した4-6月期GDP速報値や雇用コストが市場予想を下回ったため、本年あと1回の利上げ観測が後退。また、バランスシート縮小開始の時期が後ずれするとの見方が強まった。本日は米7月シカゴ購買部協会景気指数、6月中古住宅販売成約指数、7月ダラス連銀製造業活動指数が相場材料となる。今週末に雇用統計の発表を控えて、引き続き米国金融政策の先行きを睨んだ展開となる。
昨年の米大統領選挙におけるロシアとの関連疑惑が晴れぬ中、医療保険制度改革(オバマケア)廃止の失敗で、トランプ大統領はプリーバス大統領首席補佐官を更迭し、後任に国土安全保障長官のジョン・ケリー氏(海兵隊退役大将)を指名。新たな出発をはかる。
米上院は先週行った採決において、オバマケアの廃止範囲縮小案が可決に必要な票が1票足りず否決した。この結果を受けて、マッコーネル共和党上院院内総務はいったん「前進すべきだ」との見解を示した。民主党が14か月かけて、成立させた医療保険制度改革(オバマケア)をわずか半年で廃止するのはもともとかなり困難だったとの意見も強い。
米国政府は早速、税制改革案の成立に向けた取り組みを始める。オバマケア廃止・代替法案の成立失敗の教訓を受けて、税制改革法案に向けた取り組みの指揮をとっているムニューシン米財務長官、コーン国家経済会議(NEC)委員長らは、与野党の協調を重視しているという。政府は感謝祭前後での成立を目指す。
オバマケア廃止・代替法案の成立失敗に続き、税制改革が失敗することは、トランプ政権、共和党にとり大打撃となる。オバマケア廃止・代替法案の成立を見込みメディケイド(連邦と州が負担し、州が運営する低所得者向け医療費補助制度)の支出を大幅に削減し、大幅減税の負担分を補う計画だったが、現状ではかなわない。当初、やはり減税に費やす資金を捻出する手段としてライアン下院議長が提案していた国境税の導入も、新たな税制改革案には含まれないと報じられている。このままでは、期待されていた大規模な減税は困難となると考えられ、ドルの上値を抑制する要因のひとつとなる。
・ドル・円は、200日移動平均水準の112円19銭を下回っている限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.0871ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能 性。

ドル・円110円57銭、ユーロ・ドル1.1728ドル、ユーロ・円129円67銭、ポンド1.3119ドル、ドル・スイスは0.9694フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は小反落、。4-6月期の企業決算の発表を控え神経質な展開が続いた[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 64938.02 -0.37%20日のブラジル株式市場は続落。主要指標のボベスパ指数は前 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-引き続き堅調か企業決算はMS、アメックスなど

引き続き堅調か 企業決算はモルガン・スタンレー、アメリカン・エキスプレスなど

 今晩のNY株式市場は堅調な展開か。昨日はトランプ政権の政策実行能力に対する懸念が高まるなか、ダウ平均は小幅に続落したものの、テクノロジー株の上昇にけん引されたナスダック総合が6月上旬以来、約1カ月半ぶりに史上最高値を更新した。投資家の不安心理を表すVIX指数は前日の9.82から一時10.35まで上昇したが、9.89と歴史的低水準で終了するなど、センチメントは引き続き良好だ。先週からスタートした企業の4−6月期決算発表は序盤戦の目玉の大手金融機関が総じて期待外れとなったが、全体的には市場予想を上回る増益決算を発表した銘柄が多く、今後発表される主力銘柄の決算が引き続き注目される。今晩は、取引時間前のモルガン・スタンレー、引け後のクアルコム、アメリカン・エキスプレスなどが注目される。
 今晩の経済指標は米MBA住宅ローン申請指数、米6月住宅着工件数、米6月建設許可件数、米週間原油在庫など。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

日経平均は反落でスタート、本格化する企業決算を控え様子見ムード、メガバンクや自動車関連がさえない[FISCO]

[日経平均株価・TOPIX(表)]日経平均;20074.41;-44.45TOPIX;1621.21;-4.27[寄り付き概況] 18日の日経平 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

人手不足、企業決算好調でも賃金減少 株は少々上がる(世界水準では寂しいが)

3月毎月勤労統計調査によると、賃金の伸びに物価の変動を反映した実質賃金は前年同月比0.8%減で、1月の0.1%減以来2か月ぶりにマイナスとなった。
 減少幅は2015年6月(3%減)以来の大きさだった。
 消費者物価指数が0・3%上昇したことが実質賃金の減少につながった。賞与や手当などを示す「特別支給の給与」が3.6%減となるなどして、労働者1人当たりの平均賃金を示す現金給与総額が27万7512円と0.4%減少。一方で原油などのエネルギー価格が上昇したことで、消費者物価が上昇した。
 雇用面では好調を維持し、一般労働者が2.6%増の3408万2000人、パート労働者が1.8%増の1494万4000人だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

人手不足、企業決算好調でも賃金減少 株は少々上がる(世界水準では寂しいが)

3月毎月勤労統計調査によると、賃金の伸びに物価の変動を反映した実質賃金は前年同月比0.8%減で、1月の0.1%減以来2か月ぶりにマイナスとなった。
 減少幅は2015年6月(3%減)以来の大きさだった。
 消費者物価指数が0・3%上昇したことが実質賃金の減少につながった。賞与や手当などを示す「特別支給の給与」が3.6%減となるなどして、労働者1人当たりの平均賃金を示す現金給与総額が27万7512円と0.4%減少。一方で原油などのエネルギー価格が上昇したことで、消費者物価が上昇した。
 雇用面では好調を維持し、一般労働者が2.6%増の3408万2000人、パート労働者が1.8%増の1494万4000人だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-堅調持続か 税制改革案と企業決算に注目

今晩は堅調持続か。史上最高値を更新したナスダック総合に続き、最高値までそれぞれ0.67%、0.31%に迫ったダウ平均とS&P500の高値更新が期待される。政治リスクや地政学的リスクへの懸念が後退したことでリスクオフの流れが巻き戻され、再び株式などのリスク資産への資金流入が強まった。今晩はトランプ大統領の税制改革案の詳細が発表される予定で、輸入に対する課税を強化する「国境調整」が盛り込まれない方向も伝えられており、政策期待が高まることも相場の追い風となりそうだ。
 発表のピークを迎えている企業の1-3月期決算も引き続きポジティブ材料となるか。昨日は決算が好感されたキャタピラーとマクドナルドの2銘柄でダウ平均を103ドル押し上げるなど、主力銘柄の好決算がダイレクトに指数の上昇を後押しした。今晩はプロクター・アンド・ギャンブル、ステート・ストリート、ボーイング、アムジェンなどの決算に注目したい。経済指標はMBA住宅ローン申請指数、米週間原油在庫など。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]【スプレッドタイムセール予告!】4月28日(金)午後3時からスタート!

月末最後の金曜日は「プレミアムフライデー」!
当社では次のプレミアムフライデー・4月28日(金)午後3時からの12時間限定で『外貨ネクストネオ』一部通貨ペアのスプレッドを縮小いたします!

●ユーロ/米ドル(EUR/USD):0.3pips
 ⇒0.2pips 原則固定(例外あり)
●メキシコペソ/円(MXN/JPY):1.5銭
 ⇒0.3銭 原則固定(例外あり)

詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-堅調持続か 企業決算はマクドナルドなど

堅調持続か 企業決算はマクドナルド、コカ・コーラ、キャタピラーなど

 今晩は堅調持続か。フランスの政治リスク後退や26日にも発表される税制改革法案への期待を背景にリスク選好の流れが続きそうだ。北朝鮮で核実験などの挑発的な動きがないことも安心感を広げそうだ。
 今週は企業の決算発表がピークを迎えており、取引時間前に発表されるマクドナルド、デュポン、コカ・コーラ、キャタピラー、3Mなどの主要企業の結果が注目される。経済指標は米3月新築住宅販売件数、米4月コンファレンスボード消費者信頼感など。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

米ナスダック最高値更新、堅調な企業決算を好感

[ニューヨーク 20日 ロイター] – 米国株式市場は主要指数がそろって上昇し、ナスダック総合は過去最高値を更新した。クレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)などの堅調な四半期決算が好感された。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY株式見通し-反発か 企業決算や経済指標、原油価格に注目

今晩は反発か。昨日は原油価格が大幅に続落したことで、ダウ平均とS&P500が続落となったが、ハイテク株の比重が高いナスダック総合は反発した。投資家の不安心理を表すVIX指数は15ポイント前後の水準にありセンチメントはさほど悪化していない。S&P500は史上最高値をつけた3月1日に100日移動平均線からのかい離が7%を超えたが、昨日はかい離が1.4%にまで縮小した。RSI(相対力指数、14日)は買われ過ぎを示す80ポイント台から40ポイントまで低下した。テクニカル面で過熱感がなくなり、好材料に反応しやすい水準となった。

 先週から発表がスタートした企業の1-3月期決算は昨日までにS&P500採用の約40社が発表を終えた。ここまでは好悪まちまちの結果となり、やや期待外れとなった。ただ、5月第1週までの2週間強で約350社の発表が控えており、引き続き決算発表に注目したい。今晩はS&P500の21銘柄が発表予定で、取引時間前に発表されるDRホートン、トラベラーズ、ベライゾン、引け後のイー・トレード、ビザなどが注目される。経済指標・イベントは、米新規失業保険申請件数や米3月景気先行指数のほかパウエルFRB理事の講演など。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY見通し-もみ合いか 企業決算やベージュブックに注目

今晩はもみ合いか。先週から1-3月期決算発表がスタートしたが、昨年10-12月期に相場の起爆剤となった大手金融機関の決算が今四半期はまちまちとなったことで、序盤戦は期待外れの展開となった。今晩は、決算が嫌気され昨日の時間外取引で5%超下落したIBMの動向が懸念されるほか、取引時間前に発表されるモルガン・スタンレーやブラックロック、引け後発表のCSX、クアルコム、アメリカン・エキスプレスなどの決算が注目される。

 トランプ・ラリーの原動力の一つだった金利先高観が後退していることも相場の重しとなっている。年内のバランスシート縮小開始の可能性が今後の金融政策への不透明感を強めたほか、足もとで弱い経済指標が続いたことで米10年債利回りが5カ月ぶりの水準まで低下した。今晩の米地区連銀経済報告(ベージュブック)などを受けた金利見通しの変化にも注目したい。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY見通し-神経質な展開か 本格化する企業決算に期待

今週は引き続き神経質な展開か 一方、本格化する企業決算に期待

 今週のNY市場は引き続き神経質な展開か。米軍が前週のシリアに続きアフガニスタンのIS地下施設を空爆したことで地政学的リスクがいっそう高まった。朝鮮半島情勢も引き続きリスク要因として意識され、リスク回避の流れが継続する公算が大きい。一方、今週は企業の1-3月期決算発表が本格化する。バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、IBM、トラベラーズ、ベライゾン、ビザ、ゼネラル・エレクトリックなどの決算が期待される。経済指標・イベントでは、米4月NY連銀製造業景況指数、米3月鉱工業生産、米地区連銀経済報告、米3月景気先行指数など注目度の高い指標の発表が多いほか、フィッシャーFRB副議長、パウエルFRB理事やジョージ、ローゼングレン、カシュカリの各地区連銀総裁の講演も予定されており、バランスシートの縮小や利上げのペースをめぐる発言に注目したい。

 今晩の主な経済指標・イベントは4月ニューヨーク連銀製造業景気指数のほか、上述のフィッシャーFRB副議長の講演など。主要企業の決算発表は取引時間前にM&Tバンク、JBハント・トランスポート・サービシズ、取引時間終了後にユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス、ネットフリックスなど。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米国株式市場ほぼ横ばい、企業決算など控え様子見ムード

[ニューヨーク 4日 ロイター] – 4日の米国株式市場は主要株価指数がほぼ横ばいで取引を終了した。企業の第1・四半期決算発表シーズンを前に積極的な取引は手控えられたほか、トランプ米大統領の税制改革などの公約を実行する能力を巡って懸念が広がった。

FX為替ニュース

, , , , , ,

焦点:企業決算への反応鈍い日本株、本業懸念やトランプリスクが重荷 

[東京 8日 ロイター] – 日本の企業業績は着実に拡大基調にあるとはいえ、市場の高い期待には届かず、日本株の反応は鈍い。個別企業の決算を注意深くみると、「稼ぎ頭」の電子部品や自動車メーカーには本業の懸念が浮上したところもある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,