タグアーカイブ: 企業業績

概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は7日続伸、企業業績の改善が好感され関連銘柄に買いが広がった[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 71329.85 +0.44%29日のブラジル株式市場は3日ぶりに反発。主要指標のボベス (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

アングル:欧州株式市場はユーロ高警戒、企業業績を圧迫へ

[ロンドン 21日 ロイター] – 欧州企業の業績見通しには明るさも出ているが、2年ぶり高値をつけたユーロが今後収益を圧迫する可能性がある。証券各社や投資家は、年初から資金流入が続いている欧州株式市場への影響を警戒している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

23日の米国市場ダイジェスト:ダウは34ドル高、利上げによる企業業績への懸念が上値抑える[FISCO]

■NY株式:ダウは34ドル高、利上げによる企業業績への懸念が上値抑えるNYダウ       ナスダック終値 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

展望2017:株の上値は円安次第、企業業績の上振れ期待が原動力

[東京 16日 ロイター] – 2017年の日本株は、円安次第で上値が決まりそうだ。バリュエーション面で割高感は強まっているが、円安効果による企業業績の上振れ期待が勝っている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略=企業業績に安心感

株式明日の戦略=企業業績に安心感、米企業決算次第ではリスク・オン加速も

 25日の日経平均は続伸。欧米株高や円高一服を好感し、序盤から買いが先行した。好決算銘柄が相場の下支えになった上、業績が下振れた富士重やマツダなどはすでに下方修正懸念は織り込み済みで買い直され、上昇したことから買い安心感が広がった。任天堂が下げの反動から反発したほか、しまむらや村田製が上伸した。半面、IHIやJSRが大きく値を下げた。業種別では、その他製造、輸送用機器が高く、鉱業、鉄鋼がさえない。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1243/値下がり585と買いが優勢。決算を手がかりに日本電産が大幅上昇、業績修正を好感して加賀電子、エステー、日神不などが大きく買われた。再建期待から三菱自が急伸し、証券会社の投資判断引き上げを受けシマノが強い動きとなった。リースや銀行など、金融株全般にも買いが入った。一方、決算が失望材料となったエムスリーが大幅安。タカラレーベンや田淵電機、JSRなども業績関連のリリースで大きく下げた。きょう新規上場のJR九州は、初値が公開価格を2割近く上回る良好なスタートとなったものの、上値は限られた。市場の注目は大きく集め、売買代金は全市場で断トツの1位となった。

 上期決算を発表した日本電産は継続的な買いが入り強い陽線を形成した。売買代金もJR九州、任天堂に次ぐ水準で、商いをこなしての大幅高は非常にポジティブな動き。また、きょうは日経新聞で今期の営業利益が会社想定を下回ると報じられたマツダと富士重がそろって上昇しており、この動きも企業決算に対する不安を払しょくするのに一役買った。今晩米国では、アップルやキャタピラーなどの決算発表が予定されており、あすの電子部品株や機械株にも大きな影響を及ぼすと予想する。両方良ければ日経平均は力強い上昇が期待でき、節目の17500円どころも視野に入る。両方悪ければいったんクールダウンとはなるだろうが、直近で好材料のあった銘柄などには買いが継続すると見込まれることから、大崩れはないと考える。今週は27日にドイツ銀行の決算という大きな関門が待っているが、あすを波乱なく通過できれば、先に一定の警戒は置きながらも前のめりでリスク・オンムードが強まると予想する。

(谷口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

企業業績の潮目変わる、エクソンなどに注目=今週の米株式市場

[ニューヨーク 21日 ロイター] – 米S&P総合500種採用企業の利益が、5四半期ぶりに増加する見通しとなっている。S&P500種は8月半ばに最高値を付けて以来、下降線をたどり、最近6週間は50日平均を下回る水準で引けたことがほとんどだった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日経平均がレンジ上抜け、企業業績の下期回復期待も

[東京 21日 ロイター] – 日本株市場では、今年度下期(16年10月―17年3月)以降の業績回復に対する期待が徐々に膨らみつつある。円高の影響で通期業績予想は下方修正含みだが、株価は先を織り込む習性がある。すでに日経平均はレンジ相場を上抜き、約半年ぶりの高値を付けた。9月中間決算で悪材料出尽くしとなれば、上昇相場に弾みが付く可能性もある。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

金利据え置き見通しや企業業績に関心移る=今週の米株市場

[26日 ロイター] – 英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け、24日には急落した米株式市場だが、27日から始まる1週間では投資家の関心が米国経済や米企業の見通しに移り、やや落ち着きを取り戻すとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

前場の日経平均は続落、経済指標下振れ・企業業績の懸念重しに

[東京 29日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比88円36銭安の1万6953円09銭となり、続落した。前日の米国株高を支えに序盤は買いが先行したものの、低調な国内経済指標や企業決算が重しとなり、取引時間中としては3営業日ぶりに1万6900円を割れる場面があった。日銀の金融政策決定会合の結果発表を控え方向感は乏しく、安値圏でもみ合いを続けた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

日本株「郵政祭り」が一服、下期以降の企業業績は不透明

[東京 6日 ロイター] – 郵政グループ3社の上場フィーバーは一段落し、日本株市場には慎重ムードも漂っている。12月の米利上げを織り込む動きから、ドル/円<JPY=EBS>は円安方向にジリジリと動いているが、輸出株の上値は重い。「影のFF(フェデラルファンド)金利」の上昇が米経済を圧迫。中国経済にも不安が残る。これまでのところ、日本企業の2015年度中間期決算は好調だが、下期から来年度に向けた見通しには不透明感が増している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場の日経平均は続伸、企業業績への過度な懸念が後退

[東京 21日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比148円00銭高の1万8355円15銭と続伸した。前日の米国株が方向感なく小幅安となり寄り付きは安く始まったものの、20日に決算を発表した安川電機や東京製鉄に買いが先行し企業業績に対する過度な懸念が後退した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

世界同時株安再び、揺らぐ企業業績 「最後の砦」に不安

[東京 29日 ロイター] – 世界的な株安が再び進行している。中国経済減速の影響が投資家の自信を支えてきたミクロの企業業績に明確に表れてきたことで、先行き不透明感が台頭。海外短期筋だけでなく、長期投資家もリスク資産のポジションを削減し始めたという。日経平均は連日の大幅安となり、8カ月ぶりの安値に沈んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

企業業績と整合する日本株上昇、一段高には「バブル入口」の声も

[東京 24日 ロイター] – 日経平均が18年ぶりの高値を付けた。2000年のITバブル時と異なるのは企業業績の裏付けがあることだ。国内勢は依然として慎重だが、海外勢の上値を追う買いが継続している。ただ、第1・四半期も終えてない段階で、15%程度の増益を織り込む動きでもある。これ以上、期待先行の株高が続けば「バブルの入り口」も見えてくる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日経平均は続伸、良好な企業業績や投信設定で買い優勢

[東京 18日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は続伸。前週末の米国株がまちまちとなるなかで、欧米金利の上昇一服が支援材料となったほか、国内企業の良好な業績や株主還元に対する積極的な姿勢を評価する動きが広がった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,