タグアーカイブ: 乏しい展開

【見通し】28日香港株=方向感に乏しい展開か、年末を前に商い低調

28日の香港市場は、年末を控えた低調な商いの下で神経質な値動きか。強弱材料が入り交じり、相場の方向感は乏しいと予想する。ハンセン指数はクリスマス連休明けの前日、小幅に3営業日続伸。終値は11月29日以来ほぼ1カ月ぶりの高値を付けただけに、持ち高を整理する売りが出そうだ。上海総合指数は3300ポイントを超える水準で上値の重さが目立ち、香港上場の本土系銘柄が大きく買われて相場全体を押し上げる展開は期待できないとみる。27日のNY市場で、リビアの油田パイプライン爆発による供給不安が和らいで原油先物相場が反落したことも、関連銘柄の売り材料となろう。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】27日香港株=年末控えて方向感に乏しい展開か

連休明け27日の香港市場は方向感に乏しい展開か。年末を控えて市場参加者が限られ、薄商いが続きそうだ。前日の米NY市場ではダウ平均が続落。クリスマス商戦が好調とされる消費関連株が上昇した一方、iPhoneXの販売見通しの引き下げが伝わった米アップルに売りが膨らみ指数を押し下げた。ハイテク株の比率が高いナスダック指数も続落した。香港市場ではハンセン指数が連休前の22日に29500ポイント台を回復し3週間ぶりの高値を付けた。再び節目の30000ポイントが視野に入ってきたが、手じまい売りも出やすく相場の重しになりそう。

 一方、本土市場は好調だ。前日の上海総合指数は金融株を中心に買われて3営業日ぶりに反発。指数は心理的節目の3300ポイントに乗せて約2週間ぶりの高値を付けており、この勢いが続けば、香港市場でも相場の下支え要因となるだろう。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=英独市場休場で動意に乏しい展開か

ロンドン市場のユーロドルは、英独市場が休場のため動意に乏しい展開を予想する。
 しかしながら、欧州金融機関の年末に向けたレパトリ(外貨建て資産売却・ユーロ圏へ資金還流)、独10年債利回りの上昇などで底堅い展開が予想される。
 売り材料は、スペインのカタルーニャ州議会選挙での分離独立派の勝利を受けたスペイン政局混迷懸念、ドイツの大連立協議が難航するとの警戒感などが挙げられる。ドイルの連立協議交渉が決裂して再選挙となった場合、メルケル独首相は出馬しない、と報じられており、ユーロの上値を抑える要因となる。また、来年3月に予定されているイタリアの総選挙で、ポピュリスト政党の「五つ星運動」が躍進した場合は、ユーロ離脱に関する国民投票の可能性が高まることもユーロ売り材料となる。
 ユーロドルの売りオーダーは1.1890-00ドル、買いオーダーは1.1800ドルに控えている。NYカットのオプションは、1.1800ドルと1.1900ドルに控えている。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは、12月1日高値の1.1940ドルが上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは、日足一目均衡表・転換線の1.1828ドルが下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】動意に乏しい展開(東京午前)

本日も主要海外市場が、クリスマスホリデーで休場のため市場参加者が少なく動意に乏しい展開。ドル円は日経平均がマイナス圏で推移するも影響は限られ、113円30銭前後で売買が交錯。クロス円もユーロ円が134円50銭前後で、ポンド円が151円50銭前後で揉み合いとなっているほか、豪ドル円も87円50銭前後で小幅な値動き。一方、ランド円は特段材料が見当たらないものの、2015年10月以来の高値となる一時9円06銭付近まで上昇する場面が見られた。10時52分現在、ドル円113.331-341、ユーロ円134.482-502、ユーロドル1.18662-670で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京為替見通し=ドル円、クリスマスとOP(113.00-50円)で動意に乏しい展開か

 NY外国為替市場では、ドル円は113.25円まで若干レンジの下限を広げて上値重く推移するも、狭いレンジ取引に終始したトランプ米大統領は、暫定予算と10年で1兆5000億ドルの大型減税を実施する税制改革法案に署名した。ユーロドルは、スペイン・カタルーニャ州議会選を経て、同州を巡る混乱が長期化する懸念で上値は重いものの、1.18ドル前半では下げ渋った。
 本日の東京市場のドル円は、海外市場がクリスマスで休場のため動意に乏しい展開が予想される。
 28日のNYカットのオプションが113.00円と113.50円に控えており、閑散取引の中での値動きを抑制することが予想される。
 ドル買い材料は、本邦金融機関の年末に向けたドル資金需要、トランプ米政権の税制改革案の成立、つなぎ予算の延長で連邦政府機関の閉鎖が回避されたことなどが挙げられる。
 ドル売り材料は、中東や朝鮮半島情勢の地政学リスクへの警戒感、ロシアゲート疑惑の深刻化懸念などが挙げられる。
 朝鮮半島情勢では、国連安全保障理事会が北朝鮮への追加経済制裁決議を全会一致で採択したことに対して、北朝鮮外務省が「朝鮮半島や地域の平和と安定を破壊する戦争行為であり、全面的に排撃する」としたことで予断を許さない状況が続いている。
 ロシアゲート疑惑では、下院情報特別委員会が、トランプ米政権のバノン前首席戦略官とトランプ陣営で選対本部長を務めたルワンドウスキ氏に対して議会証言を求めていることで、予断を許さない状況が続いている。
 ドル売りオーダーは、現時点では113.70円(超えるとストップロス)、113.80円(超えるとストップロス)、113.90円、114.00-10円、ドル買いオーダーは、112.50-90円(割り込むとストップロス)、112.10-30円に観測されている。
 ユーロドルは、欧州金融機関の年末に向けたレパトリ(外貨建て資産売却・ユーロへ資金還流)で底堅い展開が予想されるものの、スペインのカタルーニャ自治州議会選挙での分離独立派の勝利、メルケル独首相の大連立協議の難航、イタリア議会解散総選挙への警戒感などから上値は限定的か。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 あすは方向感に乏しい展開か

米国株高に追随できず小幅反落、あすは方向感に乏しい展開か

 19日の日経平均は反落。米国株の連日の高値更新を好感して買いが先行したものの、節目の23000円が壁となり失速。その後は前日終値近辺でのもみ合いが続いた。後場は様子見姿勢が強まり、値幅は60円弱と小動き。前場の動きの鈍さからマイナス圏での時間帯が長く、安値圏で引けた。一方、マザーズ指数や日経ジャスダック平均はプラスで終えた。東証1部の売買代金は概算で2兆3900億円。業種別ではゴム製品や証券・商品先物、輸送用機器などが上昇した一方、建設、海運、陸運などが下落した。子会社のスマホアプリの欧州展開が好感されたガーラが後場急伸してストップ高。反面、ジーニーやイオレ、LTSなど直近上場株に大きく値を崩すものが見られた。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり698/値下がり1265と売りが優勢。医療用HALが米国FDAから医療機器の承認を取得したと発表したサイバーダインが大幅上昇。コスモスイニシアは業務提携のリリースが好感されて年初来高値を更新した。ほか、ラウンドワンやイオンモールが証券会社のリポートを手がかりに大幅高となった。一方、大手ゼネコン4社がそろって売られており、中でも大成建設と鹿島が大幅安。証券会社が投資判断を引き下げた日本触媒が大きく売られた。上野のパンダ関連銘柄として賑わう場面の多かった精養軒と東天紅は、「シャンシャン」一般公開で目先の材料出尽くし感が強まりそろって急落した。

 日経平均は23000円を超えられず、下落で終えた。今月は1日、11日、12日、18日、そしてきょうと5度、22900円台に乗せているが節目に届いておらず、あまり良い動きではない。ただ、間を置かずに節目に迫っているのは、大きく崩れていないことの裏返しでもある。米国株は足元で一段と騰勢を強めており、この点は非常にポジティブ。米国の強い基調が維持されている限りは、日本株の大崩れもないと考える。あすから21日まで日銀金融政策決定会合が開催される。サプライズは特にないとみるが、手がかり難の中、イベント前では様子見姿勢が一段と強まる可能性が高い。あすは22500円-23000円レベルで方向感に乏しい展開を予想する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=FOMC前で動意に乏しい展開か

東京市場はもみ合いか。欧州株は上昇で米国株はまちまち。米国では経済指標が良好で金融株に引き続き強い買いが入った。一方、ハイテク株は軟調。ダウ平均とS&P500は3日連続で最高値を更新したものの、ナスダック総合は下落した。ドル円は足元で113円50銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて10円高の22850円、ドル建てが60円高の22900円で取引を終えた。

 外部環境はきのうとあまり変化がなく、手がかり難の地合いが続く。きのうの日経平均は後場にやや崩れたが、FOMCを前にダウ平均やS&P500の強い動きが続いており、一段と売り込む材料にも乏しい。今回のFOMCは、利上げはほぼ織り込み済みでサプライズは少ないとの見方が強いものの、それでもイベント通過までは積極的には動きづらい。様子見姿勢が強まり、薄商いで小動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは22800円-22950円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】5日香港株=方向感に乏しい展開か、強弱材料が交錯

5日の香港市場は方向感に乏しい展開か。世界的な景気と企業利益の拡大や、中国本土市場との相互取引制度を通じた資金流入を好感する買いが入る半面、本土A株相場の軟調な値動きが投資家心理を冷やしそうだ。今月に入って中国人民銀行(中央銀行)が公開市場操作(オペ)を見送っていることもあり、年末に向けた資金需給の引き締まり懸念もくすぶる。香港ドルの香港銀行間取引金利(HIBOR)の高止まりが香港系不動産株などの売り材料となる可能性がある。ハンセン指数は28800ポイントが下値支持、10日移動平均(4日大引け時点で29577.66ポイント)が上値抵抗のメドとして意識されそうだ。

 4日のNY市場は高安まちまち。米上院本会議での税制改革法案可決を好感する買いが入ってダウ平均が過去最高値を更新した半面、ハイテク株主体のナスダック総合は大幅に続落した。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は、テンセント(00700)やHSBC(00005)、中国工商銀行(01398)、中国建設銀行(00939)など時価総額が大きい銘柄が総じて香港終値を下回って引けた。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株高は好感も方向感に乏しい展開か

東京市場はもみ合いか。欧州株は軟調。日本株の下落や英メイ政権の信認低下などが売り材料となった。米国株は上昇。アジア・欧州の下げを受けて軟調スタートも押し目買いが入り、主要3指数はそろって上昇した。ドル円は足元で113円60銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて85円高の22365円、ドル建てが95円高の22375円で取引を終えた。

 米国株が売りを吸収して上昇で終えており、足元で下げが続く日本株の下支え要因になると考える。ドル円が比較的落ち着いていることも好材料。ただ、寄り付き以降は強弱感が入り交じり、方向感に乏しい展開となりそうだ。11時には中国で小売売上高など経済指標が発表されるが、手がかり難の地合いの中、指標結果に大きく反応する展開も想定される。ただし、大きく下げれば押し目買い、大きく上げれば戻り売りとなりやすく、1日を通しては、前日終値近辺に収れんする動きを予想する。日経平均の予想レンジは22280円-22480円。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円はもみあい、材料難で方向感の乏しい展開

 8日午前の東京市場でドル・円はもみあい。重要イベント通過で材料が乏しく、方向感の出にくい展開となった。
 ドル・円は、日経平均株価が前日終値を下回って推移しており、ややリスク回避的なドル売り・円買いに振れた。ただ、113円半ば以下は押し目買いが見込まれ、ドルは下値の堅い値動きとなった。
 ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなっており、目先の日本株安継続を警戒した円買いが観測される。一方、米10年債利回りは朝方に上昇したものの足元は伸び悩んでおり、ドル買いは入りづらいようだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円64銭から114円03銭、ユーロ・円は131円90銭から132円14銭、ユーロ・ドルは1.1586ドルから1.1606ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円はもみあい、材料難で方向感の乏しい展開

8日午前の東京市場でドル・円はもみあい。重要イベント通過で材料が乏しく、方向感の出にくい展開となった。
ドル・円は、日経平均株価が前日終値を下回って推移しており、ややリスク回避的なドル売り・円買いに振れた。ただ、113円半ば以下は押し目買いが見込まれ、ドルは下値の堅い値動きとなった。
ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなっており、目先の日本株安継続を警戒した円買いが観測される。一方、米10年債利回りは朝方に上昇したものの足元は伸び悩んでおり、ドル買いは入りづらいようだ。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円64銭から114円03銭、ユーロ・円は131円90銭から132円14銭、ユーロ・ドルは1.1586ドルから1.1606ドルで推移した。

【要人発言】
・トランプ米大統領*
「米国の都市が脅威にさらされることは許さない」
・布野日銀審議委員
「強力な金融緩和を粘り強く推進していくことが重要」
「日銀が2%の物価上昇を目指すことは、長い目でみた為替相場の安定につながる」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】18日香港株=方向感の乏しい展開か

方向感の乏しい展開か、共産党大会開幕や経済指標発表を前に様子見ムード

 18日の香港市場は方向感に乏しい値動きか。中国ではきょうから24日まで中国共産党大会が開催される。重要な政治イベントを前に本土市場の商いが細っていることに加え、19日に予定されている中国の7-9月期GDPなど重要経済指標の発表を前に、積極的に持ち高を一方向に傾ける動きは限られるとみる。ハンセン指数は2007年12月以来、約10年ぶりの高値圏にあり、相場の過熱感も引き続き意識されよう。

 一方、米長期金利の上昇がやや落ち着きをみせて新興国からの資金流出懸念が和らぐことが予想されるほか、香港市場では相互取引を通じた本土から香港市場への資金流入が継続しており、相場の下支え要因になるとみられる。

 17日のNY株式相場ではダウ平均が一時史上初の23000米ドルに乗せるなど過去最高値を更新。S&P500指数も過去最高値を更新する一方、ハイテク株主体のナスダック総合は3日ぶりに反落した。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。欧州金融大手のHSBC(00005)、IT大手のテンセント(00700)、本土4大商業銀行の中国建設銀行(00939)などが香港終値を下回った。半面、アジア生保のAIAグループ(01299)や香港電力事業投資会社の電能実業(00006)などが上回って終えている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=強弱材料入り交じり方向感に乏しい展開か

東京市場はもみ合いか。先週末の欧米市場はまちまち。欧州は独選挙を前に様子見姿勢が強まり、米国株は北朝鮮リスクへの警戒が上値を抑えたものの、引けにかけては持ち直し、S&P500とナスダック総合は上昇して終えた。ドル円は足元で112円20銭近辺で推移しており、CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて20円高の20200円、ドル建てが55円高の20235円で取引を終えた。

 米国と北朝鮮との間の緊張が高まっており、この点は警戒材料にはなるものの、米国株や為替が比較的落ち着いている点は下支え材料となる。強弱材料が入り交じり、方向感に乏しい展開となりそうだ。国内では安倍首相が会見予定で、衆院解散に関して言及すると見込まれており、こちらも様子見姿勢を強める材料となりやすい。足元の株高を受け、9月の権利・配当取りを意識した駆け込み買いなどは期待できるが、指数は小動きを予想する。日経平均の予想レンジは20150円-20400円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=FOMCの結果待ちで動意に乏しい展開か

本日のロンドン為替市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果、イエレンFRB議長の会見を控えて動意に乏しい展開が予想される。ユーロドルは21日満期のNYカットのオプションが1.1950ドルに控えており、1.1950ドルを軸にした値動きが予想される。10月の欧州中央銀行(ECB)理事会でのテーパリング表明観測から底堅く推移しているものの、期間再延長の選択肢が温存される可能性もあることで、上値は限定的か。
 ユーロ円は、ECB理事会でのテーパリング表明観測と衆議院解散・総選挙のリスク選好の円売りを受けた買い要因と朝鮮半島の地政学リスク回避の円買いのせめぎ合いが予想される。
 ポンドは、カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁が利上げは限定的と述べたことや、メイ英政権の政局混迷懸念から伸び悩む展開が予想される。

想定レンジ上限
・ユーロドルは8日高値の1.2092ドル、ユーロ円は2015年12月4日高値の134.60円、ポンド円は19日高値の151.59円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは一目均衡表・基準線の1.1877ドル、ユーロ円は5日線の132.97円、ポンド円は5日線の150.06円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】11日香港株=方向感の乏しい展開か

方向感の乏しい展開か、北朝鮮情勢やハリケーンを懸念も資金流入期待が下支え

 週明け11日の香港市場は方向感の乏しい展開か。北朝鮮情勢や米国景気に対するハリケーンの影響など不透明な外部要因が意識されて模様眺めムードが強いとみる。北朝鮮は建国記念日(9日)にあわせた挑発を行わなかったが、同国外務省は11日、国連安全保障理事会が核実験の実施に対する新たな制裁決議案を採択すれば「米国が考えもしない強力な行動措置を連続的に講じる」とする声明を発表した。米国は11日にも決議案の採決を目指している。一方、大型ハリケーン「イルマ」が米南部フロリダ半島の沿岸部に10日(現地時間)到達した。8月下旬にもハリケーン「ハービー」が南部テキサス州などを直撃したばかりで、市場では経済への打撃を見極めたいとの気分が強いもよう。

 もっとも、香港を含む新興国市場へ資金が流入するとの思惑買いがハンセン指数を下支えしそうだ。主要通貨に対する米ドルの総合的な強さを示すドルインデックスは8日、2015年1月初旬以来2年8カ月ぶりの低水準を付けた。立て続けに襲来したハリケーンが米景気を下押しし、米連邦準備理事会(FRB)が追加利上げに動きにくくなるとの観測も浮上した。

 8日のNY市場はダウ平均が小幅に反発したものの、ハイテク株の比重が大きいナスダック総合は反落。12日に新製品を発表するアップルを筆頭にテクノロジー株が軟調だった。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。大型金融株のHSBC(00005)や中国建設銀行(00939)、中国人寿保険(02628)などが香港終値を上回った半面、中国IT大手のテンセント(00700)、香港コングロマリットの長江和記実業(00001)、中国政府系不動産デベロッパーの華潤置地(01109)は下回って引けた。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=NY市場休場で動意に乏しい展開か

本日のロンドン市場のユーロドルは、ニューヨーク市場がレーバーデーで休場、そして、7日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控えていることで動意に乏しい展開を予想する。
 ユーロ圏高官やECB高官からユーロ高への懸念が相次いで表明されていること、ECB関係者の話として、12月の理事会までテーパリング表明の準備が整っていないことなどから、ユーロドルの上値は限定的か。

 オーダー状況は、上サイドは1.19ドル台が薄く、1.2000ドルに売りオーダーと5日のNYカットのオプションが観測されている。下サイドでは、1.1930ドルに11日のNYカット、1.1850ドルには8日のNYカットのオプション、1.1800ドルには買いオーダーが控えている。

 ユーロ円は、ユーロの上値が限定的であり、朝鮮半島情勢を巡る地政学的リスク回避の円買い圧力が強まりつつあることで、軟調推移が予想される。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは9月1日の高値1.1980ドル、ユーロ円は8月30日の高値131.71円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは8月31日の安値1.1823ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線129.64円や本日オセアニア市場の安値129.48円付近が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDN午前=米8月雇用統計控えて動意に乏しい展開

 ロンドンタイムのドル円は、米国8月の雇用統計を控えて動意に乏しい展開のなか、米10年債利回りが2.13%台までやや上昇したことで110.22円まで強含みに推移した。
 ユーロドルは、1.1879ドルまで弱含んだ後、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が「欧州中央銀行(ECB)はユーロ高に過剰に反応すべきでない」と発言したことで1.1930ドルまで反発した。ユーロ円も130.86円から131.28円まで強含んだ。
 ポンドドルは、英8月製造業PMIが予想を上回る56.9だったことで1.2940ドルまで強含み、ポンド円も142.56円付近まで強含みに推移した。
 豪ドル/ドルは0.7922ドル、豪ドル円は87.21円まで弱含み、NZドル/ドルは0.7150ドル、NZドル円は78.74円まで弱含みに推移した。トルコリラ円は31.88円から32.02円まで上昇した。
 時間外取引のNY原油先物が46ドル台で軟調に推移したことで、ドル/加ドルは1.2492加ドル、加ドル円は88.11円付近まで加ドル安に推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=週後半の物価指数待ちで動意に乏しい展開か

本日のNY為替市場では、重要な経済指標や要人発言の予定がないことで、動意に乏しい展開が予想される。米経済指標では、6月のJOLT(求人労働移動調査)求人件数、7月のNFIB中小企業楽観指数が発表される。JOLT求人件数は、イエレンFRB議長が注視する9つの雇用関連指標、イエレン・ダッシュボードを構成していたが、イエレンFRB議長が紹介した19の雇用関連指標から成る労働市場情勢指数(LMCI)の発表が停止されたことで、注目度は低下している。
 本日は、NY株式市場やNY原油先物市場の動向を注視しつつ、トランプ米大統領のロシアゲート疑惑に関するヘッドラインに警戒しつつ、10日発表の米7月の生産者物価指数、11日発表の米7月の消費者物価指数を待つ展開となる。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは8月4日の高値の111.05円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは8月4日の安値109.85円。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,