タグアーカイブ: 不透明要因

ECB、ユーロ高が「不透明要因」と指摘 決定10月に持ち越し

[フランクフルト 7日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は7日、ユーロ高はすでにインフレ率に影響を及ぼしているとし、ECBは緩和策縮小をどのように進めるか検討するにあたりユーロ相場が主要な要因になるとの考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日経平均のチャート節目-不透明要因が多く見送り姿勢強い

日経平均は上下にごく短いヒゲを伴った「小陽線」を形成。円高一服を好感する動きも、ジャクソンホール会合や北朝鮮の祝日(先軍節)で地政学リスクの高まり、トランプ米大統領の発言を巡る政治混迷などで積極的な売買は見送られ、方向感の定まらない展開となっている。前日終値から上放れて推移していることから、5日線(19393.17円)がサポートとして意識されている半面、ボリンジャー・バンド-1σ(19533.86円)から-2σ(19276.85円)のレンジでバンドウォークが継続している。底堅い展開のなか、大引けにかけ、心理的節目(19500円)まで上昇できるかが注目される。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】市場の目=アジア株 堅調だが、米・中など不透明要因に注意

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

アジア株高の動きの背景と展望
景気回復を受けて堅調だが、米国・中国など不透明要因に引き続き注意

 国際金融市場では、昨年末以降の米FRBによる利上げ実施にも拘らず活況を呈する状況が続く。世界株価指数は過去最高を記録し、アジア新興国でもインドや韓国が最高値を更新している。昨年来の世界経済の回復に加え、米FRBの「市場との対話」が市場の混乱回避に繋がっている。さらに、足下では米トランプ政権を巡る不透明感から米ドル安が進み、新興国からの資金流出懸念が後退するなかで資金流入の動きが活発化している。景気回復による業績改善期待に加え、資金流入もアジアの株高を後押ししている。

 インドではモディ政権による改革期待に加え、韓国では景気回復や政権交代による期待が株価を後押ししている。インドネシアでは格上げの動きが株価を後押ししたが、治安を巡る不透明感や宗教による対立・分断が高まりつつある。フィリピンも構造改革期待がある一方、南部ミンダナオ島での治安情勢悪化を受けて事態が変化する可能性もある。ただし、足下で最高値を更新ないし最高値圏で推移するアジア新興国は総じて構造改革意欲が評価されているとみられ、今後は期待から「成果」に注目がシフトするであろう。

 タイやマレーシアも改革への取り組みの差を理由に出遅れ感はあるが、株価は上昇基調にある。他方、中国は先月の格下げの動きも相俟って「一人負け」の様相をみせる。足下では回復が続いた製造業の景況感に打ち感が出ており、これは他のアジア新興国の実体経済に悪影響を与える可能性がある。米国の政策対応が資金動向に影響を与えることは避けられない。当面のアジア株は金融市場の落ち着きも背景に堅調を維持しようが、上昇ペースの速さを勘案すれば環境変化に伴い水準調整圧力が掛かる懸念はあろう。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】市場の目=シュルツ効果と世論調査 ドイツ選挙の不透明要因

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト・田中理氏

シュルツ効果と世論調査 ドイツ選挙の不透明要因

 社会民主党(SPD)がシュルツ氏を首相候補に擁立後、世論調査で15%ポイントほど開いていたキリスト教民主/社会同盟(CDU/CSU)とSPDの差が一気に縮まり、一部で逆転している。このままの勢いで秋の議会選挙に突入すれば、左派連立政権の誕生も視野に入る。政策面の相違で左派連立が難しい場合も、SPDが第1党になればメルケル首相の退陣が予想される。左派連立阻止でCDU/CSUが右派連立を目指す場合、反体制派のドイツのための選択肢(AfD)の協力が必要となる。シュルツ効果の持続力がどこまであるかは不透明だが、欧州の選挙イヤーにドイツという不確定要素が加わりそうだ。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】中国国家統計局長「経済には依然多くの不透明要因」

中国国家統計局長
「経済には依然多くの不透明要因」
「持続的な成長に向けた基礎は盤石ではない」
「供給額の改革を推進、需要を拡大し通年で成長率の目標達成を目指す」
「1-9月GDP伸び率に占める消費の寄与率は71%」

(大館)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

年内の米利上げ可能、ギリシャ問題は不透明要因=ボストン連銀総裁

[ 10日 ロイター] – 米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は10日、インフレが安定化し、ギリシャをはじめとする世界情勢が妨げとならなければ、連邦準備理事会(FRB)は年内に利上げする可能性があるとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は反落、海外の不透明要因が重し

[東京 8日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比94円10銭安の2万0282円49銭と反落した。米国株は反発したが、ギリシャ情勢や中国株の値動き、原油価格の動向など海外の不透明要因が重しとなり、戻り待ちの売りなどに押されている。為替がやや円高含みにあることを受け、トヨタやソニーなど主力輸出株がさえないほか、商社、鉄鋼、小売などが軟調に推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

焦点:夏商戦「堅調」スタート、円安や天候が不透明要因

[東京 26日 ロイター] – 今年の消費を占う上で注目されていた夏商戦は堅調なスタートを切ったもようだ。春のベースアップ、夏のボーナス増といった所得の増加が好影響を及ぼしているほか、5月の好天が消費を支えた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

[FISCO]東証業種別ランキング:陸運が上昇率トップ、外部環境の不透明要因から内需系に物色

本日5日は、陸運が上昇率トップ。JR3社のほか、東武、東急、京成、富士急など全般堅調。外部環境の不透明 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,