タグアーカイブ: 下落基調

ドル・円は下落基調を継続か、米年内追加利上げ観測は後退

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は下落基調の継続を予想する。前週末に発表された米国の7月消費者物価指数(CPI)が低調となり、連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測の後退からドル売りに振れやすい見通し。ただ、北朝鮮問題で警戒を強める新たな材料が提供されない場合は、円買い一服となりそうだ。
 11日発表の米国の7月CPIは前年比+1.7%と、6月の+1.6%は上回ったものの、予想の+1.8%には届かなかった。また、コア指数は同+1.7%と5月から3カ月連続で同水準となった。いずれも春以降の伸びの鈍化は鮮明で、FRBが目指す年3回の利上げ観測は後退。これを受け、ドル・円はNY市場で一時108円74銭まで値を切り下げた。週明けアジア市場では、薄商いのなか値ごろ感による国内勢の買い戻しでドルは109円半ばまで戻したが、今晩の海外市場ではドル買いの手がかりが乏しく、引き続き下落基調に振れやすい展開とみる。重要イベントは予定されておらず、米株価や長期金利の動向をにらみながらの取引となりそうだ。
 一方、北朝鮮が米領グアム周辺にミサイル攻撃を仕掛けるとしている問題で米朝の非難の応酬が続くなか、トランプ米大統領は前週末、中国の習近平国家主席と電話で会談した。中国メディアによると、習主席は「関係国は抑制を維持し、朝鮮半島情勢の緊張を強めるような言動を避けなければならない」と指摘。米朝双方に自制を求めるとともに、外交による解決の必要性を強調した。21日にも予定される米韓の合同軍事演習を控え、北東アジア地域での緊張は継続しているが、足元では過度の警戒はいったん収束したようだ。逃避マネーが円やスイスフランなど安全通貨に流入する動きは、やや弱まるとみられる。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・6月鉱工業生産(前月比予想:-0.5%、5月:+1.3%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NZドル円は79.20円近辺、下落基調強まる

 NZドル円は昨日の安値を下抜けし、79.17円まで下押ししている。昨日はNZ準備銀行(RBNZ)高官のNZドル安誘導発言から軟調に推移し、北朝鮮リスクも重しとなった。テクニカルポイントでも日足一目均衡表・雲の下限78.59円を下抜けし、下落基調が強まっている。目先の動きとしては、6月12日安値の78.95円近辺が下支えられるかに注目か。
 NZドル/ドルも0.7256ドルまでと、昨日の安値付近まで弱含んでいる。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は下落基調か、欧州政治リスク回避で豪ドルに注目も

[今日の海外市場]

 今日の欧米外為市場では、ドル・円は下落基調の展開を予想したい。欧州政治リスクなどを背景にリスク回避的な円買いが続く見通し。ドルやユーロが買いにくくなっているため、利下げ観測の遠のいた豪ドルが買われる可能性もありそうだ。
 今年の注目材料の1つである4-5月のフランス大統領選で、有力候補とみられていた共和党のフィヨン元首相が妻への不正給与疑惑を認めたことで、決戦投票への進出が危ぶまれている。最新の世論調査では、中道系の独立候補、マクロン前経済産業デジタル相が決選投票を制するとの見方が多い。ただ、対立候補とみられる極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首は、欧州連合(EU)離脱を掲げ支持を集めており、別の調査では支持率トップに躍進。ユーロ圏の政治リスクが急浮上するなか、本日のアジア市場では、ドル・円が12月以降の下値支持線だった112円台を、ユーロ・円も節目の120円をそれぞれ割り込んでいる。
 ある短期筋は「クロス円主導で円買いが強まっている」と指摘。アジア市場では国内の輸入企業による買いがドルを支えているが、「欧米市場では買い手が乏しくなり、下値を攻める動きが予想される」との見方を示す。一方、豪準備銀行(中銀)は本日の理事会で政策金利を、市場の予想通り1.50%に据え置きとすることを発表。声明では、「向こう数年は3%程度の経済成長を予想」と経済に前向きな見方や、基調インフレは徐々に上向くとの指摘がみられた。ドルやユーロに警戒が広がるなか、利下げ観測が遠のいた豪ドルに買いが入る展開も考えられる。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・1月ハリファックス住宅価格(前月比予想:0.0%、12月:+1.7%)
・22:30 米・12月貿易収支(予想:-450億ドル、11月:-452億ドル)
・22:30 カナダ・12月貿易収支(予想:+2.0億加ドル、11月:+5.3億加ドル)
・24:00 米・12月JOLT求人件数(予想:558.0万件、11月:552.2万件)
・03:00 米財務省3年債入札(240億ドル)
・05:00 米・12月消費者信用残高(予想:+200.00億ドル、11月:+245.32億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル円テクニカル=12月15日からの下落基調は収まったが、まだボリバン半ば

「豪ドル円テクニカル=12月15日からの下落基調は収まったが、まだボリバン半ば」

acc0110.JPG

日足。12月15日の長い上ヒゲから下落基調となっていたが、ボリバン下限近くで12月15日―16日の下降ラインを上抜いた。12月29日―1月6日の上昇ラインがサポート。ボリバン上限が上値抵抗。5日線上向き。昨日は上ヒゲが長い。

週足。11月7日週からボリバン上限を大きく上抜き6週連続陽線となったが、12月12日週に長い上ヒゲを残し、上昇基調に変化が出た。12月12日週の高値や週のボリバン上限が上値抵抗。12月26日週-1月2日週の上昇ラインがサポート。6月20日週-9月12日週の上昇ラインもサポート。

月足は16年6月は大きくボリバン下限を下抜いた。長い下ヒゲを残したこともあり7月は陽線。8月、9月もこじっかり。サポートは16年6月‐9月、08年10月-16年6月の上昇ライン。15年6月―12月の下降ラインを上抜く。15年5月―6月の下降ラインが上値抵抗。

年足は2009年-12年の上昇ラインを下抜いている。8年-9年の上昇ラインがサポート。14年-15年の下降ラインが上値抵抗。16は陰線だが下ヒゲが大きく伸びた。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ポンド円=一目均衡表・基準線に向けた下落基調

陰線引け。日足一目均衡表・転換線も下回り、21日移動平均線も下回っていることから下落トレンド入りの可能性が高まりつつある。本日は日足一目均衡表・基準線に向けた下落トレンドを念頭に売りスタンスで臨むべきか。

レジスタンス1  145.98(日足一目均衡表・転換線)
前日終値     143.85
サポート1     142.87(日足一目均衡表・基準線)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーンスタート!
本キャンペーン適用で、米ドル/円実質スプレッドは、0.2銭!
→http://www.gaitame.com/campaign/change1612/

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ユーロドル=下落基調の落ち着き確認しきれず

上影小陰線引け。年初来安値圏で下ひげを形成した後を受け、戻りを試した。ただ、反発は1.08ドル前半で低下基調が強いままの5日移動平均線手前にとどまっている。押し戻されて、売り圧力の存在を示唆する長い上ひげをつけた。安値圏でも下落基調の落ち着きを示す陽線を形成できない。下値を広げ、1.07ドル以下の水準で下げ止まりのポイントを探ることになりそうだ。

レジスタンス1  1.0786(5日移動平均線)
前日終値     1.0722
サポート1     1.0680(11/9上振れ幅の下方倍返し)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

人民元、下落基調にはならない=人民日報海外版

[上海 19日 ロイター] – 中国共産党の機関紙、人民日報は19日付の海外版で専門家の話として、人民元は下落基調に入ってはいないが、最近のドル高を受けて短期的には売り圧力が継続するとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY株見通し=下落基調続くか  世界的に弱気相場入り

今晩のNY株式市場は下落基調か。11日の米株は欧州株安や原油安を受けてリスク回避の動きから続落。12日の日本株もその流れを受けて前場は833円安と15000円を割り込んで終えた。投資家心理の冷え込みから世界的な株安が続いている。金融株を中心に下落が続く欧州株が下げ止まらなければ、米株式相場の下落基調は続くとみられる。今晩は1月の小売売上高の発表を控えており、市場予想の0.1%を上回るようであれば株価の下支え要因となるか。また、12日のNY原油先物が時間外で27ドル後半まで戻したが、今晩も堅調に推移するようであれば米株式相場にはプラスに働くであろう。
 今晩の経済指標は米1月小売売上高、ミシガン大学消費者信頼感指数などの発表が予定されている。また、今晩の決算発表はS&P500採用銘柄でベンタス、インターパブリック・グループなどが予定されている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→http://bit.ly/1VuXfBI

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

リスクオンの流れとなるも一転して下落基調に転じる!

2015/9/10 トレイダーズ証券「みんなのFX」
 昨日のドル円は、119.833円で取引を開始した後、東京市場において日経平均株価の大幅上昇からリスクオンの流れとなり120.50円まで強含みました。欧米市場では、東京市場のドル買いの流れを引き継ぎ堅調な推移を見せるなか、米10年債利回りが大幅に上昇したことやNYダウ平均が170ドル超高となったことを受け121.19円近辺まで上値を伸ばしました。ただ、買いが一巡した後はNYダウ平均が下げに転じたことや米長期金利が低下に転じたことが嫌気され120.43円近辺まで上げ幅を縮小しました。前日比では0.737円高い120.552円で取引を終えました。
≪2015年09月09日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り34% 買い66%
ユーロ・円  :「ベア」 売り62% 買い38%
英ポンド・円 :「ブル」 売り37% 買い63%
豪ドル・円  :「ブル」 売り12% 買い88%
NZドル・円  :「ブル」 売り14% 買い86%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り53% 買い47%
【今日の主な経済指標】
08:01 GBP 英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数 8月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前月比] 8月
08:50 JPY 機械受注[前月比] 7月
10:30 AUD 失業率 8月
14:30 FRF 非農業部門雇用者・改定値[前期比] 4-6月期
15:45 FRF 鉱工業生産指数[前月比] 7月
20:00 GBP イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表グラフのマーク
20:00 GBP 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 CAD 新築住宅価格指数[前月比] 7月
21:30 USD 輸入物価指数[前月比] 8月
21:30 USD 輸出物価指数[前月比] 8月
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
23:00 USD 卸売在庫[前月比] 7月
— 今日のトレードポイント —
東京市場ではリスクオンの流れになりましたが、NY市場ではNYダウが下げに転じると一転して下落基調となったので、本日も株式市場の動向に左右される展開が予想されます。昨日のNYダウが240ドル近く下落して取引を終了しているため、東京市場がどのように反応するか見極めたいです。東京市場の時間帯において中国8月消費者物価や生産者物価の発表がありますが、李克強首相が9日の演説において景気を下支えするため、インフラ向け支出を拡大し、税制改革を加速する方針を表明したことで、仮に指標結果が予想を下回ったとしても株価は大きな下落とはならないと思われます。欧米市場では株式市場や債券市場の動向に注意し、株式が下落すれば素直に円買いドル売りの流れに乗り取引に臨みたいです。
[今日の予想レンジ]
ドル・円 119.50-121.20  ユーロ・円 134.00-136.00  ポンド・円 183.00-186.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★

—————
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
—————
トレイダーズ証券「みんなのFX」

FX為替ニュース

, , , , , ,