タグアーカイブ: 下落リスク

中国35都市、不動産の「下落リスク高い」=政府系シンクタンク

[北京 1日 ロイター] – 中国の政府系シンクタンク、中国社会科学院傘下の財経戦略研究院は、国内35の主要都市で不動産価格が割高になっており、今後、価格が下落する深刻なリスクがあるとの報告書をまとめた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】クーレECB理事「新興国通貨にさらなる下落リスク」

クーレECB理事
「新興国通貨はさらなる下落リスクにさらされている」
「協調行動が必要とされる」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]つどえ!『G-1BATTLE 2nd STAGE』 開催中!
詳細はこちら→http://bit.ly/23xqdGZ

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】市場の目=ドル円の下落リスクを考える

IG証券 マーケットアナリスト 石川順一氏

ドル円の下落リスクを考える

 株式市場は目下、先行き不透明感が強まってきた世界経済のファンダメンタルズと米金融引き締めのショックを、日欧を主導とした人為的な金融緩和でかろうじて相殺するいびつな状況となっている。ただ、国際商品の総合的な値動きを示すCRB指数は10月の安値レベルを完全に下方ブレイクした。その一方で世界的な株価水準を測るMSCIインデックスは堅調を維持し、両指数のかい離は拡大している。商品市況では人為的な金融緩和がもたらす効果よりも、世界経済のファンダメンタルズに対するリスクへ素直に反応しているといえる。

 株価も最終的にはファンダメンタルズで決まる。こうした点を考慮するならば、商品市況が上昇して指数のかい離が収れんされるよりも、前述のリスクが意識されて株価が下落することで、かい離が縮小していく展開を意識すべきだろう。株式市場のパフォーマンスは、11月になって頭打ち感が漂いはじめている。今後1カ月、為替市場では「FOMCトレード」を背景にドル高基調が継続する可能性が高まってきたが、ことドル円に関しては、株式の動向次第で下落するリスクがあることを常に意識しておきたい。

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを11月30日(月)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,