タグアーカイブ: 下支え

ドル・円は底堅い展開か、円売り巻き戻しも米金利が下支え

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い展開を予想したい。円売りポジションの巻き戻しが続くとみられ、ユーロ・円などクロス円の下げに連動しやすい。ただ、米長期金利が高水準で推移しておりドルを下支えしそうだ。
 前日の海外市場では日銀が目先「異次元緩和」を縮小するとの観測が広がり、足元は円金利が上昇し円買いに振れやすい地合いとなった。本日のアジア市場でドル・円は一時112円10銭台まで弱含んでいる。米10年債利回りが昨年3月以来の高水準に上昇したにもかかわらずドル買いが強まらないことについて、ある市場筋は「年末以降の円売りの巻き戻しが原因」と指摘する。
 実際、ユーロ・円が前週から週明けにかけて2年超ぶり高値圏となる136円台に値を切り上げていたが、本日は一時133円台に下げるなどクロス円で円売りの後退が顕著になり、ドル・円の軟調地合いに波及しているようだ。
 こうしたなか、本日の欧米市場では米12月輸入物価指数が材料視されよう。前回から下振れが予想されており、12日の12月消費者物価指数(CPI)などインフレ指標への期待が低下すればドル売りに振れやすい見通し。また、引き続きユーロ・円などクロス円も手がかりとなる。
 ユーロ・ドルが年明けに1.2089ドルで上昇後に調整の売りが強まったものの、1.1910ドル付近で下値の堅さが確認され、足元は1.19ドル台半ばまで持ち直している。それに連動してユーロ・円が底堅い値動きとなれば、ドル・円の極端な下げは回避されるだろう。また、高水準の米金利もドルの下値をサポートする材料となりそうだ。
【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・11月鉱工業生産(前月比予想:+0.4%、10月:0.0%)
・18:30 英・11月貿易収支(予想:-109.50億ポンド、10月:-107.81億ポンド)
・21:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+0.7%)
・22:30 米・12月輸入物価指数(前月比予想:+0.4%、11月:+0.7%)
・23:00 エバンス米シカゴ連銀総裁が討論会出席(経済と金融政策の見通し)
・23:10 カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答
・24:00 米・11月卸売在庫改定値(前月比予想:+0.7%、速報値:+0.7%)
・03:00 米財務省10年債入札(200億ドル)
・03:30 ブラード米セントルイス連銀総裁講演(米経済見通し)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は反発、米国内生産後退の思惑が下支え

NYMEX原油2月限終値:61.73↑0.29
 8日のNY原油先物は反発。61.34ドルから61.77ドルで推移した。米ベーカー・ヒューズ社が前週末発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前週比5基減少したことで、シェールオイル生産後退の思惑が原油先物の下支えになった。一方、利益確定とみられるユーロ売りに、ユーロ・ドルが1.1950ドル台まで下落しており、ドル高による割高感が相場の重しとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替見通し=ドル円、株高が下支えも米雇用統計待ちか

 NY為替市場は、欧米株続伸を受けたリスク選好地合いで、円は全面安の展開となった。米12月ADP全国雇用者数が+25万人となり11月の+18.5万人(修正値)から増加したことや米株高を受けて、ドル円は112.86円まで上昇した。ユーロ円は2015年10月21日以来の高値136.37円、ポンド円は152.98円、豪ドル円は2017年10月23日以来の高値88.71円、NZドル円は2017年10月19日以来の高値80.75円、加ドル円は2017年10月23日以来の高値90.29円まで買われた。ユーロドルは、独10年債利回りが0.461%まで上昇したことで2017年9月8日以来の高値1.2089ドルまで上昇した。
 年始で薄商いが続いている中、本日は米雇用統計の発表も控えており、東京タイムの為替相場は引き続き動意に欠ける動きが見込まれる。日経平均は大発会で700円超高の大幅高となり、ダウ平均は史上初めて2万5000ドルの大台を突破するなど、年明けも世界株高が続いており、株高がドル円の下支えとなる。一方で、年明けの米経済指標が好調な結果となっても、米長期債利回りの上昇基調は強まっておらず、ドルの上値は重い。米インフレ見通しに慎重な見方が強く、今年3回の利上げという連邦準備理事会(FRB)の見通しに懐疑的な見解を持っている市場関係者も多い。米12月雇用統計では、やはり平均時給の結果が気がかり。市場予想では前月比で11月の+0.2%から+0.3%と、伸びがやや加速すると予想されている。芳しくない結果となれば、利上げペース加速への期待は一段と後退し、年末からのドル売りの流れに拍車をかける可能性もあるか。東京タイムでのドル円は、日経平均の動向を眺めながら、112円後半を中心に112円半ば-113円前半での動きが見込まれる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDN午前=高水準のPMIが欧州金利・株・通貨を下支え、ドル重い

 ロンドン午前は、ユーロほか対ドルで各通貨が上昇する格好で欧州勢が動き始めた。ユーロ圏全体ほか域内各国のサービス業PMI・確報値は、市場予想や速報値との比較で強弱まちまち。為替の直接的な反応は限定的だった。しかし、強弱の分かれ目50を上回って軒並み高水準を維持。欧州市場で金利じり高と株高がともに進み、欧州通貨は堅調さを保った。ユーロドルは昨日高値上回る1.2078ドル、ユーロ円は135.99円まで2015年10月以来の高値を更新した。ポンドドルも1.3560ドル、ポンド円は152.72円まで昨日来の下落幅を縮小した。
 ドル円は112円半ばで上値が重かった。ドル相場は、米長期金利が一時2.47%台まで上昇し、欧州債金利の動きにキャッチアップするに連れていったん下げ渋った。しかし、対ドルを含めてユーロが上昇基調を強めると、ドルは対円でも伸び悩んだ。
 資源国通貨は、欧州通貨クロスの影響で伸び悩む場面を挟みつつも底堅さを維持。鉄鉱石や原油相場の堅調な地合いが支援となっている。豪ドル/ドルは0.78ドル半ば、豪ドル円は88円前半で推移。NZドル/ドルは0.7129ドル、NZドル円は80.26円まで水準を上げた。ドル/加ドルは1.2512加ドル、加ドル円は90.00円まで加ドル高となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高による割安感などが下支え

COMEX金2月限終値:1318.50↑2.40
 3日のNY金先物は続伸。1316.30ドルから1319.40ドルまで上昇した。通常取引
終了後に昨年12月12-13日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表され
ることで、やや慎重な取引になったもよう。ただ、当FOMC声明や経済予測の発表
時はあまりタカ派的ではないとの見方から買い安心感が広がり、金は上昇してい
たことで、ある程度の期待感が下支えしたとみられる。米連邦公開市場委員会
(FOMC)議事要旨の発表後は、3月利上げ観測が高まり、時間外取引のNY金先物は
下落に転じている。

・NY原油先物:大幅反発、米原油在庫の減少予想や寒波などで思惑的な買い
NYMEX原油2月限終値:61.63↑1.26
 3日のNY原油先物は反発。60.78ドルから61.67ドルまで上昇した。明日発表と
なる米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)について、国内全体の
原油在庫が7週連続で減少すると予想されていることが、思惑的な買いにつなが
った。また、米国東側における強烈な寒波襲来に絡み、需要増への連想も下支え
となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表後は、3月利上げ観測が
高まり、ユーロ・ドルが弱含んだことでやや伸び悩んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高による割安感などが下支え

COMEX金2月限終値:1318.50↑2.40
3日のNY金先物は続伸。1316.30ドルから1319.40ドルまで上昇した。通常取引
終了後に昨年12月12-13日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表され
ることで、やや慎重な取引になったもよう。ただ、当FOMC声明や経済予測の発表
時はあまりタカ派的ではないとの見方から買い安心感が広がり、金は上昇してい
たことで、ある程度の期待感が下支えしたとみられる。米連邦公開市場委員会
(FOMC)議事要旨の発表後は、3月利上げ観測が高まり、時間外取引のNY金先物は
下落に転じている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ドル円=200日線が下支えとなるか

陰線引け。年明けに上値を112円後半に切り下げ、昨年12月15日以来の安値となる112.06円まで下落した。日足一目均衡表・転換線が同基準線を上回り、実線が遅行スパンを上回っているものの、2日の終値が同雲の下限を下回った。雲は薄く大きな抵抗にはなりにくいが、下方向への警戒感が強まっている。112円前半で推移している一目・雲の下限や90日移動平均線を回復しても、112円後半の一目・転換線や同雲の上限が抵抗になるか。下押し局面では111.60円台で上昇中の200日線の下支えに期待したい。

レジスタンス2   112.93(21日移動平均線)
レジスタンス1   112.77(日足一目均衡表・転換線)
前日終値      112.29
サポート1      111.68(200日移動平均線)
サポート2      110.93(2017年11月28日安値)

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高による割安感などが下支え

COMEX金2月限終値:1316.10↑6.80
 2日のNY金先物は続伸。1312.30ドルから1316.30ドルまで上昇した。欧州中央
銀行(ECB)の資産買い入れ縮小開始や、米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録発
表を控えて、ユーロ・ドルが1.20ドルで底堅く推移したことで、割安感が買いに
つながった。また、イランでの反政府デモの広がりで、リスク回避的な買い需要
も高まったとみられる。

・NY原油先物:反落、イラン情勢の影響限定的との見方で売り優勢気味
NYMEX原油2月限終値:60.37↓0.05
 2日のNY原油先物は反落。60.53ドルまで上昇後、一時60.10ドルまで下落した。
イランでの反政府デモの広がりによる中東不安定化への懸念や、ユーロ・ドルの
上昇による割安感から買いが先行。しかし、その後、イラン情勢がただちに原油
供給不安にはつながらないとの見方が浮上し、利益確定などの売りが優勢になっ
た。ただ、米国株高を好感し、引けにかけて徐々に戻す展開になった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高による割安感などが下支え

COMEX金2月限終値:1316.10↑6.80
 2日のNY金先物は続伸。1312.30ドルから1316.30ドルまで上昇した。欧州中央
銀行(ECB)の資産買い入れ縮小開始や、米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録発
表を控えて、ユーロ・ドルが1.20ドルで底堅く推移したことで、割安感が買いに
つながった。また、イランでの反政府デモの広がりで、リスク回避的な買い需要
も高まったとみられる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週の豪ドル「底堅い展開か、早期利上げ観測が下支え」

[豪ドル]
 来週(12月25日-1月5日週)の豪ドル・円は底堅い展開か。与党保守連合が多数派を維持し、ターンブル政権が政治危機をいったん脱したことや、豪準備銀行(中央銀行)の早期利上げ観測が浮上していることが、引き続き豪ドルの下支えとなる。豪・11月貿易収支の発表が材料となる。
○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・1月5日:11月貿易収支(予想:+5億豪ドル、10月:+1.05億豪ドル)
・予想レンジ:86円00銭-89円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は高値圏、米税制改革の期待が下支え

 19日午後の東京市場でドル・円は112円60銭台と本日高値圏での推移が続く。日経平均株価はマイナス圏で推移し、リスク回避的な円買いに振れやすい。また、米10年債利回りの伸び悩みでドル買いも入りづらい。ただ、米税制改革法案の週内成立が見込まれ、ドル売りには慎重のムードがうかがえる。ユーロ・ドルも1.17ドル台後半で小動きが続いている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円54銭から112円67銭。ユーロ・円は132円59銭から132円82銭、ユーロ・ドルは1.1777ドルから1.1792ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,