タグアーカイブ: 下支え

11時00分現在の日経平均株価は22851.39円で推移、東京エレクなどハイテク株が下支え[FISCO]

11時00分現在の日経平均株価は22851.39円(前日比86.21円安)で推移している。前日の米国市場では、主要株 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

加ドル円は88円前半、クロス円全般の底堅さが下支え

 加ドル円は88.15円付近とNY引けの水準で推移。昨日は、加8月GDPの発表後に88円前半から9月6日以来の安値87.79円まで弱含んだ。その後はクロス円全般が底堅く推移したことで、加ドル円も88円台まで反発し、88円前半での値動きとなっている。加ドルのドルに対しての弱さは継続し、1.29加ドル前後の加ドル安水準で推移している。
 加8月GDPは前月比で-0.1%と、プラスを予想していた市場の予想を下回り、10カ月ぶりの低い水準となった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

小幅反落、日銀ETF買いへの思惑が下支え 

[東京 31日 ロイター] – 東京株式市場で、日経平均株価は小幅反落した。前日の米国株安や円安基調の一服が相場の重しとなる中、ソフトバンクグループの下落が指数を押し下げた。メガバンクや外需大型株も軟調に推移。ただ、日経平均はいったん下押しした後に切り替えし、午後には一時プラス圏を回復した。日銀による上場投資信託(ETF)買いへの思惑が相場を支援したとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ドル円=陰線引けも一目・基準が下支えとなるか

陰線引け。前営業日に7月11日の高値手前で伸び悩み、天井感を示唆する上ひげが形成されたことで上値重く推移した。日足一目均衡表・転換線は下抜けたものの、同・基準線の手前で下支えられている。上昇バイアスは変らずだが、113円付近の一目・基準線とその下に位置する21日移動平均線が支持となるかをまず見極めたい。

レジスタンス2  114.49(7/11高値)
レジスタンス1  113.84(10/30高値)
前日終値     113.18
サポート1     112.72(10/16安値-10/27高値の61.8%押し)

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円はもみ合い、ポンド・円上昇が下支え

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は113円60銭前後でもみ合う展開が続く。英中銀の11月利上げ観測によるポンド買いがみられ、ポンド・円が上げていることがドル・円の下支えになっているもよう。一方、前週末に大きく売られたユーロ・ドルが、スペイン株の反発もあり、足元では買い戻しが優勢になっており、ドル・円の上値を押さえている面もあるようだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円54銭から113円76銭。ユーロ・円は132円09銭から132円27銭、ユーロ・ドルは1.1616ドルから1.1642ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は下げ渋り、米国株安を意識した買いが下支え

COMEX金12月限終値:1279.00 ↑0.70
 25日のNY金先物12月限は下げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+0.70ドルの1オンス=1279.00ドルで取引終了。一時1272.00ドルまで売られたが、米国株安を意識して安全逃避的な買いが入った。ただし、米税制改革実現への期待は持続しており、金先物の買い戻しはやや限定的だったようだ。

NY原油先物:反落、米生産量増加を嫌気して利食い売り強まる
NYMEX原油12月限終値:52.18 ↓0.29
 25日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.29ドルの52.18ドルで取引を終えた。この日発表された在庫統計では米国の原油在庫は予想以上に減少したことが確認されたが、米エネルギー情報局(EIA)が公表した資料で米国の原油生産は2012年以来の大幅な増加となっていることが判明し、売りが優勢となった。需給関係の改善に対する市場の期待は残されているものの、この日は利食い売りがやや多かったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は下げ渋り、米国株安を意識した買いが下支え

COMEX金12月限終値:1279.00 ↑0.70
 25日のNY金先物12月限は下げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+0.70ドルの1オンス=1279.00ドルで取引終了。一時1272.00ドルまで売られたが、米国株安を意識して安全逃避的な買いが入った。ただし、米税制改革実現への期待は持続しており、金先物の買い戻しはやや限定的だったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,