タグアーカイブ: 下支え

【テクニカル】ユーロテクニカル一覧=上昇の21日線が下支えとなるかに注目

参考レート  1.1888ドル  9/14 0:40

パラボリック 1.2092ドル (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    1.1973ドル (前営業日1.1979ドル)
21日移動平均線   1.1884ドル (前営業日1.1876ドル)
90日移動平均線   1.1507ドル (前営業日1.1495ドル)
200日移動平均線  1.1040ドル (前営業日1.1035ドル)

RSI[相体力指数・14日]
 52.38%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  1.2062ドル
2σシグマ[標準偏差]下限  1.1717ドル

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  0.0063  vs  0.0070  MACDシグナル [かい離幅 -0.0008]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

訂正:今年最安値のドル/円、国内長期投資家の買いが下支えも

[東京 8日 ロイター] – ドル/円<JPY=>が年初来安値を割り込み、2016年11月以来となる107円台を付けた。地政学リスクと米長期金利の低下を背景とした短期筋によるドル売りの勢いが増している。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

今週の【マザーズ市場】8月28日~9月1日『リスク回避色強まるも、上位銘柄が相場を下支え』[FISCO]

【5日続伸、中小型株物色の流れ】28日(月)■概況■1099.48、+10.8328日(月)のマザーズ市場では、中小型株物 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

25日の米国市場ダイジェスト:ダウ30ドル高、税制改革法案成立への期待が相場の下支え[FISCO]

■NY株式:ダウ30ドル高、税制改革法案成立への期待が相場の下支え25日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

今週の【マザーズ市場】8月21日~25日『商い低調で様子見ムード強く、主力株が市場を下支え』[FISCO]

【続落、軟調地合いで買い続かず】21日(月)■概況■1075.05、-9.7521日(月)のマザーズ市場では、前週末の下 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

金:反発、米政権運営への不透明感が下支えに

COMEX金12月限終値:1282.90 ↑3.20
 16日のNY金先物12月限は反発。1273.20ドルから1289.50ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米国株は上昇したが、バージニア州で発生した白人至上主義者らと反対派による衝突を巡るトランプ大統領の発言を受けて、大統領助言組織からメンバーである主要企業トップの脱退が相次ぎ、同組織は解散。政権運営への不透明感が意識されて金はしっかりとした推移となった。日足チャートでは1300ドル台回復を試す格好となっている。

原油:大幅続落、米国での原油生産増加を嫌気
NYMEX原油9月限終値:46.78 ↓0.77
 16日のNY原油先物9月限は大幅続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比-0.77ドルの46.78ドルで取引を終えた。この日発表された米週次在庫統計で原油在庫は予想以上の大幅な減少を記録したが、米国内での生産が6月以降で最高水準となったため、供給過剰懸念は後退せず、売りが優勢となった。市場関係者の間ではOPEC加盟国・非加盟国による減産順守が期待されているが、「原油需要の増加や米国内での原油生産が減少しなければ、原油価格は安定しない」との見方も出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反発、米政権運営への不透明感が下支えに

COMEX金12月限終値:1282.90 ↑3.20
 16日のNY金先物12月限は反発。1273.20ドルから1289.50ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米国株は上昇したが、バージニア州で発生した白人至上主義者らと反対派による衝突を巡るトランプ大統領の発言を受けて、大統領助言組織からメンバーである主要企業トップの脱退が相次ぎ、同組織は解散。政権運営への不透明感が意識されて金はしっかりとした推移となった。日足チャートでは1300ドル台回復を試す格好となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】ユーロ円テクニカル一覧=上昇の5日線が下支え

参考レート  129.57円  8/17 0:22

パラボリック  130.68円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    129.24円 (前営業日129.22円)
21日移動平均線   129.89円 (前営業日129.89円)
90日移動平均線   125.51円 (前営業日125.36円)
200日移動平均線  122.83円 (前営業日122.76円)

RSI[相体力指数・14日]
 51.88%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  131.21円
2σシグマ[標準偏差]下限  128.67円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  0.28  vs  0.51  MACDシグナル [かい離幅 -0.24]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

来週のカナダドル「底堅い展開か、産油国会合に絡み原油先高観が下支えに」

[カナダドル]
 来週のカナダドル・円は底堅い展開か。カナダ中銀の早期追加利上げ観測は後退しつつ
あることから、目先的にカナダドルは買いにくい。しかしながら、7-8日開催の石油輸出国
機構(OPEC)加盟国と非加盟国の会合で減産順守が確認された場合、NY原油先物の先高観がカナダドルの下支え要因になるとみられる。
○発表予定の加主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:86円00銭-89円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場の日経平均は続落、2万円割れる 好決算銘柄が下支え

[東京 4日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比72円68銭安の1万9956円58銭となり、続落した。外為市場でドル/円<JPY=>が一時109円台後半まで円高に振れたことが重しとなった。好決算を発表した銘柄の上昇が下支え要因となり、安寄り後は下げ渋る展開だったが、米雇用統計の発表前で様子見姿勢も広がり、節目の2万円を下回ったまま午前の取引を終えた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,