タグアーカイブ: 下振れリスク

アジア為替見通し=ドル円、閑散取引の中での下振れリスク

 NY為替市場のドル円は、ハト派的な米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(10月31日-11月1日)を受けて111.14円まで下落した。ユーロドルは1.1827ドルまで上昇、ポンドドルは1.3327ドルまで上昇した。
 本日のアジア市場のドル円は、日米休場で閑散取引の中、ハト派的なFOMC議事録やNY株式市場の軟調推移を受けて円買いが優勢となる展開を予想する。
 111.00円にはドル買いオーダーが控えているものの、割り込むとストップロスが控えていることで、閑散取引の中での売り仕掛けに要警戒となる。
 FOMC議事録では、昨日のイエレンFRB議長と同様にインフレ鈍化への警戒感が示されたことで、12月の追加利上げの可能性は変わらないものの、来年以降のパウエル第16代FRB議長体制下での利上げペースの鈍化が懸念材料として浮上している。
 朝鮮半島情勢では、北朝鮮による67日間の沈黙、「嵐の前の静けさ」(トランプ米大統領)が続いているものの、トランプ米政権によるテロ支援国家指定を受けて、北朝鮮が年内に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を強行する可能性が警戒されていることで、朝鮮半島情勢を巡る地政学的リスクへ要警戒となる。
 リスク要因として、トランプ米大統領のロシアゲート疑惑の深刻化、米上院での税制改革法案の審議が難航する可能性、ドイツ政局の混迷、中東情勢への警戒感などが挙げられる。
 ドル売りオーダーは、現時点では112.50-70円、112.80円-113.00円、113.30円、113.50-60円、ドル買いオーダーは、111.10円、111.0円(割り込むとストップロス)、110.50-60円に観測されている。112.00円には28日のNYカットのオプションが控えている。
 ユーロドルは、本日発表される欧州中央銀行(ECB)理事会議事録で、資産購入プログラムが来年9月で終了する可能性が高いのか、それともオープンエンドの可能性が高いのかを見極めることになる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

物価2%達成19年度ごろ維持 下振れリスク大きい=日銀展望リポート

[東京 31日 ロイター] – 日銀は31日、最新の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を発表し、2017、18年度物価見通しを引き下げた。2%の物価目標に達する時期は前回の「19年度ごろ」を変えなかった。しかし、リスクバランスについて物価は下振れリスクの方が大きいとした。前回と同様に賃金上昇が鈍く、省力化投資でのコスト吸収を要因として挙げた。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ハンガリー中銀、金利据え置き インフレには下振れリスクも

こんにちは、Dice-Kです。 ハンガリー中銀は19日、政策金利を過去最低水準である現行の0.90%に据え置くことを決めたと発表。市場予想通りの結果となりました。中銀は声明で「賃金上昇によるインフレ圧力は見られない」「インフレには下振れリスクがある」「インフレ率が持…

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ECBが緩和姿勢維持、総裁「下振れリスクは後退」

[フランクフルト 27日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)は27日の理事会で、インフレが目標を依然下回るなか金融緩和スタンスを維持したが、世界的な金融危機以降、最も好調に推移するユーロ圏景気の勢いを明確に認めた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

中国経済、下振れリスク大きいが6.5%成長可能=人民銀政策委員

[成都(中国) 24日 ロイター] – 中国の清華大学教授で中国人民銀行(中央銀行)金融政策委員会委員である白重恩氏は24日、ロイターに対し、中国経済の下振れリスクは依然としてかなり大きいが、今年の成長率が6.5%以上になることは可能だと述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標結果】FOMC議事録「幾人かの参加者、見通しの下振れリスクを指摘」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表(6月14-15日開催分)
「幾人かの参加者は、効用増加数の急激な低下や企業投資の弱さ、世界的な経済・金融シックなど、見通しの下振れリスクを指摘」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]トルコリラ/円なら、外為どっとコム!!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」のスワップポイントを業界最高水準で提供中!
さらに、『高金利通貨スペシャルキャンペーン』にエントリー後、100Lot(10万通貨)の倍数に達するたびに、所定の金額をキャッシュバック!
詳細はこちら→ http://bit.ly/1VuXfBI

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】市場の目=鉱工業生産、先行きの下振れリスクに留意

IHS・シニアエコノミスト 田口はるみ氏

鉱工業生産、先行きの下振れリスクに留意

 5月の鉱工業生産は前月比2.3%減と予想を上回る減少となった。出荷も同2.3%減だったが在庫は同0.3%増、在庫率は同2.2%増とそれぞれ上昇した。
 生産の減少は、前月に熊本震災の影響で減少した輸送機械などが増加に転じた一方、前月の増加を牽引した化学(医薬品除く)、電気機械、はん用・生産用・業務用機械などを始め広い業種で減少に転じたことによるもの。
 出荷は石油・石炭及び鉄鋼を除く全業種で低下しており、出荷の弱含む中で在庫調整を進めた業種が多かったものの、工場停止の影響を受けて減少した鉄鋼、輸送機械などで在庫の積み増しがあったほか、電気機械、電子部品デバイスで在庫が増加した。
 製造業生産予測調査によると、生産は輸送機械などにより6月、7月とも増加が見込まれたが、急激な円高による輸出への影響や英国のEU離脱に向けた不透明感の高まりから生産は下振れする可能性がある。当面、減産の広がり、在庫調整に留意が必要だろう。

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]ネコによる為替アナリスト「かわせアニャリスト」就任を記念して、新たなG-1 BATTLE始まる!
●キャンペーン期間:
2016年5月2日(月)午前7時00分〜2016年7月2日(土)午前5時55分
上記キャンペーン期間内に所定のフォームよりエントリー、同期間中に所定のLot数以上のお取引をされたお客様のうち、所属チーム(全2チーム※1)内での取引損益(スポット損益)合計または取引Lot数合計の上位者に、順位等に応じて賞金または賞品を進呈※2※3!
詳細はこちら→http://bit.ly/1T9V1Ir

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

世界経済の展望明るくない、下振れリスク目立つ=古沢IMF副専務理事

[東京 6日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)の古沢満宏副専務理事(元財務官)は6日、少子高齢化が今後の経済成長や財政に与える影響を踏まえ、「世界経済の展望は決して明るいものではなく、下振れリスクも目立つ」と指摘した。アジアが世界経済で「最もダイナミックな地域」とする一方、2016─17年の成長率は約5.3%へと若干減速するとの見通しを示した。都内で開かれたフォーラムで述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

機械受注は堅調、1─3月上振れ後の反動減小幅 下振れリスクも

[東京 19日 ロイター] – 内閣府が19日に発表した3月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は予想を上回り、前月比5.5%増となった。1─3月は当初見通しを上回る前期比6.7%増。大型案件が押し上げた面もあり、円高の下でも機械関連の投資姿勢は腰折れしていない。4─6月の見通しは減少となったが、同3.5%減と反動減の範囲にとどまった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】日銀総裁「下振れリスクがあるのは確か」

黒田日銀総裁
「下振れリスクがあるのは確か」
「新興国、BREXIT(英国のEU離脱)、GREXIT(ギリシャのユーロ圏離脱)などが下方リスク」
「リーマン・ショックへの逆戻りリスクはない」
「原油は底入れも、まだ不確実性が存在」
「ECBのマイナス金利貸出政策は大胆でユニーク」

(大館)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年6月30日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://bit.ly/1VuXfBI

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】市場の目=ドル円 下振れリスク拭えない

日本総研・調査部 マクロ経済研究センター研究員 井上肇氏

ドル円 下振れリスク拭えない

 本日は米4月雇用統計が発表される。先日のADP全国雇用者数が市場の想定を下回ったことで、米雇用情勢の回復持続に対する懸念も生じているが、基本的にはこれまでも質・量ともに着実な改善がみられているので、基調が大きく腰折れするような結果にはならないと想定している。ただしここまで、米国経済に自信をもたらす結果が示されても追加利上げに対する手掛かりが当局からなかなか得られなかったなかで、足元では1-3月期GDPを含めて市場予想より弱い内容が散見されだした。利上げ再開やドル高への期待が盛り上がりにくい状況に置かれている。

 またG7も控え、円高に振れても日本サイドによる円売り介入は難しいとの思惑に支配されている。米経済指標の下振れでドル安・円高が進んでも、円先高感を払しょくできそうな環境にないため、ドル円は下振れリスクを警戒する展開が当面続くと予想している。

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドルの
4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年5月27日(金)まで期間を延長
して提供します!
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.5銭原則固定(例外あり)
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.4pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
●ポンド/米ドル: 1.1pips ⇒ 1.0pips原則固定(例外あり)
詳細はこちら→http://bit.ly/1QazmuX

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

物価2%「17年度中」に先送り、下振れリスク大=日銀展望リポート

[東京 28日 ロイター] – 日本銀行は28日、金融政策決定会合を開催し、「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)を公表した。2%程度の「物価安定目標」の達成時期を従来の「17年度前半」から「17年度中」に先送りした。経済成長率や消費者物価指数(CPI)の見通しを下方修正し、「物価の中心的見通しについては予想物価上昇率の動向をめぐって不確実性が大きく、下振れリスクが大きい」とした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

世界経済の下振れリスク強まる、各国の対策必要=IMF専務理事

[フランクフルト 5日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は5日、フランクフルトで講演し、世界経済は断固たる措置を取らなければ、下振れリスクが強まると表明、各国に対応を求めた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,