タグアーカイブ: 下値模索

東京為替見通し=ドル円、日米財務相のドル安・円高誘導懸念で下値模索

 NY為替市場のドル円は、米国の財政赤字と貿易赤字拡大懸念からドル安・円高の流れが維持されて106.04円まで続落した。豪ドル円は83.87円、NZドル円は78.34円、加ドル円は84.76円まで弱含み、ユーロ円は132円後半、ポンド円は149円後半で上値の重い動きとなった。ユーロドルは1.25ドル近辺で底堅く、ポンドドルは1.4104ドルまで上値を伸ばした。
 本日の東京市場のドル円は、仲値での本邦機関投資家による米国債償還・利払いの円転で軟調推移が予想される。
 本邦機関投資家は、昨日15日に償還された米国債と利払いの最終ドル金額を確認して、本日の仲値に円転することで、仲値でのドル売りに要警戒となる。
 ドル円は、1月24日にムニューシン米財務長官が、「米政府は短期的なドルの水準について懸念していない、短期的なドル安を歓迎する」と発言をして110円を割りこんだ。昨日には、麻生財務相が、106円台の円相場を容認する発言をしたことで、106.04円まで続落している。
 「アメリカ・ファースト」(米国第一主義)を標榜しているトランプ米政権は、2017年は法人税引き下げで米企業を支援し、2018年は、11月の米議会中間選挙に向けて保護貿易主義による関税引き下げ、ドル相場引き下げにより、米企業の競争力強化を目論んでいるのではないか。日本政府も、米国との通商戦争を回避するため、TPPへの参加を促すため、ある程度の円高を黙認するのではないだろうか。
 ドル売りオーダーは、現時点では107.70円、108.00円、108.50円、109.00円、ドル買いオーダーは、106.00円、105.00円(割り込むとストップロス)に観測されている。
 ユーロドルは、ドル全面安の展開の中でドラギECB総裁がユーロ高への警戒感を示した1.2500ドル台に乗せており、1月25日高値1.2537ドル、2月1日高値1.2522ドルに続く、トリプルトップを形成するのか、それとも上伸していくのかを見極めることになる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替・15日=ドル円106円割れに迫る、下値模索の動きが継続

 NY為替市場ではドル安・円高の流れが維持された。この日の米経済指標は強弱まちまちで、市場の反応は限定的。1月生産者物価指数は前月比+0.4%と市場予想と一致し、同コアは予想比上振れの+0.4%となった。2月NY連銀製造業景況指数は市場予想を下回る+13.1となった一方で、同フィラデルフィア連銀製造業指数は+25.8と市場予想や前月を上回った。また、新規失業保険申請件数は23.0万件と市場予想と一致し、米1月鉱工業生産が前月比-0.1%と市場予想の+0.4%より弱い結果となった。
 米10年債利回りは伸びが一服し、2.89%台でほぼ横ばい。続伸して寄り付いた米株は一時マイナス圏に沈むも、ダウ平均が再び250ドル超高まで上昇するなど堅調な動きとなったが、ドル円は106.04円まで下押し、2016年11月以来の105円台に迫った。豪ドル円は83.87円、NZドル円は78.34円、加ドル円は84.76円まで弱含み、ユーロ円は132円後半、ポンド円は149円後半で上値の重い動きとなった。
 ユーロドルは1.25ドル近辺で底堅く、ポンドドルは1.4104ドルまで上値を伸ばした。ドル安の流れが維持される中、豪ドル/ドルは0.7892ドルまで下押し後に0.7940ドル近辺まで切り返し、NZドル/ドルは0.74ドル近辺でしっかり。トランプ政権の財政悪化や減税効果による貿易赤字拡大懸念も、ドルの重しとなっている。
 6時現在、ドル円は106.10円、ユーロドルは1.2503ドル、ユーロ円は132.67円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】ポンド円テクニカル一覧=5日移動平均線の低下をともなう下値模索が継続

参考レート  149.91円  2/16 3:18

パラボリック 153.70円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    150.07円 (前営業日150.35円)
21日移動平均線   153.03円 (前営業日153.23円)
90日移動平均線   151.11円 (前営業日151.10円)
200日移動平均線  147.64円 (前営業日147.62円)

RSI[相体力指数・14日]
 37.66%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  157.11円
2σシグマ[標準偏差]下限  148.83円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  -0.75  vs  -0.20  MACDシグナル [かい離幅 -0.55]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ドル円、下値模索(東京午前)

海外市場で進展したドル売りの流れを引き継ぎ、ユーロドルは1.2472付近まで、ポンドドルは1.4020付近まで続伸。また、ドル円は昨日の安値を割り込むとストップを巻き込み約1年3ヶ月振りの水準となる106円41銭付近まで下値を模索。その後は、日経平均が大幅高で寄付き一時106円90銭付近まで戻りを試したものの、麻生財務相による「介入しなければいけないほどの円高ではない」との発言が伝わると再び106円50銭付近へ急反落している。11時11分現在、ドル円106.627-637、ユーロ円132.832-852、ユーロドル1.24579-587で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は108円前半で下値模索、ダウ平均は下げ幅300ドル超に

 ダウ平均が下げ幅を300ドル超に拡大。リスク回避の円買いが優勢となる中、ドル円は108.34円まで弱含み、ユーロ円は132.36円、ポンド円は149.29円まで下落した。
 クロス円の下落も重しとなり、ユーロドルは1.2215ドル、ポンドドルは1.3779ドルまで安値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円 108円前半で下値模索が続く

 NY午後に入ってもドル円の下値模索は続き、108.28円まで売られた。昨年9月11日の安値108.09円を目指す展開か。ユーロ円も134.54円まで本日のレンジ下限を広げたが、ポンド円は153.43円を安値に153円後半での推移。スイスフラン(CHF)円も115円後半で弱含み。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円、下値模索(NY午後)

米30年債入札をきっかけに米債利回りが低下幅を拡大したことで、ドル円は11月28日以来の安値となる111円04銭付近まで下値を模索。また、豪ドルドルが0.7893付近まで、NZドルドルが0.7261付近まで水準を切り上げるなど、対オセアニア通貨を中心としたドル売りも散見。クロス円はドル円に連れ安となりユーロ円が133円66銭付近まで反落、ポンド円も150円25銭付近まで値を落とし弱含む状況となっている。5時12分現在、ドル円111.104-114、ユーロ円133.740-760、ユーロドル1.20374-382で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,