タグアーカイブ: 下値模索

ドル円 109円前半で下値模索、加ドルは原油安で軟調

 トランプ米大統領が北朝鮮の金委員長との米朝首脳会談をキャンセルすると発言し、ドル円は109.17円まで下押した。リスク回避の円買いで、ユーロ円は127.95円、豪ドル円は82.47円、NZドル円は75.54円まで下押した。
 また、NY原油先物が70ドル台に下落したことも重しとなり、ドル/加ドルは1.2920加ドル、加ドル円は84.52円まで加ドル安に振れた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロドルは下値模索続く ファンド勢の売りオーダーが断続的に観測=NY為替チェック

 一連の米経済指標を通過してユーロドルは1.17ドル台後半での振幅が続いている。きょうも下値模索が (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

マザーズ指数は続落、決算ピークで東証1部銘柄に物色、直近IPO銘柄は下値模索[FISCO]

 本日のマザーズ市場は、利益確定売り優勢の展開だった。今週末にかけて決算発表のピークを迎えており、 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

日経平均の下げ幅拡大に歩調合わせ、ドル円は108円後半で下値模索

 日経平均が下げ幅を100円超に拡大した動きに歩調を合わせ、ドル円は108.76円まで弱含んだ。円買いが優勢となる中、ユーロ円は130.20円、ポンド円は147.35円、豪ドル円は81.83円までレンジ下限を拡大した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京為替見通し=ドル円 下値模索か、米中貿易戦争への懸念が重し

 NYタイムの為替市場では、米中貿易戦争への警戒感から米株式市場が大幅に下落し、リスク回避の円買い・ドル売りが進み、ドル円は106円台から105.66円まで下落した。他のドル売り要因は、今月予定されている日米首脳会談の議題は北朝鮮問題と相互的な貿易・投資関係と伝えられたこと、米10年債利回りが2.715%まで低下したことなどが挙げられる。ドル円の売りに引きずられ、ユーロ円は131円前半から130円近辺まで、ポンド円も148.39円、豪ドル円が80.83円まで円高・他通貨安に振れた。
 大幅に下落したNY原油先物を受けて、ドル/加ドルは1.28加ドル半ばから1.2944加ドルまで加ドル安となった。加ドル円は82.68円から81.64円まで売り込まれた。
 本日の東京タイムの為替市場はNY市場の流れを継続し、ドル円やクロス円は下値模索となりそうだ。市場の懸念となっている米中貿易戦争が本格化すれば、GDP世界1位と2位の喧嘩であり、世界経済に与える影響はかなり大きい。中国の報復関税に対してトランプ米政権が譲歩するとは思えず、逆に態度をより硬化することも考えられる。貿易摩擦が泥沼化するようだと、金融市場でもリスク回避の動きが加速してしまいそうだ。ダウ平均は引けにかけてやや持ち直したものの458ドル安で終え、NASDAQやS&P500の下落幅はさらに大きかった。CME225先物は大阪取引所比では385円で引け、日経平均も軟調推移が予想される。また、中国市場が清明節で5、6日と休場(香港市場は5日のみ)となることで、それらの株式市場でも休み前にポジション調整の売りが強まる可能性もある。株式市場で下げ基調が強まってしまうと、ドル円やクロス円の売りにも勢いがついてしまうだろう。
 NY引けにかけてドル円は105円後半で踏みとどまったが、このまま106円前半で低下中の日足一目均衡表・基準線付近で頭を抑えられるようだと、大幅に上昇した3月28日の安値圏105円前半をまず目指す展開となるか。現在のドル円のオーダー状況は、105.50-60円、105.00-10円が買い、106円後半から107円にかけては売り。また、5日NYカットのオプションが105.00円に観測される。
 本日からオセアニア勢がイースター休暇から戻り、東京午後には豪準備銀行(RBA)政策金利発表が予定されている。市場予想は前回同様に1.50%に据え置き。サプライズはないだろうが、発表後のRBA声明には注目したい。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ドル円=2016年11月以来の104円台、下値模索が続くか

陰線引け。106円前半の日足一目均衡表・転換線手前で頭を抑えられ、年初来安値圏105円前半で引けた。東京朝から売り圧力が更に強まり、1016年11月以来の104円台に突入している。心理的節目でもあった105円を割り込んだことで、下値模索が続く可能性は高い。値が荒い動きとなることも予想されるが、上がったところでは丁寧に売りスタンスで臨みたい。

レジスタンス1  106.09(3/22高値)
前日終値     105.26
サポート1    104.16(ピボット・ターニングポイント)
サポート2    103.72(2016/10/28週安値)

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

東京為替見通し=ドル円、下値模索が継続か

 NYタイムの為替市場のドル円は、トランプ米大統領による鉄鋼とアルミニウムに対する関税導入を受けて、107.20円から106.16円まで下落した。ユーロドルは、週末のドイツとイタリアの政治イベントへの警戒感から1.2155ドルまで下落したが、ドル売りの流れのなか1.2273ドルまで反発した。ユーロ円は130.79円から昨年9月11日以来の安値129.76円まで下落した。ポンドドルは、EU離脱交渉が難航する懸念で1.3712ドルまで下落後、1.3785ドルまで反発した。ポンド円は、ロンドンフィックス前につけた高値147.49円から146.01円まで下落した。豪ドル/ドルは0.7770ドルまで買われた一方で、豪ドル円は82.13円まで弱含んだ。
 東京タイムでのドル円は戻りが鈍く、下値模索の動きか。ドル円は、2月16日に105.55円まで下落した後に下値が支持されていた106円前半で再び下げ渋り、一定の底堅さを示しているが、2月28日のパウエルFRB議長の議会証言を受けた上昇局面でも107円後半で上値の重さが示され、下方向への警戒感が強く意識されている。トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限を発動させる方針を発表し、保護貿易への懸念が高まり、米株が大幅続落し、投資家のセンチメントが悪化した。また、トランプ米大統領の同方針を受けて、パウエル議長の下院での議会証言後に高まっていた「FRBによる今年4回の利上げ」思惑も後退した。
 東京タイムでは手がかりが乏しく、ドル円は戻りこそ鈍いが106円前半で下げ渋る可能性はあるが、海外市場では再び105円台を意識した動きが見込まれる。105円大台を割り込むと、ドル円の下げ基調は一段と強まりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDN序盤まとめ=欧州序盤にユーロなど戻り試すも失速・下値模索のパターン継続

・FRB議長証言後の欧州入りで続く、ユーロなどが対ドルで戻り試すも上昇しきれず失速し下値探るパターン
・ドル円は東京タイムの下げ渋りで回復した106円後半を維持
・クロス円は対ドルの各通貨の動向に追随し伸び悩むも、ドル円が底堅さ保つなか円買い強まらず

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京為替見通し=ドル円、日米財務相のドル安・円高誘導懸念で下値模索

 NY為替市場のドル円は、米国の財政赤字と貿易赤字拡大懸念からドル安・円高の流れが維持されて106.04円まで続落した。豪ドル円は83.87円、NZドル円は78.34円、加ドル円は84.76円まで弱含み、ユーロ円は132円後半、ポンド円は149円後半で上値の重い動きとなった。ユーロドルは1.25ドル近辺で底堅く、ポンドドルは1.4104ドルまで上値を伸ばした。
 本日の東京市場のドル円は、仲値での本邦機関投資家による米国債償還・利払いの円転で軟調推移が予想される。
 本邦機関投資家は、昨日15日に償還された米国債と利払いの最終ドル金額を確認して、本日の仲値に円転することで、仲値でのドル売りに要警戒となる。
 ドル円は、1月24日にムニューシン米財務長官が、「米政府は短期的なドルの水準について懸念していない、短期的なドル安を歓迎する」と発言をして110円を割りこんだ。昨日には、麻生財務相が、106円台の円相場を容認する発言をしたことで、106.04円まで続落している。
 「アメリカ・ファースト」(米国第一主義)を標榜しているトランプ米政権は、2017年は法人税引き下げで米企業を支援し、2018年は、11月の米議会中間選挙に向けて保護貿易主義による関税引き下げ、ドル相場引き下げにより、米企業の競争力強化を目論んでいるのではないか。日本政府も、米国との通商戦争を回避するため、TPPへの参加を促すため、ある程度の円高を黙認するのではないだろうか。
 ドル売りオーダーは、現時点では107.70円、108.00円、108.50円、109.00円、ドル買いオーダーは、106.00円、105.00円(割り込むとストップロス)に観測されている。
 ユーロドルは、ドル全面安の展開の中でドラギECB総裁がユーロ高への警戒感を示した1.2500ドル台に乗せており、1月25日高値1.2537ドル、2月1日高値1.2522ドルに続く、トリプルトップを形成するのか、それとも上伸していくのかを見極めることになる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替・15日=ドル円106円割れに迫る、下値模索の動きが継続

 NY為替市場ではドル安・円高の流れが維持された。この日の米経済指標は強弱まちまちで、市場の反応は限定的。1月生産者物価指数は前月比+0.4%と市場予想と一致し、同コアは予想比上振れの+0.4%となった。2月NY連銀製造業景況指数は市場予想を下回る+13.1となった一方で、同フィラデルフィア連銀製造業指数は+25.8と市場予想や前月を上回った。また、新規失業保険申請件数は23.0万件と市場予想と一致し、米1月鉱工業生産が前月比-0.1%と市場予想の+0.4%より弱い結果となった。
 米10年債利回りは伸びが一服し、2.89%台でほぼ横ばい。続伸して寄り付いた米株は一時マイナス圏に沈むも、ダウ平均が再び250ドル超高まで上昇するなど堅調な動きとなったが、ドル円は106.04円まで下押し、2016年11月以来の105円台に迫った。豪ドル円は83.87円、NZドル円は78.34円、加ドル円は84.76円まで弱含み、ユーロ円は132円後半、ポンド円は149円後半で上値の重い動きとなった。
 ユーロドルは1.25ドル近辺で底堅く、ポンドドルは1.4104ドルまで上値を伸ばした。ドル安の流れが維持される中、豪ドル/ドルは0.7892ドルまで下押し後に0.7940ドル近辺まで切り返し、NZドル/ドルは0.74ドル近辺でしっかり。トランプ政権の財政悪化や減税効果による貿易赤字拡大懸念も、ドルの重しとなっている。
 6時現在、ドル円は106.10円、ユーロドルは1.2503ドル、ユーロ円は132.67円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】ポンド円テクニカル一覧=5日移動平均線の低下をともなう下値模索が継続

参考レート  149.91円  2/16 3:18

パラボリック 153.70円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    150.07円 (前営業日150.35円)
21日移動平均線   153.03円 (前営業日153.23円)
90日移動平均線   151.11円 (前営業日151.10円)
200日移動平均線  147.64円 (前営業日147.62円)

RSI[相体力指数・14日]
 37.66%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  157.11円
2σシグマ[標準偏差]下限  148.83円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  -0.75  vs  -0.20  MACDシグナル [かい離幅 -0.55]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,