タグアーカイブ: 一転買い

【ディーラー発】ポンド、一転買いに傾斜(欧州午後)

「武田薬品工業、英国上場のアイルランド製薬大手シャイアーに対して買収を打診」との報道が伝わり、ポンドは一転買いに傾斜。対ドルで序盤の下げ幅を埋めると1.4240付近まで上値を拡げ、対円でも152円95銭付近まで値を伸ばした。また、ユーロも午前の下落が一巡し対ドルで1.2376付近まで、対円では132円92銭付近まで小幅に反発。一方、ドル円は手掛かり材料に乏しく107円40銭前後で小動きとなっている。20時41分現在、ドル円107.385-388、ユーロ円132.863-868、ユーロドル1.23727-731で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【ディーラー発】ポンド、一転買いに傾斜(欧州午後)

英・政策金利の据え置きが公表されるとポンド売り優勢となり、対ドルで1.3149付近まで、対円で145円16銭付近まで下落。ただ、MPC議事要旨で『過半数は向こう数ヶ月で金融緩和の削減見込む』との内容が伝わると一転買いに傾斜、対ドルで昨年9月以来の高値となる1.3337付近まで急騰し、対円でも147円64銭付近まで急反発。一方、ドル円は米債利回りの上昇や米税制改革進展の思惑を支えに110円73銭付近まで買い戻されている。20時57分現在、ドル円110.710-720、ユーロ円131.673-693、ユーロドル1.18924-932で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【ディーラー発】ドル売り先行後、一転買いに傾斜(欧州午前)

米債利回りの低下を受け、早出欧州勢はドル売りで参入。ドル円は日経先物の下落も重なり113円27銭付近まで軟化。ユーロドルが1.0782付近まで、ポンドドルが1.2372付近まで上値を試した。しかしその後、一転してドル買いに傾斜するとドル円は一時113円44銭付近まで反発。一方、ユーロドルは序盤の上げ幅を削り1.0753付近まで、ポンドドルは1.2323付近まで値を落とす場面がみられ、週末のG20を控えて思惑が交錯し神経質な値動きとなっている。17時32分現在、ドル円113.321-331、ユーロ円122.037-057、ユーロドル1.07681-689で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,