タグアーカイブ: 一段高

ドル・円:ドル・円は一段高、クロス円がけん引

 ドル・円は一段高となり、一時111円68銭まで値を切り上げた。足元では日経平均株価の強含みを背景にリスク選好の円売りが強まっており、ユーロ・円をはじめクロス円が上昇。ドル・円をけん引しているもよう。ただ、米長期金利の伸び悩みでドル買いはそれほど強まっていないようだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円37銭から111円68銭。ユーロ・円は133円23銭から133円76銭、ユーロ・ドルは1.1950ドルから1.1980ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:リスク回避の円買い縮小、89円台前半まで一段高に

15日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。米ドル高・円安の相場展開となったことが要因。北朝鮮は15日早朝、弾道ミサイル1発を発射した。発射直後にドル・円は109円56銭まで売られる場面があり、豪ドル・円も円高方向に振れたが、東京市場でドル買い・円売りのフローが増えたことから豪ドルの対円レートは上昇に転じた。ユーロ・円は132円台後半まで上昇したことも材料視された。豪ドル・ドルは0.7987ドルから0.8030ドルまで反発した。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円68銭-89円27銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は一段高、リスク回避後退による円売り

[欧米市場の為替相場動向]
 ドル・円は一段高となり、一時109円74銭まで値を切り上げた。欧州株式市場はほぼ全面高となっているほか、米株式先物はプラス圏で推移し、リスク回避後退による円売りが優勢に。米国10年債利回りも一時2.15%台に上昇した。ただ、利益確定売りも観測され、目先は上値が重そうだ。
 なお、17時半に発表された英国の8月消費者物価指数と同生産者物価指数は予想を上振れ、ポンド・円が上昇。ドル・円の押し上げにつながった。ポンド・ドルは1.3282ドルまで上昇している。
 ここまでのドル・円は109円54銭から109円74銭。ユーロ・円は131円15銭から131円32銭、ユーロ・ドルは1.1954ドルから1.1975ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は一段高、ユーロドルは1.19ドル半ばに下落

 リスクオフ後退によるドル買い・円売りが継続し、ドル円は109.17円まで一段高。ユーロドルは1.1957ドル、豪ドル/ドルは0.8019ドルまで下押した。
 また、ユーロ円は130.58円、ポンド円は143.79円、豪ドル円は87.64円まで上昇した。加ドル円は90.02円まで上昇し、2015年12月以来の90円大台復帰を果たした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,