タグアーカイブ: 一服

ドル・円は下げ渋り、ユーロ・ドルの上昇は一服

[欧米市場の為替相場動向]
ドル・円は110円60銭台で下げ渋る展開。ユーロ・ドルは一時1.2295ドルまで強含んだが、足元は買い一服となりドルへの下押し圧力は弱まった。また、欧州株高や米株先物のプラス圏推移でリスク回避の円買いも後退。ただ、米10年債利回りが上げ渋り、ドルの戻りは鈍いようだ。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円49銭から110円76銭、ユーロ・円は135円64銭から135円94銭、ユーロ・ドルは1.2262ドルから1.2295ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル売りが一服、ドル円は111.00円近辺

 ドル売りが一服し、ドル円は110.82円を安値に111.00円近辺に小戻り。また、ユーロドルは1.2235ドル近辺、ポンドドルは1.3870ドル近辺に上げ幅を縮小し、豪ドル/ドルは0.7990ドル近辺、NZドル/ドルは0.7305ドル近辺に押し戻された。
 ダウ平均の下げも小休止し、前日比55ドル安水準での動きとなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は111.10円まで下押し、対欧州通貨でのドル売りは一服

 ドル円は111.10円まで下押し、昨年11月28日以来の安値を更新した。米12月生産者物価指数(PPI)が前月比-0.1%と、1年4カ月ぶりのマイナスとなり、米利上げペース加速への思惑が後退した。豪ドル/ドルは0.7892ドル、NZドル/ドルは0.7249ドルまでレンジ上限を拡大した。
 一方、対欧州通貨でのドル売りは一服し、ユーロドルは1.2035ドル近辺、ポンドドルは1.3540ドル近辺で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

正午のドルは111円半ば、円高進行は一服

[東京 11日 ロイター] – 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の111円半ば。海外市場で強まった円高の流れは一服。一時180円安となった日経平均が前引けにかけて下げ幅を縮小したこともあり、追加的な円買いの動きは限られた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京午前=円買いの流れは一服、ドル円は111円半ばで底堅い

 東京午前の為替市場では、9日の日銀による超長期債オペ減額から始まった円買いの流れは一服、ドル円やクロス円は買い戻し(円売り)が先行し、底堅い動きとなった。10時10分に日銀から通告された中長期国債の買い入れ額が据え置かれたことも、日銀に対するテーパリング(量的緩和の縮小)への思惑を落ち着かせたか。また、ドル円やクロス円の水準が下がったことで、本邦輸出企業や機関投資家などから円売りが持ち込まれたもよう。ドル円は111円前半で下げ渋り、111円半ばで底堅く推移した。ユーロ円は、133.06円と昨日の安値をわずかながらに下回るも、133円半ばまで水準を回復。ポンド円が150円半ばから後半まで強含んだ。昨日は、昨年12月18日以来の安値113.67円まで売り込まれたスイスフラン(CHF)円は、114円台まで値を戻した。
 欧州通貨は、対ドルでは小動き。ユーロドルが1.19ドル半ば、ポンドドルは1.35ドル前半を中心に推移した。ドルCHFは、0.97CHF後半でもみ合った。
 豪経済指標の好調さを受けて、豪ドルが堅調な値動き。豪11月小売売上高は前月比+1.2%と市場予想や前回値を上回り、伸び率としては2014年9月以来の高い水準となった。豪ドル/ドルは昨日の高値を上抜けし、0.7882ドルまで上値を伸ばした。豪ドル円も87円前半から87.93円まで上昇した。豪ドルの上げにもNZドルは上値が重く、対ドルでは0.72ドル付近で弱含み、対円では80円前半で伸び悩んだ。豪ドル買い/NZドル売りのクロス取引が、NZドルの上値を抑えたもよう。
 米・カナダ間の貿易摩擦の高まりにより、昨日は加ドル売りが強まったが、本日の加ドル円は買い戻し優勢となり、89円まで買われた。しかし、ドル/加ドルは1.25加ドル半ばの加ドル安・ドル高水準を維持した。
 東京午後の為替相場は、円高一服のなかで、ドル円やクロス円が今週の下げの戻しを試す展開となるか。ドル円は依然として、昨日の戻り高値111.65円付近で頭を抑えられている。そこを抜けても112円台まで回復できないようだと、海外勢が再び円買いに向かう可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

9日からの円買いは一服 ドル円・クロス円は底堅い

 9日の日銀の超長期債オペ減額から始まった円高の流れも、本日は一服。ドル円は111円半ばで底堅くなり、ユーロ円が133円前半から半ばへ水準を上げ、ポンド円は150円後半まで強含んでいる。10時10分に日銀から通告された中長期国債の買い入れ額が据え置かれたことも、日銀のテーパリングへの思惑を落ち着かせたか。日経平均も、65円安と下げ幅を縮小している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=世界的な株高の流れは一服、下値を探る展開か

東京市場は軟調か。欧米株はまちまちで米国株は下落。世界的な株高の流れは一服。米国では中国が米国債の購入ペースを落とすと伝わったことや、トランプ大統領がNAFTAからの脱退を検討していると報じられたことなどが株価の重しとなった。為替市場ではドル安・円高の流れが強まり、ドル円は足元で111円30銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて185円安の23615円、ドル建てが160円安の23640円で取引を終えた。

 米国株安と円高進行を受け、売り優勢の展開が想定される。米国株がネガティブな材料で下げており、年初に盛り上がった分の反動が大きく出てくる可能性が高い。円高に勢いがついており、ドル円動向をにらみながら神経質な展開となりそうだ。5日線(23524円、10日時点)が控える23500円どころは下値のメドとして意識されると考えるが、あすにSQを控えていることもあり、押し目を積極的に拾うというよりは、様子見姿勢の強い地合いになると予想する。日経平均の予想レンジは23550円-23750円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円・クロス円の売りは一服、ドル円 112.63円付近

 午前の日銀オペ減額を受けたドル円やクロス円の売り(円買い)は一服し、ドル円は112.50円を底に、112.63円付近で推移している。ユーロ円が134円後半で下げ渋り、ポンド円は152.73円の下値から152.95円近辺まで買い戻された。豪ドル円は88円半ば、NZドル円が80円後半での推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロドルテク「ボリバン上限で一服」

日足、ボリバン上限でもみ合う。1月4日-5日の上昇ラインを下抜くか。12月18日-27日の上昇ラインがサポート。ボリバン上位。5日線上向き。

edcc0108.JPG

週足、11月27日週-12月4日週の下降ラインを上抜く。12月18日週-25日週の上昇ラインがサポート。先週はボリバン上限で長い上ヒゲを出す。
月足、17年9月-10月の下降ラインを下抜いて上昇。11月-12月の上昇ラインがサポート。11年5月-14年5月の下降ラインが上値抵抗。
年足、14年から3年連続陰線であったが、14年‐15年の下降ラインを上抜き17年は陽線。00年‐01年の上昇ラインがサポート。11年-14年の下降ラインが上値抵抗。

FX為替ニュース

, , , , ,

加ドル買いは一服 加ドル円は91.27円付近

 加ドルは、対円で91円近辺から91.38円まで、対ドルでも1.24ドル前半から1.2379加ドルまでの加ドル高で推移していたが、その買いも現在は一服している。加ドル円が91.27円近辺、ドル/加ドルは1.2395加ドル前後での推移。NY原油先物は、時間外で61.60ドル付近で取引されている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

欧州通貨対円の上昇が一服、ユーロ円は135円とどかず

 ロンドン朝方から堅調だったクロス円も買いが一服、ユーロ円は約2年2カ月ぶりの135円台乗せとはならず、134.97円を頭に134.78円前後まで押し戻された。ポンド円も152円近辺では伸び悩み、151円後半での推移。ドル円は、112.52円までレンジの下限を広げた。ユーロドルが1.1976ドル付近、ポンドドルは1.35ドル近辺での推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,