タグアーカイブ: ロンドン為替見通し

【見通し】ロンドン為替見通し=プラート理事とカーニー総裁発言に要警戒

本日のロンドン為替市場では、ハト派のプラートECB理事とカーニーBOE総裁の発言に要警戒となる。
 ユーロドルは、10月26日の欧州中央銀行(ECB)理事会で資産購入縮小計画公表に対して、プラートECB理事を筆頭にしたハト派のECB高官が先延ばしを示唆していることや、独仏政局への不透明感などで、買い材料が打ち消されつつある。市場は依然としてユーロの買い持ちに傾いており、現在の弱い地合いのなかで売り仕掛けには注意したい。
 オーダー状況は、1.1800ドルに28日NYカットのオプション、1.18ドル前半、1.18ドル半ば、1.1900ドルには売りがみられる。1.1725ドルに28日のNYカットのオプション、1.1700ドルに買いオーダーが控えている。

 ポンドは、イングランド銀行の早期利上げという買い材料を、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)への警戒感やカーニーBOE総裁の利上げ限定的発言が打ち消しつつある。こちらは、ブレグジットの問題からポンドショートに市場は傾きやすいが、ここ暫くの上げでポジションは軽くなっているようだ。下方向へのバイアス継続で、売り仕掛けに要警戒か。
 ユーロ円は、日欧金融政策のかい離、解散・総選挙の株高・円安傾向、安倍政権の経済対策への期待感は買い材料。しかしながら、独仏の政局混迷懸念、北朝鮮による水爆実験への懸念が上値を抑える展開を予想する。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・転換線の1.1875ドル、ユーロ円は一目・転換線の133.08円、ポンド円は9月25日高値の152.27円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは8月17日安値1.1662ドル、ユーロ円は一目・基準線の131.48円、ポンド円は9月27日の安値の150.54円が下値のめど。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=米税制改革案への期待感でドル強含みか

本日のロンドン為替市場では、政治関連でユーロドルが動意付きそうだ。米サイドを見ると、トランプ政権が公表予定の税制改革案への期待感を受けドル買い・ユーロ売りとなるか。欧州サイドでは、メルケル独首相の連立政権協議が難航する可能性が高まっていること、支持率が下がり始めたマクロン仏大統領の政権運営能力への懸念などもユーロ売り圧力を強めている。
 現在のオーダー状況は、1.18ドル前半、1.1850ドル、1.1900ドルには売りオーダーが観測される。1.1854ドルと1.1900ドルには29日NYカットのオプションもあり、上値の動きは限定されそうだ。しかしながら下サイドも、1.1750ドルと1.1700ドルには買いオーダー、1.1725ドルに28日NYカットのオプションが控えているため、下落した場合も売りの勢いは弱まるか。

 ユーロ円は、日欧金融政策のかい離や安倍政権による経済対策への期待感は買い材料。しかし、独仏の政局混迷懸念、北朝鮮情勢への警戒感が上値を抑える展開を予想する。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・転換線の1.1896ドル、ユーロ円は5日移動平均線の133.06円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは一目・雲の上限の1.1725ドル、ユーロ円は一目・基準線の131.45円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ハト派のプラートECB理事講演に要警戒か

本日のロンドン為替市場では、昨日のドラギECB総裁とクーレECB理事のハト派スタンスに続き、ハト派のプラートECB理事の発言に注目する展開となる。
 ユーロドルのオーダー状況は、上サイドには1.1900ドルに売りとNYカットのオプションが観測され、下サイドでは1.1800ドルには買いオーダー、割り込むとストップロスが控えている。地合いが弱いなか、ハト派発言を受けた売り仕掛けに要警戒か。
 ドイツではメルケル独首相の連立政権の構築が難航する可能性が高まっていること、フランスではマクロン仏政権への風当たりが強まっていることで、今後の政権運営に暗雲が漂い始めている。安定しているとみられていた独仏の政局に不透明感が増してきたことで、ユーロにとっても重しとなりそうだ。

 ユーロ円は、日欧金融政策のかい離や安倍政権による経済対策への期待感は買い材料。しかし、前述した独仏の政局混迷懸念、北朝鮮による水爆実験への警戒感が上値を抑える展開を予想する。
 ポンドドルは、イングランド銀行の早期利上げ観測という買い材料と、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)への警戒感、英国格下げという売り材料との攻防。ただし、金利面ではカーニーBOE総裁の利上げは限定的との発言もあり、上値は限定的か。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・転換線の1.1933ドル、ユーロ円は5日移動平均線の133.26円、ポンド円は5日移動平均線の151.25円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは一目・雲の上限の1.1723ドル、ユーロ円は一目・基準線の131.37円、ポンド円は一目・転換線の149.04円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル、独仏政局への警戒感で伸び悩み

本日のロンドン為替市場では、ユーロドルがドイツとフランスの選挙結果を受けて伸び悩む展開を予想する。ドイツ連邦議会選挙では、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)への得票率が1949年以来最低となり、連立政権の構築難航の可能性がでてきた。フランスの上院選挙では、マクロン仏大統領の共和国前進が29議席から23議席へと敗北したことで、今後の政権運営に暗雲が漂い始めている。
 本日は、ドイツの9月のIfo景況指数やドラギECB総裁の講演に注目しながら、1.1900ドルと1.2000ドルのNYカットのオプションの間で上値が重い展開を予想する。

 ユーロ円は、日欧金融政策のかい離や安倍政権による経済対策への期待感は買い材料だ。しかしながら、独仏の政局混迷懸念や北朝鮮による水爆実験への警戒感が上値を抑える展開となりそうだ。

 ポンドドルは、イングランド銀行の早期利上げ観測という買い材料と、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)への警戒感、英国格下げという売り材料との攻防。カーニーBOE総裁の利上げは限定的との発言で上値は限定的か。

想定レンジ上限
・ユーロドルは9月20日の高値の1.2033ドル、ユーロ円は2015年12月4日高値の134.60円、ポンド円は9月21日の高値の152.86円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは9月20日の安値の1.1862ドル、ユーロ円は一目・転換線の132.52円、ポンド円は9月22日の安値の150.69円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=メイ英首相の演説とユーロ圏PMIに要注目

本日のロンドン為替市場では、メイ英首相による将来の英国と欧州連合(EU)との関係に関する演説に要注目となる。
 メイ英首相は、EU離脱後の移行期間に200億ユーロを支払う用意があると表明すると報じられている。バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官は、離脱請求書として1000億ユーロを要求しており、今後の歩み寄りを見極めることになる。もし、英国側が支払いに前向きな姿勢を示した場合、イングランド銀行の早期利上げ観測とともに、ポンド買い要因となる。ただし、カーニーBOE総裁が利上げは限定的と述べたことで、ポンドの上値は限定的か。
 
 ユーロドルは、ユーロ圏9月の製造業・サービス業PMI(速報値)を見極めながら、1.1925ドルと1.1950ドルのNYカットのオプションを意識した値動きが予想される。10月のECB理事会でのテーパリング表明観測が高いものの、期間再延長の選択肢が温存される可能性もあることで、上値攻めの勢いもそれほど強まらないか。
 ユーロ円は、日欧の金融政策のかい離、10月のECB理事会でのテーパリング表明観測と衆議院解散・総選挙のリスク選好の円売りを受けて堅調に推移している。しかしながら、週末の朝鮮半島の地政学リスク回避の円買いも頭に入れておきたい

想定レンジ上限
・ユーロドルは9月20日の高値の1.2033ドル、ユーロ円は2015年12月4日高値の134.60円、ポンド円は2016年5月6日安値の153.65円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは一目・基準線の1.1901ドル、ユーロ円は5日線の133.86円、ポンド円は5日線の151.62円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ドラギECB総裁の講演に要警戒か

本日のロンドン為替市場では、次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)でのバランスシート縮小開始、12月FOMCでの追加利上げ観測の台頭を受けて、ユーロドルとポンドドルは伸び悩む展開が予想される。
 また、ドラギECB総裁の講演も注目される。10月の欧州中央銀行(ECB)理事会でテーパリング表明に対する観測が高まっている。しかし、期間再延長の選択肢が温存される可能性も残り、ECB総裁の発言内容には注意したい。また、同総裁のユーロ高へのけん制発言にも要警戒となる。
 ポンドドルも、イングランド銀行の早期利上げ観測が高まっているものの、FOMCの年内再利上げ期待やカーニーBOE総裁が利上げは限定的と述べたことで、ポンド買いとドル買いの綱引き状態か。

 ユーロ円は、10月のECB理事会でのテーパリング表明観測と衆議院解散・総選挙のリスク選好の円売りを受けた買い要因と、朝鮮半島の地政学リスク回避の円買いのせめぎ合いが予想される。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・転換線の1.1937ドル、ユーロ円は9月19日高値の134.17円、ポンド円は2016年4月18日安値の152.53円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは8月31日安値の1.1823ドル、ユーロ円は一目・転換線の131.94円、ポンド円は5日線の150.96円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=FOMCの結果待ちで動意に乏しい展開か

本日のロンドン為替市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果、イエレンFRB議長の会見を控えて動意に乏しい展開が予想される。ユーロドルは21日満期のNYカットのオプションが1.1950ドルに控えており、1.1950ドルを軸にした値動きが予想される。10月の欧州中央銀行(ECB)理事会でのテーパリング表明観測から底堅く推移しているものの、期間再延長の選択肢が温存される可能性もあることで、上値は限定的か。
 ユーロ円は、ECB理事会でのテーパリング表明観測と衆議院解散・総選挙のリスク選好の円売りを受けた買い要因と朝鮮半島の地政学リスク回避の円買いのせめぎ合いが予想される。
 ポンドは、カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁が利上げは限定的と述べたことや、メイ英政権の政局混迷懸念から伸び悩む展開が予想される。

想定レンジ上限
・ユーロドルは8日高値の1.2092ドル、ユーロ円は2015年12月4日高値の134.60円、ポンド円は19日高値の151.59円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは一目均衡表・基準線の1.1877ドル、ユーロ円は5日線の132.97円、ポンド円は5日線の150.06円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=独9月のZEW景況指数に要注目か

本日のロンドン為替市場では、19-20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて動意に乏しい展開のなか、ドイツの9月のZEW景況指数に注目する展開が予想される。ユーロドルは21日満期のNYカットのオプションが1.1950ドルに控えており、ドイツの経済指標にサプライズがなければ、1.1950ドルを軸にした値動きが予想される。ユーロ円は、10月の欧州中央銀行(ECB)理事会でのテーパリング表明観測と衆議院解散・総選挙のリスク選好の円売りを受けた買い要因と朝鮮半島の地政学リスク回避の円買いのせめぎ合いが予想される。
 ポンドは、カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁が利上げは限定的と述べたことで、上値が重い展開が予想される。

想定レンジ上限
・ユーロドルは8日高値の1.2092ドル、ユーロ円は2015年12月4日高値の134.60円、ポンド円15日高値の151.55円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは一目均衡表・基準線の1.1877ドル、ユーロ円は5日線の132.37円、ポンド円は5日線の149.10円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=カーニー総裁のポンド高への見解に要警戒

本日のロンドン為替市場では、イングランド銀行(BOE)の早期利上げ観測を背景にしたポンドの上伸余地を見極める展開となる。昨年6月のブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)で下放れたポンド相場の攻防の分岐点は、ポンドドルは1.4000ドル、ポンド円は152円付近となり、政治的要因での売りが、政策金利引き上げ観測という経済的要因の買いで相殺されようとしている。
 本日は、カーニーBOE総裁の講演が予定されており、英中銀金融政策委員会(MPC)が示唆した早期利上げ観測、ポンド高への見解に要警戒となる。
 本日は、ユーロ圏8月の消費者物価指数・確報値(予想+1.5%)が発表されるが、速報値+1.5%と同じならば動意なしだが、下方修正された場合には要警戒か。

想定レンジ上限
・ポンド円の上値めどは15日高値の151.55円。

想定レンジ下限
・ポンド円の下値めどは本日安値の150.44円。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ポンドは堅調地合いが続くか、次なる水準は

本日のロンドン為替市場では、北朝鮮情勢への警戒感からリスク回避の円買いと、金融政策の正常化を目指す英、欧州中銀に対する期待感で、ポンド円とユーロ円は売り買いの綱引きとなるか。週末を控えてリスクを減らす動きも考えられるが、昨日の英中銀金融政策委員会(MPC)で早期利上げ観測が浮上し、ポンドは底堅い値動きが続きそうだ。そこで、ポンドがさらに上昇した場合の目標値を考えてみたい。

 ポンド円は、昨年12月以来の高値148.35円を昨日つけ、本日の北朝鮮ミサイル発射で146円半ばまで下落したものの、147円半ばまですぐに回復している。まずは、2016年12月の高値148.46円が目先のターゲットだが、次は195.89円(2015年6月24日高値)から121.61円(2016年10月7日安値)の下落幅の38.2%戻しの149.99円か。そこを超えると、半値戻しの158.75円やブレグジット急落前の160円前半も視野に入ってきそうだ。

 昨日のポンドドルは昨年9月以来の1.34ドル台まで上昇した。まずは、2016年7月の高値1.3475ドルが目標値となる。その上になると、1.7192ドル(2014年7月15日高値)から1.1841ドル(2016年10月7日安値)の下落幅の38.2%戻し1.3885ドル、そこを抜けると半値戻しの1.45ドル前半がターゲット水準となる。
 7月20日以来の水準0.8867ポンドまでポンド高となったユーロポンドにも、ポンドの下支えとなるか注意したい。まずは、今年の上昇幅(0.8314-0.9307ポンド)の半値押し、0.8810ポンドがポイントとなるか。

想定レンジ上限
・上述した水準、ポンド円は148.46円、ポンドドルは1.3475ドルが上値めど。

想定レンジ下限
・ポンド円は本日オセアニアタイムの安値146.64円、ポンドドルは8月3日高値1.3267ドルが下値めど。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ポンドドル、本日MPC後の議事録に警戒

ユーロドルは、9月8日に年初来高値となる1.2092ドルまで上昇した以後は上値が重くなっている。しかし欧州中央銀行(ECB)からユーロ高に対してのけん制はあるものの、依然としてテーパリングからの金利上昇期待は根強く、下値は限定的だろう。上方向は明日NYカットのオプションオーダーが1.2000ドルにあるため上昇局面で勢いは弱まるだろうが、1.18半ばから買いオーダーも控えている。
 ポンドドルは本日今週の最大のイベントでもあるイングランド銀行金融政策委員会(MPC)が予定されている。昨日発表された英8月失業率は2.3%と予想通りだったものの、失業保険申請件数が-2800人(予想+600人)、平均賃金が+2.1%と伸び悩んだことで、利上げ期待は再び後退している。政策金利は市場の予想の据え置きを翻すことはないだろうが、その後の議事録には注意が必要だ。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは日足一目均衡表・転換線1.1972ドル、ポンドドルは昨日高値1.3329ドルが上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・雲の上限1.1710ドルが意識されるが、やや遠いため8月31日安値1.1823ドルが支えか。ポンドドルは日足一目均衡表・転換線1.3119ドルが下値めど。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=英雇用指標でポンド買いに勢いが増すか

ポンドは明日のイングランド銀行金融政策委員会(MPC)が今週最大のイベントではあるが、昨日のポンド上昇が継続されるかは本日の英8月雇用指標もポイントなるか。
昨日は、英8月消費者物価指数が前年比+2.9%と、前回+2.6%と予想+2.8%を上回る結果にポンドが急騰した。ポンドドルが1.32ドル近辺から1.32ドル後半、ポンド円が144円前半から円売り地合いにも乗り146円半ばへ、ユーロポンドが0.90ドル後半から前回MPC(8月3日)直後の水準0.89ドル後半までポンド買いとなった。東京タイムでもポンドは底堅く推移し、対ドルでは2016年9月以来の1.33ドル台乗せまで強含んでいる。
 
 ポンドドルは今年に入り、EU離脱の不透明感や英利上げ期待の後退を言われながらも、下値を切り上げて上昇してきている。ポンド円も、日足一目均衡表では買いシグナルとなる三役好転(一目・雲の上で推移し、転換線が基準線を上回り、遅行スパンが実線を上回る)となった。明日のMPCは政策金利0.25%を据え置くというのが大方の予想だが、昨日の指標結果で年後半の利上げ期待が上向いてきている。本日の英雇用指標で英経済の堅調さが確実視されれば、ポンド買いに勢いがつきそうだ。

想定レンジ上限
・ポンドドルは、昨年6月24日高値1.5018ドルから10月7日安値1.1841ドルまでの下落幅の半値戻し1.3429ドル、ポンド円は7月17日高値147.63円が上値めど。

想定レンジ下限
・ポンドドルは12日安値1.3161ドル、ポンド円は日足一目均衡表・転換線143.89円が下値めど。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロ ハト派ムード漂い始め調整進展も

ユーロはドル買い戻しの流れのなか、1.1946ドルまで下落幅を広げた。ユーロ円は130円後半でもみ合い。

 昨日はドル反発もユーロドルの重しとなったが、クーレECB理事が「インフレ目標達成に必要な期間は長くなる可能性がある」と述べ、背景としてユーロ高の影響にも触れていた。高値圏にあったユーロドルの調整を誘いやすい地合いといえた。
 本日、欧州では英インフレ指標の発表が控えている。強めの予想値も散見され、強い結果となれば対ポンドでのユーロ売りが手掛かりとなり、対ドル、対円でもユーロが軟化する展開が想定できる。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは年初来高値1.2092ドルが意識されるが、やや距離感があるため、ピボット・レジスタンス1.2010ドルなど目先の節目付近での動きを確認したい。ユーロ円は7日高値131.09円が目先の抵抗。上抜けば、次は8月30日高値131.71円が視野に入る。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・基準線1.1877ドルが支え。その下に8月31日安値1.1823ドルが控えている。ユーロ円は129.97円前後で推移する21日移動平均線付近で落ち着きどころを探ることになるか。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ポンド、底堅い値動きも上値は限定的か

ロンドン市場のポンドは明日の英8月消費者物価指数(CPI)の発表を控えて、ポンドドルの年初来高値1.3267ドルや、ポンド円の日足一目均衡表・雲の下限143.23円と90日移動平均線143.61円などの水準が意識されそうだ。先週のポンドは堅調な値動きが続き、対ドルでは約1カ月ぶりに1.32ドル台乗せとなった。対円では北朝鮮リスクに対しても141円台で底堅く推移し、本日のオセアニア市場で143円台まで上昇している。対ドルでの1.32ドル台回復は、8月3日に英中銀金融政策委員会(MPC)が6対2で政策金利据え置きを決定して以来となった。
 明日の英8月CPIは前年比で前回の+2.6%を上回る数値が予想されている。8月以来、英早期利上げ期待は後退しているものの底堅い値動きが続くポンドにとって、さらに下支えとなるような結果になるか注目したい。ただし明日の指標を控えて、本日はポンドの上値も年初来高値やチャートポイントまでが精一杯となりそうだ。

想定レンジ上限
 ポンドドルは8月3日高値(年初来高値)1.3267ドル、ポンド円は90日移動平均線143.65円が上値めど。

想定レンジ下限
 ポンドドルは日足一目均衡表・雲の上限1.3087ドル、ポンド円は21日移動平均線141.60円が下値めど。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=オプション関連の売りが上値抑制か

本日のロンドン市場のユーロドルは、10月の欧州中央銀行(ECB)理事会でのテーパリング表明の可能性を受けて堅調推移が予想されるものの、NYカットのオプションが上値を抑える可能性が高いと予想する。本日のNYカットのオプションでは、1.2050ドルの行使価格が控えており、1.2050ドル以上ではガンマ売りが上値を抑えそうだ。
 オーダー状況は、1.2050ドル、1.2000ドル、1.1950ドルにNYカットのオプションが控えている。
 ユーロ円は、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスク回避の円買い圧力により伸び悩む展開が予想される。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは2015年1月の高値1.2109ドル、ユーロ円は9月7日の高値の131.09円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・転換線の1.1947ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線の129.64円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ECB理事会声明とドラギ総裁会見に要注目

本日のロンドン市場のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)理事会声明とドラギECB総裁の会見に要注目となる。
 ユーロドルが年初来13%強の上昇で1.20ドル台に乗せたことでインフレ抑制要因となっており、7月の理事会同様にユーロ上昇への警戒感が示されるか否かに要注目となる。また、インフレ見通しが下方修正される可能性も警戒されている。テーパリングの表明時期は10月か12月の理事会と見込まれているものの、来年以降に先送りとの観測報道もあることで要警戒か。
 オーダー状況は、1.1930ドルに11日のNYカットのオプション、1.1950ドルに8日のNYカットのオプション、1.2000ドルには売りオーダーとNYカットのオプション、1.1850ドルには8日のNYカットのオプション、1.1800ドルには買いオーダーが控えている。

 ユーロ円は、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスク回避の円買い圧力もあるが、本日はユーロドルの動きについて行くことになりそうだ。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは9月1日の高値1.1980ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・転換線の130.54円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・基準線の1.1866ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線の129.64円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=明日のECB理事会前で動意薄か

本日のロンドン市場のユーロドルは、明日7日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて動きづらい展開のなか、米長期債利回りの低下を受けて底堅い値動きを予想する。ただし、ユーロ圏や欧州中央銀行(ECB)高官からユーロ高への懸念が表明されていること、テーパリング表明は12月の欧州中央銀行(ECB)理事会まで先延ばしされるとの思惑から、上値も限定的か。明日の注目材料は、ドラギECB総裁がテーパリング表明の時期を特定するか否か、ユーロ高への懸念を表明するか否かとなる。

 オーダー状況は、1.1930ドルに11日のNYカットのオプション、1.1950ドルに8日のNYカットのオプション、1.2000ドルには売りオーダー、1.1850ドルには8日のNYカットのオプション、1.1820ドルと1.1800ドルには買いオーダーが控えている。

 ユーロ円は、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスク回避の円買い圧力が強まりつつあることで、軟調推移が予想される。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは9月1日の高値1.1980ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・転換線の高値130.42円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・基準線の1.1866ドル、ユーロ円は8月24日の安値の128.55円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=欧州中央銀行(ECB)理事会前で動意薄か

本日のロンドン市場のユーロドルは、7日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて動意に乏しい展開を予想する。
 本日は、8月のサービス業PMI(仏、独、欧、英)やユーロ圏の7月の小売売上高が発表されるが、予想から大幅に外れていない限り影響は限定的か。ユーロ圏高官や欧州中央銀行(ECB)高官からユーロ高への懸念が表明されていること、欧州中央銀行(ECB)関係者の話として、12月の欧州中央銀行(ECB)理事会までテーパリング表明の準備が整っていないことなどは、ユーロドルの上値の重しとなりそうだ。今週は、ドラギECB総裁の会見でテーパリング表明の時期やユーロ高への言及がされるかが注目材料となる。
 オーダー状況は、1.1930ドルに11日のNYカットのオプション、1.1850ドルには8日のNYカットのオプション、1.1800ドルには買いオーダーが控えている。

 ユーロ円は、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスク回避の円買い圧力が強まりつつあることで、伸び悩む展開が予想される。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは9月1日の高値1.1980ドル、ユーロ円は8月30日の高値131.71円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・基準線の1.1866ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線129.64円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=NY市場休場で動意に乏しい展開か

本日のロンドン市場のユーロドルは、ニューヨーク市場がレーバーデーで休場、そして、7日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控えていることで動意に乏しい展開を予想する。
 ユーロ圏高官やECB高官からユーロ高への懸念が相次いで表明されていること、ECB関係者の話として、12月の理事会までテーパリング表明の準備が整っていないことなどから、ユーロドルの上値は限定的か。

 オーダー状況は、上サイドは1.19ドル台が薄く、1.2000ドルに売りオーダーと5日のNYカットのオプションが観測されている。下サイドでは、1.1930ドルに11日のNYカット、1.1850ドルには8日のNYカットのオプション、1.1800ドルには買いオーダーが控えている。

 ユーロ円は、ユーロの上値が限定的であり、朝鮮半島情勢を巡る地政学的リスク回避の円買い圧力が強まりつつあることで、軟調推移が予想される。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは9月1日の高値1.1980ドル、ユーロ円は8月30日の高値131.71円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは8月31日の安値1.1823ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線129.64円や本日オセアニア市場の安値129.48円付近が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=依然上昇トレンドも、本日は雇用統計次第

昨日のユーロドルは、ECB当局者がユーロ高をけん制との噂が出たことで1.1823ドルまで下落した。しかし、米長期金利が低下するとドル売りが進み、再び1.19ドル台を回復し1.1913ドルまで上昇した。東京時間もその流れをついで1.19ドル前半で底堅い動きをみせているが、本日は雇用統計を控えていることもあり小幅なレンジで推移している。
 ロンドン時間のユーロドルは、雇用統計次第で動くことには変わらないだろうが、大きなトレンドは依然ユーロ買い方向と思われる。昨日、ジャクソンホールでユーロが上昇する前の水準まで戻したことで、チャート上のギャップも埋めている。雇用統計後に米金利が急激に高騰するか、ユーロ高に対して懸念を表明する声が出てこない限り、ユーロドル下値は限定的だと思われる。
 オーダーをみると、下値はストップロスの売りがあるものの、買い遅れている市場参加者の買い意欲は強い。上値は本日の雇用統計後のNYカットにオプションを設定している参加者が多く、上昇局面ではオプションに絡んだ売りが出てきそうだ。

 ユーロ円は、ここ数日は130円後半から131円後半のレンジで取引されているが、しばらくの間は底堅いながらもレンジで推移することになりそうだ。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは年初来高値1.2070ドル、ユーロ円は2016年高値132.32円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは昨日の安値1.1823ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・転換線130.02円が下値めど。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,