タグアーカイブ: リスク

EU規制当局、消費者に仮想通貨購入のリスクについて注意喚起【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

欧州証券市場監督局(ESMA)、欧州銀行監督局(EBA)及び欧州保険・企業年金監督局(EIOPA)らの監督当局 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】エリスRBA総裁補佐「高負債の家計にとって、賃金上昇の鈍さはリスク」

エリスRBA総裁補佐
「高負債の家計にとって、賃金上昇の鈍さはリスク」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】市場の目=中国と米国の貿易巡る火種ますますくすぶる 金融市場の動揺への対応は新たな火種となるリスクも

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

中国と米国の貿易を巡る火種はますますくすぶる
金融市場の動揺への対応は新たな火種となるリスクも

 足下の世界経済は自律回復の動きが続いて貿易量も底入れするなか、中国経済は内・外需の双方で持ち直しの動きを強めている。1月の輸出額は前年比+11.1%と3ヶ月連続で二桁の伸びとなり堅調さが続いている。世界的な需要拡大を背景に加工組立輸出が拡大基調を強めているほか、一般的な輸出財も堅調を維持した模様である。主要国向けが軒並み堅調に推移しており、世界経済の回復に乗ったと捉えられる。

 一方の輸入額は前年比+36.9%と輸入以上に拡大した。輸出の堅調さを背景に加工組立向けの部材需要が堅調なほか、石炭輸入規制の解禁措置なども輸入額を押し上げている。また、今年の春節の時期のズレや国際商品市況の上昇、先行きの生産拡大を見越した前倒し需要も輸入額の上振れに繋がった模様だ。よって、翌月は輸入額が鈍化するとみられ、数字を均してみれば伸びは堅調な水準に留まると予想される。

 輸入増を理由に1月の貿易黒字は+218.95億ドルに縮小したが、その太宗が対米黒字であることから、米トランプ政権の対中批判は弱まりそうにない。足下では直接的な対話不足が両国の緊張状態を招いている可能性があり、仮に最悪の事態が起きれば世界経済の下振れに繋がるリスクもあり注意が必要である。

 中国は2015年に株バブルの崩壊や人民元相場の下落に見舞われたが、当局の資本規制や実体経済の持ち直しも追い風に足下では落ち着きを取り戻している。ただし、足下では海外資金の流入が活発化する動きがみられ、先週末以降の国際金融市場の動揺による影響が懸念される。仮に資本規制強化に動けば政策の不透明感が嫌気されることに加え、米トランプ政権との新たな対立の火種となることも懸念される。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【発言】メルシュECB理事「仮想通貨のリスクを注意深く見守るべき」

メルシュECB理事
「規制当局は仮想通貨のリスクを注意深く見守るべき」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【発言】米シカゴ連銀総裁「リスクはインフレ上昇の可能性が高い」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「リスクはインフレ上昇の可能性が高い」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】モスコビシ欧州委員「過度な株価変動はリスク」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
「過度な株価変動はリスク」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】市場の目=中国は堅調維持も、「中国は違う」と言い切れるか 過剰債務が抱えるリスクの過小評価は禁物

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

中国は堅調維持も、「中国は違う」と言い切れるか
市場の特殊性を勘案しても過剰債務が抱えるリスクの過小評価は禁物

 昨年末にかけての世界経済は自律回復の足取りを一段と強める流れが続き、年明け以降もその勢いは概ね変わっていない。新興国経済をけん引する中国の製造業景況感は引き続き好調を維持しており、世界経済の拡大を促している。過剰生産能力抑制や環境配慮の動きに伴い一部の重厚長大産業で減産圧力がくすぶるほか、公共投資の進捗鈍化が重石となる動きはみられる。ただし、足下の中国製造業は民間部門を中心に世界経済の自律回復の流れが生産を後押しする好循環の波に乗っていると評することが出来る。

 金融市場では先行きの中国に対して「強気」の見方が大勢を占める。ただし、世界経済の拡大余地は狭まりつつある上、先進国による金融政策正常化の動きが金融市場に与える影響が表面化するリスクはくすぶる。中国当局は今年の経済政策を「穏中求進」とするスタンスを維持するが、金融システムリスク抑制に向けた過剰債務の削減が急務である。中国は独自のペースでの対応強化を図る模様だが、効果は未知数な上、市場動揺への対応が不得手なことを勘案すれば「中国は違う」という過度な楽観視は禁物と言える。

 また、今年は財政・金融政策への依存度を弱める姿勢をみせており、昨年来の持ち直しの勢いが弱まる一因になるとみられる。過剰債務への対応が新たなモラルハザードを生むリスクもあるなど注視すべき材料は多い。足下の新産業の活発化は「カネ余り」も後押ししており、対応を誤れば状況が一変することも懸念される。短期的に中国経済は楽観材料が多いが、中長期的には慎重さを持ち合わせることも重要である。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

相場観察男:リスク(LSK)の特徴や将来性 予想をわかりやすく徹底解説【FISCOソーシャルレポーター】[FISCO]

以下は、フィスコソーシャルレポーターの相場観察男氏(ブログ「相場観察チラシの裏」)が執筆したコメント (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

米セーフガード措置、通商紛争のリスクはらむ=独連銀総裁

[フランクフルト 30日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は30日、米政権がこのほど洗濯機と太陽光パネルに緊急輸入制限(セーフガード)を発動したことについて、敗者のみを生み出す通商紛争のリスクをはらむとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】BOE総裁「家計負債が英国経済の主要なリスクの一つ」

カーニーBOE総裁
「家計負債が英国経済の主要なリスクの一つ」
「生産性の回復を予測する」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

仮想通貨、違法活動に利用されるリスクが最大の懸念=米財務長官

[ダボス(スイス) 25日 ロイター] – ムニューシン米財務長官は25日、仮想通貨を巡る最大の懸念は違法な活動に利用されることだとし、そうした事態を回避することが最も重要だと述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

中国、貧困・公害・リスクの縮小に重点=李首相

[北京 23日 ロイター] – 中国の李克強首相は23日、貧困、公害、リスクを減少させる必要があると述べ、今年の改革を進めるに当たり、これらが経済にとって「3つの厳しい闘い」になるとの考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京為替見通し=ドル円はレンジ内で方向感ないが、リスク大きいのは下方向

 NYタイムの為替相場は、19日期限の米2018年会計年度暫定予算への懸念で一時ドルが売り込まれた。ドル円は111円前半から110.70円まで下落し、ユーロドルは1.2265ドル、ポンドドルが1.3913ドルまで上値を伸ばした。トランプ米大統領や共和党上層部は、民主党次第で政府機関が閉鎖されてしまう可能性を示唆した。しかし、午後には米下院で可決のために十分な賛成票を得たとの一部報道で、再びドルが買い戻された。ドル円は111円前半を回復し、ユーロドルは1.22ドル前半へ押し戻され、ポンドドルが1.38ドル後半でじり安となった。
 本日の東京為替市場のドル円は、昨日のレンジの中で方向感のない取引になりそうだ。この1週間の東京時間のフローをみると、東京仲値をはじめ円売り需要は旺盛だ。大手邦銀は実際の水準以上に東京仲値を右寄せにして値決めしているが、仲値後にも円売り需要が止まない。本日も同様に円売り需要はあるだろう。しかし、昨日も111.48円までしかドルは上昇せず、依然としてドル売りができていない参加者も多い。週末リスクを考慮して、本邦勢を中心に上値にドル売りオーダーを、平日以上に多く置いてくることが考えられる。
 リスクを考えると、米2018年会計年度暫定予算に対しては、可決したときよりも否決のリスクのほうが市場の動きとしては大きいだろう。また日米ともに株価が不安定で、投資家の不安心理を示すVIX指数は12.22と上昇基調のままだ。ドルが大きく買われる地合いでもなく、リスクはドル売りのほうが大きいのは間違いないだろう。
 オーダーは現時点で、昨日の高値の上111.50円から断続的に114円まで売りが続いている。上記のように週末を前にして、東京時間以後は本邦勢の売りが厚くなってくる可能性がある。下値は110円半ばから110.00円は買いが優勢で、特に110.00円は買いが厚めになっている。この買いオーダーを背にしてドルロングをしている短期筋もいるため、110.00円を割り込むとストップロスも出てくる。
 ユーロドルは、昨日も1.21ドル後半から1.22ドル後半までのレンジで乱高下した。トレンドが出ていなく、市場参加者は上値も下値も突っ込んで痛手を被っている。トレンドが出てくるまでは様子見になるだろう。また21日に独社会民主党(SPD)が連立協議継続の是非を問う投票に関する会合開催されるため、週末を前に大きなリスクを持つのは注意が必要だろう。オーダーもレンジの外を中心に上は売り、下は買いになっているが、両サイドともアマウントは大きくはない。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,