タグアーカイブ: リスクオン

【NY為替オープニング】リスクオン、新年度に向け

◎ポイント
・米・12月消費者信頼感指数(予想:128.0、11月:129.5)
・米・11月中古住宅販売成約指数(前月比予想:-0.5%、10月:+3.5
%)
・米財務省5年債入札(340億ドル)
 27日のニューヨーク外為市場は年末で参加者が限られる中、新年度に向けたリスク選好の動きが優勢となる可能性がある。本日発表が予定されている米国の12月消費者信頼感指数や11月中古住宅販売成約指数や米財務省が実施する5年債入札(340億ドル)が相場材料となる。
米国株式市場では、通年のように年末ラリーは見られなかった。昨年11月の大統領選挙で、ビジネスマンであるトランプ大統領が選出されて以降、株式相場は9カ月連騰を記録。トランプ大統領による税制改革を柱とした経済政策の実施の効果はかなり織り込まれていたとも考えられる。
一方で、法人税減税を柱としたトランプ政権による税制改革が経済に与える効果に不透明感も強い。米国債市場で2年債と10年債の利回り格差が依然過去最小付近にあり景気後退を示唆するとの見方も根強い。
トランプ政権が実施する税制改革による経済効果、2018年の米連邦公開市場委員会(FOMC)がタカ派に傾斜することはドル買い材料となる。しかし、同時に、欧州、英国などの景気回復ペースが加速するため、2018年はどちらかというと、ドル安予想も少なくない。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円64銭を上回っている限り上昇基調。
・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1484ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。
ドル・円113円23銭、ユーロ・ドル1.1893ドル、ユーロ・円134円67銭、ポンド1.3423ドル、ドル・スイスは0.9892フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , ,

【NY為替オープニング】米税制改革法案成立でリスクオン、予算案の行方がリスク

◎ポイント
・米上下両院、共和党税制改革案を可決
・日銀、金融政策据え置き
・黒田日銀総裁「物価目標2%達成目指し、粘り強く緩和継続へ」
 
 21日のニューヨーク外為市場は米国の上下両院が共和党税制改革法案を可決、成立のめどがたったためドル買いやリスク選好の動きが継続すると見られる。リスクは明日22日に失効する暫定予算の行方。万が一、共和党と民主党が合意しなければ米政府機関閉鎖の危機に直面することになる。国家経済会議(NEC)のコーン委員長は「政府機関閉鎖はない」と自信を表明。来年1月20日までの暫定予算で再び合意される公算が強いと見られている。
上下両院は20日、共和党税制改革法案を可決。今後、案はトランプ大統領に送付され、署名。成立となる。ただ、大統領の署名の時期は民主党との予算案の交渉次第のようだ。コーン委員長は、トランプ大統領が税制改革法案の年内の署名を望んでいるが、その前に予算案でメディケア(高齢者向け医療保険制度)などへの歳出の自動的な削減を引き起こし得る条件の適用が除外される必要があるだろうと指摘。前オバマ政権下、2010年に成立したPAYGO法の下では、共和党の税制改革法に伴って生じる1兆5000億ドルの歳入減に対応するため、来年からメディケアを含む複数のプログラムで数年にわたり幅広い歳出削減が行われることになる。
コーン委員長は政府閉鎖回避のために議会が今週可決させる必要のある短期の暫定予算案でPAYGO法の適用を除外すれば、トランプ大統領が年内に税制改革法案に署名するとした。米国の税制改革が成立するめどがたったため、トランプ政権はすでに、2018年度にインフラや政府の給付金制度の改革に着手する準備を進めている。来年1月にはまた、DACAなど移民法改定への取り組みも予定されている。
税制改革案では、法人税が恒久的に現行の35%から21%に引き下げられるほか、個人の税率も期間限定で引き下げられる。米国通信大手AT&Tや地銀などがすでに、投資の拡大や米国社員に対する特別ボーナス支給を発表している。共和党の税制改革案は中間層ではなく、富裕者層や法人を支援すると、国民に人気がない。支持率は50%を割り込む。共和党は、2018年の中間選挙に向けて、国民にいかに税制改革が生活を支援していくかを説得していくことになる。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円62銭を上回っている限り上昇基調。
・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1462ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。
ドル・円113円55銭、ユーロ・ドル1.1860ドル、ユーロ・円134円60銭、ポンド1.3360ドル、ドル・スイスは0.9890フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:リスクオン、米下院が税制改革法案を可決

 米税制改革法案は、下院採決で227対203で可決された。マコネル院内総務によると、上院はさっそくワシントンで19日夜採決を実施する予定。
税制改革の可決はほぼ織り込み済みと見られるが、米10年債利回りは2.46%まで上昇。ダウ平均株価は下げ幅を縮小し、9ドル安で推移した。ドル・円は113円00銭を挟んだもみ合いを継続。ユーロ・円は133円17銭から133円92銭まで上昇し、4日来の高値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日経平均は5日ぶり急反発、348円高 米税制改革法案の成立期待でリスクオン

[東京 18日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は5日ぶりに急反発。前週末比で348円高となり、終値は1週間ぶりに2万2900円台を回復した。米税制改革法案の成立期待の高まりで前週末の米国株が上昇した流れを引き継いだ。リスク選好姿勢が広がる中、序盤から幅広く買いが優勢の展開。TOPIXは11月8日に付けた終値ベースでの年初来高値を更新。石油・石炭を除く32業種が値上がりした。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【NY為替オープニング】米税制改革の年内成立期待でリスクオン

◎ポイント
・上院、税制改革案を可決
・英国のメイ首相と欧州の交渉責任者バルニエ氏が離脱協議で、合意に近いとの期待でポンド高
 4日のニューヨーク外為市場では米税制改革の年内成立期待、12月の利上げを織り込むドル買いが継続すると見る。リスクは米国の政府機関閉鎖やムラー特別検察官によるロシアとトランプ政権の癒着を巡る疑惑捜査の行方で、上昇も限定的か。
米国の上院は2日早朝に、税制改革案を僅差で可決。今後、上院と下院は両院案をすり合わせ、合意したのち、案を大統領に送る。大統領の署名を経て、案が成立することになる。共和党は来週中にもトランプ大統領が署名し成立を目指す。ただ、上下両院案には相違点も多く、年内成立に依然懐疑的見方も存続する。税制改革案の柱となる法人税は、上院案では2019年までに緩やかに引き下げ最終的に20%にする。一方、下院案では成立直後に20%を実施することが盛り込まれている。
さらに、8日に米国連邦政府の暫定予算の期限が失効する。政府機関の閉鎖を回避するため、議会は2018年9月末までの1兆ドル以上の予算案を可決するか、当面のつなぎ予算を承認する必要がある。どちらも承認できなければ、政府機関が一部閉鎖される危機に直面することになる。再びつなぎ予算で承認される可能性が強いとされる。
先週、ドナルド・トランプ米大統領の側近で前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のマイケル・フリン被告が連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をしたと有罪を認め、捜査に協力していると明らかにした。ムラー特別検察官はトランプ政権の中枢に向けた捜査に前進。ただ、大統領選挙においてロシアとトランプ政権を巡る疑惑が判明したわけではない。
当初ABCテレビはこのニュースに関連して、「フリン氏は『大統領選挙中にトランプ氏からロシア側と接触するよう指示された』と証言する用意がある」と報じ、米国株式相場が一時急落。しかし、その後、ABCテレビは、指示は選挙中ではなく、選挙後の政権移行の期間中だったと訂正したうえで、「深刻な誤りを深く後悔し、謝罪する」として、担当した記者を4週間、無給の停職処分にしたと発表している。
また、英国のメイ首相と欧州の交渉責任者バルニエ氏が離脱協議において、清算金などで合意に近いとの期待感からポンドも高い。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円69銭を上回っている限り上昇基調。
・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1385ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。
ドル・円112円95銭、ユーロ・ドル1.1856ドル、ユーロ・円133円92銭、ポンド1.3510ドル、ドル・スイスは0.9835フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , ,

マケイン議員でリスクオン、世界の株資源金利

  2017年 2017年    
  11月29日 11月30日
原油 57.3 57.4 0.10 0.17
1286.2 1276.7 -9.50 -0.74
CRB 190.91 189.17 -1.74 -0.91
ドルINDEX 93.25 93.12 -0.13 -0.14
コーン 354 356 2.00 0.56
大豆 993 987 -6.00 -0.60
16.57 16.57 0.00 0.00
パラジウム 1016 1012 -4.00 -0.39
プラチナ 940 943 3.00 0.32
JGB 0.03 0.035 0.01 16.67
10年債金利 2.378 2.421 0.04 1.81
米30年債金利 2.817 2.835 0.02 0.64
GM 43.81 43.09 -0.72 -1.64
フォード 12.56 12.52 -0.04 -0.32
グーグル 1021.66 1021.41 -0.25 -0.02
シティ 75.04 75.5 0.46 0.61
VISA 109.86 112.59 2.73 2.48
ボーイング 269.3 276.8 7.50 2.78
NYダウ 23940.68 24272.35 331.67 1.39
ナスダック 6824.39 6873.97 49.58 0.73
上海総合 3337.86 3317.19 -20.67 -0.62
FTSE 7393.56 7326.67 -66.89 -0.90
DAX 13061.87 13023.98 -37.89 -0.29
日経 22597.2 22724.96 127.76 0.57

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:リスクオン、共和党上院が税制改革採決に近づく、マケイン議員支持受け

難色を示していたコーカー議員に続き、マケイン上院議員が税制改革案を支持する方針を示した。これにより、共和党上院が今週中に本会議採決を実施する可能性が一段と強まった。米株は上げ幅を拡大。ダウ平均株価は米国東部時間午前11時現在173ドル高で推移した。米10年債利回りは2.39%まで上昇。
ドル・円は111円74銭から111円90銭へ戻した。ユーロ・円は133円08銭から133円48銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1931ドルで高止まりとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【NY為替オープニング】株高でリスクオン

◎ポイント
・米・10月シカゴ連銀全米活動指数:0.65(予想:0.20、9月:0.36←0.17)
・米・10月中古住宅販売件数(予想:540万戸、9月:539万戸)
・イエレンFRB議長、NYUのスターンスクールで講演
 21日のニューヨーク外為市場では米企業決算に焦点があたり、リスク選好の動きが優勢となっている。米税制改革に関しては依然不透明感と期待が入り混じっているものの、今週は感謝祭で議会休会のため、特に動きはない。また、議長の任期満了に伴い理事も退任することとなったイエレンFRB議長がNYUのスターンスクールで、英中銀のキング元総裁との会談を予定しており、発言に注目が集まる。
12月の追加利上げはほぼ織り込み済み。ドルも引き続き底堅い展開が予想される。ドイツの政局不透明感が存続するほか、欧州中央銀行(ECB)が資産購入プログラムを縮小軌道にあるものの非常に緩やかなペースになるとの見方がユーロの上値を抑える。ECBのドラギ総裁は20日の議会証言でインフレが目標に達しておらず、労働市場にも依然かなりのスラックが存在するため、域内経済には依然十分な金融緩和策が必要との考えを示した。
米連邦準備制度理事会(FRB)は声明で、トランプ大統領がすでに指名しているパウエルFRB理事が議長に就任後、イエレン議長が兼務している理事職も退任する意向であると発表した。議長の任期は2018年2月に満了となる。理事の任期は2024年1月であったため、イエレン氏は、理事としてFOMCに残る選択肢があった。
イエレンFRB議長は大統領に提出した辞表の中で、金融危機以降、金融システムがより強固になったほか、経済が2つの責務達成に近づいたとの見解を示し、パウエルFRB理事が超党派として任務を全うするであろうと信頼を表明した。パウエル氏は上院の承認を経て、議長に就任する。
フィッシャー米FRB副議長はすでに辞任。NY連銀のダドリー総裁も2018年中旬に退任する意向を表明している。イエレン議長の理事職退任で、過去4年間、10年ぶりの利上げに踏み切るなど、困難な舵取りで、重要な役割を担った連邦公開市場委員会(FOMC)の指導者らが2018年に大きく入れ替わる。トランプ大統領は7名の理事のうち、4名の理事の指名をすることになる。組織が大きく改変される。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円75銭を上回っている限り上昇基調。
・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1327ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。
ドル・円112円55銭、ユーロ・ドル1.1710ル、ユーロ・円131円90銭、ポンド1.3241ドル、ドル・スイスは0.9935フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , ,

LDN午前=リスクオンでクロス円上昇、ポンドも堅調

 ロンドンタイムの午前は東京時間の流れ同様にリスクオン相場になり、株とクロス円が上昇した。欧州株は昨日休場だった独DAXは1.5%を超える上げ幅をみせ、他の欧州株も軒並み堅調だった。リスクオン相場はクロス円も押し上げた。ドル円は114.00円にあった大きめの売りオーダーをこなし114.04円まで上昇したことで、ユーロ円は132.76円、スイスフラン(CHF)円は114.11円まで上値を広げた。欧州通貨は、ユーロドルは昨日と同じ1.16ドル前半を中心とした小幅なレンジだったが、ポンドは明日のイングランド銀行金融政策委員会(MPC)の政策金利発表での利上げ期待感から対ドルでは1.33ドルに乗せ、英10月の製造業PMIが56.3と市場予想の55.8を上回ったとで、一時先月13日以来となる1.3321ドルまで上昇した。ポンド円も151.80円まで上がった。
 オセアニア通貨は早朝のNZの雇用指標が好調だったことで、堅調に推移した。NZドル/ドルは0.6931ドル、NZドル円は78.98円、豪ドル/ドルは0.7689ドル、豪ドル円は87.61円まで上昇した。
 トルコリラ(TRY)相場は乱高下した。トルコ中銀の理事が、インフレの見通しが大幅に改善されない限り、金融引き締め策を維持すると発言したことを受け、TRY円は30.04円、ドルTRYは3.78TRY後半までTRY買いになったが、12月からインフレは低下すると発言したことで、ドルTRYは反転し3.8042TRY、TRY円は29.90円までTRY安が進んだ。なおトルコの政策金利は8.00%あり、次回の政策決定会合は12月14日に予定されている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京午前=リスクオンでクロス円堅調、オセアニア通貨は上値重い

 東京午前の為替市場は昨日の米国市場の流れを受けてドル円・クロス円が堅調に推移した。ドル円は113.09円、ユーロ円は133.43円、ポンド円は149.41円までリスクオンに傾いた。しかし韓国の聨合ニュースが、北朝鮮は米国に対し「予想外の時刻に想像できない打撃に直面することを覚悟せねばならない」と威嚇したことを報じたこともあり、再び113円を割り込んた。9月の本邦貿易黒字は6702億円、対米貿易黒字は6166億円となった。市場は反応薄だったが、貿易不均衡是正圧力への警戒感を高める黒字幅となっていることもあり、今後はトランプ政権からの圧力がかかる可能性もあるため注意が必要になるだろう。日経平均は13日連騰で1996年10月以来となる21500円台に乗せ、21503円で前引けした。
 欧州通貨はクロス円の買いがでていたため堅調に推移した。ユーロドルは1.1817ドル、ポンドドルは1.3229ドルと、昨日のNY時間でつけた高値を広げて上昇した。
 オセアニア通貨はボラタイルに動いた。NZドルは上値が重かった。本日NZファーストが連立政権を組む政党を発表することで、労働党と緑の党との連立の可能性もあり、リスクヘッジでNZドル/ドルは0.7133ドル、NZドル円は80.62円まで売りこまれた。豪ドルは豪9月の就業者数が1万9800人と市場予想の+1万5000人を上回り、9月の失業率も5.5%と市場予想の5.6%より改善したことで、対ドルでは0.7872ドル、対円では88.88円まで強含んだ。しかしNZドルの上値が重くなると、対ドルでは0.78ドル半ば、対円では88.70円前後まで戻された。注目されていた中国の7-9月期GDP・前年比は+6.8%で市場の予想通りだった。同時に発表された9月小売売上高(前年比)は+10.3%で市場予想の+10.2%より強く、9月鉱工業生産(前年比)は+6.6%で市場予想の+6.2%より上振れたが反応薄だった。
 東京午後はドル円とクロス円は上値を探る展開になりそうだ。北朝鮮リスクは依然として残るものの、日経平均の力強い上げ幅を見ると売り込む段階にはまだ無さそうだ。欧州通貨はクロス円の買いが支えそうだ。一番警戒しなくてはいけない通貨はNZドルだろう。NZファーストがどちらの政党と連立を組むのか、連立を組んだ場合の条件などにより大きく動く可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル・円一時113円へ、リスクオン、ダウは23000ドル台

[欧米市場の為替相場動向]
 NY外為市場ではリスク選好の動きが強まり、ドル・円は112円75銭から一時113円00銭まで上昇した。ユーロ・円は132円48銭から133円00銭まで上昇。
ダウ平均株価は23000ドル台での取引が続き、上値を探る展開。米10年債利回りは2.30%から2.35%まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,