タグアーカイブ: ユーロ買い

NY勢はユーロ買い・ドル売りから参入

 ロンドン午前から続いているユーロ買いはNY勢参入後も継続し、ユーロドルは1.1747ドルまで上値を伸ばし、ユーロ円も133.40円まで強含んだ。ユーロドル上昇によるドル売りにドル円は若干下押しされ、113.49円まで弱含んでいる。
 ポンドドルは1.30ドル後半で下げ渋り、1.3105ドル前後で推移。一方でポンド円は148円後半で上値が重い。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ユーロ買い強まる(NY午後)

スペイン・カタルーニャ自治州のプチデモン首相は議会演説で独立を問う住民投票結果の一時停止を表明したことからユーロ買いが強まる展開に。対円で132円82銭付近まで上伸し、対ドルで1.1810付近で底堅い値動きとなった。また、ドル円も米債利回りの低下幅縮小に伴い序盤に強まったドル売りの流れが一服すると112円43銭付近まで反発し午前の下げ幅を埋め、他クロス円もつれて徐々に値を上げている。5時01分現在、ドル円112.402-412、ユーロ円132.802-822、ユーロドル1.18152-160で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ユーロ買い優勢(欧州午前)

欧州勢本格参入後、ユーロ買いが強まる展開に。対円で132円84銭付近まで水準を切り上げ、対ドルで1.1695付近から1.1747付近まで買われ東京時間の下げ幅を埋めた。また、ポンドは買いが先行していたものの、弱い英・建設業PMIを嫌気し対ドルで1.3286付近から1.3244付近まで反落し、対円で150円22銭付近から149円74銭付近まで失速。一方、ドル円は手掛かり材料に欠け113円前半で揉み合いとなっている。18時12分現在、ドル円113.112-122、ユーロ円132.739-759、ユーロドル1.17348-356で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDN序盤まとめ=ユーロ買いの勢い落ち着くもドル軟調継続

・昨日ECB理事会からのユーロ買いの流れ落ち着き始めるも、ドルの重さは継続
・ドル円は、北朝鮮の独立記念日を控えた週末の調整が下落方向で進展して107円前半
・対ユーロでの売りが上値抑えていたポンドは、ユーロ買い一服で上昇を強める

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ユーロ買い優勢(欧州午前)

明日にECB理事会を控え、テーパリング観測を意識した思惑先行のユーロ買いが優勢に。ユーロドルが前日高値を上抜け1.1949付近まで上伸、ユーロ円が129円88銭付近まで水準を切り上げるなど対主要通貨でユーロが強含み。また、ドル円は日経先物の下落に伴い本日安値に並ぶ108円50銭付近まで軟化するも、同水準で再び下値の堅さを確認すると一転して108円83銭付近まで値を伸ばす場面がみられた。18時14分現在、ドル円108.726-736、ユーロ円129.843-863、ユーロドル1.19420-428で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ユーロ買い優勢(欧州午後)

ノボトニー・オーストリア中銀総裁の『我々はユーロ高を誇張して表現すべきでない』『ユーロの動き、過去のレンジ内にとどまっている』等の発言を背景にユーロ買いが優勢に。対ドルで1.1929付近まで、対円で131円29銭付近まで急上昇したほか、対ポンドでも一時0.9221付近まで上値を拡げる場面が見られた。一方、ドル円は米雇用統計の発表を控え、引き続き110円前半での小幅な値動きに終始している。20時23分現在、ドル円110.151-161、ユーロ円131.252-272、ユーロドル1.19155-163で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ユーロ買い強まる(NY午前)

先週末にドラギECB総裁がユーロ高懸念を示さなかったことが改めて意識され、ユーロ買いが強まる展開に。対ドルで2015年1月以来の水準となる1.1973付近まで上伸、対円でも130円74銭付近まで値を上げるなど対主要通貨でユーロが強含み。一方、ドル円は一時109円40銭付近まで上値を拡げるも、米債利回りの低下が重しとなり109円16銭付近まで失速。また、原油価格の急落に伴いカナダ円が87円84銭付近から87円32銭付近まで値を崩している。0時50分現在、ドル円109.196-206、ユーロ円130.737-757、ユーロドル1.19727-735で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ユーロ買い優勢(欧州午前)

欧州各国の製造業PMIが軒並み予想比上振れとなったことを受け、ユーロ買いが優勢に。対ドルで1.1739付近から一転して1.1792付近まで上値を拡げ、対円でも128円48銭付近から129円ちょうど付近まで下値を切り上げた。一方、ドル円は一時109円56銭付近まで戻りを試すも、メキシコ国境との壁建設を巡るトランプ発言が引き続き意識され現在は109円35銭前後で揉み合う状況。また、クロス円もポンド円が139円90銭付近まで、豪ドル円が86円22銭付近まで続落するなど軟調地合いが継続している。17時51分現在、ドル円109.431-441、ユーロ円128.962-982、ユーロドル1.17846-854で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,