タグアーカイブ: ユーロ・ドル

ユーロ・ドルは小じっかり、ECB当局者発言を意識

[欧米市場の為替相場動向]
 ユーロ・ドルは1.20ドル手前で小じっかりの値動き。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は夕方の講演で「ユーロ圏の強い回復により若年層の失業者減少の進展が続く」と述べ、域内経済の持ち直しに自信を示した。この発言が直接ユーロを押し上げたわけではないが、本日発表されたユーロ圏の9月製造業PMIやサービス業PMIが予想を上回る伸びとなり、ユーロ買いにつながっている。一方、ドル・円112円を挟んでもみ合いになっている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円90銭から112円09銭。ユーロ・円は134円18銭から134円40銭、ユーロ・ドルは1.1977ドルから1.2004ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は下げ渋り、ユーロ・ドルは小動き

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は欧州市場で一時112円25銭まで下げたが、足元は112円40銭台で下げ渋る展開。欧州株の全面高が続く一方、米10年債利回りは前日比ほぼ横ばいで推移しており、ドル・円は利益確定以外では売り込みにくい状況にある。ユーロ・ドルは一時1.1919ドルまで上昇したが、ここまで1.1910前後での小動きが続いている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円25銭から112円57銭。ユーロ・円は133円74銭から134円05銭、ユーロ・ドルは1.1901ドルから1.1919ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は弱含み、ユーロ・ドルはしっかり

[欧米市場の為替相場動向]
 ドル・円は弱含み、一時111円25銭まで値を下げた。米国10年債利回りが2.2199%まで低下し、ドル売りに振れたもよう。ユーロ・ドルも1.2022ドルまで上昇した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控え、米国債が持ち高調整からやや買い戻されているとみられる。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円25銭から111円46銭。ユーロ・円は133円62銭から133円84銭、ユーロ・ドルは1.1998ドルから1.2022ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル・円は本日安値圏、ユーロ・ドルは底堅い

[欧米市場の為替相場動向]
 ドル・円は110円40銭付近と、本日安値圏でもみ合う展開。ユーロ・ドルが底堅い値動きで1.19ドル台を回復しており、ドル・円にはやや下方圧力がかかりやすい状況。欧州株は高安まちまち、GLOBEXのNYダウ先物も小幅安、米国10年債利回りは2.19%付近で伸び悩みとなっている。
 ここまでのドル・円は110円36銭から110円44銭。ユーロ・円は131円33銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1894ドルから1.1907ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドル・円は小幅上昇、ユーロ・ドルは伸び悩み

 ドル・円は110円10銭付近にやや値を上げる展開。日経平均株価は前日比100円超上昇の堅調地合いが続き、リスク選好的なドル買い・円売り基調が続く。また、ユーロ・ドルが1.19ドル台後半で伸び悩んでいることで、ドルへの売り圧力はかかりにくいようだ。
 ここまでのドル・円は109円98銭から110円29銭。ユーロ・円は131円73銭から132円01銭、ユーロ・ドルは1.1961ドルから1.1993ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は値を下げる展開、ユーロ・ドルは小じっかり

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は108円40銭台にやや値を下げる展開。アジア市場終盤では一時108円60銭台まで強含んだ。足元はユーロ・ドルが本日の高値をつけており、ドル・円にもある程度の下げ圧力が働いているもよう。欧州の主要株価指数は全面高、米国10年債利回りは2.08%台で横ばい推移になっている。
 ここまでのドル・円は108円37銭から108円52銭。ユーロ・円は130円24銭から130円49銭、ユーロ・ドルは1.2012ドルから1.2030ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,