タグアーカイブ: ユーロドル

【テクニカル】一目チェック1=ユーロドル 三役陽転の買いトレンド継続、

日足一目均衡表におけるトレンド示唆1 ※前営業日引け時点

ドル円
 転換線 109.90円 < 111.36円 基準線 … 売り示唆
遅行スパン 110.19円 < 113.17円 実線 … 売り示唆
終値 110.19円 < 111.66円 雲の下限 … 売り示唆
三役陰転 転換線<基準線・終値<雲の下限・遅行スパン<実線 …売りトレンド

ユーロドル
 転換線 1.1786ドル > 1.1641ドル 基準線 … 買い示唆
遅行スパン 1.1767ドル > 1.1412ドル 実線 … 買い示唆
終値 1.1767ドル > 1.1353ドル 雲の上限 … 買い示唆
三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

ユーロ円
 転換線 129.59円 < 129.73円 基準線 … 売り示唆
遅行スパン 129.67円 > 129.14円 実線 … 買い示唆
終値 129.67円 > 127.85円 雲の上限 … 買い示唆

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円110円後半で小動き、ユーロドルは1.17ドル近辺

 ドル円は110.80円近辺で小動き。続伸して寄り付いたダウ平均は小高い水準で推移。
 ユーロドルは1.1682ドルを安値に1.17ドル近辺で上値が重く、ユーロ円は129.53円までじり安。関係筋の話しとして、ドラギECB総裁がジャクソンホールで開かれる年次シンポジウムで金融政策の変更についてコメントしないと伝わったことも、ユーロの重し。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロ・ポンド弱含む、ユーロドルは1.1721ドルまで

 欧州株は本日もプラスで始まっていることもあり、リスクオフで買われていたユーロとポンドの売りが戻しが出ている。ユーロドルは先週水曜日以来の1.1721ドル、ポンドドルは1.2945ドルまで弱含んでいる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

独4-6月期GDPには反応薄も、ユーロドルは上値が重い

 独4-6月期GDP・速報値は前期比ベースでは+0.6%と市場予想の+0.7%より若干下回った、一方前年比では+2.1%と市場予想の+1.9%より上回り、まちまちの結果となった。ユーロドルは指標発表後は反応薄だが、発表前から上値が重く1.1754ドルまで一時下落し、現在は1.1760ドル前後で取引されている。ユーロ円は129.80円前後で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロドルは1.17ドル後半で底堅い値動き

 ユーロドルは、1.17ドル後半で小幅なレンジながらも底堅く推移している。米債利回りはNY引けからも上昇しているが、ユーロ円の買いに下支えされてドル買いとはなっていない。
 昨日はドンブレト独連銀理事が「ユーロ圏のインフレ率は抑制されており、欧州中央銀行(ECB)の緩和的な金融政策は正当化される」との見解を示した。独連銀は今までタカ派のコメントが主流を占めていたが、今回の発言でECBに対し早急な金融緩和の縮小は主張しないのではないかという観測が浮上してきた。本日も同理事の講演が予定されており、発言内容には注意したい。
 ユーロ円は129.80円付近、ユーロポンドが0.9085ポンド前後で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドルは底堅い、ユーロドルは1.1791ドルまで

 ドルは底堅く、ユーロドルは1.1791ドルまでドル買いが進んだ。ドル円は109.70円前後で小動き。この後欧米では経済指標等の予定は無いが、北朝鮮をはじめとした政治情勢が相場を動かすことになりそうだ。ポンドドルは1.2975ドル前後、ドル加ドルは1.2710加ドル前後と本日のドルの高値近辺での取引が続いている。

FX為替ニュース

, , , , ,

ユーロドル底堅い、上下ともオプションのオーダーあり

 ユーロドルは1.18ドル前半で底堅い動き。オーダーでは上値は1.1875ドル、下値は1.1800ドル、1.1795ドルとそれぞれ17日のNYカットのオプションオーダーがある。17日には7月20日に開催された欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨が公表され、オプションはこれにあわせてNYカットのオーダーを作ったと考えられる。応答日までまだ日にちはあるが、応答日までこの水準で推移した場合はオプションのオーダーが動きを抑えそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル 高値を目指すために底固めか

本日のユーロドルは、先週末の流れを引き継ぎ底堅い値動きを予想する。先週後半に発表された米7月生産者物価指数と消費者物価指数は前月比で予想を下回る結果となり、米インフレの鈍化を改めて確認することとなった。結果を受けて米金利低下とドル安が進み、ユーロドルは1.18ドル台を回復し8日の高値を上抜け後も押しは限定的だ。
 先々週に発表されたシカゴIMM先物市場でユーロドルのネットロングポジションは、前週比約8000枚の縮小だった。しかし、先週末に発表された8月8日現在のポジションでは約1万1000枚の拡大と、1.17ドル台では投機筋の買い意欲の強さがうかがえる。

 今週は前半に、本日のユーロ圏6月鉱工業生産、明日は独4-6月期GDP、水曜日にはユーロ圏GDPの発表が予定されている。これらで欧州経済の好調さを確認し、ユーロドルは再び高値超えを目指すことができるか。まずは、1.18ドル近辺まで上昇してきた日足一目均衡表・転換線付近で底固めとなるかに注目したい。

 ユーロ円はアジア株の流れを引き継いで欧州株式市場が堅調となれば、130円台を目指す展開となりそうだ。ただし、ドル円が109円後半から110円にかけてはテクニカルポイントやオーダー状況から重くなると想定すれば、ユーロ円も130円台では伸び悩むか。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは3日高値1.1893ドル、ユーロ円は7日高値130.87円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは21日移動平均線1.1722ドル、ユーロ円は本日オセアニア時間の安値128.77円付近が下値めど。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,