タグアーカイブ: ポンド

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)-ポンド、方向感が出にくい

◆ポンド、FTA交渉・5月BOE会合を見極め
◆加ドル、ドル高が重しもNAFTA再交渉・早期利上げ期待が下支え
◆加ドル、2月GDPに注目
(為替情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 149.00-155.00円
加ドル円 83.00-87.00円

4月30日週の展望
 2014年1月以来の3%を回復した米10年債利回りの動向が注目される。達成感で上昇基調がいったん鈍化すればドル買いも一服しそうだが、大台復帰で上昇基調を一段と強めるとドル高が続く可能性がある。ポンドは自由貿易協定(FTA)交渉、5月の金融政策を見極めたいということもあり、方向感が出にくいか。
 今月から本格的なFTA交渉を開始している中、メイ英首相が関税同盟を離脱する方針を変えていないかどうかが注目されている。メイ首相は今週、欧州連合(EU)離脱後に関税同盟からも離脱する意向を改めて示した。首相報道官も「英国は関税同盟を離脱し、各国と独自の通商協定を自由に結べるようになる」と述べた。脱退を巡っては、与党だけでなく議会全体で意見が分かれている。ただ、メイ首相のEU離脱方針が下院で否決されるとの憶測も高まっており、関税同盟への残留をメイ首相が受け入れるしかないとの見方も強い。メイ首相が離脱方針を変えることになれば、ジョンソン外相など離脱強硬派の反発は避けられず、首相交代を狙う動きが表面化する可能性がある。
 イングランド銀行(BOE)は5月10日に政策会合を予定している。金利市場では利上げ織り込み度が一時9割以上まで高まっていたが、先週の英3月消費者物価指数が予想以上に鈍化したことや、カーニーBOE総裁のハト派寄りの発言を受けて、5月利上げ思惑は大きく後退した。一方で、利上げに踏み切るとの見方も根強く、27日の1-3月期国内総生産(GDP)など経済指標の結果が注目される。ハモンド財務相は、市場とBOE総裁で利上げに対する認識がずれているようだとの見方を示した。また、英経済の先行きについては明るい見通しを抱いていると改めて述べた。
 ドル高で加ドルは上値が重くなっているものの、追加利上げ・北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉期待で押し目買い意欲も強い。原油相場の堅調な動きも産油国通貨である加ドルの下支えとなる。カナダ銀行(BOC)のポロズ総裁はインフレの軌道を維持するため、引き続き一定の緩和が必要との考えを改めて強調した。一方で、国内経済については明るい見通しを示し、長期的には利上げが正当化される可能性が高いと述べた。来週は2月GDPが発表される。1月は前月比で+0.1%と昨年8月以来のマイナスとなり、前年比では+2.7%と昨年2月以来の水準まで鈍化した。2月も低調な結果となれば、早期の追加利上げ思惑は後退するか。今週24日からワシントンの米通商代表部(USTR)でNAFTA妥結に向けて閣僚会合を開いた。NAFTA加盟3カ国はこの数週間、協議のペースを加速させている。トランプ米大統領は協議が極めて順調に進んでいると語る一方で、拙速な妥結には慎重な姿勢を示した。

4月23日週の回顧
 米金利上昇を受けたドル買いが継続し、ポンドドルは1.39ドル割れ、ドル/加ドルは1.29加ドル近辺までドル高が進んだ。対円ではリスクオフムードが後退し、ポンド円は152円台、加ドル円は85円前後で底堅い動きとなった。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ポンド弱含み(欧州午前)

欧州勢参入後は、ドル買いの流れが優勢に。黒田日銀総裁の定例記者会見に市場の反応は限られたものの、ドル円は日経先物の堅調地合いを受け昨日高値を上抜けると一時109円48銭付近まで上値を拡大した一方、ユーロドルは1.2064付近まで値を下げた。また、ポンドは英・GDPの予想比下振れを背景に売りが強まると対ドルで1.3801付近まで、対円で150円94銭付近まで急落するなど弱含みとなっている。18時16分現在、ドル円109.320-323、ユーロ円132.085-090、ユーロドル1.20823-827で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=買収案件を巡るポンドの動向に要注目か

ロンドン為替市場では、ビルロワドガロー仏中銀総裁やクノット・オランダ中銀総裁の発言にサプライズがなければ、ユーロドルは26日の大口のNYカットオプション1.2200ドルを軸にした値動きが予想される。
 ポンドドルは、アイランド製薬大手シャイアー(ロンドン株式市場に上場)が武田薬品からの修正買収提案に前向きな姿勢を示したことで堅調推移が予想される。
 米10年債利回り上昇や英国のインフレ率鈍化、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)を巡るメイ英政権と議会の対立などで上値が重い展開が続いていた。しかし、昨日あたりから下げ渋る動きとなり、今後は買収案件に絡んだ買い圧力に要注目となる。オーダー状況は、1.4000ドルには売りが控えているものの、上抜けるとストップロス買いとなっており買い仕掛けに要警戒か。

・想定レンジ上限
 ユーロドルの上値は、日足一目均衡表・転換線の1.2298ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・雲の上限の133.43円、ポンドドルは23日高値の1.4031ドルがめど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値は、3月1日の安値の1.2155ドル、ユーロ円は、日足一目均衡表・転換線の132.77円、ポンドドルは日足一目均衡表・雲の下限の1.3902ドルがめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)-英、CPI減速も利上げ期待強い

◆英、3月CPIが予想以上に減速も5月利上げ期待は根強い
◆英上院がEU離脱関連の修正案を可決し、メイ政権に打撃
◆加ドル、原油高・NAFTA再交渉合意期待・7月利上げ思惑で底堅い

予想レンジ
ポンド円 148.50-154.50円
加ドル円 83.00-87.00円

4月23日週の展望
今週発表された英経済指標は弱い結果が目立ったことから、イングランド銀行(BOE)による5月利上げ織り込み度はやや低下したものの、依然として利上げに踏み切るとの見方が根強い。本格的な自由貿易協定(FTA)交渉を控え模様眺めムードが強いが、ポンドは利上げ期待を背景に来週も下値は堅いか。カーニーBOE総裁は5月会合である程度の見解の相違が出ると予想していると述べた。英2月ILO失業率(3カ月)は4.2%と、1975年以来の低水準となった。週平均賃金は前年比+2.8%と市場予想の+3.0%に届かなかったが、約3年ぶりの高い伸び率となり、賃金上昇がインフレに追いつかず家計が圧迫される状況を脱する兆しがみえた。BOEは、失業率の低下で賃金の上昇が加速し始めるとしている。ただ、その後発表された3月消費者物価指数(CPI)は前年比で市場予想を下回る+2.5%と、2カ月連続の減速で約1年ぶりの低水準となった。生産者物価指数は前年比+2.4%と市場予想をやや上回ったが、2016年11月以来の低い伸びとなった。労働市場
の指標は5月利上げを後押しする結果となった一方、インフレは中銀の予想を上回るペースで減速しており、5月利上げを疑問視する声も出ている。ただし、5月利上げ予想が過半数を占めていることには変わりはない。英・欧州連合(EU)のFTA交渉を控える中、英上院はメイ首相にEU離脱後も関税同盟にとどまるよう求める超党派の修正案を可決し、メイ首相が進めているEU離脱方針の主要な部分に反対を突き付けた。修正案が下院で拒否される可能性はあるが、EU離脱後の関税同盟残留を否定しているメイ政権には打撃だ。また、トゥスクEU大統領は英国に対し、EU離脱後に北アイルランドとアイルランドとの間で厳しい審査を伴う国境設置を防ぐための具体策を提案するよう圧力を強めた。この問題が解決できないと、移行期間を含む全ての合意は無効になると警告した。
加ドルは底堅い動きか。カナダ中銀(BOC)は市場予想通りに政策金利を1.25%に据え置いた。インフレ目標を達成するためには緩和策が依然必要で、金利見通しについても慎重であり続けるとした。ただし、物価や賃金上昇圧力に関する慎重な文言を変更し、時間とともに利上げが正当化されるとのスタンスを示した。ポロズBOC総裁も会見で、賃金の伸びとインフレ率上昇を指摘し、今後の緩和策の縮小を確信していると述べた。市場では7月にBOCが追加利上げに踏み切るとみている。69ドル台まで上昇した原油相場と北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の合意期待も加ドルの支え。関係筋の話では米政権は5月中旬までにNAFTAの妥結を目指していると伝わった。

4月16日週の回顧
ポンドは買いが先行するも、弱いCPIやBOE総裁発言で失速。1.43ドル後半まで2016年6月の国民投票以来の高値を塗り替えたポンドドルは1.41ドル割れ、ポンド円は153円後半から151円近辺まで押し戻された。加ドルはBOCが緩和策継続の必要性を示したことで売りが入るも原油高を支えに底固く、ドル/加ドルは1.26加ドル台で加ドルが下げ渋り、加ドル円は85円前後で小じっかり。(了)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)-英、CPI減速も利上げ期待強い

◆英、3月CPIが予想以上に減速も5月利上げ期待は根強い
◆英上院がEU離脱関連の修正案を可決し、メイ政権に打撃
◆加ドル、原油高・NAFTA再交渉合意期待・7月利上げ思惑で底堅い

予想レンジ
ポンド円 148.50-154.50円
加ドル円 83.00-87.00円

4月23日週の展望
 今週発表された英経済指標は弱い結果が目立ったことから、イングランド銀行(BOE)による5月利上げ織り込み度はやや低下したものの、依然として利上げに踏み切るとの見方が根強い。本格的な自由貿易協定(FTA)交渉を控え模様眺めムードが強いが、ポンドは利上げ期待を背景に来週も下値は堅いか。カーニーBOE総裁は5月会合である程度の見解の相違が出ると予想していると述べた。英2月ILO失業率(3カ月)は4.2%と、1975年以来の低水準となった。週平均賃金は前年比+2.8%と市場予想の+3.0%に届かなかったが、約3年ぶりの高い伸び率となり、賃金上昇がインフレに追いつかず家計が圧迫される状況を脱する兆しがみえた。BOEは、失業率の低下で賃金の上昇が加速し始めるとしている。ただ、その後発表された3月消費者物価指数(CPI)は前年比で市場予想を下回る+2.5%と、2カ月連続の減速で約1年ぶりの低水準となった。生産者物価指数は前年比+2.4%と市場予想をやや上回ったが、2016年11月以来の低い伸びとなった。労働市
場の指標は5月利上げを後押しする結果となった一方、インフレは中銀の予想を上回るペースで減速しており、5月利上げを疑問視する声も出ている。ただし、5月利上げ予想が過半数を占めていることには変わりはない。英・欧州連合(EU)のFTA交渉を控える中、英上院はメイ首相にEU離脱後も関税同盟にとどまるよう求める超党派の修正案を可決し、メイ首相が進めているEU離脱方針の主要な部分に反対を突き付けた。修正案が下院で拒否される可能性はあるが、EU離脱後の関税同盟残留を否定しているメイ政権には打撃だ。また、トゥスクEU大統領は英国に対し、EU離脱後に北アイルランドとアイルランドとの間で厳しい審査を伴う国境設置を防ぐための具体策を提案するよう圧力を強めた。この問題が解決できないと、移行期間を含む全ての合意は無効になると警告した。
加ドルは底堅い動きか。カナダ中銀(BOC)は市場予想通りに政策金利を1.25%に据え置いた。インフレ目標を達成するためには緩和策が依然必要で、金利見通しについても慎重であり続けるとした。ただし、物価や賃金上昇圧力に関する慎重な文言を変更し、時間とともに利上げが正当化されるとのスタンスを示した。ポロズBOC総裁も会見で、賃金の伸びとインフレ率上昇を指摘し、今後の緩和策の縮小を確信していると述べた。市場では7月にBOCが追加利上げに踏み切るとみている。69ドル台まで上昇した原油相場と北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の合意期待も加ドルの支え。関係筋の話では米政権は5月中旬までにNAFTAの妥結を目指していると伝わった。

4月16日週の回顧
 ポンドは買いが先行するも、弱いCPIやBOE総裁発言で失速。1.43ドル後半まで2016年6月の国民投票以来の高値を塗り替えたポンドドルは1.41ドル割れ、ポンド円は153円後半から151円近辺まで押し戻された。加ドルはBOCが緩和策継続の必要性を示したことで売りが入るも原油高を支えに底固く、ドル/加ドルは1.26加ドル台で加ドルが下げ渋り、加ドル円は85円前後で小じっかり。(了)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【ディーラー発】ポンド買いやや優勢(欧州午後)

サンダースMPC委員による「英国経済には大規模な刺激策は必要ない」等の発言を受け、ポンド買いがやや強まり対ドルで1.4081付近まで値を上げ、対円でも151円61銭付近まで反発。一方、ドル円は日経先物が上昇に転じたことで本日高値に迫る107円71銭付近まで買われるも、上値の重さが嫌気され伸び悩む状況。クロス円もユーロ円が132円34銭付近まで、豪ドル円が82円72銭付近まで売られ一段安となるなど軟調地合いが継続している。20時39分現在、ドル円107.616-619、ユーロ円132.434-439、ユーロドル1.23061-065で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

全面ドル高やや円高、メヒコ最弱、ポンドも安い、先ずは数字

  2018年 2018年    
  4月18日 4月19日
ドル円 107.22 107.38 0.16 0.15
ユーロ円 132.7 132.58 -0.12 -0.09
ポンド円 152.32 151.25 -1.07 -0.70
カナダ円 84.91 84.8 -0.11 -0.13
豪ドル円 83.48 82.98 -0.50 -0.60
NZドル円 78.47 78.06 -0.41 -0.52
スイス円 110.71 110.57 -0.14 -0.13
ランド円 8.98 8.98 0.00 0.00
         
         
ユーロドル 1.2378 1.2346 -0.0032 -0.26
ポンドドル 1.4205 1.4087 -0.0118 -0.83
ドルスイス 0.9686 0.971 0.0024 0.25
ドルカナダ 1.2628 1.2628 0.0000 0.00
豪ドルドル 0.7785 0.7727 -0.0058 -0.75
NZドルドル 0.732 0.727 -0.0050 -0.68
ドルランド 11.9399 11.9577 0.0178 0.15
         
ユーロポンド 0.8713 0.8763 0.0050 0.57
ユーロスイス 1.199 1.1987 -0.0003 -0.03
豪ドルNZドル 1.0635 1.0629 -0.0006 -0.06
         
トルコリラ円 26.68 26.56 -0.12 -0.45
ドルトルコリラ 4.0187 4.0429 0.0242 0.60
         
人民元円 17.09 17.1 0.01 0.06
ドル人民元 6.2738 6.2795 0.0057 0.09
         
メキシコペソ円 5.93 5.82 -0.11 -1.85
ドルペソ 18.0809 18.4502 0.3693 2.04

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替・19日=円以外でドルは強含む、ポンドは一日通して乱高下

 NYタイムのドル円は小幅な動きに終始した。米10年債利回りが2.932%まで上昇したことでドルが底堅い動きをみせるものの、米株が弱含んだことと、クロス円の売りでドル円は107円前半で小動きだった。
 欧州通貨は、米金利上昇の影響でドル買い・欧州通貨売りになった。ユーロドルは1.2329ドルまでじり下がりになった。ポンドドルはカーニーBOE総裁が「ブレグジットが利上げを遅らせる可能性もある」と発言したこともあり、1.4069ドルまで下落し、主要通貨の中では一番の下げ幅だった。欧州時間には英3月小売売上高で売り込まれ、武田薬品鉱業の買収打診で1.4246ドルまで買われ、そして再び下落という激しい動きだった。スイスフラン(CHF)もユーロCHFが2015年1月以来の1.2002CHFまで上昇したこともあり、対ドルでは0.9724CHFまでCHF安になった。
 オセアニア通貨は朝方のNZの第1四半期の消費者物価指数が弱かったことや、一連のドル高の影響を受けて弱含んだ。豪ドル/ドルは0.7719ドル、NZドル/ドルは0.7260ドルまでドル買い・オセアニア通貨売りが進んだ。
 ドル/加ドルは1.2676加ドルまでドル買いが進んだ。
 クロス円はドル円がこう着している中、他通貨がドルに対して弱含んだため下落した。ユーロ円は132.36円までしか下がらなかったが、ポンド円は151.09円まで下落し、高値から2円弱の下げ幅をみせた。豪ドル円は82.86円、NZドル円は77.94円まで下値を広げた。
 6時現在、ドル円は107.37円、ユーロドルは1.2345ドル、ユーロ円は132.55円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【ディーラー発】ポンド全面安(NY午後)

午後に入り、カーニー英中銀総裁の「ブレグジットが利上げを遅らせる可能性もある」等の発言を受け、早期利上げ観測が後退しポンド売りが強まった。対ドルで1.4068付近まで、対円で151円08銭付近まで急落し、ユーロポンドも0.8770付近まで急騰するなどポンドが対主要通貨で全面安。そうした中、ドル円はポンド円の下落に連れ一時107円24銭付近まで軟化したものの、その後は再び107円40銭前後まで値を戻している。4時38分現在、ドル円107.453-456、ユーロ円132.700-705、ユーロドル1.23494-498で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,