タグアーカイブ: ポンド

修正:FOMCへの期待もありドル買い優勢 カーニー講演でポンドが利益確定売り=NY為替前半

 きょうのNY為替市場はドル買いが優勢となっている。この日は主な経済指標の発表もない中、先週後半の (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【ディーラー発】ポンド、買い戻し一巡後に失速(NY午前)

NY勢参入後、買い戻しが優勢となっていたポンドはカーニーBOE総裁の『利上げは限定的かつ緩やかになるだろう』等の発言を嫌気し、再び売りに傾斜。ポンド円が151円26銭付近から150円53銭付近まで反落、ポンドドルは1.3502付近まで下値を拡げた一方、ユーロポンドは0.8854付近まで水準を切り上げた。そうした中、ドル円は堅調なNYダウや米債利回りの上昇を支えに111円59銭付近まで買われ本日高値を更新し強含みとなっている。0時43分現在、ドル円111.478-488、ユーロ円133.234-254、ユーロドル1.19515-523で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

LDN午前=ドル円111円前半、ポンドはやや調整

 ロンドンタイム午前の為替相場で、ドル円はしっかり。先週からのドル高・円安の流れを引き継ぎ、ドル円は111.43円まで7月27日以来の高値を塗り替えた後、111円前半で底堅く推移した。本日、NYへ出発した安倍首相は衆院解散・総選挙について訪米から帰国後に判断したいとの意向を示した。
 英中銀による早期利上げ期待が高まり、先週に急騰したポンドには調整が入り、ポンドドルは1.3619ドルを頭に1.3533ドルまで反落し、ポンド円は151.52円から150円半ばに押し戻された。ユーロは底堅い。ユーロドルは1.1915ドルまで下押し後は1.19ドル半ばに切り返し、ユーロ円は133.12円まで上値を伸ばした。ハンソン・エストニア中銀総裁は、欧州中央銀行(ECB)が次の動きで資産買い入れプログラムに関する決定を超える措置を取るべきとの考えを示した。
 アジアタイムで買われたオセアニア通貨は上げが一服し、豪ドル/ドルは0.80ドル近辺、NZドル/ドルは0.73ドル近辺に押し戻され、豪ドル円は89円前半、NZドル円は81円前半で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円111前半、ポンドの調整下げは一服

 ドル円は111.43円を高値に111.35円近辺で動きが鈍っている。また、ポンドの調整下げも一服し、ポンドドルは1.35ドル半ば、ポンド円は150円後半で推移。ユーロドルは1.1915ドルまで下押し後は1.19ドル半ばに切り返すなど、方向感は出ていない。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

年間通貨番付、首位メヒコ、2位ユーロ、ポンド上昇し4位、米ドル最弱変わらず

*

    2016年 2017年    
    12月30日 9月15日
1位 メキシコペソ円 5.65 6.27 0.62 10.97
2位 ユーロ円 123.03 132.52 9.49 7.71
3位 豪ドル円 84.29 88.71 4.42 5.24
4位 ポンド円 144.16 150.75 6.59 4.57
5位 カナダ円 87.07 90.95 3.88 4.46
6位 人民元円 16.76 16.92 0.16 0.95
7位 スイス円 114.8 115.59 0.79 0.69
8位        
9位 NZドル円 81.08 80.84 -0.24 -0.30
10位 ランド円 8.5 8.41 -0.09 -1.06
11位 トルコリラ円 33.13 32.22 -0.91 -2.75
12位 ドル円 116.96 110.88 -6.08 -5.20
    2016年 2017年    
    12月30日 9月8日
1位 メキシコペソ円 5.65 6.09 0.44 7.79
2位 ユーロ円 123.03 129.74 6.71 5.45
3位 豪ドル円 84.29 86.82 2.53 3.00
4位 カナダ円 87.07 88.72 1.65 1.90
5位        
6位 スイス円 114.8 114.16 -0.64 -0.56
7位 人民元円 16.76 16.57 -0.19 -1.13
8位 ポンド円 144.16 142.34 -1.82 -1.26
9位 ランド円 8.5 8.34 -0.16 -1.88
10位 NZドル円 81.08 78.32 -2.76 -3.40
11位 トルコリラ円 33.13 31.58 -1.55 -4.68
12位 ドル円 116.96 107.78 -9.18 -7.85

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド、加ドル)-英利上げ、期待高まるも来年か

◆英、インフレ率の上昇で早期利上げ期待が再び強まる
◆英、離脱交渉・GDP見通しの不透明感で利上げは早くても来年か
◆加、経済指標にらみで年内追加利上げの可能性を見極め
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 144.50-152.50円
加ドル円 88.00-93.00円

9月18日週の展望
 英早期利上げ期待が再燃し、来週のポンドは底堅い動きが見込まれるも、離脱交渉の不透明感で上値は限定的か。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる次回の交渉は18日から開始される予定だったが、25日からに変更された。延期されたのは、メイ英首相が22日にEU離脱に関する演説を計画していることが背景。どのような内容になるか注目される。
 8月の英消費者物価指数(CPI)は前年比で市場予想を上回る+2.9%と、6・7月の+2.6%から加速し、5月に並んだ。衣料品価格が1997年にCPIの集計を開始して以来、最大の伸びを記録し、インフレ率は4年ぶりの高水準となり、後退していた早期利上げ期待が再燃した。変動の大きい食料品とエネルギーを除いたコアインフレ率は+2.7%と、2011年以来の高い水準となった。最近の対ユーロでのポンド安がインフレ上昇圧力を強めている。英7月ILO失業率(3カ月)は4.3%と、約42年ぶりの水準まで改善した。一方、平均週間賃金(除ボーナス)は+2.1%と前月から横ばい、伸び率は市場予想に届かなかった。賃金の伸びはここ数カ月、ほぼ同じ伸びにとどまっている。英経済は今年に入って鈍化を示す兆候も出ているが、雇用創出は好調を維持している。
 イングランド銀行(BOE)は金融政策の据え置きを前回と変わらずの7対2で決定した。ただ、経済成長が継続しインフレ圧力が高まれば、「今後数カ月」以内に利上げを実施する可能性があるとの見解が示された。目標を上回るインフレ率への忍耐は低下しつつあり、すべての委員が市場予想より早い段階で利上げに踏み切る可能性があるとの考えも示された。一方で、EU離脱交渉や国内総生産(GDP)の中期的な見通しの不透明感に警戒感を示すなど、慎重姿勢は崩していない。9月のCPIに注目する必要があるが、利上げは早くても来年上旬になるとみられる。
 加ドルの下値は堅いか。カナダ中銀(BOC)は、住宅価格が大幅に上昇し家計債務が拡大しているため、経済が原油相場の急落による落ち込みから回復したことを受けて、7月には主要国の中では米国の次ぎに利上げに踏み切った。今月6日には予想以上に好調な経済成長が材料視され、今年2回目の利上げを実施した。加ドル買いは一段落したが、足もとの加ドル高はカナダ経済の底堅さを反映しているだけに、景気の予想以上の好調さが維持できれば、10月にも追加利上げの可能性があるとの思惑も出ている。経済指標の結果をにらんだ動きが見込まれる。来週は7月小売売上高や8月CPIの発表が予定されている。

9月11日週の回顧
 ポンドは堅調。英CPIと政策イベントがポンド買いを誘い、ポンドドルは2016年9月以来の1.34ドル近辺、ポンド円は148円台まで上昇した。加ドルはBOCの利上げを受けた上昇に反動が入るも、ドル/加ドルの反発は1.22加ドル台にとどまった。一方、加ドル円はリスクオフ後退の円売りが優勢となる中、2015年12月以来の91円近辺まで上昇した。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド、加ドル)-英利上げ、期待高まるも来年か

◆英、インフレ率の上昇で早期利上げ期待が再び強まる
◆英、離脱交渉・GDP見通しの不透明感で利上げは早くても来年か
◆加、経済指標にらみで年内追加利上げの可能性を見極め
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 144.50-152.50円
加ドル円 88.00-93.00円

9月18日週の展望
 英早期利上げ期待が再燃し、来週のポンドは底堅い動きが見込まれるも、離脱交渉の不透明感で上値は限定的か。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる次回の交渉は18日から開始される予定だったが、25日からに変更された。延期されたのは、メイ英首相が22日にEU離脱に関する演説を計画していることが背景。どのような内容になるか注目される。
 8月の英消費者物価指数(CPI)は前年比で市場予想を上回る+2.9%と、6・7月の+2.6%から加速し、5月に並んだ。衣料品価格が1997年にCPIの集計を開始して以来、最大の伸びを記録し、インフレ率は4年ぶりの高水準となり、後退していた早期利上げ期待が再燃した。変動の大きい食料品とエネルギーを除いたコアインフレ率は+2.7%と、2011年以来の高い水準となった。最近の対ユーロでのポンド安がインフレ上昇圧力を強めている。英7月ILO失業率(3カ月)は4.3%と、約42年ぶりの水準まで改善した。一方、平均週間賃金(除ボーナス)は+2.1%と前月から横ばい、伸び率は市場予想に届かなかった。賃金の伸びはここ数カ月、ほぼ同じ伸びにとどまっている。英経済は今年に入って鈍化を示す兆候も出ているが、雇用創出は好調を維持している。
 イングランド銀行(BOE)は金融政策の据え置きを前回と変わらずの7対2で決定した。ただ、経済成長が継続しインフレ圧力が高まれば、「今後数カ月」以内に利上げを実施する可能性があるとの見解が示された。目標を上回るインフレ率への忍耐は低下しつつあり、すべての委員が市場予想より早い段階で利上げに踏み切る可能性があるとの考えも示された。一方で、EU離脱交渉や国内総生産(GDP)の中期的な見通しの不透明感に警戒感を示すなど、慎重姿勢は崩していない。9月のCPIに注目する必要があるが、利上げは早くても来年上旬になるとみられる。
 加ドルの下値は堅いか。カナダ中銀(BOC)は、住宅価格が大幅に上昇し家計債務が拡大しているため、経済が原油相場の急落による落ち込みから回復したことを受けて、7月には主要国の中では米国の次ぎに利上げに踏み切った。今月6日には予想以上に好調な経済成長が材料視され、今年2回目の利上げを実施した。加ドル買いは一段落したが、足もとの加ドル高はカナダ経済の底堅さを反映しているだけに、景気の予想以上の好調さが維持できれば、10月にも追加利上げの可能性があるとの思惑も出ている。経済指標の結果をにらんだ動きが見込まれる。来週は7月小売売上高や8月CPIの発表が予定されている。

9月11日週の回顧
 ポンドは堅調。英CPIと政策イベントがポンド買いを誘い、ポンドドルは2016年9月以来の1.34ドル近辺、ポンド円は148円台まで上昇した。加ドルはBOCの利上げを受けた上昇に反動が入るも、ドル/加ドルの反発は1.22加ドル台にとどまった。一方、加ドル円はリスクオフ後退の円売りが優勢となる中、2015年12月以来の91円近辺まで上昇した。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

LDNFIX=ドル円111円近辺、連日急伸のポンドは高値圏

 ロンドンフィックスにかけてドル円の上昇は一服するも、111円近辺でしっかり。NY市場でも北朝鮮のミサイル発射を材料視する動きは見られなかった。この日の米経済指標はまちまち。8月小売売上高はプラス予想に反して前月比-0.2%と、6カ月ぶりの大幅減となり、同鉱工業生産は-0.9%と市場予想を下回った。一方、米9月ミシガン大消費者信頼感は95.3と予想比上振れた。指標結果への反応は限定的。
 英早期利上げ期待の高まりを受けて連日急伸したポンドの上昇は一服するも、高値圏を維持し、ポンドドルは1.36ドル近辺、ポンド円は151円近辺で推移。また、ユーロドルは1.1987ドル、ユーロ円は133.09円まで高値を更新した。
 オセアニア通貨もしっかり。豪ドル/ドルは0.80ドル近辺、豪ドル円は88円後半で底堅く、NZドル/ドルは0.72ドル後半、NZドル円は81円近辺で堅調な動き。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDN序盤まとめ=ポンドとユーロ上昇、金融当局者のタカ派発言

・ドル円は米10年債利回りが2.20%台に上昇したことで111.33円まで上昇
・ポンドドルは、ブリハ英MPC委員のタカ派発言で1.3617ドルまで上昇、ポンド円も151.55円まで上昇
・ユーロドルは、ラウテンシュレーガーECB理事のタカ派発言で、1.1956ドルまで上昇、ユーロ円も133.04円まで上昇

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は111円台に強含み、ポンド・円急進

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は強含み、節目の111円を上抜けるとストップロスを巻き込み、一時111円32銭まで値を切り上げた。英中銀の年内利上げ観測の急浮上によりポンドが買われ、ポンド・ドルが1.3429ドルから1.3592ドルまで上昇、ポンド・円が148円65銭から151円18銭まで上昇しており、ドル・円も連れ高になっている。
 ここまでのドル・円は110円66銭から111円32銭。ユーロ・円は131円88銭から132円92銭、ユーロ・ドルは1.1923ドルから1.1956ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ポンドは堅調地合いが続くか、次なる水準は

本日のロンドン為替市場では、北朝鮮情勢への警戒感からリスク回避の円買いと、金融政策の正常化を目指す英、欧州中銀に対する期待感で、ポンド円とユーロ円は売り買いの綱引きとなるか。週末を控えてリスクを減らす動きも考えられるが、昨日の英中銀金融政策委員会(MPC)で早期利上げ観測が浮上し、ポンドは底堅い値動きが続きそうだ。そこで、ポンドがさらに上昇した場合の目標値を考えてみたい。

 ポンド円は、昨年12月以来の高値148.35円を昨日つけ、本日の北朝鮮ミサイル発射で146円半ばまで下落したものの、147円半ばまですぐに回復している。まずは、2016年12月の高値148.46円が目先のターゲットだが、次は195.89円(2015年6月24日高値)から121.61円(2016年10月7日安値)の下落幅の38.2%戻しの149.99円か。そこを超えると、半値戻しの158.75円やブレグジット急落前の160円前半も視野に入ってきそうだ。

 昨日のポンドドルは昨年9月以来の1.34ドル台まで上昇した。まずは、2016年7月の高値1.3475ドルが目標値となる。その上になると、1.7192ドル(2014年7月15日高値)から1.1841ドル(2016年10月7日安値)の下落幅の38.2%戻し1.3885ドル、そこを抜けると半値戻しの1.45ドル前半がターゲット水準となる。
 7月20日以来の水準0.8867ポンドまでポンド高となったユーロポンドにも、ポンドの下支えとなるか注意したい。まずは、今年の上昇幅(0.8314-0.9307ポンド)の半値押し、0.8810ポンドがポイントとなるか。

想定レンジ上限
・上述した水準、ポンド円は148.46円、ポンドドルは1.3475ドルが上値めど。

想定レンジ下限
・ポンド円は本日オセアニアタイムの安値146.64円、ポンドドルは8月3日高値1.3267ドルが下値めど。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ポンド、一転買いに傾斜(欧州午後)

英・政策金利の据え置きが公表されるとポンド売り優勢となり、対ドルで1.3149付近まで、対円で145円16銭付近まで下落。ただ、MPC議事要旨で『過半数は向こう数ヶ月で金融緩和の削減見込む』との内容が伝わると一転買いに傾斜、対ドルで昨年9月以来の高値となる1.3337付近まで急騰し、対円でも147円64銭付近まで急反発。一方、ドル円は米債利回りの上昇や米税制改革進展の思惑を支えに110円73銭付近まで買い戻されている。20時57分現在、ドル円110.710-720、ユーロ円131.673-693、ユーロドル1.18924-932で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,