タグアーカイブ: ポンド

【見通し】週間為替展望(ポンド、加ドル)-ポンド、上げ一服も底堅いか

◆ポンド上げ一服も底堅いか、11月利上げ思惑も支え
◆ポンド、離脱交渉の不透明感が引き続き上値を圧迫
◆加ドル、7月GDPやBOC総裁の講演に注目
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 148.00-155.00円
加ドル円 89.00-93.00円

9月25日週の展望
 市場では早ければイングランド銀行(BOE)が11月の会合でも利上げに踏み切るとの見方があり、10月中旬に発表される9月消費者物価指数や同小売物価指数に注目が集まっている。これまでハト派寄りと見られていたカーニーBOE総裁とブリハ英MPC委員の早期利上げに前向きな発言を受けて、一部では今年の11月と来年5月に各25bpの利上げで、2018年末までに0.75%になるとの見通しが出ている。ポンドは引き続き英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる不透明感が上値を圧迫するも、この利上げ期待が下支えとなり、当面は押し目買い意欲も強く、底堅い動きが見込まれる。
 カーニーBOE総裁は、過去最低水準にある金利は向こう数カ月で上昇する可能性があるとした一方で、金利の上昇ペースは緩やかで上昇度合いは限定的になるとの見解を示した。昨年6月の国民投票後の英経済は市場が懸念したほど減速していないが、今年に入って成長が鈍化しており、EU離脱交渉の不透明感が払しょくされていない現状では、インフレ加速だけで金利を引き上げるのはリスクが高く、今年の利上げはないとみられる。BOEが公表した四半期企業調査では、賃金の伸びが依然として鈍く、ポンド安による消費財価格の押し上げ効果はピークに達した可能性も示された。
 25日からは18日から延期となった英国とEUの第4回目の離脱交渉が行われる。8月末の第3回目の交渉でも1000億ユーロとされる離脱清算金の問題などで進展は見られなかった。EUは英国に譲歩しない強気な姿勢を崩さず、英国が期待する10月からの貿易交渉はほぼ絶望的だ。英国側でも、離脱強硬派のジョンソン外相が離脱の移行期に多額の拠出金支払いを継続しないとの保証を求め、首相が拒む場合は辞任する可能性もあるとの報道が出るなど、離脱交渉に向けて政府内での結束感は高まっていない。ポンドの上げ局面では引き続き離脱交渉の不透明感が上値を圧迫しそうだ。
 加ドルは追加利上げ観測を背景に底堅いも、上げは一巡しており、足もとでは方向感に欠ける動きが見込まれる。カナダ中銀(BOC)は今後の金融政策の変更は経済指標次第と強調しており、7月国内総生産(GDP)が好調な経済成長が継続していることを示せるか注目したい。
 27日のポロズBOC総裁の講演にも視線が向けられている。レーンBOC副総裁は、金利・加ドルの上昇が同国経済に与える影響を注視していくとし、政策決定には加ドル高も考慮するとの考えを明らかにした。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をはじめとする通商交渉が金融政策に影響を及ぼす可能性にも言及し、保護主義の高まりによる成長へのリスクには警戒が必要と述べた。

9月18日週の回顧
 ポンド・加ドルは対円で堅調地合いを維持。リスクオフの円買いが後退したことや、日銀と主要国中銀との金融政策見通し格差から、ポンド円は昨年6月以来の152円台復帰を果たし、加ドル円は2015年12月以来の高値水準となる91円近辺でしっかり。米12月利上げ観測再燃で対ドルでは上値が重く、ポンドドルは1.35ドル近辺で上げが一服し、ドル/加ドルは1.23加ドル台までドル高に振れた。(了)

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド、加ドル)-ポンド、上げ一服も底堅いか

◆ポンド上げ一服も底堅いか、11月利上げ思惑も支え
◆ポンド、離脱交渉の不透明感が引き続き上値を圧迫
◆加ドル、7月GDPやBOC総裁の講演に注目
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 148.00-155.00円
加ドル円 89.00-93.00円

9月25日週の展望
 市場では早ければイングランド銀行(BOE)が11月の会合でも利上げに踏み切るとの見方があり、10月中旬に発表される9月消費者物価指数や同小売物価指数に注目が集まっている。これまでハト派寄りと見られていたカーニーBOE総裁とブリハ英MPC委員の早期利上げに前向きな発言を受けて、一部では今年の11月と来年5月に各25bpの利上げで、2018年末までに0.75%になるとの見通しが出ている。ポンドは引き続き英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる不透明感が上値を圧迫するも、この利上げ期待が下支えとなり、当面は押し目買い意欲も強く、底堅い動きが見込まれる。
 カーニーBOE総裁は、過去最低水準にある金利は向こう数カ月で上昇する可能性があるとした一方で、金利の上昇ペースは緩やかで上昇度合いは限定的になるとの見解を示した。昨年6月の国民投票後の英経済は市場が懸念したほど減速していないが、今年に入って成長が鈍化しており、EU離脱交渉の不透明感が払しょくされていない現状では、インフレ加速だけで金利を引き上げるのはリスクが高く、今年の利上げはないとみられる。BOEが公表した四半期企業調査では、賃金の伸びが依然として鈍く、ポンド安による消費財価格の押し上げ効果はピークに達した可能性も示された。
 25日からは18日から延期となった英国とEUの第4回目の離脱交渉が行われる。8月末の第3回目の交渉でも1000億ユーロとされる離脱清算金の問題などで進展は見られなかった。EUは英国に譲歩しない強気な姿勢を崩さず、英国が期待する10月からの貿易交渉はほぼ絶望的だ。英国側でも、離脱強硬派のジョンソン外相が離脱の移行期に多額の拠出金支払いを継続しないとの保証を求め、首相が拒む場合は辞任する可能性もあるとの報道が出るなど、離脱交渉に向けて政府内での結束感は高まっていない。ポンドの上げ局面では引き続き離脱交渉の不透明感が上値を圧迫しそうだ。
 加ドルは追加利上げ観測を背景に底堅いも、上げは一巡しており、足もとでは方向感に欠ける動きが見込まれる。カナダ中銀(BOC)は今後の金融政策の変更は経済指標次第と強調しており、7月国内総生産(GDP)が好調な経済成長が継続していることを示せるか注目したい。
 27日のポロズBOC総裁の講演にも視線が向けられている。レーンBOC副総裁は、金利・加ドルの上昇が同国経済に与える影響を注視していくとし、政策決定には加ドル高も考慮するとの考えを明らかにした。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をはじめとする通商交渉が金融政策に影響を及ぼす可能性にも言及し、保護主義の高まりによる成長へのリスクには警戒が必要と述べた。

9月18日週の回顧
 ポンド・加ドルは対円で堅調地合いを維持。リスクオフの円買いが後退したことや、日銀と主要国中銀との金融政策見通し格差から、ポンド円は昨年6月以来の152円台復帰を果たし、加ドル円は2015年12月以来の高値水準となる91円近辺でしっかり。米12月利上げ観測再燃で対ドルでは上値が重く、ポンドドルは1.35ドル近辺で上げが一服し、ドル/加ドルは1.23加ドル台までドル高に振れた。(了)

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDNFIX=英首相がEU離脱について演説、ポンドが下落

 NYタイム午前は、メイ英首相の欧州連合(EU)離脱についての演説内容が伝わるなかでポンド売りが進んだ。ポンドドルは1.35ドル後半から一時1.3488ドル、ポンド円は152円付近から150.97円まで急落した。メイ首相は移行期間を2年程度にとどめ、条件の悪い合意ならなくても構わないとの従来からの考えを再び示した。ただ、急落の勢いが一巡すると、ポンドドルは1.35ドル前半、ポンド円は151円半ばへ戻した。
 他通貨は比較的落ち着いた動き。ドル円は、アジアタイムに北朝鮮による太平洋上での水爆実験の実施示唆を受けて進んだリスク回避の円買いの流れを緩め、111円後半から112円付近に戻したところでのもみ合いが続いた。
 ユーロは、急落したポンドに対する買いは目立ったが、対ドルでは1.19ドル後半を中心に振幅。ユーロ円は134円付近での動きだった。
 豪ドル/ドルは0.7986ドル、豪ドル円は89.38円まで上昇。NZドルはNZ総選挙を前にした調整の売りをロンドンタイムまでの対ドル0.7280ドル、対円でNZドル円は81.37円までにとどめ、それぞれ0.7344ドル、82.25円まで反発した。
 原油相場が主要産油国の減産動向の思惑で振れ、週末に北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をひかるなか、ドル/加ドルは1.23加ドル付近で上下。加ドル円は週初18日以来の高値91.46円から91円割れへ下押した。加経済指標は強弱まちまちで、8月消費者物価指数は前年比+1.4%と、前月から伸び率は広がったが市場予想を下回った。7月小売売上高は前月比+0.4%と予想以上の伸びだったが、同コアは市場予想の+0.4%に対し+0.2%にとどまった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ポンドが堅調、明日のEU離脱方針演説への期待?

こんばんは、フジモトです。24時前からポンドの買いが目立っています。ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けたポンド買いのフローが入ったようですが、同時刻に「メイ英首相は22日に『英国はBREXIT移行期間中に単一市場アクセスのためEUに200億ユーロ支…

FX為替ニュース

, , , , , ,

ポンドはFOMC後の下げの大部分戻す 明日のメイ首相の演説に注目も=NY為替チェック

 ポンドはNY時間に入って買戻しが強まっており、ポンドドルは1.3580近辺まで一時上昇し、FOMC後の (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【ディーラー発】ポンド全面高(欧州午前)

英・小売売上高の予想上振れを好感しポンド買いが進展。対円で150円半ばから151円50銭付近まで、対ドルでも1.3520前後から1.3606付近まで急騰するなど対主要通貨でポンド全面高の様相。また、東京時間終盤にNZ総選挙の最新世論調査で与党・国民党の優勢が伝わるとNZドルが急伸。対円で82円12銭付近まで、対ドルで0.7374付近まで急ピッチで買われる場面が見られた。一方、ドル円は引き続き上値が重く111円33銭付近まで水準を切り下げている。18時07分現在、ドル円111.354-364、ユーロ円133.703-723、ユーロドル1.20074-082で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】一目チェック2=ポンド、オセアニア通貨とも対円で買いトレンド

日足一目均衡表におけるトレンド示唆2 ※前営業日引け時点

ポンド円
 転換線 146.47円 > 145.45円 基準線 … 買い示唆
遅行スパン 150.65円 > 142.43円 実線 … 買い示唆
終値 150.65円 > 144.27円 雲の上限 … 買い示唆
三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

豪ドル円
 転換線 88.09円 > 87.60円 基準線 … 買い示唆
遅行スパン 89.39円 > 86.56円 実線 … 買い示唆
終値 89.39円 > 87.14円 雲の上限 … 買い示唆
三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

NZドル円
 転換線 79.99円 > 79.93円 基準線 … 買い示唆
遅行スパン 81.65円 > 80.08円 実線 … 買い示唆
終値 81.65円 > 81.15円 雲の上限 … 買い示唆
三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円はリバウンドの流れ堅持 カーニー発言でポンドの利益確定売り強まる=NY為替概況

 きょうのNY為替市場、この日は主要な米経済指標の発表もない中、先週後半のリスク選好的な雰囲気が続 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,