タグアーカイブ: ポンド

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)ポンド、交渉と政治不安で重い

◆ポンド、離脱交渉の不透明感が上値を圧迫するか
◆ポンド、英国内の政治情勢に引き続き注意
◆加ドル、NAFTA再交渉の第5回会合の結果に注目
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 146.00-153.00円
加ドル円 87.00-91.00円

11月20日週の展望
 ポンドは引き続き上値の重い動きか。10月の英消費者物価指数(CPI)は前年比+3.0%と、5年半ぶりの高い水準となった9月から横ばい。+3.1%へ加速するとの市場予想には届かなかった。今月に10年ぶりの利上げを実施したイングランド銀行(BOE)は、インフレ率が10月に+3.2%とピークに達し、その後の3年間は目標の+2%をやや上回る水準まで緩やかに低下するとの見通しを示した。また、9月ILO失業率(3カ月)は4.3%と市場予想や前月と変わらず、同週平均賃金(除賞与)は+2.2%と前月の+2.1%からやや上昇し、市場予想と一致した。原油価格が上昇し、ポンド安に伴いインフレが再び加速することもあり得るが、経済成長が鈍化する中で利上げに踏み切ったBOEの決定を疑問視する見方が強まることも考えられる。賃金の低迷が個人消費の落ち込みに拍車をかけることも懸念される。
 欧州連合(EU)離脱をめぐる第6回会合でも離脱清算金をめぐる見解の相違は埋まらず、交渉は引き続き難航している。EUは12月半ばの首脳会議で自由貿易や移行期間の協議に入るかどうかを判断する方針で、年内の貿易協議入りを決断するには英国が今月中に明確な方針を示す必要があると強調した。バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官は12月EU首脳会議の機会を逃がすと、来年2-3月以降まで決定を持ち越すと英国に圧力をかけた。英国内ではメイ首相の政権運営への懸念が高まっている。最大野党である労働党のコービン党首は「メイ氏が首相の座にいても指導力がないということがあらゆる角度から示唆されている」と非難し、与党議員40人がメイ首相に対する不信任を表明する書簡の署名に同意したと報じられるなど、閣僚のスキャンダルや進展が見えない離脱交渉などで、メイ政権に対する逆風が強まっている。14-15日にかけて英議会で離脱法案の審議が行われたが、法案修正の試みは全て否決された。厳密な離脱日時をいつに設定するか、また離脱日時を設定すべきかどうかといった問題は12月に議論
が行われる予定で、メイ首相の指導力が試される。
 加ドルの買い戻しも一巡し、再び上値の重い動きとなるか。最近の加経済指標はまだら模様で、消費者物価指数の伸びは引き続き弱く、カナダ中銀(BOC)の慎重姿勢が維持されそうだ。ただ、年内追加利上げ思惑は大きく後退しているが、住宅市場の過熱感が残されており、今後の指標次第では追加利上げ期待が再燃する可能性がある。
来週は9月の小売売上高・卸売売上高の発表が予定されているほか、BOCも注目している北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第5回会合が15日から21日にかけて行われる。カナダの当局者はトランプ米大統領が協定からの離脱に向けて動く可能性があるとの懸念を強めている。

11月13日週の回顧
 相場全体に方向感につながりそうな新規材料が乏しい中、動意は限定的。ポンドは予想比上振れの英小売売上高などが支えとなるも、ポンドドルは1.32ドル前半、ポンド円は150円大台を前に伸び悩んだ。また、ドル/加ドルは1.27加ドル台、加ドル円は89円前後で小幅の上下にとどまった。(了)

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)ポンド、交渉と政治不安で重い

◆ポンド、離脱交渉の不透明感が上値を圧迫するか
◆ポンド、英国内の政治情勢に引き続き注意
◆加ドル、NAFTA再交渉の第5回会合の結果に注目
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 146.00-153.00円
加ドル円 87.00-91.00円

11月20日週の展望
 ポンドは引き続き上値の重い動きか。10月の英消費者物価指数(CPI)は前年比+3.0%と、5年半ぶりの高い水準となった9月から横ばい。+3.1%へ加速するとの市場予想には届かなかった。今月に10年ぶりの利上げを実施したイングランド銀行(BOE)は、インフレ率が10月に+3.2%とピークに達し、その後の3年間は目標の+2%をやや上回る水準まで緩やかに低下するとの見通しを示した。また、9月ILO失業率(3カ月)は4.3%と市場予想や前月と変わらず、同週平均賃金(除賞与)は+2.2%と前月の+2.1%からやや上昇し、市場予想と一致した。原油価格が上昇し、ポンド安に伴いインフレが再び加速することもあり得るが、経済成長が鈍化する中で利上げに踏み切ったBOEの決定を疑問視する見方が強まることも考えられる。賃金の低迷が個人消費の落ち込みに拍車をかけることも懸念される。
 欧州連合(EU)離脱をめぐる第6回会合でも離脱清算金をめぐる見解の相違は埋まらず、交渉は引き続き難航している。EUは12月半ばの首脳会議で自由貿易や移行期間の協議に入るかどうかを判断する方針で、年内の貿易協議入りを決断するには英国が今月中に明確な方針を示す必要があると強調した。バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官は12月EU首脳会議の機会を逃がすと、来年2-3月以降まで決定を持ち越すと英国に圧力をかけた。英国内ではメイ首相の政権運営への懸念が高まっている。最大野党である労働党のコービン党首は「メイ氏が首相の座にいても指導力がないということがあらゆる角度から示唆されている」と非難し、与党議員40人がメイ首相に対する不信任を表明する書簡の署名に同意したと報じられるなど、閣僚のスキャンダルや進展が見えない離脱交渉などで、メイ政権に対する逆風が強まっている。14-15日にかけて英議会で離脱法案の審議が行われたが、法案修正の試みは全て否決された。厳密な離脱日時をいつに設定するか、また離脱日時を設定すべきかどうかといった問題は12月に議論
が行われる予定で、メイ首相の指導力が試される。
 加ドルの買い戻しも一巡し、再び上値の重い動きとなるか。最近の加経済指標はまだら模様で、消費者物価指数の伸びは引き続き弱く、カナダ中銀(BOC)の慎重姿勢が維持されそうだ。ただ、年内追加利上げ思惑は大きく後退しているが、住宅市場の過熱感が残されており、今後の指標次第では追加利上げ期待が再燃する可能性がある。
来週は9月の小売売上高・卸売売上高の発表が予定されているほか、BOCも注目している北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第5回会合が15日から21日にかけて行われる。カナダの当局者はトランプ米大統領が協定からの離脱に向けて動く可能性があるとの懸念を強めている。

11月13日週の回顧
 相場全体に方向感につながりそうな新規材料が乏しい中、動意は限定的。ポンドは予想比上振れの英小売売上高などが支えとなるも、ポンドドルは1.32ドル前半、ポンド円は150円大台を前に伸び悩んだ。また、ドル/加ドルは1.27加ドル台、加ドル円は89円前後で小幅の上下にとどまった。(了)

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

17日のポンド・円、売り・買い要因&支持ライン

○ポンド・円 (予想レンジ:148.50円-150.00円)
【買い要因】
・EU離脱交渉加速化への期待
・米長期金利の伸び悩み
・米税制改革の年内実現への期待
・雇用情勢の改善期待
【売り要因】
・英中央銀行は極めて緩慢なペースで利上げ継続へ
・12月米追加利上げの公算
・2018年も数回の米利上げ実施の可能性
・英中銀総裁:EU離脱は英国経済の半分に影響する可能性

■支持抵抗ライン
支持抵抗ライン:ポンド・円 (終値 149.17円)
・ボリンジャー+2σ       151.02
・HBOP               150.50
・ピボット R2          149.98
・ボリンジャー20日移動平均 149.67
・基準線             149.62
・21日移動平均         149.59
・ピボット R1          149.58
・5日移動平均          149.21
・転換線             149.20
・終値               149.17
・ピボット P           149.05
・ピボット S1          148.65
・55日移動平均         148.60
・ボリンジャー-2σ       148.31
・ピボット S2          148.13
・先行スパン 1         148.04
・LBOP               147.72
・90日移動平均         146.61
・先行スパン 2         146.09
・200日移動平均         144.01

*HBOP=High Break Point
*LBOP=Low Break Point
*日本時間6:00現在のNY終値を使用

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は高値圏、ポンド・円上昇にも連れる

[欧米市場の為替相場動向]
 ドル・円は113円20銭台と本日高値圏で推移。米10年債利回りが2.36%台に水準を切り上げたことで、ドル買いが強まったようだ。また、欧州株高や米株高観測もドル買い・円売りの流れを支援。さらに、18時半に発表された英国の10月小売売上高の予想上振れが好感され、ポンド・円が上昇し、ドル・円を小幅に押し上げたもよう。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円09銭から113円26銭。、ユーロ・円は133円26銭から133円44銭、ユーロ・ドルは1.1772ドルから1.1797ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ポンド、今回の英雇用統計は利上げは19年以降との見方裏付ける内容=NY為替チェック

 NY時間の終盤に差し掛かってドルは買い戻しを一服させるなか、ポンドドルは1.31台後半での推移が続い (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は一段安、ポンド・円の下げにも連動

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は一段安となり、一時112円65銭まで弱含んだ。足元は112円70銭台。欧州株が全面安、米株先物も下げ、米10年債利回りが一時2.32%台に低下しており、ドル売り・円買いが続いている。ユーロ・ドルは1.1853ドルまで上昇した。
 また、18時半に発表された英国の雇用統計が改善しポンドは買われたが、その後英長期金利の低下でポンド・円が急落し、ドル・円を押し下げた面もある。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円65銭から113円02銭。ユーロ・円は133円39銭から133円65銭、ユーロ・ドルは1.1808ドルから1.1853ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ロンドンFXチャンネル 久しぶりに復活!ポンドについて

ものすごく久しぶりにロンドンFXチャンネル動画をアップしました お話しさせていただいた内容は、英国政治事情とポンド についてです 是非ご覧くださいね まぁ、ほとんどの方が申し込まれたと思いますが、もし 実効レートに関する無料レポートを、まだお読みでない方は、 こちら  から、どうぞ 今回の動画は  これをクリックしてください。過去の動画をもう一度見直したい方は、ブログ左の 「カテゴリー」にある 【ロ

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDN序盤まとめ=ドル円113円後半、ポンドは重い

・ユーロ圏・英国の経済指標も材料視され、ユーロ高・ポンド安
・英10月CPIが予想比下振れし、ポンドドルは1.30ドル後半に下落
・ユーロ圏と主要国のGDPは景気拡大の継続を示し、ユーロはしっかり
・ドル円は113円後半に上昇するも、114円手前で失速

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は上げ渋り、ポンド・円下落に押される

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は欧州市場で一時113円91銭まで強含んだが、その後は失速し足元は113円70銭台にやや値を下げる展開。18時半に発表された英国の消費者物価指数(CPI)などインフレ指標が予想を下振れ、次の利上げに不透明感が広がりポンド売りになった。ポンド・円が下げ、ドル・円を押し下げたもよう。一方、対ポンドでユーロ買いが波及して、ユーロ・ドルが一時1.1720ドルまで上昇した。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円72銭から113円91銭。ユーロ・円は132円93銭から133円34銭、ユーロ・ドルは1.1685ドルから1.1720ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,