タグアーカイブ: パウエルFRB議長

ドル円108.93円前後、パウエルFRB議長は追加利上げを警告

 ドル円は、本日のトランプ米大統領のイラン核合意への判断への警戒感から108.93円前後で伸び悩む展開。パウエルFRB議長は、「一部の投資家は、予想されるFRBの利上げに対して適切な備えができていない」と述べ、6月FOMCでの追加利上げを示唆している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今日の焦点、パウエルFRB議長 米・イラン核合意、 日 家計調査 豪 小売売上 中 貿易収支 スイス 失業率 独 鉱工業生産 貿易収支 経常収支

「今日の焦点、パウエルFRB議長 米・イラン核合意、 日 家計調査 豪 小売売上 中 貿易収支 スイス 失業率 独 鉱工業生産 貿易収支 経常収支 」

*仲値=5月8日(火) 
*講演=リーカネン・フィンランド中銀総裁 パウエルFRB議長

*決算=アサヒ、協和キリン、ライオン、旭硝子 ニチレイ、住友重、OKI、丸紅、三井物、住友商、ミネベアミツミ、三菱重、スクリン、三菱商 ウォルト・ディズニー
*外貨投資=米3年国債入札

*今日の注文=別途掲載

(予定)
as0508.JPG

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , , , ,

今週の講演、下げのパウエルFRB議長など

7(月)クオールズFRB副議長 ボスティック・アトランタ連銀総裁  エバンス・シカゴ連銀総裁  バーキン・リッチモンド連銀総裁 カプラン・ダラス連銀総裁

8(火)リーカネン・フィンランド中銀総裁 パウエルFRB議長

9(水)日中韓首脳会議 金融政策決定会合の「主な意見」  ボスティック・アトランタ連銀総裁

10(木)
11(金)

FX為替ニュース

, , , , ,

「ダウ2千ドル下落、ミスター バンジージャンプ、パウエルFRB議長 二度あることは三度あった」

「ダウ2千ドル下落、ミスター バンジージャンプ、パウエルFRB議長 二度あることは三度あった」

*下げ〇〇とは言いたくないが、イエレン議長はあげまんだったかもしれない

2月5日(月)FRB議長就任日 ダウ千ドル以上の下げ ドル円1.29下げ

   ダウ -1175.21
   ナスダック-273.42
   ドル円 110.28から108.99まで下げ(-1.29)

3月21日(水)初FOMC 全面ドル下げ 株の下げは小さかった

   ダウ -44.96
   ナスダック -19.01
   ドル円  106.63から106.03へ下落(-0.63全面ドル安の日)、その後3日連続陰線となり104.62まで下落

4月6日(金)就任後初めて行った経済見通しに関する講演

   ダウ -572.46
   ナスダック-161.44
   ドル円 107.46から106.77まで下落(-0.69)

 3回の登場でダウは1792.63の下げ、ナスダックは415.85 ドル円は2.61の下げ

(一つ忘れてました、初の議会証言2月27日)

  ダウ-299.24
  ナスダック-91.10
  ドル円は+0.41でしたが翌日から3日連続下げで107.52から105.25へ下落

++++++++++++++++++++

私の過去のリポート

 3月22日 楽しい仲間達 「パウエル議長は下げ? ドル下げ株安」
psage1.JPG

 3月20日 楽しい仲間達 「あげまん さげ〇〇」
psage2.JPG

  FB
psagefb0406.JPG

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】市場の目=パウエルFRB議長によるFOMCは無難な船出 18年は4回の緩やかなペースでの利上げへ

第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 桂畑誠治氏

パウエルFRB議長によるFOMCは無難な船出
18年は4回の緩やかなペースでの利上げが実施される見込み

 今後の金融政策の当社見通しは、18年6月にかけて、景気・雇用は堅調な状況が続く一方で、PCEコアデフレーターが1%台半ばの上昇にとどまると予想されることから、5月のFOMCでは様子見姿勢をとり、6月のFOMCでFRBは追加の利上げを決定すると見込まれる。年間では、堅調な景気が続くと予想される9、12月に利上げを実施する公算が大きい。12月の利上げの可能性が高いが、中間選挙の結果を受けた金融市場の状況次第では利上げを見送ると予想される。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

パウエルFRB議長、最短会見に「ビジネスライク」の声

[ワシントン/サンフランシスコ 21日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が連邦公開市場委員会(FOMC)後に行った21日の記者会見は43分間で終了し、2011年4月にFRB議長が年4回の記者会見を開始して以来、最も短い会見となった。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【発言】21日の要人発言=パウエルFRB議長「ほとんどのFOMC参加者が見通しを引き上げた」

中国副商務相
「米中貿易戦争に勝者はいない」

文韓国大統領
「韓国、北朝鮮、米国の3カ国首脳による会談を行う可能性がある」

トルコ経済相
「独・韓国・タイ・中国のアクリル輸入に関するダンピングの調査を開始した」

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表
「NAFTA再交渉の協議は前進している」
「対欧州での米貿易赤字は大きな問題」

トゥスクEU大統領
「ブレグジット移行期間について金曜日に合意すること確認」

マルムストロム欧州委員(通商担当)
「米大統領と貿易に関する対話を立ち上げへ」

パウエルFRB議長
「経済見通し、ここ数カ月で強まった」
「ほとんどのFOMC参加者が見通しを引き上げた」
「遅すぎる利上げは経済にとってリスク」
「労働市場は引き続き堅調」
「2%を下回るインフレは昨年の異例の物価低下が招いた」
「インフレが低下しすぎることは回避したい」
「さらに緩やかな利上げを続けていくことがFRBのゴールへ向かうためには最良」
「緩やかな利上げは経済を支援」
「金融環境は総じて緩和的」
「やがてインフレは2%超えへ」
「財政はより刺激的に」
「需要を裏づけにファンダメンタルズは底堅い」
「2月も失業率は依然として低位」
「インフレ率は2%を上回る可能性も、下回る可能性もある」
「バランスシート縮小は進行中、変更の計画ない」
「利上げに関して中立的な立場」
「通商政策を企業は懸念も、(FRBの)見通しには影響しないと予想」
「貿易措置のさらなる拡大あれば、見通しに影響も」
「資産価格、一部は歴史的にみれば高め」
「金融危機の前のように、行き過ぎたリスクテークやレバレッジはみられず」
「現時点における金融安定のぜい弱性は小幅」
「現行の金融政策の枠組み、十分に機能」

ムニューシン米財務長官
「中国が自由で公平で互恵的な姿勢で市場を開放すれば、対中の米貿易赤字は減少する」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

パウエルFRB議長がFOMC初登板

本日から明日にかけて行われる米連邦公開市場委員会(FOMC)では、米国の堅調な景気状況に鑑みて0.25%のFF金利引き上げが確実視されている。市場の関心も利上げそのものではなく、今後の利上げペースに向かっている。これを見極める上で、以下の3点には特に注目しておきたい。
 
(1)経済見通しのインフレ予測
トランプ米大統領の減税やインフラ投資拡大に加え、労働需給の逼迫などを背景に物価上昇ピッチが早まるとの見方がくすぶる中、FOMCのインフレ見通しに注目が集まっている。なお、前回12月の経済見通しでは2018年末のインフレ率(コアPCEデフレーターの前年比)を1.9%と予測した。もし、年内に目標の2.0%に達するとの見方が示されれば、FOMCタカ派化の印象が強まりそうだ。
 
(2)金利見通しのFF金利予測
いわゆるドットチャートが今回のFOMCで最大の注目を集める事になるだろう。前回、2018年末のFF金利の予測中央値は2.125%(0.25%利上げ×3回)、19年末を2.6875%、20年末を3.0625%、長期見通しは2.750%とした。もし、上方へのスライドがあれば、FOMCが利上げペースをアップさせるというシグナルになる。持続可能な金利水準であり「均衡金利」と解釈できる長期見通しの水準が引上げられるのかにも注目したい。
 
(3)パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見
FRB議長に就任して初めての会見だけに注目が集まろう。イエレン前議長の「緩やかで漸進的な利上げ」路線を継承するとの見方が一般的。ただ、2月末の議会証言では「インフレ率が今年は前年比で上昇し、中期的に2%近辺で安定すると予想」とした上で、「FRBが後手に回り経済が過熱すれば、利上げペースを速める必要が出てくる」などとややタカ派的な発言を行った。
 
今回のFOMCは、ドル/円が105.50-107.00円のボックス圏を抜けるきっかけになるかという点でも注目を集めている。上記の通り、FOMCはややタカ派色が強めに出る可能性がありそうだ。そうなった場合にはドル買いが見込める一方、長期金利の上昇が株価の値崩れに繋がれば円買いを誘発する可能性もある。FOMCに対する米国株や米国債の反応もドル/円にとって重要なポイントとなりそうだ。

 

 

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY株見通し-今週はFOMCの結果とパウエルFRB議長の記者会見に注目が集まる

今週のNY市場ではFOMCの結果に注目か集まる。21日(日本時間22日午前3時)に結果が公表されるFOMCでは0.25%の利上げが確実視されているが、貿易戦争による景気悪化懸念で利上げが見送られる可能性もあり、利上げの有無が注目される。市場予想通りに利上げがおこなわれた場合でも、メンバーの金利見通しや議長就任後初めてとなるパウエルFRB議長の記者会見が注目される。結果を受けて利上げペースの見通しが大きく変化し、米10年債のボラティリティが高まった場合は、2月上旬のような波乱に注意したい。今週はFOMCのほか、米2月景気先行指数、米2月耐久財受注、米2月新築住宅販売戸数などにも注目。企業決算はレナー、オラクル、フェデックス、マイクロン・テクノロジー、ナイキなど。
 今晩の主要経済指標の発表はなし。主要企業の決算発表は上述のレナー、オラクルなど。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

パウエルFRB議長の上院証言、タカ派姿勢を緩和

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエルFRB議長は3月1日、上院銀行委員会で議会証言を実施した。議長は、労働市場の一部で依然たるみが存在する可能性を指摘し、「決定的な賃金上昇を示す強い証拠は見られない」と、前日に見せたタカ派姿勢を緩和させた。また、経済も現状で、「過熱している兆候はない」としたほか、インフレを起こさずに労働市場がさらに改善することは可能だと述べた。
パウエル議長は2月27日に行われた下院の議会証言で昨年12月以降経済が一段と強まったとの見解を明らかにし、2018年の利上げが3回以上になる可能性を示唆した、証言を受けて、米国債利回りは上昇、金利の上昇を警戒した株式相場は下落した。このため、パウエル議長が2日目の証言で果たしてタカ派姿勢を維持するかどうかに注目が集まっていた。
一方、FOMC内でも議長と同じく影響力が強いとされているNY連銀のダドリー総裁はブラジルでの講演で、米国経済の成長が潜在的水準を上回ると強気の見通しを示した。また、「25bpの4回の利上げは依然緩やかな利上げに相当する」と発言。
市場も年4回の利上げを織り込みつつあるが、今後、米国政府が追加関税を実行し保護主義貿易に傾斜した場合、景気見通しが悪化する可能性も考慮していく必要がある。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【NY為替オープニング】パウエルFRB議長の上院証言、タカ派色確認するかどうかに焦点

●ポイント
・米・先週分新規失業保険申請件数、ほぼ50年ぶり低水準
件)
・パウエル米FRB議長が議会証言(上院銀行委員会)
・ダドリーNY連銀総裁講演(貿易とグローバリゼーション)
・トランプ米大統領、鉄、アルミ関税発表も
 1日のニューヨーク外為市場では米連邦準備制度理事会FRBのパウエル議長の上院銀行委員会での議会証言を控えドル買いが優勢となっている。パウエルFRB議長は2月27日に行われた下院の議会証言で2018年FRBが3回以上の利上げを実施する可能性を示唆。米債利回りは上昇、株安につながった。証言内容は2月27日に実施された下院での証言とほぼ同様になると見られている。朝方発表された米国の週次新規失業保険申請件数は1969年来以降49年ぶり低水準に達し、労働市場のひっ迫を確認された。今後、賃金の上昇につながっていくかどうかに注目が集まる。
一方、ダドリーNY連銀総裁はブラジル、サンパウロでのイベントで、貿易とグローバリゼーションに関して講演を予定している。また、トランプ大統領は鉄、アルミに関する関税を発表する可能性は保護主義貿易への警戒感を強め、ドルの上値を抑制する要因になる可能性がある。
また、パウエル議会証言の質疑応答にも注意が必要となる。FRB議長は度々、第1日目の証言の市場の解釈が自分の意図したものではないと判断した場合、2日目の証言で、それを正す傾向がある。パウエル議長は議長就任後初めてとなった27日の下院議会証言で、自分の見通しとして経済が12月から一段と強まったと言及。四半期ごとに発表されるFRBスタッフ予測の12月分で、2018年の平均の利上げ予測で年3回であったため、市場では本年4回またはそれ以上の利上げ観測が強まった。
パルエル議長は、3月FOMCの経済予測で、予断は持ちたくないとし、経済の状況次第であることを改めて強調。年3回の利上げ見通しが来月の会合で変更するかどうかの言及は避けた。しかし、米国債市場では速やかな利上げを織り込み価格は下落。利回りは上昇した。逆に、金利の上昇を警戒した株式相場は下落。28日も大幅続落となった。
パウエル議長が、自分の発言を受けた長期債の上昇を意図したものではないと判断した場合、1日の上院の証言で、タカ派色が弱まる可能性もある。また、下院証言で。株式相場の下落に関して、「比較的秩序があった」と金融政策に影響しない考えを示したが、一両日の株式相場の下落を受けて、判断を変えるかどうかにも注目したい。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円27銭を下回っている限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1805ドルでの攻防が予想される。

ドル・円106円77銭、ユーロ・ドル1.2170ドル、ユーロ・円129円93銭、ポンド1.3743ドル、ドル・スイスは0.9466フランで寄り付いた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

パウエルFRB議長の上院証言で、タカ派スタンスを確認へ

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエルFRB議長は3月1日、上院銀行委員会で議会証言を予定している。証言内容は2月27日に実施された下院での証言とほぼ同様になると見られている。しかし、質疑応答での回答には注意が必要となる。
FRB議長は度々、初日の証言で、市場の解釈が自分の意図するところではないと判断した場合、2日目の証言で、それを正す兆候がある。パウエル議長は議長就任後初めてとなった2月27日の下院議会証言で、自分の見通しとして経済が12月から一段と強まったと言及。四半期ごとに発表されるFRBスタッフ予測の12月分で、2018年の平均の利上げ予測が年3回であったため、市場は本年4回の利上げ観測を強めている。
パルエル議長は、3月FOMCの経済予測で、予断は持ちたくないとし、経済の状況次第であることを改めて強調。年3回の利上げ見通しが来月の会合で変更するかどうかの言及は避けた。しかし、米国債市場では速やかな利上げを織り込み価格は下落。利回りは上昇した。逆に、金利の上昇を警戒した株式相場は下落。28日も大幅続落となった。
パウエル議長が、自分の発言を受けた長期債の上昇を意図したものではないと判断した場合、1日の上院の証言で、タカ派色を弱める可能性がある。また、下院証言で。株式相場の下落に関して、「比較的秩序があった」と金融政策に影響しない考えを示したが、一両日の株式相場の下落を受けて、判断を変えるかどうかにも注目したい。

FX為替ニュース

, , , , , , ,