タグアーカイブ: ハリケーン

米失業保険申請件数予想超える、ハリケーンで滞ったデータ処理再開

[ワシントン 9日 ロイター] – 米労働省が9日に発表した4日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万件増の23万9000件と、市場予想の23万1000件を上回った。ハリケーンで滞ったデータ処理が再開していることを示唆した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

米ISM製造業景気指数、10月は低下 ハリケーンの影響一部薄れる

[ニューヨーク/ワシントン 1日 ロイター] – 米供給管理協会(ISM)が発表した10月の製造業景気指数は58.7と、13年半ぶりの高水準となった前月の60.8から低下し、予想の59.5も下回った。前月の押し上げ要因となったハリケーン被害による供給阻害が薄れたことが背景にあるが、米国の製造業部門は引き続き力強さを増しているとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

FOMC、景気判断引き上げ、「経済活動は堅調なぺースで拡大、ハリケーンにもかかわらず」

米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で景気判断を引き上げた。「経済活動は堅調なぺースで拡大、ハリケーンにもかかわらず」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

エクスペディアが大幅安 決算に失望 ハリケーンで宿泊予約の伸び鈍化=米国株個別

 旅行サイトのエクスペディアが大幅安となっておりナスダック指数を圧迫している。7-9月期の決算を発 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

アングル:米企業収益を圧迫するハリケーンの影響

[サンフランシスコ 20日 ロイター] – 8月から9月にかけて米南部やプエルトリコに相次いで襲来したハリケーン「ハービー」、「イルマ」、「マリア」による被害の影響が足元で米企業の収益を圧迫している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

9月米中古住宅販売が予想外に増加、ハリケーンの影響和らぐ

[ワシントン 20日 ロイター] – 全米リアルター協会(NAR)が発表した9月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は、年率換算で前月比0.7%増の539万戸と、予想外に増加した。ハリケーン「ハービー」「イルマ」の影響が和らぎ始めたことが背景。ただし根強い供給不足は引き続き販売の重しとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ベージュブック】「ハリケーンは一部地域に障害をもたらしたほか、物価圧力をもたらした」

米連邦準備制度理事会(FRB)は地区連銀経済報告(ベージュブック)を発表した。
「ハリケーンは一部地域に障害をもたらしたほか、物価圧力をもたらした」

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米9月の鉱工業生産は0.3%増、ハリケーン影響薄れ 見通し底堅く

[ワシントン 17日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)が公表した9月の鉱工業生産指数は0.3%上昇し、市場予想と一致した。ハリケーン「ハービー」「イルマ」の影響が薄れるなか、建設や公益関連の生産が持ち直した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

利上げ観測、ハリケーン、北のミサイルで株冴えず、世界の株資源金利

*

  2017年 2017年    
  10月5日 10月6日
原油 50.79 49.29 -1.50 -2.95
1273.2 1274.9 1.70 0.13
CRB 182.94 180.95 -1.99 -1.09
ドルINDEX 93.91 93.79 -0.12 -0.13
コーン 349 350 1.00 0.29
大豆 969 973 4.00 0.41
16.64 16.86 0.22 1.32
パラジウム 942 923 -19.00 -2.02
プラチナ 915 914 -1.00 -0.11
JGB 0.045 0.055 0.01 22.22
10年債金利 2.345 2.36 0.01 0.64
米30年債金利 2.884 2.893 0.01 0.31
GM 43.85 44.93 1.08 2.46
フォード 12.25 12.31 0.06 0.49
グーグル 969.96 978.89 8.93 0.92
シティ 75.72 75.64 -0.08 -0.11
VISA 106.24 106.73 0.49 0.46
ボーイング 258.89 258.58 -0.31 -0.12
NYダウ 22775.39 22773.67 -1.72 -0.01
ナスダック 6585.36 6590.18 4.82 0.07
上海総合 3348.94 3348.94 0.00 0.00
FTSE 7507.99 7522.87 14.88 0.20
DAX 12968.05 12955.94 -12.11 -0.09
日経 20628.56 20690.71 62.15 0.30

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ハリケーンで判断困難な米雇用統計で荒れるか

NYタイムに米雇用統計を控えて様子見ムードが支配的ななか、ドル円は東京タイムからロンドン入りにかけて3日ぶりに113円台まで戻したが伸び悩み、足元では112円後半で推移している。

 市場では、米雇用統計で注目度が高い非農業部門雇用者数の数値が弱くてもハリケーンの一時的な要因との見方ができ、強ければ悪影響が軽微だったとして、いずれもドルにとってポジティブに作用するとの楽観的な見方がある。ただ、いずれの結果も調整の難しさによる不確かな推計値に近い数字となる可能性があり、来月以降の修正が大きくなることが考えられる。為替が上下どちらへ振れても、確信を持って追随しにくいだろう。
 雇用者数の数値に不透明さがあるので、賃金動向により注目するべきとの見解も聞かれる。だが、同指標についても、雇用の増減と同様に不確かな要素を含んでいると考えていい。これらの指標結果への判断がつきかねない相場となれば、昨日と似通った動きだが、FRB当局者の発言を手掛かりに、ドル相場は振れることになるか。今夜はダドリー米NY連銀総裁やカプラン米ダラス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁。現地時間の明日にもローゼングレン米ボストン連銀総裁といった、地区連銀総裁の講演が予定されている。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、目先の上値めど。その次は7月11日安値113.72円が節目となる。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値は昨日、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線手前の112.41円にとどまった。その下に9月29日安値112.22円のサポートも控えるなか、本日112.38円へ小幅に水準を上げた転換線付近の動きが、引き続き下値でのポイントになりそう。底割れとなった場合、9月25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、111.38円で横ばいが続いている現状では、サポートとして機能する可能性があるとみる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ハリケーンで判断困難な米雇用統計で荒れるか

 NYタイムに米雇用統計を控えて様子見ムードが支配的ななか、ドル円は東京タイムからロンドン入りにかけて3日ぶりに113円台まで戻したが伸び悩み、足元では112円後半で推移している。
 市場では、米雇用統計で注目度が高い非農業部門雇用者数の数値が弱くてもハリケーンの一時的な要因との見方ができ、強ければ悪影響が軽微だったとして、いずれもドルにとってポジティブに作用するとの楽観的な見方がある。ただ、いずれの結果も調整の難しさによる不確かな推計値に近い数字となる可能性があり、来月以降の修正が大きくなることが考えられる。為替が上下どちらへ振れても、確信を持って追随しにくいだろう。
 雇用者数の数値に不透明さがあるので、賃金動向により注目するべきとの見解も聞かれる。だが、同指標についても、雇用の増減と同様に不確かな要素を含んでいると考えていい。これらの指標結果への判断がつきかねない相場となれば、昨日と似通った動きだが、FRB当局者の発言を手掛かりに、ドル相場は振れることになるか。今夜はダドリー米NY連銀総裁やカプラン米ダラス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁。現地時間の明日にもローゼングレン米ボストン連銀総裁といった、地区連銀総裁の講演が予定されている。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、目先の上値めど。その次は7月11日安値113.72円が節目となる。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値は昨日、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線手前の112.41円にとどまった。その下に9月29日安値112.22円のサポートも控えるなか、本日112.38円へ小幅に水準を上げた転換線付近の動きが、引き続き下値でのポイントになりそう。底割れとなった場合、9月25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、111.38円で横ばいが続いている現状では、サポートとして機能する可能性があるとみる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は112円後半で小動き、ハリケーン影響し状況判断が困難

 東京終盤から欧州入りにかけての為替市場、ドル円は112円後半での限定的な振れとなっている。112.70円から一時112.80円付近へ小幅に水準を上げたものの反発力が鈍い。足元では112.62円まで本日のレンジ下限を広げた。限られた値幅での動きにとどまっている。明日に米雇用統計、今夜に雇用関連指標である米新規失業保険申請の発表を控えて様子見ムード。その上、ハリケーンの影響による一時的な指標の振れもある。指標結果自体にも市場は反応しづらく、取引が手掛けにくくなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ISM連続ブリブリ 雇用もついてくる ハリケーンは?

「ISM連続ブリブリ 雇用もついてくる ハリケーンは?」

*米​ISM9月​製​造​業​景​気​指​数​、​9​月​は​2​0​0​4​年​ぶり以​来​の​高​水​準
 ・9月の製造業景気指数は60.8で、予想(58.0)や前月(58.8)を上回り、2004年5月以来の高水準となった。
 ・価格指数が7.15と、予想(64.0)や前月(62.0)を上回り、2011年5月以来の高水準を記録した。
 ・雇用指数は60.3で予想(58.0)を上回り、前月(59.9)から上昇し、11年6月以来の高水準となった。
 ・新規受注指数は64.6と、前月(60.3)から上昇した。

*米ISM9月非製造業総合指数は59.8と、前月の55.3から上昇し、2005年8月以来約12年ぶりの高水準となった。予想の55.5も上回った。
 ・非製造業雇用指数は56.8、前月は56.2

FX為替ニュース

, , , , ,

再保険の為替とは、ハリケーンに地震

豪保険大手QBEインシュアランス・グループ =

 米国ハリケーンやメキシコの大地震による事業への影響を踏まえ、2017年の保険金支払いに備えて積み立てる準備金を17億5000万ドルに積み増したと発表した。

これにより17年の税引き前利益に6億ドル程度の影響が生じる見通し。発表を受けて同社株は一時、5%余り下落した。

保険会社や再保険会社は、今年相次ぐ自然災害を受けて保険金請求の急増に見舞われている。

(日本の保険会社も同様だろう、支払いは期末か)

FX為替ニュース

, , , , ,