タグアーカイブ: ドル買い継続

ドル・円は112円台半ばで推移か、日米金利差拡大を意識したドル買い継続も

 21日のドル・円相場は、東京市場では112円20銭から112円72銭で推移。欧米市場でドル・円は一時112円14銭まで下落したが、112円49銭で取引を終えた。
 本日22日のドル・円は、日米金利差拡大を意識したドル買い・円売り基調が継続し、112円台半ばで推移か。ただ、北朝鮮をめぐる地政学的リスクもくすぶり、上値は限定的とみられる。
 米国の年内追加利上げ観測や米長期金利の上昇を背景としたドル高・円安基調が優勢となっている。また、21日午後に発表された日銀の金融政策会合では、長期金利をゼロ%程度に誘導する現行の金融緩和の維持の決定を発表した。このため、日米金利差拡大を意識したドル買い・円売りも目立つ。
 ただ、トランプ米大統領が21日、北朝鮮と取引する海外企業・銀行や個人を対象とした北朝鮮へ追加制裁を定めた大統領令に署名した。北朝鮮の相次ぐ挑発行為へのけん制や核開発への資金源を断つことが狙いと見られる。外為市場では北朝鮮をめぐる地政学的リスクへの警戒感が再浮上している。足元では主要通貨に対する円売りが活発となっているが、新たなドル買い材料が提供されない場合、安全逃避的な円買いは再び増える可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(東京午前)

海外市場の流れを引き継ぎ、米・年内追加利上げ観測の急浮上を受けたドル買いが継続。ドル円は本邦実需筋の買いを後押しに、前日高値を上抜けると112円64銭付近まで続伸。また、クロス円も日経平均の大幅続伸を好感しユーロ円が133円75銭付近まで下値を切り上げ、ポンド円が151円97銭付近まで上昇。一方、ユーロドルは海外時間終盤に1.1900を回復したものの、再び1.1866付近まで軟化し上値の重い状況となっている。11時00分現在、ドル円112.477-487、ユーロ円133.564-584、ユーロドル1.18750-758で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル買い継続、ユーロドルは1.19ドル割れ

 NYタイムに入って強まったドル買いの流れが継続。ドル円は110.69円まで8月16日以来の高値を更新し、ユーロドルは1.19ドル大台を割り込み1.1889ドルまで弱含んだ。また、ポンドドルは1.3207ドル、豪ドル/ドルは0.7981ドルまで売りが継続。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(欧州午後)

ドル円は上昇基調の米債利回りを支えに109円47銭付近まで僅かに日通し高値を更新。一方、ユーロドルが1.1744付近まで、ポンドドルが1.2810付近まで続落し、豪ドルドルは軟調な原油価格も重しとなり0.7896付近まで値を崩すなどドル買いの流れが継続。また、クロス円も午前の流れを引き継ぎユーロ円が一時128円32銭付近まで、ポンド円が140円06銭付近まで売られる場面がみられたほか、豪ドル円も86円32銭付近まで水準を切り下げている。20時46分現在、ドル円109.427-437、ユーロ円128.684-704、ユーロドル1.17604-612で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(欧州午前)

欧州勢参入後も米債利回りの上昇を支えにドル買いの流れが継続。ドル円は堅調な日経先物にも後押しされ109円79銭付近まで日通し高値を更新した。また、ユーロドルは1.1791付近まで小幅に売られ、ポンドドルも1.2971付近まで下値を拡げるなどドルが対主要通貨で強含み。クロス円はユーロ円が129円半ばで底堅く推移する一方、ポンド円が142円72銭付近から142円24銭付近まで失速するなど強弱まちまちの状況となっている。18時27分現在、ドル円109.671-681、ユーロ円129.422-442、ユーロドル1.18008-016で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は主に110円台後半で推移か、日経平均株価の上昇を意識してリスク選好のドル買い継続も

 4日のドル・円相場は、東京市場では109円85銭から110円19銭で推移。欧米市場でドル・円は一時111円05銭まで上昇し、110円68銭で取引を終えた。
 本日7日のドル・円は主に110円台後半で堅調に推移する見込み。日経平均株価が堅調に推移する可能性があることから、ドルは111円台に押し上げられる可能性がある。
 前週末4日に発表された7月米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比+20万9000人となったほか、失業率は0.1ポイント低下して4.3%となった。物価動向の先行きを示す平均時給は前月比+0.3%、前年比では+2.5%の伸びを記録した。平均時給の伸び率は鈍化するとの見方があったが、前年比での上昇率は市場予想の+2.4%を上回ったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)による保有資産(バランスシート)の縮小は9月に開始されるとの思惑が広がり、ドル高・円安基調は継続している。
 また、コーン米国家経済会議(NEC)委員長がテレビインタビューで、「今秋にも法人税率を経済開発協力機構(OECD)の平均である23%まで引き下げる必要」と表明したことも市場は好感している。コーンNEC委員長の発言は株高・ドル高要因となっており、米長期金利の上昇を促した。市場関係者の間では米税制改革への期待が改めて広がっており、短期的にドルは底堅く推移するとみられる。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(NY午後)

『ヘルスケア法案審議の動議、米上院で可決』との報道を手掛かりにドル買いの流れが継続。ドル円は依然上昇基調の米債利回りにも後押しされ111円93銭付近まで続伸する一方、ユーロドルが1.1644付近まで、ポンドドルは1.3026付近までじり安に推移。そうした中、クロス円では堅調な原油価格を支えに豪ドル円が88円84銭付近まで、カナダ円は89円49銭付近まで水準を切り上げるなど資源国通貨が強含みとなっている。4時52分現在、ドル円111.894-904、ユーロ円130.309-329、ユーロドル1.16455-463で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は113円台で推移か、米経済指標の改善を好感してリスク選好的なドル買い継続へ

 3日のドル・円相場は、東京市場では112円10銭から112円87銭で推移。欧米市場でドル・円は113円47銭まで続伸し、113円40銭で取引を終えた。
 本日4日のドル・円は113円台で推移か。米長期金利の上昇や一部経済指標の改善を意識してリスク選好的なドル買い・円売りは継続する可能性がある。
 3日発表の6月の米ISM製造業景況指数は57.8に上昇し、市場予想の55.3程度を大幅に上回った。5月実績の54.9から2.9ポイント上昇した。項目別では、新規受注指数は5月の59.5から6月は63.5に上昇した。生産指数は62.4で5月の57.1を大幅に上回った。雇用指数は57.2で5月の53.5から著しく改善した。
 ISM製造業景況指数が大幅に上昇したことから、米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長がインフレ鈍化は一時的な現象と指摘したことは妥当だったとの見方が市場関係者の間で広がり、年内追加利上げを改めて織り込む状況となった。
 6日に発表される6月のISM非製造業景況指数(総合)は現時点で56.5と予想されており、5月実績の56.9をやや下回る見込みだが、製造業景況指数が市場予想を大幅に上回ったことから、非製造業の景況指数も5月実績を上回ってもおかしくないとの声が聞かれている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

今日の為替市場ポイント:ドル・円は113円台で推移か、米経済指標の改善を好感してリスク選好的なドル買い継続へ[FISCO]

3日のドル・円相場は、東京市場では112円10銭から112円87銭で推移。欧米市場でドル・円は113円47銭まで続 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(NY午前)

米・ISM製造業景況指数の予想比上振れが好感されドル買いが強まる展開。ドル円は米債利回りの上げ幅拡大も後押しとなり113円44銭付近まで買われ本日高値を更新。一方、ユーロドルは1.1355付近まで値を落とし、ポンドドルも1.2931付近まで軟化するなど対主要通貨でドルが一段高。また、クロス円はドル円の上昇やNYダウの史上最高値更新を受け、ユーロ円が128円89銭付近まで、豪ドル円が86円77銭付近まで上値を拡げ堅調に推移している。1時17分現在、ドル円113.292-302、ユーロ円128.743-763、ユーロドル1.13640-648で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(NY午後)

午後に入り、ドル円は米債利回りが一段と上昇幅を拡大させたことから6月2日以来の111円59銭付近まで上値を模索。一方、ユーロドルが1.1142付近まで続落、豪ドルドルは0.7593付近まで軟化するなどドル買い基調が継続。また、クロス円はNYダウや日経先物の堅調地合いを支えにユーロ円が124円39銭付近まで下値を切り上げ、豪ドル円は84円74銭付近まで買われ本日高値を更新している。4時53分現在、ドル円111.585-595、ユーロ円124.373-393、ユーロドル1.11464-472で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は114円台で推移か、米長期金利のさらなる上昇を意識してドル買い継続へ

 10日のドル・円相場は、東京市場では113円63銭から114円13銭で推移。欧米市場ではドル・円は114円37銭まで上昇し、114円29銭で取引を終えた。
 本日11日のドル・円は114円台で推移か。米長期金利のさらなる上昇の可能性は残されており、リスク選好的なドル買い・円売りは継続する可能性がある。
 10日のニューヨーク市場では、米長期金利の上昇を意識したドル買い・円売りが観測されており、ドルは114円37銭まで買われた。終値ベースでドルは4営業日連続で上昇しており、今週中に1ドル=115円到達もあり得る展開となっている。米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は「年内あと3回の利上げが妥当」、「過熱経済を回避することが重要」との見方を示したことがドル買い材料となった。
 ただし、市場関係者の間では「日本銀行の金融政策は大きな転換点を迎えつつあり、円売り・ドル買いを継続することが妥当かどうかを見極める必要がある」との声が聞かれている。日本銀行の黒田総裁は10日、「長期金利が1%上昇した場合、日銀保有の長期国債の評価損は23兆円に達する」との見方を示した。現行の国債買い入れペースを維持した場合、将来的に極めて大きな損失が発生するリスクがあるとの見方が市場関係者の間で浮上しており、足元のドル・円相場に影響を与える可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円:ドルは114円30銭台で推移、株高持続でドル買い継続

 11日午前の東京市場でドル・円は114円30銭台で推移。日経平均株価は33円高で推移しており、小幅ながら株高は持続している。午後の取引でも株高が続いた場合、ドル・円は114円台後半まで一段高となる可能性があるとの声が聞かれている。ここまでのドル・円の取引レンジは114円25銭から114円37銭。
 ユーロ・円は、123円75銭から124円12銭で推移・ユーロ・ドルは、1.0863ドルから1.0870ドルで推移
■今後のポイント
・113円50銭近辺で顧客筋、短期筋などのドル買い興味
・1ドル=115円水準で輸出企業などのドル売り予約増加
NY原油先物(時間外取引):高値47.51ドル 安値47.34ドル 直近値47.46ドル

FX為替ニュース

, , , , , , ,