タグアーカイブ: ドル買い継続

ドル・円は114円前後で推移か、日経平均株価続騰への期待でドル買い継続も

 20日のドル・円相場は、東京市場では112円52銭から113円35銭で推移。欧米市場ではドルは113円57銭まで一段高となり、113円51銭で取引を終えた。
 本日23日のドル・円は、114円前後で推移か。米税制改革の年内成立への期待感や日米の金利差拡大を意識したドル買い・円売り基調は継続。日経平均株価や米長期金利の動きを意識して、7月中旬以来となる114円台を試す展開か。
 前週19日に米上院で2018年度の予算決議案の可決したことを受けて、米税制改革の年内成立への期待感からドル買い・円売り基調が加速。また、米長期金利が上昇していることも、ドル買いを促している。
 22日に投開票された第48回衆院選では、与党の自民・公明両党は計312議席(23日午前8時現在)獲得し、圧勝した。市場では、日本銀行による大規模金融緩和が当面維持されるとの見方が広がり、円を売る動きが強まっている。23日の日経平均株価が15連騰となり、米長期金利が一段と上昇した場合、ドル・円は114円台を抜け、7月の高値である114円49銭近辺を試すと予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は主に113円台前半で推移か、米長期金利上昇を意識してドル買い継続へ

 18日のドル・円相場は、東京市場では112円14銭から112円54銭で推移。欧米市場ではドルは一時113円05銭まで一段高となり、112円94銭で取引を終えた。
 本日19日のドル・円は、主に113円台前半で推移か。米長期金利の上昇などを背景にドル買い・円売りが加速か。日経平均株価が堅調に推移した場合は、113円台半ばまで上伸する可能性も。
 海外市場では米長期金利の上昇や米欧株高を背景にドル買い・円売り基調が加速。また、次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長の人事をめぐり、トランプ米大統領が来年2月に退任するイエレン現FRB議長の後任として若干「タカ派」寄りの候補を選出するとの見方が広がっていることも、ドル相場の下支えしている。米税制改革法案の年内成立への期待感や年内の米追加利上げ観測も引き続きドル相場の支援材料。
 本日の東京市場はこの流れを引き継ぎ、113円台前半で強含みに推移するだろう。日経平均株価が堅調に推移した場合は113円半ばまで上伸する可能性もある。ただ、19日(米東部時間)にトランプ米大統領がイエレンFRB議長と面談するほか、22日に行われる衆議院選挙を控えて、市場の様子見姿勢も強まりつつある。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(欧州午前)

米債利回りの上昇を背景にドル買いが継続。ドル円はダウ先物の堅調地合いにも支えられ112円65銭付近まで続伸。クロス円もつれてユーロ円が132円37銭付近まで上値を伸ばし、豪ドル円は88円前半で底堅く推移。また、ポンドは英失業率発表後、対円で148円66銭付近まで、対ドルで1.3213付近まで一時急伸する場面が見られるも勢いが続かず、ともに戻り売りに押されている。17時52分現在、ドル円112.626-636、ユーロ円132.307-327、ユーロドル1.17473-481で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

来週のドル・円:年内追加利上げを想定したドル買い継続も

[ドル・円]
 来週のドル・円は底堅い動きとなりそうだ。米連邦準備制度理事会(FRB)が前回9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で示した金利正常化に前向きな姿勢は、11日に公表される議事要旨で改めて材料視されそうだ。企業景況感の改善などを背景に年内追加利上げ期待はさらに高まる見通し。
 2日に発表された9月ISM製造業景気指数など、足元の米経済指標は堅調な内容が目立ち、金利正常化をにらんだ米長期金利の上昇がドル買いを促すとみられる。特に、13日発表の9月消費者物価コア指数(CPI)は前年比+1.8%で8月実績の同比1.7%をやや上回ると予想されている。全体の指数は前年比+2.3%で8月実績の+1.9%を上回る公算が大きい。市場予想と一致した場合、年内追加利上げを期待したドル買いが強まる展開となりそうだ。
 ただし、ユーロの値動きに影響を受ける可能性がある。ドイツやスペインの政治情勢の不透明感からユーロは買いづらいものの、欧州中央銀行(ECB)による債券購入プログラム縮小への期待は残されている。ECBの金融緩和策縮小を意識してユーロ買い・米ドル売りが優勢となる場面では米ドル売り・円買いのフローが増えるケースも想定したい。
 一方、今月22日投開票の日本の衆院選は10日に公示され、選挙戦に入る。希望の党の小池百合子東京都知事は、自身の出馬を重ねて否定したが、市場関係者の間では「選挙結果次第希望の党は自・公と連携する可能性がある」との見方が広がっている。党派の異なる勢力が加わることで、自・公政権の安定性は維持できないとの見方はあるものの、株式市場が好感すれば「アベノミクス」の維持を期待した円売りは継続する可能性がある。
【米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨】(11日公表予定)
 FRBは11日に9月19-20日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表する。この会合後の声明で、FRBは金利正常化に向け、今年と来年の利上げ回数を3回との見通しを堅持。議事要旨は年内追加利上げの妥当性を示す内容とみられている。
【米・9月消費者物価指数(CPI)】(13日発表予定)
 13日発表の9月消費者物価指数(CPI)は前年比+2.3%と、8月の+1.9%を上回る見込み。同コア指数は同+1.8%と前月の+1.7%を上回る見込み。市場予想と一致すれば、インフレ鈍化の懸念は後退し、年内追加利上げ期待はさらに強まるとみられる。
・予想レンジ:111円00銭−115円00銭
・10月9日-13日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。
○(日)9月国内企業物価指数 12日(木)午前8時50分発表予定
予想は前年比+3.0%
 参考となる8月実績は前年比+2.9%で消費税の影響を除くと2008年10月の+4.5%以来の高い伸びとなった。石油・石炭製品の価格上昇が要因。9月については石油・石炭製品の価格上昇の影響が残ることや一部金属類の価格が上昇していることから、物価上昇率は8月実績を上回る可能性がある。ただし、原油安・円高になった場合、企業物価指数は伸び悩むとみられる。
○(米)9月消費者物価コア指数 13日(金)午後9時30分発表予定
・予想は、前年同月比+1.8%
 参考となる8月実績は前年同月比+1.7%で伸び率は7月実績と同水準。9月については家賃の上昇が続いていることや衣料品、航空運賃もやや上昇すると予想されており、コア指数の伸びは8月実績をやや上回る可能性がある。

○(米)8月小売売上高 13日(金)午後9時30分発表予定
・予想は前月比+1.6%
 参考となる8月実績は前月比-0.2%で市場予想を下回った。自動車・関連部品の売上げ減少が主な要因。ハリケーンの影響も一部でみられた。9月については自動車・関連部品、ガソリン、衣料・装飾品類の売上回復が予想されており、前月比1%超の大幅な伸びとなる見込み。
○(米)10月ミシガン大学消費者信頼感指数速報 13日(金)午後11時発表予定
・予想は、95.0
 参考となる9月実績は95.1、またコンファレンス・ボード発表の9月消費者信頼感指数は119.8で、前月改定値から0.6ポイント低下している。10月についてはハリケンーンの
影響がほぼなくなるものの、足元の景況感は特に改善していないことから、9月実績に近い数字になるとみられる。市場予想は妥当な水準か。
○主な経済指標の発表予定は、10日(火):(日)8月経常収支、11日(水):(日)8月機械受注、(米)8月JOLT求人件数、12日(木):(米)9月生産者物価指数、13日(金):(米)8月企業在庫

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(NY午後)

NYダウが連日で史上最高値を塗り替える中、米債利回りの上昇基調が保たれドル買いの流れが継続。ドル円は112円87銭付近まで続伸したほか、ユーロドルが1.1698付近まで下値を拡大し、ポンドドルは1.3106付近まで続落。一方、クロス円はドルストレートの軟化とドル円の堅調地合いに挟まれ全般的に方向感を欠いており、ユーロ円は132円前半で、ポンド円は148円ちょうど付近で売り買いが交錯している。4時46分現在、ドル円112.825-835、ユーロ円132.051-071、ユーロドル1.17040-048で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

東京為替概況:ドル・円はしっかり、米年内追加利上げ観測でドル買い継続

 今日の東京市場で、ドル・円はしっかり。112円66銭から113円20銭まで上昇した。米国の経済指標の改善を受けて、連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測が一段と高まっていることで、ドル買いが継続した。また、前日の米国株高を受けて日経平均株価が大幅続伸となり、円売りも強まった。
 ユーロ・円は132円19銭から132円82銭まで上昇。ユーロ・ドルはユーロ売りが先行して1.1696ドルまで下落した後、欧州勢の買い戻しにより1.1744ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円113円10-20銭、ユーロ・円132円75-85銭
・日経平均:始値20475.25円、高値20628.38円、安値20438.17円、終値20614.07円(前日比213.29円高)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円はしっかり、米年内追加利上げ観測でドル買い継続

 今日の東京市場で、ドル・円はしっかり。112円66銭から113円20銭まで上昇した。米国の経済指標の改善を受けて、連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測が一段と高まっていることで、ドル買いが継続した。また、前日の米国株高を受けて日経平均株価が大幅続伸となり、円売りも強まった。
 ユーロ・円は132円19銭から132円82銭まで上昇。ユーロ・ドルはユーロ売りが先行して1.1696ドルまで下落した後、欧州勢の買い戻しにより1.1744ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円113円10-20銭、ユーロ・円132円75-85銭
・日経平均:始値20475.25円、高値20628.38円、安値20438.17円、終値20614.07円(前日比213.29円高)
【経済指標】
・日・9月マネタリーベース:前年比+15.6%(予想:+16.7%、8月:+16.3%)
・豪・8月住宅建設許可件数:前月比+0.4%(予想:+1.0%、7月:-1.2%←-1.7%)
【金融政策】
・豪準備銀行:政策金利を1.50%に据え置き決定
【要人発言】
・豪準備銀行
「豪ドル高は生産、雇用の見通しに重しになっている」
「インフレは徐々に加速する見通し」
「成長は今後数年にわたり緩やかに回復する見通し」
「豪ドル高が続けば成長率やインフレ率は鈍化の可能性」
・格付け会社ムーディーズ
「日本の消費税の変更、プラス面がマイナス面を上回る」
「PB目標達成の時期は重要でない、財政健全化へのコミットが必要」
「経済政策が日本経済の成長をけん引、構造改革に弾みも」
「日本の格付けに対するリスクは“均衡状態”で変わらず」

FX為替ニュース

, , , , , ,

豪ドル・円:対円レートはもみあい、豪ドル売り・米ドル買い継続の影響も

2日の豪ドル・円はもみあい。豪ドル売り・米ドル買いのフローが増えているものの、米ドル・円相場は円安方向に振れており、対円レートはやや底堅い動きを見せている。豪ドル・ドルの取引レンジは0.7815ドルから0.7848ドル。なお、ユーロ・円は132円68銭から133円07銭で推移している。
・豪ドル・円の取引レンジ:88円13銭-88円49銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は112円台後半で推移か、日米金利差拡大を意識したドル買い継続へ

 9月29日のドル・円相場は、東京市場では112円27銭から112円73銭まで上昇。欧米市場でドル・円は一時112円22銭まで反落したが112円74銭まで反発し、112円56銭で取引を終えた。
 本日10月2日のドル・円は、日米金利差拡大を意識したドル買い・円売り基調が継続し、主に112円台後半で推移か。ただ、目立ったイベントもなく新規材料難で方向感に乏しい展開となりそうだ。
 年内の米追加利上げ観測を背景としたドル買い・円売り基調は変わっていない。トランプ米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長候補をめぐり、「タカ派」とされるケビン・ウォーシュ元FRB理事と面会したと報じられたことを受けて、金融政策の正常化を積極的に進めるとの思惑が広がったほか、米長期金利の上昇もドルの支援材料となっている。ただ、米税制改革の実現性について懐疑的な見方が広がっているほか、日本の衆院解散・総選挙の先行きに対する不安感が広がっている。
 なお、本日2日に発表される日本銀行7-9月期短観調査では、大企業製造業・非製造業DIの小幅改善が予想されている。日銀の金融政策に大きな影響を与えるものではないとみられており、ドル円は基本的に112円台後半で小動きか。日中の取引では日経平均株価の動向が引き続き有力な手掛かり材料になりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は主に112円台後半で推移か、米税制改革案への期待でドル買い継続も

 27日のドル・円相場は、東京市場では112円22銭から112円83銭で推移。欧米市場でドル・円は113円26銭まで一段高となり、112円80銭で取引を終えた。
 本日28日のドル・円は、米税制改革新案発表や年内の米追加利上げ観測を背景にドル買い・円売り基調が継続し、主に112円台後半で推移か。
 米トランプ政権と与党・共和党が27日(米東部時間)発表した税制改革の新案には、連邦法人税を20%と現行の35%からの引き下げや個人所得税の簡素化および最高税率を39.6%から35%へ引き下げ、企業が国外で得た利益に課税しないなどの内容が明らかとなった。市場では景気刺激への期待感からドル買い・円売りが一段と加速している。
 また、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が緩やかな利上げを継続するとの見方を示したことから、年内追加利上げ観測が強まっている。さらに、米長期金利が上昇し、日米金利差拡大が意識されたこともドル買いを促している。
 ただ、ニューヨーク市場でドルが急伸し、2ヶ月半ぶりに113円台を上回る水準となったことから、東京市場では利益確定の動きが強まる可能性がある。米朝間の緊迫化への懸念は後退していないことから、新たなドル買い材料が提供されない場合、アジア市場でドルが前日高値113円26銭を上回ることは難しいとみられる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は堅調、米年内追加利上げ観測によるドル買い継続

 ドル・円は堅調。112円22銭から112円83銭まで上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測が高まったほか、トランプ米政権の税制改革案への期待も広がり、ドル買いが優勢になった。
 ユーロ・円は132円32銭から132円57銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1795ドルから1.1742ドルまで下落した。ドイツやスペインの内政への懸念によるユーロ売りも強まった。
・17時時点:ドル・円112円60-70銭、ユーロ・円132円40-50銭
・日経平均:始値20269.82円、高値20278.09円、安値20213.66円、終値20267.05円(前日比63.14円安)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は堅調、米年内追加利上げ観測によるドル買い継続

 ドル・円は堅調。112円22銭から112円83銭まで上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測が高まったほか、トランプ米政権の税制改革案への期待も広がり、ドル買いが優勢になった。
 ユーロ・円は132円32銭から132円57銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1795ドルから1.1742ドルまで下落した。ドイツやスペインの内政への懸念によるユーロ売りも強まった。
・17時時点:ドル・円112円60-70銭、ユーロ・円132円40-50銭
・日経平均:始値20269.82円、高値20278.09円、安値20213.66円、終値20267.05円(前日比63.14円安)

FX為替ニュース

, , , , , , ,