タグアーカイブ: ドル買い戻し

来週のユーロ「もみあいか、米経済指標改善でドル買い戻しも」

[ユーロ]
「もみあいか、米経済指標改善でドル買い戻しも」
 来週のユーロ・ドルはもみあいか。欧州中央銀行(ECB)の金融正常化への期待は持続しているものの、通貨当局者のユーロ高けん制発言などで上昇は抑えられそうだ。トランプ米政権の保護主義的な通商政策への懸念や人事に関する不透明感を意識してドルは買いづらいが、米経済指標が予想を上回った場合はドルの買い戻しが活発となる可能性がある。
・予想レンジ:1.2200ドル−1.2400ドル

「もみ合いか、アジアの政治リスク後退を好感も」
 来週のユーロ・円はもみあいか。ECBの金融正常化への思惑は後退していない、ECBの慎重姿勢でユーロ買いは限定的となりそうだ。一方で、米中貿易戦争の回避や米朝の緊張緩和でリスク選好的な円売りが見込まれる。また、日本の政治情勢の不透明感は払しょくされつつあり、リスク回避の円買いは後退する見込み。
○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・3日:2月失業率(予想:8.5%、1月:8.6%)
・4日:3月消費者物価指数速報(前年比予想:+1.4%、2月:+1.2%)
・5日:2月生産者物価指数(前年比予想:+1.5%、1月:+1.5%)
・5日:2月小売売上高(前月比予想:+0.6%、1月:−0.1%)
・予想レンジ:129円00銭-132円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル買い戻しも信用できない

こんばんは、Dice-Kです。為替市場は昨日に続いてのドル買い。ドル円も米長期金利の上昇を支えに106円台を回復してきました。ただ、じゃあここから買えるのかというとそれは別問題。ドル円にしても106円台に乗せてからは手ごたえが怪しいですし、そもそも昨日の高値も超えら…

FX為替ニュース

, , , ,

ドル買い戻しの動き ユーロドルが1.2310ドル前後

 NY勢が参入し、ドルがやや買い戻しの動き。ユーロドルは、ロンドンタイムの1.2355ドルを頭に1.2310ドル付近まで弱含み。ポンドドルが1.4070ドルを高値に1.4008ドル付近での推移となっている。ドル円は106.85円近辺で小じっかり。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル買い戻しで107円台 パラダイムシフト向かえる中、動向見極めへ=NY為替前半

 きょうのNY為替市場、NY時間に入って買い一服も、本日はドル買い戻しが優勢。為替市場は株にらみの (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ドル買い戻しの勢いを見極め

ロンドンタイムの為替市場では、ドルの買い戻しの勢いを見極めることになるか。昨日のユーロドルは、NY勢不在のなか1.23ドル台に下落するも、引けにかけては1.24ドル台を回復した。しかしながら、東京タイムでは米長期債利回りの上昇とともにドルが強含み、ユーロドルが1.23ドル後半での弱含み。ドイツ世論調査で、極右政党「ドイツのための選択肢」への支持率が16%と、連立政権への道を模索している社会民主党(SPD)15.5%をわずかながらも上回り、第2位勢力となったこともユーロの重しとなっているか。
 日経平均や米株先物の調整売りの流れが欧州株に引き継がれるようであれば、リスク回避の円買い・他通貨売りとなることも考えられる。ユーロ円が下押しするようであれば、ユーロドルの上値も重くならざるを得ない。
 予定されている経済指標・独2月ZEWは、景気期待と現況指数ともに前回値からの低下が市場の予想。同時に発表されるユーロ圏2月ZEW景気期待指数などの後に、ユーロが上向きの動きをみせないようであれば、ロングの諦め売りがでる可能性もあるか。先週末に発表されたシカゴIMM通貨先物は、投機筋のユーロ・ネットロングが依然として高い水準(12万枚以上)にあることを示しており、ポジション調整の売りが出始めると下押しも深そうだ。

想定レンジ上限
・ユーロドルの上値めどは、17日ロンドンフィックス前後で上値を抑えられた1.2460ドル付近。そこを上抜けると、再び17日高値1.2555ドルを目指す展開か。ユーロ円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線133.21円。

想定レンジ下限
・ユーロドルは、近場の1.2360ドルが日足一目均衡表・基準線として意識されるが、そこを割り込むと14日安値1.2276ドルが下値めどとなる。ユーロ円の下値めどは、200日移動平均線の131.09円前後。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

来週のドル・円「底堅い展開か、ユーロ安・ドル高の流れでドル買い戻しも」

[ドル・円]
 来週のドル・円は底堅い展開か。ドイツ政局や欧州中銀(ECB)の政策転換への思惑が広がるなか、ユーロ・ドルの値動きに左右される展開となりそうだ。トランプ政策への期待でドルが買い戻される可能性もあろう。ドイツのメルケル首相は、自身が所属するキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党の社会民主党(SPD)との大連立による政権の発足に向け協議を進めている。SPDは21日の党大会で反対派を抑え、連立参加を決定すればユーロ買いが強まる見通し。
 また、ECBが先週11日に公表した昨年12月の理事会議事要旨には、年明け以降に資産買入れガイダンスの段階的な縮小を検討する可能性があるとの記述が含まれていた。25日開催の理事会で現行の緩和的な政策を段階的に縮小するとの方針が決定された場合、ユーロ買いが再び強まる展開もあり得る。しかし、ECB理事会には慎重な意見も根強く、今回はハト派寄りの政策決定となる可能性がやや高い。その場合はユーロ売りが強まり、相対的にドルが買われる展開となりそうだ。
 ドル・円は、日銀の緩和政策縮小の見方が出始めたが、22-23日開催の金融政策決定会合で「異次元緩和」の方針が堅持された場合、ドル買い・円売りが広がる見通し。また、トランプ米大統領は一般教書演説に向け、大統領選の公約としていた1兆ドル規模のインフラ整備計画を発表するとみられている。政策期待を手がかりに米国株が堅調に推移し、米長期金利が上昇した場合、ドルの押し上げ要因となるだろう。
【日本銀行金融政策決定会合/総裁会見】(22-23日開催予定)
 日銀は22-23日に金融政策決定会合を開催し、終了後に黒田東彦総裁が記者会見する。金融政策は据え置きの公算。近い将来における金融緩和策縮小の思惑が浮上しているが、現行の金融緩和策を当面維持する方針が示された場合、投機的な円買いは後退する可能性が高い。
【米・10-12月期国内総生産(GDP)速報値】(26日発表予定)
 26日22時半発表の10-12月期国内総生産(GDP)速報値は、回復基調の持続が期待される。7-9月期の確定値は前年比+3.2%と、改定値の+3.3%から下方修正された。米経済の下振れ懸念が広がればドル売りにつながろう。
・予想レンジ:109円00銭−113円00銭
・1月22日-26日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。
○(日)日本銀行金融政策決定会合 23日(火)決定会合の終了予定時刻は未定
・予想は、金融政策の現状維持
 2%の物価安定の目標に向けたモメンタムは維持されていること、マクロ的な需給ギャップは着実に改善していくとの判断を維持していること、原油価格は1バレル=60ドルを超える水準で推移している。これらの要因は当面の物価動向に影響を与える可能性があるが、日本銀行は現行の金融緩和策の枠組みを維持する見込み。2018年度の成長見通しを引き上げる可能性はあるが、この変更が金融政策の見直しなどに直結する可能性は低いとみられる。
○(欧)1月ユーロ圏マークイット製造業PMI 24日(水)午後6時発表予定
・予想は、60.3
 参考となる12月実績は60.6。2カ月連続で60を上回った。ユーロ圏経済の持続的な成長が期待されていることから、製造業活動は拡大している。1月については12月実績をやや下回る見通しだが、3カ月連続で60を上回った場合、金融緩和策の早期縮小への思惑が広がり、ユーロ買い材料になるとみられる。
○(欧)欧州中央銀行理事会 25日(木)午後9時45分結果発表
・予想は、金融政策の現状維持
 昨年12月開催の欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨は、「金融政策姿勢や、政策方針のさまざまな次元に関わる文言について、2018年初めに再検討を加える可能性がある」と指摘していた。12月以降に発表された経済指標はまずまず良好だが、ユーロ相場の急速な上昇を考慮して、今回の理事会ではフォワードガイダンスが変更されることはないと予想される。
○(米)10-12月期国内総生産速報値 26日(金)午後10時30分発表予定
・予想は前期比年率+3.3%
 参考となるアトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPNow」は、前期比年率+3.3%と予想している。昨年10-12月期は個人消費が順調であること、製造業活動の拡大、堅調な建設関連投資が経済成長に寄与したとみられる。
○主な経済指標の発表予定は、22日(月):(米)12月シカゴ連銀全米活動指数、24日(水):(日):12月貿易収支、(欧)ユーロ圏1月マークイット製造業・サービス業・総合PMI、(米)1月マークイット製造業・サービス業PMI、12月中古住宅販売件数、25日(木):(米)12月新築住宅販売件数、12月景気先行指数、26日(金):(日)12月全国消費者物価指数、(米)12月耐久財受注速報値

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替・11日=米長期債利回りの上昇で、ドル買い戻しに

 NYタイムの為替市場は、一度ドル売りに傾いていたドル円やユーロドルが、米10年債利回りの上昇とともに、ドル買い戻しの動きとなった。ただし、12-13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて大きく動意付くことはなかった。ドル円は113.24円を底に113円半ばまで買い戻され、ユーロドルは1.1812ドルまで上値を伸ばすも、1.17ドル後半まで押し戻された。米10年債利回りは、NY勢の入り際に2.35%付近で取引されていたが、NY午後に入り2.38%半ばまで上昇した。ドル円とユーロドルの綱引きにユーロ円には方向感が出難く、133円後半でもみ合った。独連立政権への期待感やスペインカタルーニャ自治州議会選挙で独立賛成派の政党が過半数を割り込む見通しなど、ユーロを下支えするものはあったが、ユーロを大きく上昇させるまでには至らなかった。
 ポンドは、上値の重さが継続された。先週に前進をみせた英・EU離脱交渉だが、次なる段階への不透明感は依然として残り、ポンドを買い進めない要因となっている。ポンドドルは1.33ドル半ばで頭を抑えられ、ポンド円が151.24円まで下値を広げた。
 豪ドルは、対ドルで0.7545ドルまで上値を伸ばすも、その後は伸び悩んだ。一方、対円では85円半ばで底堅い動きとなった。東京タイムに大きく上昇したNZドルは、ロンドン勢の参入後に上値追いは止まるも、対ドルでは0.69ドル前半で推移した。対円では78円前半で下げ渋り、78円半ばまで再び強含んだ。
 ドル/加ドルは、1.28加ドル半ばで方向感ない値動き。加ドル円は88.05円まで売られる場面はあったが、売り一巡後は88円前半でじり高に推移した。
 今週に発表予定の南ア11月消費者物価指数を始めとする経済指標や、週末から開催される与党アフリカ民族会議(ANC)の党首選を控えて、南ア・ランド(ZAR)は底堅く推移した。ZAR円は8.36円、ドルZARは13.56ZAR前半までZARは一時強含んだ。
 6時4分現在、ドル円は113.53円、ユーロドルは1.1773ドル、ユーロ円は133.65円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル買い戻しが強まる 米上院予算委員会が上院共和党の税制改革法案可決=NY為替後半

 NY時間の終盤に入ってドル買い戻しが強まっている。きょうのNY為替市場はニュースが数多く飛び込み (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル買い戻しは入る、ドル円は112.45円前後

 ドル円は再び112円前半で押し戻され112.45円前後で取引されている。先月26日に112円台を回復して以来112.20円を割り込んでいないこともあり、112円前半は底堅くなったままだ。ユーロドルも1.1807ドルまで上昇したが、現在は1.1775ドル前後まで戻されている。

FX為替ニュース

, , , , , ,