タグアーカイブ: ドル安一服

NY原油先物は反落、ドル安一服や米長期金利の上昇を嫌気

NYMEX原油3月限終値:65.56 ↓0.58
 29日のNY原油先物3月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比-0.58ドルの65.56ドルで取引を終えた。一時64.98ドルまで売られた。ドル安が一服したことや米長期金利の上昇が嫌気されたようだ。30日(日本時間31日午前)に行なわれる米大統領の一般教書演説ではインフラ整備に関して言及するとみられているが、経済政策全般の内容を点検したいとの理由で短期筋などのポジション調整的な売りが多く見られた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は反落、ドル安一服や米国株高などが嫌気される

COMEX金2月限終値:1352.10 ↓10.80
 26日のNY金先物2月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比-10.80ドルの1オンス=1352.10ドルで取引終了。一時1343.70ドルまで売られた。主要通貨に対するドル安が一服し、安全逃避的な買いが縮小したことが要因。この日発表された米国の10-12月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率+2.6%で市場予想を下回ったものの、12月の米耐久財受注速報値と製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)は市場予想を上回ったこと、米国株高の基調は維持されていること、米長期金利の上昇なども材料視された。また、トランプ米大統領は「経済がドルをいっそう強くする」、「ドルは偉大な準備通貨」と述べており、この発言も売り材料として意識されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反落、ドル安一服や米国株高などが嫌気される

COMEX金2月限終値:1352.10 ↓10.80
 26日のNY金先物2月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比-10.80ドルの1オンス=1352.10ドルで取引終了。一時1343.70ドルまで売られた。主要通貨に対するドル安が一服し、安全逃避的な買いが縮小したことが要因。この日発表された米国の10-12月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率+2.6%で市場予想を下回ったものの、12月の米耐久財受注速報値と製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)は市場予想を上回ったこと、米国株高の基調は維持されていること、米長期金利の上昇なども材料視された。また、トランプ米大統領は「経済がドルをいっそう強くする」、「ドルは偉大な準備通貨」と述べており、この発言も売り材料として意識されたようだ。

・NY原油先物:反発、世界経済の順調な成長に伴う需要増の思惑強まる
NYMEX原油3月限終値:66.14 ↑0.63
 26日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+0.63ドルの66.14ドルで通常取引を終えた。一時66.35ドルまで買われた。この日発表された米国の10-12月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率+2.6%で市場予想を下回ったものの、12月の米耐久財受注速報値と製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)は市場予想を上回ったことが好感されたようだ。世界経済の順調な成長に伴い原油需要の増加が予想されており、米国における生産量が増加しても需給関係はただちに悪化しないとの見方も原油先物相場を下支えした。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は上げ渋り、ドル安一服でポジション調整的な売りが増える

NYMEX原油3月限終値:65.51 ↓0.10
 25日のNY原油先物3月限は上げ渋り。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比-0.10ドルの65.51ドルで取引を終えた。一時66.66ドルまで買われたが、ユーロ高・米ドル安が一服したことを受けてポジション調整的な売りが優勢となったようだ。なお、トランプ大統領は米CNBCとのインタビューで「最終的に強いドルを支持している」との見方を示したことから、原油先物3月限は時間外取引で一時65.08ドルまで下落している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反落、ドル安一服で割安感が後退

COMEX金8月限終値:1246.70 ↓9.80
 19日のNY金先物8月限は反落。1244.30ドルから1257.30ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場ではドル安が一服しており、ドル指数は97.5台まで戻している。ドル安一服で割安感が後退したことから、金はさえない展開となった。日足チャートでは、200日移動平均線や100日移動平均線での攻防が続いている。この水準を割り込むと5月安値1220ドル辺りが意識されよう。

原油:反落、原油供給超過への懸念残る
NYMEX原油7月限終値:44.20 ↓0.54
 19日のNY原油先物7月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比-0.54ドルの44.20ドルで取引を終えた。為替相場がドル高・ユーロ安に振れたことやリビア産原油の生産増加などが嫌気されたようだ。また、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが先週16日午後に公表した国内の石油掘削リグ稼働数は、前週比6基増加し747基となっていた。稼働数は22週連続で増加しており、供給超過の状態がすみやかに解消されるとの見方は後退している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反落、ドル安一服で割安感が後退

COMEX金8月限終値:1246.70 ↓9.80
 19日のNY金先物8月限は反落。1244.30ドルから1257.30ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場ではドル安が一服しており、ドル指数は97.5台まで戻している。ドル安一服で割安感が後退したことから、金はさえない展開となった。日足チャートでは、200日移動平均線や100日移動平均線での攻防が続いている。この水準を割り込むと5月安値1220ドル辺りが意識されよう。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

アングル:ドル安一服でも、中長期的に消えない大幅な円高リスク

[東京 8日 ロイター] – 1月の米雇用統計で賃金の上昇が確認され、米インフレ率が上向くとの観測から米金利低下とドル安は一服した。ただ、中国景気の減速が人民元の大幅切り下げを誘発する余地や、年後半から米景気が中期的に後退局面に入る可能性もあり、市場では大幅な円高が発生するリスクには引き続き警戒が必要との声が根強く残っている。

FX為替ニュース

, , , , , ,