タグアーカイブ: ドル売り

【市場反応】米先週分新規失業保険申請件数、労働市場ひっ迫示す、利食いのドル売り

 米労働省が発表した先週分新規失業保険申請件数は前週比7000件減の22.2万件と、予想23.0万件を下回り、5週間ぶりの低水準となった。
米失業保険継続受給者数は187.5万人。予想193.5万人を下回り、前回194.8万人から減少。減少幅は2015年中旬以来で最大となり、労働市場のひっ迫が再確認された。
強い労働市場は織り込み済と見え、利食いのドル売りが継続。ドル・円は107円09銭から106円93銭へ軟化。1.2283ドルから1.2295ドルへ上昇した。
【経済指標】
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.2万件(予想:23.0万件、前回:22.9万件←23.0万件)
・米・失業保険継続受給者数:187.5万人(予想:193.5万人、前回:194.8万人←194.2万人)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【市場反応】米先週分新規失業保険申請件数、労働市場ひっ迫示す、利食いのドル売り

[欧米市場の為替相場動向]
 米労働省が発表した先週分新規失業保険申請件数は前週比7000件減の22.2万件と、予想23.0万件を下回り、5週間ぶりの低水準となった。
米失業保険継続受給者数は187.5万人。予想193.5万人を下回り、前回194.8万人から減少。減少幅は2015年中旬以来で最大となり、労働市場のひっ迫が再確認された。
強い労働市場は織り込み済と見え、利食いのドル売りが継続。ドル・円は107円09銭から106円93銭へ軟化。1.2283ドルから1.2295ドルへ上昇した。
【経済指標】
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.2万件(予想:23.0万件、前回:22.9万件←23.0万件)
・米・失業保険継続受給者数:187.5万人(予想:193.5万人、前回:194.8万人←194.2万人)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【ディーラー発】ドル売り優勢(欧州午前)

クオールズFRB副議長による「段階的な利上げは適切」等の発言を受けドル買いが先行。ドル円は107円60銭付近まで下値を切り上げた一方、ユーロドルが1.2259付近まで、ポンドドルが1.3869付近まで売られ本日安値を更新。ただその後、米債利回りと英独債利回り格差の縮小をきっかけにユーロドルが1.2287付近まで急反発し、ポンドドルも1.3916付近まで買われたほか、ドル円が107円24銭付近まで反落するなど一転してドル売りが優勢となっている。18時10分現在、ドル円107.254-264、ユーロ円131.696-716、ユーロドル1.22788-796で推移している。
 

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドル・円は107円60銭台で推移、株安を意識したドル売りは限定的か

 22日午前の東京市場でドル・円は107円60銭台で推移。日経平均株価は185円安で推移しているが、株安を嫌気したドル売り・円買いは増えていないようだ。米利上げ継続を意識したドル買いの興味が勝っており、ドル・円は107円台半ば近辺で下げ渋る状態が続くとの見方が多いようだ。ここまでのドル・円は107円53銭から107円78銭で推移。
 ユーロ・円は、132円05銭から132円40銭で推移、ユーロ・ドルは、1.2265ドルから1.2286ドルで推移。
■今後のポイント
・106円台後半で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=108円-112円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
NY原油先物(時間外取引):高値61.36ドル 安値61.13ドル 直近値61.13ドル

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京為替見通し=ドル売りの流れは一時停止、FOMC議事録公表控えレンジ取引か

 NYタイムの為替市場のドルは、米10年債利回りが2.90%前後で高止まりしたことで堅調に推移した。ドル円は米10年債利回りが2.92%台まで水準を上げたことを受け107.38円まで上昇した後、ダウ平均が25000ドルを割り込んだ局面では107.08円前後まで反落した。しかしながら、米10年債利回りが2.90%前後で推移したことで、107円前半で底堅く推移した。
 本日の東京為替市場は、明日早朝の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録公表を控え、レンジの中での取引が中心か。先週105.55円まで下落後は、ドル売りの流れが一時停止している。昨日のNY市場をみても、米株の下落がリスクオフには結びつかず、今週に入り東京時間では本邦輸入勢や投資家の円売り需要が続いているため、本日も東京時間に大きく円買いに傾くのは難しいだろう。しかしIMMネームをはじめ円ショートを抱えている投資家や、ドル売りの流れについていけなかった市場参加者も多く、ドル売りのトレンドが終焉したとは思えない。再びドル売りのトレンドが始まったときには乗り遅れないことが必要だろう。
 オーダーは、上値は107円半ばから108円には売りオーダーが入っている。ドルショートのポジションは軽くなっているため、上値のストップロス買いで大きいものは見当たらない。また107.40円、107.50円には明日と明後日のNYカットのオプションオーダーもあるため、107円半ばから上は売り意欲がありそうだ。下値は昨日の安値の下106.50円割れには短期筋のストップロス売り、その下の106円前半から105.00円までは買いオーダーが優勢だ。
 欧州通貨も昨日同様にもみ合いか。ユーロドルは、1.2555ドル到達後は緩やかに戻ってきている。明日の欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨が公表されるまでは動きにくいか。本日から週末にかけて欧州圏の経済指標が多く発表されることもあり、東京時間にリスクを大きく傾けるのは難しいだろう。オーダーは1.2300ドルから下には細かな買い、上値は1.2450近辺から売り買い交錯になっている。
 本日は英国から失業率が発表され、カーニーBOE総裁、ブロードベントBOE副総裁、ホールデン英MPC委員、テンレイロ英MPC委員と要人の講演が多く予定されていることもあり、ポンドの動きには警戒が必要だろう。
 オセアニアからは豪の10-12月期の賃金指数の発表がある。7-9月期発表時は市場が大きく動いたため注目される。また南アは本日予算案の発表や内閣改造の噂もあるため、政治動向に目を配りたい。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは伸び悩み、豪ドル買い・米ドル売りは一巡しつつあるとの見方

16日の豪ドル・円は伸び悩み。一時84円67銭まで買われたが、豪ドル買い・米ドル売りが一段落したことから、84円30銭台まで下げている。米ドル・円相場はやや円安方向に振れているが、豪ドル・円相場への影響は限定的。ユーロ・円は133円11銭から132円30銭まで下げている。
・豪ドル・円の取引レンジ:84円07銭-84円67銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

欧州通貨中心にドル売りの調整はいる、ユーロドルは1.24ドル後半に

 欧州通貨を中心にドル売りの調整が入っている。ユーロドルは1.2474ドル、ポンドドルは1.4059ドルまでドルが買い戻されている。ドル円は欧州通貨ほど買い戻されていないが、106.10円近辺まで上昇している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京午前=ドル売りの流れ継続 ドル円は106.01円まで

 東京午前の為替市場は、このところのドル売りの流れが継続。ドル円は、朝方に106.02円とわずかながら昨日の安値を下抜けした。その後は、NY3連休前の仲値でドル不足もあったのか、買い戻しが入るも106円前半の重さは変わらず。欧州通貨が対ドルで強含みを受けて、106.01円まで下押しした。ユーロドルは1.25ドル台で強含み、先月25日の高値を上抜けし、2014年12月以来のユーロ高水準1.2545ドルまで上値を伸ばした。ポンドドルも1.41ドル前半で堅調。ドル/スイスフラン(CHF)が、約2年8カ月ぶりの0.92CHF近辺までのCHF高・ドル安となった。
 麻生財務相は、「為替の安定は重要、必要な場合に対応する方針に変わりなし」と述べたが、「特定の為替水準を念頭において為替政策を行っているわけではない」とも付け加えた。本日は、同財務相の発言にも為替相場の反応は鈍かった。黒田日銀総裁は、衆院財務金融委員会に出席したが、為替についてコメントはしなかった。また、政府は同総裁を再任する人事案を提示した。
 欧州通貨は対円でも底堅く、ユーロ円が132円後半から133円近辺、ポンド円は149円半ばから後半で推移した。スイスフラン(CHF)フラン円も115円前半でじり高。
 オセアニア通貨も対ドルでは小じっかり。豪ドル/ドルは0.79ドル半ばへじり高、NZドル/ドルが0.73ドル後半から0.74ドル前半に水準を上げた。豪ドル円は84円前半、NZドル円が78円半ばでもみ合い。
 午後の為替市場も、ドル円の下値警戒感は継続か。ただし、昨日も何度かショートカバーの局面はあり、クロス円も下げ渋っていることから、ドル円も1方向での動きとはならないか。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

調整終了への期待もドル売りの反応 ドル円は106.70円付近まで下落=NY為替前半

 きょうのNY為替市場はドル売りが強まっており、ドル円は106円台に再び下落する場面も見られた。こ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル売りが緩やかに継続も、ドル円は107円近辺で動き鈍る

 ユーロドルが1.2420ドル、ポンドドルが1.3984ドル、豪ドル/ドルが0.7897ドルまで上値を伸ばすなど、緩やかながらドル売りが継続。ただ、米株がプラス圏で推移していることも下支えに、ドル円は107円近辺で下げ渋っている。
 米10年債利回りは本日ここまでのレンジ上限となる2.895%近辺で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル売りも一服、ドル円は107円前後

 ドル売りも一服し、ドル円は106.72円を安値に107円近辺で推移、また、ユーロドルは1.2416ドル、ポンドドルは1.3983ドルを高値に上げが一服し、豪ドル/ドルは0.7875ドル近辺、NZドル/ドルは0.7330ドル近辺で推移。
 また、米10年債利回りは2014年1月以来の高い水準となる2.895%まで上昇し、ダウ平均は前日終値を挟んで小動き。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ドル売り優勢(NY午前)

米・消費者物価指数の予想比上振れを受けドル買い先行。ドル円が107円52銭付近まで急上昇した一方、ユーロドルは1.2275付近まで、ポンドドルは1.3799付近まで下落した。ただ、同時発表された米・小売売上高の弱い結果やNYダウの前日比マイナススタートが重しとなり一転してドル売りが優勢になると、ドル円は106円71銭付近まで売られ本日安値を更新。ユーロドルは1.2414付近まで、ポンドドルも1.3975付近まで反発上昇している。1時42分現在、ドル円106.976-986、ユーロ円132.743-763、ユーロドル1.24085-093で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,