タグアーカイブ: ドル売り

豪ドル・円:対円レートは反落、豪ドル買い・米ドル売りのフロー減少

18日のアジア市場で豪ドル・円は反落。一時83円44銭まで買われたが、豪ドル売り・米ドル買いのフローが増えたことから、83円18銭まで反落。ユーロ買い・米ドル売りのフローが少なくなっていることも関係しているようだ。ユーロ・円は132円91銭から132円32銭の範囲内で推移。
・豪ドル・円の取引レンジ:83円18銭-83円44銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:底堅い動き、豪ドル買い・米ドル売りのフローが増える

12日のアジア市場で豪ドル・円は底堅い動きを見せている。83円05銭まで買われた後に82円79銭まで下げたが、豪ドル買い・米ドル売りのフローが入ったことで82円96銭まで反発している。豪ドル・ドルは0.7745ドルから0.7772ドルで推移した。ユーロ・円は131円90銭から132円33銭で推移。
・豪ドル・円の取引レンジ:82円79銭-83円05銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は106円80銭台、株安を意識したドル売りは拡大せず

 12日午前の東京市場でドル・円は106円80銭台で推移。日経平均株価は小幅安で推移しているが、ドルは106円台後半で下げ渋っている。現時点で株安を意識したドル売り・円買いのフローは増えていないようだ。仲値時点のドル需要は通常並とみられる。ここまでのドル・円は106円70銭から106円86銭で推移。
 ユーロ・円は、132円06銭から132円25銭で推移、ユーロ・ドルは、1.2364ドルから1.2380ドルで推移。
■今後のポイント
・106円台前半で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=107円-110円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
NY原油先物(時間外取引):高値66.90ドル 安値66.75ドル 直近値66.85ドル

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドル・円は下げ渋り、米金利は横ばいでドル売り慎重

 11日午前の東京市場で、ドル・円は下げ渋り。日本株の反落でドルは弱含んだが、米金利の横ばいでドルは売りづらい地合いとなった。
 ドル・円は、日経平均株価が寄り付きからプラス圏で推移したことで、ややドル買い・円売りの流れとなった。ただ、日本株が下げに転じた際には、ドルが短期的に107円を割り込む場面もあった。
 ドルはその後107円台を維持ているが、ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏推移のため、目先の日本株安継続を警戒した円買いに振れやすい。反面、米10年債利回りが2.797%付近で下げ渋り、ドル売りは仕掛けづらいようだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円97銭から107円26銭、ユーロ・円は132円28銭から132円54銭、ユーロ・ドルは1.2351ドルから1.2365ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は下げ渋り、米金利は横ばいでドル売り慎重

11日午前の東京市場で、ドル・円は下げ渋り。日本株の反落でドルは弱含んだが、米金利の横ばいでドルは売りづらい地合いとなった。

ドル・円は、日経平均株価が寄り付きからプラス圏で推移したことで、ややドル買い・円売りの流れとなった。ただ、日本株が下げに転じた際には、ドルが短期的に107円を割り込む場面もあった。

ドルはその後107円台を維持ているが、ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏推移のため、目先の日本株安継続を警戒した円買いに振れやすい。反面、米10年債利回りが2.797%付近で下げ渋り、ドル売りは仕掛けづらいようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円97銭から107円26銭、ユーロ・円は132円28銭から132円54銭、ユーロ・ドルは1.2351ドルから1.2365ドルで推移した。

【要人発言】
・易鋼・中国人民銀行総裁
「米中金利差は違和感のない水準」
「世界的な金融政策の正常化に十分準備ができている」

【経済指標】
・日・2月機械受注(船舶・電力を除く民需):前月比+2.1%(予想:-2.5%、1月:+8.2%)
・日・3月企業物価指数:前月比+2.1%(予想:+2.0%、2月:+2.6%←+2.5%)
・中・3月消費者物価指数:前年比+2.1%(予想:+2.6%、2月:+2.9%)
・中・3月生産者物価指数:前年比+3.1%(予想:+3.3%、2月:+3.7%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル売りの反応も CBOが2020年度に米財政赤字1兆ドル超と試算=NY為替チェック

 NY時間の終盤に差し掛かってドル売りの動きがやや強まっている。ドル円は一時106.85円付近まで (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:堅調推移、豪ドル買い・米ドル売りのフロー増加

6日の豪ドル・円は堅調推移。アジア市場の午前中に一時81円98銭まで下げたが、米ドル・円相場が円安方向に振れたことや豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えたことで82円58銭まで戻した。ユーロ・円は131円09銭から131円50銭で推移、豪ドル・ドルは0.7658ドルから0.7697ドルまで戻した。
・6日の豪ドル・円の取引レンジ:81円98銭-82円58銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は弱含み、中国の対米報復措置報道でドル売り、円買い

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。106円69銭から106円19銭まで下落した。米国の3月雇用統計発表(6日)待ちムードなどから、106円50銭前後での小動きが続いていた。しかし、引け際に中国国営メディアが中国の米国に対する報復措置を報じたことをきっかけに、米中貿易摩擦の激化懸念によるドル売り、円買いが急速に強まった。
 ユーロ・円は130円87銭から130円45銭まで下落。ユーロ・ドルは1.2257ドルから1.2295ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円106円20-30銭、ユーロ・円130円50-60銭
・日経平均:始値21415.85円、高値21415.85円、安値21238.18円、終値21319.55円(前日比27.26円高)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は弱含み、中国の対米報復措置報道でドル売り、円買い

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。106円69銭から106円19銭まで下落した。米国の3月雇用統計発表(6日)待ちムードなどから、106円50銭前後での小動きが続いていた。しかし、引け際に中国国営メディアが中国の米国に対する報復措置を報じたことをきっかけに、米中貿易摩擦の激化懸念によるドル売り、円買いが急速に強まった。
 ユーロ・円は130円87銭から130円45銭まで下落。ユーロ・ドルは1.2257ドルから1.2295ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円106円20-30銭、ユーロ・円130円50-60銭
・日経平均:始値21415.85円、高値21415.85円、安値21238.18円、終値21319.55円(前日比27.26円高)
【経済指標】
・豪・2月小売売上高:前月比+0.6%(予想:+0.3%、1月:+0.2%←+0.1%)
・豪・2月住宅建設許可件数:前月比+6.2%(予想:-5.0%、1月:+17.2%)
・中・3月財新サービス業PMI:52.3(予想:54.5、2月:54.2)
・中・3月財新総合PMI:51.8(2月:53.3)
【要人発言】
・中国国営テレビ
「中国は米国製品106品目に対し新たな関税を課す」
「大豆、自動車、化学製品などに25%上乗せ」
「実施日はいずれ発表」
・中国財政省
「対象品目の2017年貿易額は500億ドル」
(対象品目に一部牛肉製品・とうもろこしなど農産物・一部の航空機も)
・日銀
「昨年の10-12月期の需給ギャップは+1.50%」
「2007年同期以来の需要超過幅」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反転、豪ドル買い・米ドル売りの取引増加の影響も

4日の豪ドル・円は反発。一時81円74銭まで下げたが、豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えたことから、82円19銭まで戻した。米ドル・円相場に大きな動きはなかったことから、豪ドル・ドルの相場動向が対円レートの値動きに影響を与えたようだ。豪ドル・ドルは0.7680ドルから0.7717ドルまで上昇、ユーロ・円は130円38銭から131円21銭で推移した。
・豪ドル・円の取引レンジ:81円74銭-82円19銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

LDNFIX=米中貿易戦争懸念のドル売りと欧英・露対立懸念の欧州通貨売り

 ロンドンフィックスにかけてのドル相場は、英欧市場がイースターマンデー休場で動意に乏しい展開のなか、主要株式3指数が米中貿易戦争への警戒感から弱含みに推移したことで上値が重い展開となった。
 ドル円は、106.45円まで強含んだ後、主要株式3指数が軟調に推移したこと、米3月ISM製造業景況指数が59.3となり、予想60.0と2月の60.8を下回ったことで106.11円まで反落した。米3月ISM指数では、価格指数は上昇し、雇用指数は低下した。
 ユーロドルは1.2345ドルまで強含んだ後、欧露対立への警戒感から1.2315ドル前後まで反落した。ポンドドルは1.4078ドルまで強含んだ後、英露対立への警戒感から1.4039ドル前後まで反落した。ユーロ円は131.30円まで強含んだ後に130.52円まで反落、ポンド円も149.68円まで強含んだ後に149.05円前後まで反落した。
 ドル/加ドルは、NY原油先物が一時65ドル台で堅調に推移したことで1.2863加ドルまで加ドル高に推移した後、原油先物が63ドル台まで反落したことで、1.2894加ドル前後まで加ドル安となった。加ドル円は82.68円まで強含んだ後に82.24円まで反落した。カナダの3月マークイット製造業PMIは55.7となり、2月の55.6からやや改善した。
 オセアニア通貨は軟調推移。豪ドル/ドルは0.7660ドル、豪ドル円は81.29円、NZドル/ドルは0.7218ドル、NZドル円は76.65円まで弱含みに推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,